日本の女性研究者

地域研究

研究者リスト >> 椿 真智子
 

椿 真智子

 
アバター
研究者氏名椿 真智子
 
ツバキ マチコ
eメールtsubakiu-gakugei.ac.jp
所属東京学芸大学
部署教育学部 人文科学講座
職名教授
学位文学修士(筑波大学)

研究キーワード

 
地域文化 , エスニック , 多民族社会 , 多文化社会 , 景観 , 近代日本 , 近代化 , フロンティア

研究分野

 
  • 地域研究 / 地域研究 / 

学歴

 
 
 - 
1989年
筑波大学大学院博士課程 歴史人類学研究科 歴史地理学
 
 
 - 
1984年
筑波大学 比較文化学類 日本研究
 

Misc

 
多民族社会カナダの特質と多文化状況
椿真智子
新地理   57(3) 33-39   2009年12月
ロサンゼルス市ボイルハイル地区における90の壁画-資料と地理学的アプローチ-
矢ヶ崎典隆・*椿真智子・佐々木智章・深瀬浩三
東京学芸大学紀要人文社会科学系Ⅱ   57/,33-46    2006年3月
文化環境としてのハケ-身近な地域学習の題材として-
東京学芸大学紀要第三部門   56/,73-84    2005年3月
タイにおける農業地域区分と各農業地域における稲作収量
菊地俊夫・山本充・佐々木博
地球環境      2002年3月
カナダ・バンクーバー周辺の日系社会と文化継承
地理   47/10,30-36    2002年3月

書籍等出版物

 
小学校社会科を教える本
東京学芸大学出版会   2015年3月   
地域に学ぶ、学生が変わる-大学と市民でつくる持続可能な社会-
東京学芸大学出版会   2012年4月   
世界の国々を調べる 改訂版 東京学芸大学地理学会シリーズ4
古今書院(東京)   2012年3月   
日本の地域変貌
海青社(大津市)   2008年10月   
景観形成の歴史地理学-関東縁辺の地域特性-
二宮書店(東京)   2008年1月   

講演・口頭発表等

 
地域資源としての崖線への認識と学習課題
2018年度日本地理教育学会大会   2018年8月   
大学史と地域をめぐる歴史地理的展望-師範学校アーカイブズと東京学芸大学-
歴史地理学会例会   2017年12月   
大学史と地域をめぐる歴史地理学的展望-師範学校アーカイブズと東京学芸大学-
歴史地理学会第237回「例会」   2017年12月   
大学史と地域をめぐる歴地理学的展望-師範学校アーカイブズと東京学芸大学-
歴史地理学会例会   2017年12月   
大学史と地域をめぐる歴史地理学的展望-師範学校アーカイブズと東京学芸大学-
歴史地理学会第247回例会   2017年12月   

Works

 
オープンカレッジ東京2017「ディスカバーワールドⅢ:主食の違い」
201711
オープンカレッジ東京2016 ディスカバーワールドⅡ:お茶のちがいと地域性
201611
大学史資料室展示報告「學藝アルバム-高度経済成長期の東京学芸大学と地域社会-」
201603
古田悦造先生のご退職にあたって
201602
オープンカレッジ東京2015 ディスカバーワールドⅠ:麺のちがいと地域性
201512

競争的資金等の研究課題

 
地域文化論、景観論、多民族社会(とくにアメリカ合衆国・カナダ)のエスニック景観と文化継承 近代日本のフロンティアと景観表象