日本の女性研究者

健康・スポーツ科学

研究者リスト >> 喜多村 祐里
 

喜多村 祐里

 
アバター
研究者氏名喜多村 祐里
 
キタムラ ユリ
通称等の別名喜多村祐里(旧姓・津田)
所属大阪大学
部署医学系研究科 医学専攻
職名准教授
学位博士(医学)(大阪大学), 医学
その他の所属大阪大学, 大阪大学, 大阪大学
科研費研究者番号90294074

研究キーワード

 
社会環境医学 , 子どものこころと行動発達 , 脳イメージング , 精神医学 , 生物物理学 , 麻酔科学

研究分野

 
  • 情報学 / 認知科学 / 
  • 健康・スポーツ科学 / 応用健康科学 / 
  • 生物科学 / 生物物理学 / 
  • 内科系臨床医学 / 精神神経科学 / 
  • 神経科学 / 神経科学一般 / 

学歴

 
 
 - 
1997年
大阪大学 医学研究科 麻酔学
 
 
 - 
1990年
大阪大学 医学部 医学
 

受賞

 
1998年
井上研究奨励賞
 
2000年
世界自動処理学会最優秀論文賞
 
2003年
先進医薬研究振興財団精神薬療海外留学助成金「ニューロレセプターイメージングによる統合失調症に関する研究」
 
2000年
世界自動処理学会最優秀論文賞
 
2003年
先進医薬研究振興財団精神薬療海外留学助成金「ニューロレセプターイメージングによる統合失調症に関する研究」
 

論文

 
Torsional Rigidity of Single Actin Filaments and actin-actin bond breaking force under torsion measured directly by in vitro micromanipulation.
Yuri Tsuda, Hironori Yasutake, Akihiko Ishijima, and Toshio Yanagida
Proceedings of National Academy of Science of the U. S. A.      1996年4月
【国立情報学研究所情報から移行】
Matsuo Yuka, Watanabe Masayuki, Taniike Masako, Mohri Ikuko, Kobashi Syoji, Tachibana Masaya, Kobayashi Yasushi, Kitamura Yuri
PLOS ONE   10(5)    2015年5月   [査読有り]
Epidural Lidocaine Delays Arousal from Isoflurane Anesthesia.
Yoshimi Inagaki, Takashi Mashimo, Akiko Kuzukawa, Yuri Tsuda and Ikuto Yoshiya
Anesthesia and Analgesia      1994年4月
【国立情報学研究所情報から移行】
Inhibitory effect of Prostaglandin E1 on Gastric Secretion during General Anesthesia in Humans.
Takashi Mashimo, Masaki Takashina, Yoshimi Inagaki, Tomoyoshi Seto, Yuri Tsuda, and Ikuto Yoshiya
Journal of Anesthesia      1995年4月
【国立情報学研究所情報から移行】
Effects of Local Anesthetics on the ATPase Activity and Motility of Actomyosin Directly Studied by in Vitro Motility Assay.
Yuri Tsuda, Takashi Mashimo, Inagaki Yoshimi, Ikuto Yoshiya, Yoshie Harada, and Toshio Yanagida
Progress in Anesthetic Mechanism      1995年4月   [査読有り][招待有り]
【国立﨣w研究所情報から移行】

Misc

 
A Study of Recovery Courses from Motor Impediement after Stroke by Transcranial Magnetic Stimulation
Recent Advances in Human Brain Mapping   1232C, 907-914/,    2002年
A Study of Recovery Courses from Motor Impediement after Stroke by Transcranial Magnetic Stimulation
Recent Advances in Human Brain Mapping   1232C, 907-914    2002年
Accurate Estimation of Hemodynamic Response Function in functional MR Images
1793-1798    2006年
Association study of the G72 gene with schizophrenia in a Japanese population: a multicenter study.
Schizophrenia Research   109: 80-85    2009年
Can changes in extrastriatal binding to D2,3 receptors be detected using PET/11C-Raclopride?
NeuroReceptor Mapping      2004年

書籍等出版物

 
ストレスのメカニズムとプロセス〜生物学的側面:生理学からの接近〜
喜多村祐里 (担当:共著)
創元社   2015年3月   ISBN:978-4-422-11585-6
生物物理ハンドブック「脳の構造とはたらきの非侵襲計測」
喜多村祐里 (担当:共著)
朝倉書店   2005年4月   
ブロナンセリン100の症例報告
村崎光邦編 (担当:共著)
星和書店   2009年10月   
ストレス百科事典
日本ストレス学会編 (担当:共訳)
丸善   2009年12月   
がんと運動療法・スポーツ
喜多村祐里, 祖父江友孝 (担当:共著)
東京医学社   2016年5月   

所属学協会

 
生物物理学会 , 日本臨床神経生理学会 , アメリカ神経科学会 , 日本神経科学会 , 日本ヒト脳機能マッピング学会 , 日本精神医学会 , 日本麻酔科学会 , 日本ストレス学会 , 日本衛生学会 , Japan Stress Society , Japanese Society for Hygiene

Works

 
ニューロレセプターイメージングによる統合失調症に関する研究
2004年
ヒト両眼立体視における脳内情報処理機構の解明
2003年
ニューロレセプターイメージングによる統合失調症に関する研究
2003年
運動神経系リハビリテーションにおける経頭蓋的大脳磁気刺激法の応用
2002年
ヒト両眼立体視における脳内情報処理機構の解明
2002年

競争的資金等の研究課題

 
脳記憶のダイナミズム
単一アクチンフィラメントの弾性率測定
中枢神経損傷後の機能回復機構の解明,治療法の開発
新生児の視覚発達における光トポグラフィーを用いた研究
統合失調症の病態解明と治療法確立のための遺伝子解析研究
研究期間: 2004年