日本の女性研究者

人間医工学

研究者リスト >> 松本 陽子
 

松本 陽子

 
アバター
研究者氏名松本 陽子
 
マツモト ヨウコ
eメールmatumotolife.sojo-u.ac.jp
所属崇城大学
部署生物生命学部 応用生命科学科
職名教授
学位薬学博士(九州大学)

研究キーワード

 
制がん , リポソーム , アポトーシス , 細胞死 , 膜流動性 , リウマチ

研究分野

 
  • 人間医工学 / 医用生体工学・生体材料学 / 
  • 複合化学 / 生体関連化学 / 
  • プロセス工学 / 生物機能・バイオプロセス / 

学歴

 
 
 - 
1979年
熊本大学 理学部 化学科
 

委員歴

 
2013年
   
 
日本がん分子標的治療学会 評議員
 
2009年
   
 
日本ナノメディシン交流協会 理事
 
2007年4月
 - 
2009年3月
化学工学会 理事、男女共同参画委員会委員長
 

受賞

 
2013年
化学工学会 女性賞
 
2005年
日本小児外科学会 優秀論文賞
 
1994年
有機合成化学協会九州山口支部奨励賞
 

論文

 
Therapeutic Effects of Cationic Hybrid Liposomes on the Hepatic Metastasis of Colon Carcinoma Along
M. Hino, H. Ichihara, R. Ueoka, Y. Matsumoto
Biol. Pharm. Bull.   37(3) 498-503   2014年3月   [査読有り]
Cell Cycle Arrest by Hybrid Liposomes for Human Lung Carcinoma Cell
Y. Komizu, M. Yukihara, Y. Matsumoto, R. Ueoka
J. Carcinog. Mutagen   5 157   2014年   [査読有り]
Growth Inhibition by Novel Liposomes Including Trehalose Surfactant Against Hepatocarcinoma Cells
Y. Matsumoto, E. Cao, R. Ueoka
Anticancer Res   33 4727   2013年11月   [査読有り]
Novel Liposomes Composed of Dimyristoylphosphatidylcholine and Trehalose Surfactants Inhibit the Growth of Tumor Cells Along with Apoptosis
Y. Matsumoto, E. Cao, R. Ueoka
Biol. Pharm. Bull.   36(8) 1258-1262   2013年8月   [査読有り]
Anticancer Effects of Residual Powder from Barley-Shochu Distillation Remnants against the Orthotopic Xenograft Mouse Models of Hepatocellular Carcinoma in Vivo
M. Ohgidani, H. Ichihara, K. Goto, Y. Matsumoto, R. Ueoka
Biol. Pharm. Bull   35 984-987   2012年   [査読有り]

Misc

 
人工膜および細胞膜の揺らぎとがん治療
松本陽子, 市原英明, 上岡龍一
膜   36 2-8   2011年   [査読有り][依頼有り]
リポソームによるがん治療
市原英明, 松本陽子, 上岡龍一
化学工学シンポジウムシリーズ79「診断治療システムにおける化学工学」   8-13   2006年   [依頼有り]
アポトーシス誘導ハイブリッドリポソームによるがん治療
松本陽子, 上岡龍一
膜   30 304-307   2005年   [査読有り][依頼有り]
副作用のないがん治療への挑戦−ハイブリッドリポソーム・生理活性物質−
上岡龍一, 松本陽子, 後藤浩一
ケミカルエンジニアリング   50 937-944   2005年   [査読有り][依頼有り]
アポトーシス誘導ハイブリッドリポソームの癌治療効果  
松本陽子, 上岡龍一
蛋白質 核酸 酵素 増刊「化学と生物学の接点が作る NEW バイオテクノロジー」   48 1646-1652   2003年   [依頼有り]

書籍等出版物

 
Enzymological and Medical Application of Hybrid Liposomes
Transworld Research Network   1997年   
Chemotherapy with Hybrid Liposomes Composed of Dimyristoylphosphatidylcholine and Polypxyethylenealkyl Ether without any Drug
Am. Chem. Soc. Books   2002年   

所属学協会

 
日本癌学会 , 日本がん分子標的治療学会 , 化学工学会 , 日本DDS学会 , 日本生物物理学会 , 日本薬学会 , American Chemical Society , 日本化学会

競争的資金等の研究課題

 
人工細胞膜を用いるがん・エイズの臨床応用を目指した展開
文部科学省: 科学研究費補助金基盤(B)
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 松本 陽子
アポトーシス誘導による疾患治療と細胞膜の揺らぎ
文部科学省: 新学術領域研究
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 松本 陽子
糖含有複合脂質膜を用いるがん細胞膜インターフェイスの制御とがん抑制効果
文部科学省: 科学研究費補助金基盤(C)
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 松本 陽子
人工細胞膜を用いる難治性疾患ナノ治療システムの展開
文部科学省: 科学研究費補助金基盤(B)
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 上岡龍一
カスペース活性型複合脂質膜のアポトーシス誘導によるがん抑制効果
文部科学省: 科学研究費補助金基盤(C)
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 松本 陽子

特許

 
特許第4560150号 : 癌細胞増殖抑制性ハイブリッド型リポソーム製剤
上岡龍一、松本陽子
特許第2694701号 : 液体膜制癌剤
上岡龍一, 松本陽子, 飯尾雅嘉, 山田栄一
特開2002-69000 : 糖尿病治療用経口剤
上岡龍一, 松本陽子, 中島健太郎
特願2002-299631 : アポトーシス誘導剤, カスペースカスケード活性化剤および制癌剤
上岡龍一, 松本陽子
特願2002-239076 : 癌細胞の検出剤
上岡龍一, 松本陽子, 中野浩司, 岩本恭典

社会貢献活動

 
第5回崇城大学ノーベル賞フォーラム
【司会】  崇城大学  2011年9月17日 - 2011年9月18日
キャリアガイダンス「夢の扉」
【講師】  熊本県立第一高等学校  2011年6月10日
熊日さわやか熟年講座
【講師】  熊本日日新聞社  2010年3月24日
生涯学習ふれあい出前講座
【講師】  熊本市教育委員会  2009年7月28日
きょうの発言
【寄稿】  熊本日日新聞  2009年1月 - 2009年3月
地球とヒトにやさしいサイエンスと男女共同参画
【司会】  化学工学会  2007年11月22日
第4回崇城大学ノーベル賞フォーラム
【司会】  崇城大学  2006年11月27日