日本の女性研究者

農学

研究者リスト >> 山下 まり
 

山下 まり

 
アバター
研究者氏名山下 まり
 
ヤマシタ マリ
通称等の別名(旧姓など)四津 まり、論文ではMari Yotsu-Yamashitaで表記
eメールmari.yamashita.c1tohoku.ac.jp
URLhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/dafdd920d7d29a5a8f59a82dd990c736.html
所属東北大学
部署大学院農学研究科・農学部 生物産業創成科学専攻
職名教授
学位農学博士(東北大学)

研究キーワード

 
自然毒 , 天然物 , 生理活性 , 生合成 , 構造決定 , 作用蛋白質

研究分野

 
  • 農芸化学 / 生物有機化学 / 生物有機化学

委員歴

 
2017年12月
 - 
2022年12月
日本学術会議  連携委員
 
2015年4月
 - 
2019年3月
日本農芸化学会  英文誌編集委員
 
2015年4月
 - 
2016年2月
日本農芸化学会男女共同参画委員会  委員
 

受賞

 
2000年3月
日本農芸化学会 日本農芸化学会奨励賞
 

論文

 
Geographic range expansion of tetrodotoxin in amphibians – First record in Atelopus hoogmoedi from the Guiana Shield
Dietrich Mebs⁠⁠, ⁠∗, Max Lorentz⁠, Mari Yotsu-Yamashita⁠, Daniela C. Rößler⁠, Raffael Ernst⁠, Stefan Lötters⁠
Toxicon      2018年5月   [査読有り]
国際共著論文
IF1.927(2017)
Yukari Maeno, Yuichi Kotaki, Ryuta Terada, Yuko Cho, Keiichi Konoki, Mari Yotsu-Yamashita*
Scientific Reports   8(356)    2018年1月   [査読有り]
IF 4.259
山下 まり
Chemistry, a European Journal   24 7250-7258   2018年3月   [査読有り]
IF 5.317
Shigeki Tsuchiya, Yuko Cho, Renpei Yoshioka, Keiichi Konoki, Kazuo Nagasawa, Yasukatsu Oshima, and Mari Yotsu-Yamashita*
Angew. Chem. Int. Ed.   56 5327-5331   2017年4月   [査読有り]
IF 11.994
Yuta Kudo, Takeshi Yasumoto, Dietrich Mebs, Yuko Cho, Keiichi Konoki, and Mari Yotsu-Yamashita*
Angewandte Chemie International Edition   55 8728-8731   2016年6月   [査読有り]
IF 11.261 国際共著論文
Shigeki Tsuchiya, Yuko Cho, Keiichi Konoki, Kazuo Nagasawa, Yasukatsu Oshima and Mari Yotsu-Yamashita,*
Scientific Reports   6 20340   2016年2月   [査読有り]
IF 5.578
Yuta Kudo, Yoko Yamashita, Dietrich Mebs, Yuko Cho, Keiichi Konoki, Takeshi Yasumoto, and Mari Yotsu-Yamashita*
Angew. Chem. Int. Ed      2014年9月   [査読有り]
IF 11.261 国際共同研究
Shigeki Tsuchiya, Yuko Cho, Keiichi Konoki, Kazuo Nagasawa, Yasukatsu Oshima, and Mari Yotsu-Yamashita*
Chem. Eur. J.      2015年3月   [査読有り]
IF=5.731
Synthesis and identification of proposed biosynthetic intermediates of saxitoxin in the cyanobacterium Anabaena circinalis (TA04) and the dinoflagellate Alexandrium tamarense (Axat-2)
Shigeki Tsuchiya, Yuko Cho, Keiichi Konoki, Kazuo Nagasawa, Yasukatsu Oshima and Mari Yotsu-Yamashita*,
Org. Biomol. Chem   77 1000-1004   2014年3月   [査読有り]
IF 3.568
Isolation of 6-deoxytetrodotoxin from the pufferfish, takifugu pardalis, and a comparison of the effects of the C-6 and C-11 hydroxy groups of tetrodotoxin on its activity
Yuta Kudo, Julian Finn, Kohei Fukushima, Satsuki Sakugawa, Yuko Cho, Keiichi Konoki, and Mari Yotsu-Yamashita*,
J. Nat. Prod   77 1000-1004   2014年3月   [査読有り]
IF 3.285

