日本の女性研究者

化学

研究者リスト >> 吉本 信子
 

吉本 信子

 
アバター
研究者氏名吉本 信子
 
ヨシモト ノブコ
eメールnobukoyamaguchi-u.ac.jp
eメール(その他)nobukoyamaguchi-u.ac.jp
所属山口大学
部署山口大学 大学院理工学研究科(工学) 大学院理工学研究科(物質工学系学域)(工学) 精密化学分野
職名大学院担当准教授
学位博士(工学)(山口大学), 工学修士(山口大学)
その他の所属山口大学, 山口大学
科研費研究者番号30253173

研究キーワード

 
電気化学,工業物理化学

研究分野

 
  • 複合化学 / 分析化学 / 
  • 材料化学 / デバイス関連化学 / 

経歴

 
2007年3月
 - 
2016年4月
山口大学 大学院理工学研究科(工学) 大学院担当准教授
 

学歴

 
 
 - 
1977年3月
山口大学 工学部 工業化学科
 
 
 - 
1979年3月
山口大学 工学研究科 工業化学専攻
 

受賞

 
2013年3月
(公社)電気化学会 電気化学会女性躍進賞
 

論文

 
Thermal and electrochemical properties of nonflammable electrolyte solutions containing fluorinated alkylphosphates for lithium-ion batteries
Y. M. Todorov, M. Aoki, H. Mimura, K. Fujii, N. Yoshimoto, and M. Morita
Journal of Power Sources   323 322-329   2016年   [査読有り]
Structural and Electrochemical Properties of Li Ion Solvation Complexes in the Salt-Concentrated Electrolytes Using an Aprotic Donor Solvent, N,N-Dimethylformamide
K. Fujii *, H. Wakamatsu, Y. Todorov. N. Yoshimoto, and M. Morita
Journal of Physical Chemistry, C   120 17196-17204   2016年   [査読有り]
Detarmining Water Content in Activated Carbon for Double-layer Capacitor electrodes
M. Egashira, T. Izumi, N. Yoshimoto, and M. Morita
Journal of Power Sources   326 635-640   2016年   [査読有り]
Degradation Characteristics of Electric Double-layer Capacitors Consisting of High Specific Surface Aria Carbon Electrodes with Organic Electrolyte Solutions
M. Tokita, N. Yoshimoto, K. Fujii, and M. Morita
Electrochimica Ata   209 210-218   2016年   [査読有り]
Characteristics of Tetrahydrofuran-based Electrolytes with Magnesium Alkoxide Additives
I.-T. Kim, K. Yamabuki, M. Sumimoto, h. Tsutsumi, M. Morita, and N. Yoshimoto
Journal of Power Sources   323 51-56   2016年   [査読有り]

Misc

 
マグネシウム二次電池開発に向けた電解質の設計(共著)
吉本信子,森田昌行
Electrochemistry   80(2) 104-108   2012年2月
マグネシウム系二次電池の電解質設計
森田昌行,柿部剛史,吉本信子
電池技術   24 123-128   2012年12月

書籍等出版物

 
レアメタルフリー二次電池の最新技術動向
企画監修:境 哲男,森田昌行,吉本信子他 (担当:共著)
シーエムシー出版   2013年3月   ISBN:9784781307596
ユビキタスエネルギーの最新技術
小林哲彦 & 辰巳国昭 & 栄部比夏里 & 吉本信子 & 森田昌行 & その他69名
シーエムシー出版   2006年   
電気化学キャパシタ(翻訳)
直井勝彦 & 西野 敦 & 森本 剛 & 森田昌行 & 石川正司 & 吉本信子 & その他9名
エヌティーエス   2001年   
Materials Chemistry in Lithium Batteries 2002
Morita M. & Ishikawa M. & Yoshimoto N.他47名
Research Signpost   2003年   
電子とイオンの機能化学シリーズ Vol. 3 次世代リチウム二次電池
吉本信子 & 森田昌行他37名
エヌ・ティー・エス   2003年   

講演・口頭発表等

 
非水電解質中での電極過程の解析とエネルギーデバイスへの応用に関する研究
吉本信子
電気化学会創立80周年記念大会   2013年3月29日   (公社)電気化学会
種々の多孔質炭素に吸着した微量水分の定量
泉 拓磨,江頭 港,吉本信子,森田昌行
電気化学会創立80周年記念大会   2013年3月29日   (公社)電気化学会
フッ素化リン酸エスエルを含む難燃性電解液のハイブリッドキャパシタへの適用
森田昌行,朝野泰介,吉本信子,江頭 港,青木雅裕,三村英之,江口久雄
電気化学会創立80周年記念大会   2013年3月29日   (公社)電気化学会
イオン液体電解液中での金属錯体/炭素複合電極の静電容量
江頭 港,齋藤 渉,吉本信子,森田昌行
電気化学会創立80周年記念大会   2013年3月29日   (公社)電気化学会
有機Mg錯体/イオン液体混合電解質を含むゲル電解質中でのMgの電気化学挙動
菱井順也,吉本信子,江頭 港,森田昌行
電気化学会創立80周年記念大会   2013年3月29日   (公社)電気化学会

担当経験のある科目

 
  • 分析化学 (山口大学)
  • 応用化学工学演習II (山口大学)
  • 分析化学 (山口大学)
  • 化学分析特論 (山口大学)
  • 物質構造化学特論 (山口大学)

所属学協会

 
アメリカ電気化学会 , 腐食防食協会理事

その他

 
1.新規電気化学デバイス構築のための材料として,2価イオンが伝導する固体(および液体)材料について研究した。
1.新規電気化学デバイス構築のための材料として,2価イオンが伝導する固体(および液体)材料について研究した。<br>1.リチウムイオン電池用新規ポリマー電解質の簡便な調製法を提案した。<br>1.マグネシウムイオン伝導性新規電解質を提案し,充放電が可能であることを確認した。
1.新規電気化学デバイス構築のための材料として,2価イオンが伝導する固体(および液体)材料について研究した。<br>1.リチウムイオン電池用新規ポリマー電解質の簡便な調製法を提案した。<br>1.マグネシウムイオン伝導性新規電解質を提案し,充放電が可能であることを確認した。
1988年
研究計画<br>常温で高い伝導度をもつポリマー電解質の開発,および電池電解質への応用<br> <br>実施状況<br>常温で高いマグネシウムイオン伝導性を持つ電解質を得ることができた。<br>電池電解質への応用するためには,負極材料の選択が必要である
1988年
1.新規電気化学デバイス構築のための材料として,2価イオンが伝導する固体(および液体)材料について研究した。