日本の女性研究者

農学

研究者リスト >> 山下 まり
 

山下 まり

 
アバター
研究者氏名山下 まり
 
ヤマシタ マリ
通称等の別名(旧姓など)四津 まり、論文ではMari Yotsu-Yamashitaで表記
eメールmari.yamashita.c1tohoku.ac.jp
URLhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/dafdd920d7d29a5a8f59a82dd990c736.html
所属東北大学
部署大学院農学研究科・農学部 生物産業創成科学専攻
職名教授
学位農学博士(東北大学)

研究キーワード

 
自然毒 , 天然物 , 生理活性 , 生合成 , 構造決定 , 作用蛋白質

研究分野

 
  • 農芸化学 / 生物有機化学 / 生物有機化学

委員歴

 
2017年12月
 - 
2022年12月
日本学術会議  連携委員
 
2015年4月
 - 
2019年3月
日本農芸化学会  英文誌編集委員
 
2015年4月
 - 
2016年2月
日本農芸化学会男女共同参画委員会  委員
 

受賞

 
2000年3月
日本農芸化学会 日本農芸化学会奨励賞
 

論文

 
Andrew J. Jang*, Ji-Hyeok Lee, Mari Yotsu-Yamashita, Joodong Park, Steve Kye, Raymond L. Benza, Michael J. Passineau, You-Jin Jeon & Toru Nyunoya
Scientific Reports   8 11504   2018年7月   [査読有り]
IF 4.259 国際共同研究
Mari Yotsu-Yamashita*, Yuuma Nagaoka, Koji Muramoto, Yuko Cho, Keiichi Konoki
Marine Drugs   16 224   2018年6月   [査読有り]
Open access
IF 4.379
Sou Kikuchi1, Kayo Okada1, Yuko Cho, Shinichiro Yoshida, Eunsang Kwon, Mari Yotsu-Yamashita, Keiichi Konoki*
Tetrahedron   74 3742-3747   2018年5月   [査読有り]
IF 2.33
Geographic range expansion of tetrodotoxin in amphibians – First record in Atelopus hoogmoedi from the Guiana Shield
Dietrich Mebs⁠⁠, ⁠∗, Max Lorentz⁠, Mari Yotsu-Yamashita⁠, Daniela C. Rößler⁠, Raffael Ernst⁠, Stefan Lötters⁠
Toxicon      2018年5月   [査読有り]
国際共著論文
IF2.352
山下 まり
Chemistry, a European Journal   24 7250-7258   2018年3月   [査読有り]
IF 5.317
Yukari Maeno, Yuichi Kotaki, Ryuta Terada, Yuko Cho, Keiichi Konoki, Mari Yotsu-Yamashita*
Scientific Reports   8(356)    2018年1月   [査読有り]
IF 4.259
Kotaro Iwasaki, Satori Sasaki, Yusuke Kasai, Yuki Kawashima, Shohei Sasaki, Takanori Ito, Mari Yotsu-Yamashita, and Makoto Sasaki,*
The Journal of Organic Chemistry   82(24) 13204-13219   2017年12月   [査読有り]
IF 4.849
化学的手法による天然毒の生合成研究
山下まり
第34回有機合成化学セミナー 講演要旨集   47-50   2017年9月
フグの新規スピロ環状グアニジノ化合物の単離、構造決定と海産テトロドトキシンの生合成経路の推定
上山望、杉本敬太、工藤雄大、長由扶子、此木敬一、西川俊夫、山下まり*
第59回天然有機化合物討論会講演要旨集   597-601   2017年8月
Tadaaki Tsukamoto, Yukie Chiba, Minoru Wakamori, Tomoshi Yamada, Shunsuke Tsunogae, Yuko Cho, Ryo Sakakibara, Takuya Imazu, Shouta Tokoro, Yoshiki Satake, Masaatsu Adachi, Toshio Nishikawa, Mari Yotsu-Yamashita, and Keiichi Konoki,*
British Journal of Pharmacology   174 3811-3892   2017年8月   [査読有り]
IF 5.491
Yuta Kudo, Chikafumi Chiba, Keiichi Konoki, Yuko Cho and Mari Yotsu-Yamashita*
Toxicon   137 78-82   2017年7月   [査読有り]
IF 2.352
Shigeki Tsuchiya, Yuko Cho, Renpei Yoshioka, Keiichi Konoki, Kazuo Nagasawa, Yasukatsu Oshima, and Mari Yotsu-Yamashita*
Angew. Chem. Int. Ed.   56 5327-5331   2017年4月   [査読有り]
IF 11.994
Taricha granulosa (Rough-Skinned Newt) Predation
Dietrich Mebs* and Mari Yotsu-Yamashita
Herpetological Review   84(4) 828-829   2017年4月   [査読有り]
IF 0.16 国際共著論文 review
Tadaaki Tsukamoto, Yukie Chiba, Atsuo Nakazaki, Yuki Ishikawa, Yoshiki Nakane, Yuko Cho, Mari Yotsu-Yamashita, Toshio Nishikawa, Minoru Wakamori, and Keiichi Konoki,*
Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters   27 1247-1251   2017年2月   [査読有り]
IF 2.486
Clyde Gorapava Puilingi, Yuta Kudo, Yuko Cho, Keiichi Konoki, and Mari Yotsu-Yamashita*
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   81 222-225   2017年1月   [査読有り]
IF=1.176 国際共同研究
Mebs, D.,* M. Yotsu-Yamashita, J. Ream, B. K. Zajac & R. Zehner
Salamandra   52(3) 255-260   2016年10月   [査読有り]
IF=1.250 国際共著論文
Yuko Cho*, Shigeki Tsuchiya, Renpei Yoshioka, Takuo Omura, Keiichi Konoki, Yasukatsu Oshima, Mari Yotsu-Yamashita
Journal of Chromatography A   1474 109-120   2016年10月   [査読有り]
IF=3.926
Chao Wang, Mana Oki, Toru Nishikawa, Daisuke Harada, Mari Yotsu-Yamashita and Kazuo Nagasawa*
Angew. Chem. Int. Ed.   55(38) 11600-11603   2016年9月   [査読有り]
IF=11.709
Yu Onodera, Kazuaki Hirota, Yuto Suga, Keiichi Konoki, Mari Yotsu-Yamashita, Makoto Sasaki, and Haruhiko Fuwa*
J. Org. Chem   81(18) 8234-8252   2016年9月   [査読有り]
IF=4.785
Yuta Kudo, Takeshi Yasumoto, Dietrich Mebs, Yuko Cho, Keiichi Konoki, and Mari Yotsu-Yamashita*
Angewandte Chemie International Edition   55 8728-8731   2016年6月   [査読有り]
IF 11.261 国際共著論文

