日本の女性研究者

工学

研究者リスト >> 宮本 洋子
 

宮本 洋子

 
アバター
研究者氏名宮本 洋子
 
ミヤモト ヨウコ
URLhttp://www.qopt.es.uec.ac.jp/
所属電気通信大学
部署大学院情報理工学研究科、情報理工学域基盤理工学専攻、Ⅲ類(理工系)
職名准教授
学位修士(理学)(東京大学), 博士(理学)(東京大学)
科研費研究者番号50281655

研究キーワード

 
量子光学 , 光学的測定とその装置 , 光学 , Quantum optics , Optical instruments and techniques , Optics

研究分野

 
  • 応用物理学 / 光工学・光量子科学 / 
  • 物理学 / 原子・分子・量子エレクトロニクス / 

経歴

 
1995年10月
 - 
1996年3月
理化学研究所 基礎科学特別研究員
 
1996年4月
 - 
2007年3月
電気通信大学電気通信学部 助手
 
2007年4月
 - 
2010年3月
電気通信大学電気通信学部 助教
 
2010年4月
 - 
2013年10月
電気通信大学大学院情報理工学研究科 助教
 
2013年11月
   
 
電気通信大学大学院情報理工学研究科 准教授
 

学歴

 
1982年4月
 - 
1985年3月
福岡県立福岡高等学校  
 
1985年4月
 - 
1989年3月
東京大学 理学部 物理学科
 
1989年4月
 - 
1991年3月
東京大学 理学系研究科 物理学専攻
 
1991年4月
 - 
1995年3月
東京大学 理学系研究科 物理学専攻
 

委員歴

 
2002年11月
 - 
2003年10月
日本物理学会  量子エレクトロニクス分科世話人
 
2004年11月
 - 
2016年11月
電子情報通信学会エレクトロニクスソサエティ量子情報技術時限研究専門委員会  委員
 
2014年4月
   
 
文部科学省教科用図書検定調査審議会  臨時委員
 
2015年1月
 - 
2015年6月
独立行政法人科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業における追跡評価
委員  戦略的創造研究推進事業における追跡評価
委員
 

論文

 
S. G. Reddy, R. P. Singh, Y. Miyamoto
Optical Manipulation Conference (OMC '17), Proc. SPIE   10252 102520B-1-102520B-2   2017年4月   [査読有り]
S. G. Reddy, P. Chithrabhanu, R. P. Singh, and Y. Miyamoto
Photonics 2016: 13th International Conference on Fiber Optics and Photonics   W3A.12-1-W3A.12-3   2016年12月   [査読有り]
Mode dependent spatial intensity correlations in scattered light beams
S. G. Reddy, R. P. Singh, and Y. Miyamoto
Irago(Interdisciplinary Research And Global Outlook) Conference 2016   P19-1-P19-1   2016年11月   [査読有り]
S. G. Reddy, V. Kumar, R. P. Singh, and Y. Miyamoto
Asia Communications and Photonics Conference   AS1K.4-1-AS1K.4-3   2016年11月   [査読有り]
S-wave plate for generating vector vortex beams and its characterization
S. G. Reddy and Y. Miyamoto
OSJ - OSA Joint Symposia on Plasmonics and Digital Photonics   31pOD4-1-31pOD4-2   2016年10月   [査読有り]

Misc

 
O. V. Angelsky, A. S. Desyatnikov, G. J. Gbur, S. G. Hanson, T. Lee, Y. Miyamoto, H. Schneckenburger, and J. C. Wyant
Applied Optics   55(12) CO1-CO2   2016年4月   [依頼有り]
光渦の基礎
宮本洋子
O Plus E   37 253-255   2015年4月   [依頼有り]
O. V. Angelsky, A. S. Desyatnikov, G. J. Gbur, S. G. Hanson, Y. Miyamoto, and T. Szoplik
Applied Optics   53(10) CO1-CO2   2014年4月   [依頼有り]
光渦と角運動量
宮本洋子
数理科学   (597) 49-55   2013年3月
2010年日本光学会の研究動向:コンテンポラリ・オプティクス
宮本洋子
光学   40(4) 164-166   2011年4月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
Y. Miyamoto and S. Vyas
Complex Light and Optical Forces XI, Proc. SPIE   2017年2月   SPIE
空間光変調器を用いた擬似振幅変調用の位相変調パターンの設計と評価
北谷拓磨, 宮本洋子
日本光学会 Optics and Photonics Japan 2016 講演予稿集, 日本光学会 Optics and Photonics Japan   2016年11月   
光子対発生とその軌道角運動量特性の確認
宍戸宏樹, 宮本洋子, 中川賢一
日本光学会 Optics and Photonics Japan 2016 講演予稿集, 日本光学会 Optics and Photonics Japan   2016年11月   
Scattering of Scalar and vector optical vortices
S. G. Reddy and Y. Miyamoto
日本光学会 コンテンポラリーオプティクス研究グループ「光導波路技術の新展開」   2016年10月   日本光学会 コンテンポラリーオプティクス研究グループ
シングルモードファイバを用いた光子の軌道角運動量状態の検出
宍戸宏樹, 宮本洋子, 中川賢一
日本光学会 コンテンポラリーオプティクス研究グループ「光導波路技術の新展開」   2016年10月   日本光学会 コンテンポラリーオプティクス研究グループ

担当経験のある科目

 
  • 光エレクトロニクス実験第一 (電気通信大学)
  • 危機・限界体験特別実験 (電気通信大学)
  • ETL (Elementary Teaching Laboratory) (電気通信大学)
  • 電磁気学第二 (電気通信大学)
  • 電磁気学および演習 (電気通信大学)

所属学協会

 
日本物理学会 , 応用物理学会 , SPIE , Optical Society of America , 電子情報通信学会エレクトロニクスソサエティ量子情報技術時限研究専門委員会 , 日本光学会

競争的資金等の研究課題

 
マイクロ光トラップアレー中のリドベルグ原子を用いた量子多体系の量子シミュレーター
研究期間: 2017年 - 2019年
光ビーム断面内のエネルギーの流れの測定に関する研究
研究期間: 2016年 - 2018年
マイクロ光トラップアレー中のリドベルグ原子を用いた量子シミュレーション
松尾学術振興財団: 研究助成
研究期間: 2015年10月 - 2017年9月    代表者: 中川賢一

特許

 
特許第4644819号 : 微小変位計測法及び装置
武田光夫,王ウェイ,石井信生,宮本洋子
韓国特許第10-0981401号 : 微小変位計測法及び装置
武田光夫,王ウェイ,石井信生,宮本洋子
USP 7,457,721 : Method and apparatus for measuring small displacement
M. Takeda, W. Wang, N. Ishii, Y. Miyamoto