日本の女性研究者

生物分子科学

研究者リスト >> 右田 たい子
 

右田 たい子

 
アバター
研究者氏名右田 たい子
 
ミギタ タイコ
通称等の別名CATHARINA T.MIGITA
eメールctmigitayamaguchi-u.ac.jp
eメール(その他)ctmigitayamaguchi-u.ac.jp
所属山口大学
部署山口大学 農学部 農学部 生物機能化学講座
職名大学院担当教授
学位理学修士(その他), 理学博士(東北大学)
その他の所属山口大学, 山口大学
科研費研究者番号90159161

研究キーワード

 
生物物理学、機能生物化学、生物無機化学

研究分野

 
  • 複合化学 / 生体関連化学 / 
  • 生物科学 / 機能生物化学 / 
  • 生物科学 / 生物物理学 / 
  • 生体分子科学 / 生物分子化学 / 

経歴

 
2010年2月
 - 
2010年5月
山口大学 農学部 大学院担当教授
 
2010年5月
 - 
現在
山口大学 農学部 大学院担当教授
 

学歴

 
 
 - 
1973年3月
東北大学 理学部 化学第二学科
 
 
 - 
1981年
東北大学 理学研究科 化学
 

論文

 
ESR and ENDOR of the Free Radicals Orginated from γ-Irradiated Adamantane
Chemical Physics Letters   71(4)    1980年
Low-temperature ESR Studies of Highly Anisotropic Low-spin(Protoporphyrinato)iron(]G0003[) Complexes
Journal of American Chemical Society   103(2)    1981年
Electron Paramagnetic Resonance Studies of Highly Anisotropic Low-spin State of Ferrimyoglobin Derivatives
Biochimica et Biophysica Acta   743(3)    1983年
The Ground Electronic State of Quadridentate Salicylaldehyde Schiff Base-cobalt(]G0002[) Complexes in Non-and Weakly Co-ordinating Solvents
Journal of Chemical Society Dalton Transactions   1984    1984年
Electron Spin Resonance Studies of iron(]G0003[) Complexes of Ethylenediamine-tetra-acetate and N-(2-Hydroxyethyl)ethylene-diamine-NN'N'-tri-acetate in Co-ordinating Solvents
Journal of Chemical Society Dalton Transactions   1985    1985年

書籍等出版物

 
Heme oxygenase : A central enzyme of oxygen-dependent heme catabolizm and carbon monoxide synthesis.
""Oxygen Homeostasis and Its Dynamics"", Keio Univ. Symposia for Life Science and Medicine, Splinger-Verlag. Tokyo.   1997年   
Heme degradation mechanism by heme oxygenase : Conversion of-meso hydroxyheme to verdoheme IX.
""Oxygen Homeostasis and Its Dynamics"", Keio Univ. Symposia for Life Science and Medicine, Splinger-Verlag, Tokyo.   1997年   
Electron paramagnetic resonance studies on substrate binding to the NO complex of neuronal nitric oxide synthase.
""Oxygen Homeostasis and Its Dynamics"", Keio Univ. Symposia for Life Science and Medicine, Splinger-Verlag, Tokyo.   1997年   
ライフサイエンス基礎化学 第1版第7刷
化学同人   2006年   

講演・口頭発表等

 
ラットHO-1の近位ヘリックス残基の変異によるアスコルビン酸共役ヘム分解速度の制御
第33回生体分子科学討論会   2006年   
高いAlternative oxidase活性を持つ植物細胞ミトコンドリア内膜酵素系の解析とEPR特性
第45回電子スピンサイエンス学会年会   2006年   
核酸塩基の1電子酸化によって生成するラジカルの時間ー磁場2次元EPRによる検出と分子軌道計算による帰属
第45回電子スピンサイエンス学会年会   2006年   
Characterization of the heme complex of a higher plant heme oxygenase-1
Fifth East Asian Biophysics Symposium & Fourty-Fourth Annual Meeting of the Biophysical Society of Japan   2006年   
Effect of the aromatic amino-acid mutation on the heme catabolism of rat heme oxygenase-1
Fifth East Asian Biophysics Symposium & Fourty-Fourth Annual Meeting of the Biophysical Society of Japan   2006年   

担当経験のある科目

 
  • 専門英語Ⅱ (山口大学)
  • 生物物理化学 (山口大学)
  • 生物物理化学実験 (山口大学)
  • 特別演習 (山口大学)
  • 卒業論文 (山口大学)

Works

 
ヘムオキシゲナーゼによるヘム分解の分子機構
その他   
Molecular Mechanism of heme Catabolism by heme oxygenase
その他   

その他

 
1.シアノバクテリアヘムオキシゲナーゼタンパクを細菌発現系を用いて大量発現させ高純度酵素タンパクを得た。この精製酵素-ヘム複合体の各種スペクトルを測定し分子特性についての情報を得た。<br> <br>2. 2種のナイトロンスピン捕捉剤を用いて、生理条件下での窒素ラジカルの捕捉を試みた。窒素ラジカルを人工的に発生させ、その捕捉機構と効率をEPRスペクトルの解析に基づいて行った。<br> <br>3.沖縄県西表島に出向き、ヤエヤマクワズイモの花序を採取した。この試料から祖ミトコンドリア分画を得た。
1. 大腸菌による発現系の確立と精製タンパクの取得に既に成功し、その分子特性が分光法によって調べられ報告された(Eur. J. Biochem., 2003)。現在更に共鳴ラマン分光法や核磁気共鳴法によってより詳しい解析がおこなわれようとしている。またヘムの化学分解過程の速度論的解析および電子の関与機構の研究が進行中である。<br>2.3月~6月の花季に沖縄県西表島で採取した総穂花序から、本年度ミトコンドリア分画を得ることができた。今後タンパクの分離と精製を進め、アミノ酸配列の決定を行い、合成DNAによる大量発現系の確立・細菌による大量発現を実現させ、精製酵素を用いた分子特性の解析を進める予定である。
酸素活性種の捕捉剤として広く利用されているナイトロン系化合物が、窒素活性種のほ捕捉剤としても有効であることを見出した。現在DEPMPOおよびDMPOによるアミノアルキルラジカルの捕捉特性について、速度論的解析と分子軌道計算による理論的な解析の両面から検討中である。
1.シアノバクテリアヘムオキシゲナーゼ(Syn HO-1)のヘム複合体の分子特性を明らかにする。<br>(1)ヘムポケットの構造を電子スピン共鳴法・共鳴ラマン分光法で調べる。<br>(2)ヘム代謝反応を紫外-可視分光法で調べる。<br>(3)部位特異的変異体を合成し、代謝反応にかかわるタンパク残基を決定する。<br>2.(1)-(3)のすべてについて一定の成果を得て、国際学会(HO2003)で発表すると共に、論文としてまとめ投稿中である。
1.アミン・アミノ酸・ペプチド・ヌクレオチド・核酸などの含窒素生体関連化合物の1電子酸化過程を明らかにする。<br>2.発生する活性窒素種の生体内での他の物質への反応性とその機構を明らかにする。<br> <br>(1)アミンの水溶液中での1電子酸化反応について明らかにした(学会誌に発表)<br>(2)アミノ酸、ペプチド、ヌクレオチドの1電子酸化反応について得られた結果は、第42回電子スピンサイエンス学会で発表した。