Misc

 
テトロドトキシンはモノテルペン由来か?
山下まり、工藤雄大
月刊化学   71(12) 66-67   2016年12月
国際共著論文
電位依存性Na+チャネルとフグ毒テトロドトキシン
山下まり
47(8) 538-544   2009年8月
グアム産ヒラムシにおけるテトロドトキシンの役割
山下まり
化学と生物   44(9) 584-586   2006年9月
毒のサイエンス 毒をためこむ不思議な魚・フグ ー生命科学によるフグ毒の謎へのアプローチ
山下まり
ビオフィリア   5(1) 9-13   2009年1月
Topics, テトロドトキシン類縁体のHILIC/MSによる一斉分析
山下まり
バイオサイエンスとインダストリー   66(11) 624-626   2008年11月

書籍等出版物

 
月刊 臨床神経科学、Clinical Neuroscience, 貝毒、魚毒、腔腸動物の毒、神経毒とNeuroscience 2017
山下まり*、此木敬一 (担当:共著, 範囲:35, no.12 1443-1448)
中外医学社   2017年12月   
Seafood and Freshwater Toxins: Pharmacology, Physiology, and Detection
M. Carmen Louzao, Natalia Vilarino, and Mari Yotsu-Yamashita, (担当:共著, 範囲:Chaptor 29, Polycavernosides and Other Scarce New Toxins pp 857-284)
CRC Press, Taylor & Francis group   2014年4月   ISBN:976-1-4665-05
水産学シリーズ174 フグ研究とトラフグ生産技術の最前線 第9章フグ毒化関連タンパク質 p111-121
山下まり (担当:共著, 範囲:第9章フグ毒化関連タンパク質 p111-121)
恒星社厚生閣   2012年   ISBN:978-4-7699-1285-9
日本水産学会監修 編集:長島裕二、村田修、渡部終五
藻類ハンドブック 第2節-5. 大型藻類の毒 p268-270
山下まり (担当:共著, 範囲:第2節-5. 大型藻類の毒 p268-270)
(株)エヌ•テイー•エス社   2012年   ISBN:978-4-86469-002-7
監修、編集委員長:渡邉信
天然物化学-海洋生物編
山下まり (担当:共著, 範囲:p108-115)
アイピーシー   2008年4月   