Misc

 
テトロドトキシンはモノテルペン由来か?
山下まり、工藤雄大
月刊化学   71(12) 66-67   2016年12月
国際共著論文
電位依存性Na+チャネルとフグ毒テトロドトキシン
山下まり
47(8) 538-544   2009年8月
グアム産ヒラムシにおけるテトロドトキシンの役割
山下まり
化学と生物   44(9) 584-586   2006年9月
毒のサイエンス 毒をためこむ不思議な魚・フグ ー生命科学によるフグ毒の謎へのアプローチ
山下まり
ビオフィリア   5(1) 9-13   2009年1月
Topics, テトロドトキシン類縁体のHILIC/MSによる一斉分析
山下まり
バイオサイエンスとインダストリー   66(11) 624-626   2008年11月

書籍等出版物

 
月刊 臨床神経科学、Clinical Neuroscience, 貝毒、魚毒、腔腸動物の毒、神経毒とNeuroscience 2017
山下まり*、此木敬一 (担当:共著, 範囲:35, no.12 1443-1448)
中外医学社   2017年12月   
Seafood and Freshwater Toxins: Pharmacology, Physiology, and Detection
M. Carmen Louzao, Natalia Vilarino, and Mari Yotsu-Yamashita, (担当:共著, 範囲:Chaptor 29, Polycavernosides and Other Scarce New Toxins pp 857-284)
CRC Press, Taylor & Francis group   2014年4月   ISBN:976-1-4665-05
水産学シリーズ174 フグ研究とトラフグ生産技術の最前線 第9章フグ毒化関連タンパク質 p111-121
山下まり (担当:共著, 範囲:第9章フグ毒化関連タンパク質 p111-121)
恒星社厚生閣   2012年   ISBN:978-4-7699-1285-9
日本水産学会監修 編集:長島裕二、村田修、渡部終五
藻類ハンドブック 第2節-5. 大型藻類の毒 p268-270
山下まり (担当:共著, 範囲:第2節-5. 大型藻類の毒 p268-270)
(株)エヌ•テイー•エス社   2012年   ISBN:978-4-86469-002-7
監修、編集委員長:渡邉信
天然物化学-海洋生物編
山下まり (担当:共著, 範囲:p108-115)
アイピーシー   2008年4月   

