日本の女性研究者

資源保全学

研究者リスト >> 竹井 恵美子
 

竹井 恵美子

 
アバター
研究者氏名竹井 恵美子
 
タケイ エミコ
ハンドルemikotakei
所属大阪学院大学
部署国際学部
職名教授
学位博士(農学)

プロフィール

千葉大学理学部生物学科卒業論文「宮崎県椎葉村における焼畑の雑草の特性」
京都大学大学院農学研究科修士論文「紀伊山地における雑穀栽培とアワの特性」
京都大学博士(農学)博士論文「南西諸島における雑穀の特性と民族植物学的研究」
東アジアにおける雑穀の民族植物学的研究に従事。
その他に「東アジアの豆腐づくり」「食とジェンダー」など。

研究キーワード

 
農耕文化 , 物質文化 , 雑穀 , 食文化 , 民族植物学

研究分野

 
  • 生活科学 / 食生活学 / 食文化
  • 生物資源保全学 / 生物資源保全学 / 在来作物資源の保全
  • 地域研究 / 地域研究 / 東アジア
  • 文化人類学 / 文化人類学・民俗学 / 民族植物学

経歴

 
2010年4月
 - 
現在
大阪学院大学 国際学部 教授
 
2008年4月
 - 
2010年3月
大阪学院大学 流通科学部 教授
 
2001年4月
 - 
2008年3月
大阪学院短期大学 国際文化学科 教授
 
1990年4月
 - 
2001年3月
大阪学院短期大学 国際文化学科 助教授
 
1992年4月
 - 
1993年3月
オーストラリア国立大学 太平洋研究所 客員研究員
 
1987年4月
 - 
1990年3月
大阪学院短期大学 国際文化学科 講師
 

学歴

 
1980年4月
 - 
1986年3月
京都大学 大学院農学研究科 博士後期課程 農林生物学専攻
 
1978年4月
 - 
1980年3月
京都大学 大学院 農学研究科 修士課程 農林生物学専攻
 
1974年4月
 - 
1978年3月
千葉大学 理学部 生物学科
 

委員歴

 
2014年1月
 - 
現在
会長 
 
2008年
 - 
現在
会長 
 
1999年4月
 - 
現在
女性学年報編集委員 
 
2006年1月
 - 
2009年12月
会長 
 

論文

 
台湾の雑穀文化と原住民料理
竹井 恵美子
2013 中華飲食文化国際学術検討會論文集   193-210   2013年10月   [査読有り]
竹井 恵美子
台湾原住民研究   (15) 112-125   2011年11月   [査読有り]
竹井恵美子
雑穀研究   (25) 9-13   2010年3月
竹井恵美子
雑穀研究   (24) 20-22   2009年3月
竹井恵美子、林麗英
雑穀研究   (24) 8-11   2009年3月   [査読有り]

Misc

 
鄕倉探訪記——信州の長谷地区・奥三河の古橋懐古館の備荒貯蓄
増田昭子・土井孝浩・加藤太・竹井恵美子
雑穀研究   (27)    2013年3月   [査読有り]
竹井 恵美子
台湾原住民研究   (17) 242-247   2013年
竹井 恵美子
女性学年報   (30) 224-226   2009年
食文化
竹井 恵美子
AERA Mook ジェンダーがわかる。   99-101   2002年3月

書籍等出版物

 
栽培植物の自然史II ―東アジア原産有用植物と照葉樹林帯の民族文化― 山口裕文編
竹井 恵美子 (担当:分担執筆, 範囲:タイワンアブラススキの民族植物学 (pp.253-273))
北海道大学出版会   2013年10月   ISBN:978-4-8329-8206-2
http://www.amazon.co.jp/dp/4832982060
ポール・フリードマン編「世界食事の歴史」
竹井 恵美子 (担当:共訳, 範囲:先史時代の食)
東洋書林   2009年10月   ISBN:13: 978-4887217676
佐藤洋一郎・木村栄美編 ユーラシア農耕史(4)さまざまな栽培植物と農耕文化
竹井 恵美子 (担当:分担執筆, 範囲:モンスーンアジア島嶼部の雑穀ー鹿野忠雄「インドネジアに於ける穀類」(1946)再考 (pp.261-288))
臨川書店   2009年10月   ISBN:10: 4653040443
山口裕文・河瀬眞琴編 雑穀の自然史
竹井 恵美子 (担当:分担執筆, 範囲:南西諸島のアワの栽培刊行と在来品種)
北海道大学図書刊行会   2003年9月   ISBN:4-8329-8051-3
食とジェンダー
竹井恵美子 (担当:編者, 範囲:編集、および、"自明なるもの”をといなおすこと、食に現れるジェンダー 変わりゆく構造とそのゆくえ)
ドメス出版   2000年10月   ISBN:4810705250
目次
”自明なるもの”を問い返すこと
第1部 食とジェンダーの諸相―人類学・民俗学の視点から(狩猟採集社会における食とジェンダー―性的分業と食物規制を中心に
「悪い魚」と「真の魚」―台湾ヤミの魚食における食物規制
韓国の食事の場にみられる老若・男女の空間分離
近代村落社会における調理担当者)
第2部 食の現在―ジェンダーの軛を解く(嗜好に生理的性差はあるか
「男と料理」を女の側からみると
メディアのなかの「食とジェンダー」―テレビコマーシャルを中心に
食べもの・女性・身体―拒食・過食からみ...

講演・口頭発表等

 
日本における雑穀研究と地方における栽培 [招待有り]
竹井 恵美子
第2回国際キビシンポジウム・世界雑穀サミット   2015年2月26日   
台湾から見た沖縄の雑穀
竹井 恵美子
第28回雑穀シンポジウム   2014年5月31日   
台湾における雑穀の呼称の記録、特に固有種タイワンアブラススキについて
竹井 恵美子
2014年3月20日   
日本統治以前の台湾の雑穀
竹井 恵美子
順益台湾原住民研究会   2014年3月   
台湾における雑穀文化 [招待有り]
竹井 恵美子
第13回中国飲食文化学術検討会   2013年10月20日   

担当経験のある科目

 
  • アジアの食文化 (龍谷大学国際文化学部)
  • 食物と国際文化 (大阪学院短期大学)
  • 生活と文化 (大阪学院短期大学)
  • ジェンダー論 (大阪学院短期大学)
  • 民族植物学 (大阪学院大学)

所属学協会

 
順益台湾原住民研究会 , 雑穀研究会 , 日本女性学研究会 , 民族自然誌研究会 , The Society for Economic Botany 

Works

 
台湾原住民族の雑穀に関する民族植物学のフィールドワーク
竹井 恵美子   2007年5月 - 現在
インドネシアにおける雑穀の栽培・利用・交易に関する研究(フィールド・ワーク)
1996年

競争的資金等の研究課題

 
タイワンアブラススキの民族植物学的研究
共同研究
研究期間: 2007年   
台湾における雑穀の食文化と原住民料理についての研究
アサヒビール学術振興財団: 学術研究振興費補助金
研究期間: 2008年4月 - 2009年3月    代表者: 竹井恵美子