講演・口頭発表等

 
紅藻ハナヤナギ(Chondria armata)から同定したドウモイ酸の推定生合成中間体のLC-MS分析法の検討
前野優香理,山下まり*,長 由扶子,此木敬一,小瀧裕一,寺田竜太
平成30年度日本水産学会春季大会   2018年3月28日   
本人の発表
15N同位体標識培地による渦鞭毛藻の麻痺性貝毒及び生合成中間体への15N取り込み挙動の解析
長 由扶子*,土屋成輝,此木敬一,大島泰克,山下まり
平成30年度日本水産学会春季大会   2018年3月28日   
海洋生物における新規テトロドトキシン関連化合物の探索
上山 望*,杉本敬太,長 由扶子,此木敬一,山下まり
日本農芸化学会2018年度大会   2018年3月16日   
クロイソカイメン共生菌が生産する新規有毒二次代謝産物の構造決定
菊池颯*、岡田華弥、長 由扶子、吉田慎一朗、權 垠相、山下まり、此木敬一
日本農芸化学会2018年度大会   2018年3月16日   
記憶喪失性貝毒ドウモイ酸の生合成経路に関する研究
前野優香理*,小瀧 裕一,長 由扶子,此木敬一,山下まり
日本農芸化学会2018年度大会   2018年3月16日   
化学的手法による天然毒の生合成研究
山下まり
名古屋大学大学院生命農学研究科セミナー   2017年10月10日   
本人による発表
Prediction of Biosynthetic Pathways of Tetrodotoxin and Saxitoxin Based on the Structures of Intermediates
Mari Yothu-Yamasita
The 5th Tohoku University (TU)-Dalian University of Technology (DUT) Joint Symposium on Chemistry   2017年9月25日   
本人の講演
Biosynthetic pathway of saxitoxin based on the structures of its intermediate
Mari Yotsu-Yamashita*, Shigeki Tsuchiya, Yuko Cho, Keiichi Konoki, and Yasukatsu Oshima
108) The JSFS 85th Anniversary-Commemorative International Symposium "Fisheries Science for Future Generations   2017年9月22日   
本人の講演
フグの新規スピロ環状グアニジノ化合物の単離、構造決定と海産テトロドトキシンの生合成経路の推定
上山望*、杉本敬太、工藤雄大、長由扶子、此木敬一、西川俊夫、山下まり
第59回天然有機化合物討論会   2017年9月20日   
上山望 天然有機化合物討論会奨励賞(ポスターの部受賞)
C11位に着目した新規サキシトキシン類誘導体の合成と活性評価
安達栞菜*、大木麻菜、原田大資、此木敬一、 山下まり、長澤和夫
第34回有機合成化学セミナー   2017年9月12日   

所属学協会

 
日本農芸化学会 , アメリカ化学会 , AOAC International , 日本化学会 , 日本水産学会 , 日本ケミカルバイオロジー学会 , 癌分子標的治療研究会(2008.3-) , 理研NMR施設利用者懇談会(2008.5-)

競争的資金等の研究課題

 
天然物の構造決定、生理作用
研究期間: 2000年3月 - 現在
天然物の生合成研究
研究期間: 2000年3月 - 現在

社会貢献活動

 
福島成蹊高校での理科講演会
【その他】  2013年5月24日
福島成蹊高校理科講演会
宮城県仙台第三高等学校理数科講演会
【その他】  2012年1月24日
題目:海洋生物毒の謎を化学と生物で解明したい
郷土の鍋食材禁止知らず フグ肝販売背景は
【その他】  朝日新聞  2018年1月18日
研究室探訪
【その他】  河北新報朝刊  2017年3月18日
研究室研究紹介 本人の取材内容
科学の泉、海洋生物の毒
【出演, 寄稿】  河北新報  2013年8月20日
6回連載、2013年8月20日-25日、

その他

 
2010年4月   天然物の構造決定
天然物の構造決定
2006年4月   紅藻カタオゴノリ由来の致死毒ポリカバノシドA類縁体と新規プロスタグランジンの単離と構造決定
ヒト致死性食中毒原因海藻カタオゴノリより、ポリカバノシドA類縁体を単離、構造決定した。また、新規プロスタノイドの検索、単離、構造の推定をおこなった。
2005年6月   フィリピン産カタオゴノリGracilaria edulis由来のプロスタグランジン類に関する研究
フィリピン産カタオゴノリGracilaria edulis由来のプロスタグランジン類に関する研究
2004年4月   フグ骨格筋Na+チャネルの発現とフグ血漿中フグ毒結合蛋白質による毒の体内輸送と蓄積
フグのフグ毒耐性機構に関わる2つの蛋白質の機能を明らかにした。