講演・口頭発表等

 
Prediction of biosynthetic pathways of tetrodotoxin and saxitoxin on the basis of the structures of their intermediates
Yotsu-Yamashita*, Yuta Kudo, Shigeki Tsuchiya, Yuko Cho, and Keiichi Konoki,
8th US-Japan symposium 21st century innovations in Natural Products.   2016年11月14日   
本人の講演
化学的アプローチによるサキシトキシンとテトロドトキシンの生合成研究
新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー:分子標的と活性制御」地区ミニシンポジウム(東京農工大)   2016年3月8日   
Our recent studies of tetrodotoxin, saxitoxin and polycavernosides
Mari Yotsu-Yamashita*, Yuta Kudo, Shigeki Tsuchiya, Kosuke Maeta, Yuko Cho, Keiichi Konoki、
2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015)   2015年12月15日   
本人の発表
Analysis of polycavernoside A in the red alga Gracilaria edulis that caused previous fatal food poisonings in Guam and Philippines,
37) ○Mari Yotsu-Yamashita1, Kosuke Maeta1, Yuki Taya1, Eri Omizu1, Takahide Endo1, Yuko Cho1, Keiichi Konoki1, Mirriam A. Cayme2, Yasuo Fukuyo3, Sherwood Hall4, Takeshi Yasumoto5,
The 16th International conference on Harmful Algae   2014年10月27日   
本人の発表
Approach to elucidation of biosynthetic pathways towards tetrodotoxin and saxitoxin
29) ○Mari Yotsu-Yamashita, Yuta Kudo, Shigeki Tsuchiya, Yuko Cho, and Keiichi Konoki,
Campus Asia   2014年7月24日   
本人の発表
Screening of biosynthetic intermediates of domoic acid, the causative toxin of amnesic shellfish poisoning
Yukari Ebine*, Yuichi Kotaki, Ryuta Terada, Yuko Cho, Keiichi Konoki and Mari Yotsu-Yamashita
Tohoku University Campus Asia Summer School 2017   2018年8月21日   
フグ由来のテトロドトキシン関連化合物の合
杉本 敬太*、上山 望、長 由扶子、此木 敬一、西川 俊夫、山下 まり
日本農芸化学会東北支部第151回大会   2018年1月31日   
化学的手法による天然毒の生合成研究
山下まり
名古屋大学大学院生命農学研究科セミナー   2017年10月10日   
本人による発表
Prediction of Biosynthetic Pathways of Tetrodotoxin and Saxitoxin Based on the Structures of Intermediates
Mari Yothu-Yamasita
The 5th Tohoku University (TU)-Dalian University of Technology (DUT) Joint Symposium on Chemistry   2017年9月25日   
本人の講演
Biosynthetic pathway of saxitoxin based on the structures of its intermediate
Mari Yotsu-Yamashita*, Shigeki Tsuchiya, Yuko Cho, Keiichi Konoki, and Yasukatsu Oshima
108) The JSFS 85th Anniversary-Commemorative International Symposium "Fisheries Science for Future Generations   2017年9月22日   
本人の講演

所属学協会

 
日本農芸化学会 , アメリカ化学会 , AOAC International , 日本化学会 , 日本水産学会 , 日本ケミカルバイオロジー学会 , 癌分子標的治療研究会(2008.3-) , 理研NMR施設利用者懇談会(2008.5-)

競争的資金等の研究課題

 
天然物の構造決定、生理作用
研究期間: 2000年3月 - 現在
天然物の生合成研究
研究期間: 2000年3月 - 現在

社会貢献活動

 
福島成蹊高校での理科講演会
【その他】  2013年5月24日
福島成蹊高校理科講演会
宮城県仙台第三高等学校理数科講演会
【その他】  2012年1月24日
題目:海洋生物毒の謎を化学と生物で解明したい
郷土の鍋食材禁止知らず フグ肝販売背景は
【その他】  朝日新聞  2018年1月18日
研究室探訪
【その他】  河北新報朝刊  2017年3月18日
研究室研究紹介 本人の取材内容
科学の泉、海洋生物の毒
【出演, 寄稿】  河北新報  2013年8月20日
6回連載、2013年8月20日-25日、

その他

 
2010年4月   天然物の構造決定
天然物の構造決定
2006年4月   紅藻カタオゴノリ由来の致死毒ポリカバノシドA類縁体と新規プロスタグランジンの単離と構造決定
ヒト致死性食中毒原因海藻カタオゴノリより、ポリカバノシドA類縁体を単離、構造決定した。また、新規プロスタノイドの検索、単離、構造の推定をおこなった。
2005年6月   フィリピン産カタオゴノリGracilaria edulis由来のプロスタグランジン類に関する研究
フィリピン産カタオゴノリGracilaria edulis由来のプロスタグランジン類に関する研究
2004年4月   フグ骨格筋Na+チャネルの発現とフグ血漿中フグ毒結合蛋白質による毒の体内輸送と蓄積
フグのフグ毒耐性機構に関わる2つの蛋白質の機能を明らかにした。