日本の女性研究者

健康・スポーツ科学

研究者リスト >> 五関 正江
 

五関 正江

 
アバター
研究者氏名五関 正江
 
ゴセキ マサエ
URLhttp://mcm-www.jwu.ac.jp/~goseki/
所属日本女子大学
部署家政学部 食物学科
職名教授
学位博士(歯学)(東京医科歯科大学), 修士(家政学)(日本女子大学)
科研費研究者番号00170449

研究キーワード

 
栄養学 , 骨代謝 , アルカリホスファターゼ , 骨粗鬆症

研究分野

 
  • 生活科学 / 食生活学 / 
  • 健康・スポーツ科学 / 応用健康科学 / 
  • ゲノム科学 / システムゲノム科学 / 
  • 基礎医学 / 環境生理学(含体力医学・栄養生理学) / 
  • 社会医学 / 衛生学・公衆衛生学 / 

経歴

 
1981年
 - 
1998年
東京医科歯科大学 歯学部
 
1998年
   
 
日本女子大学家政学部食物学科
 

学歴

 
 
 - 
1981年
日本女子大学 家政学研究科 食物・栄養学
 
 
 - 
1979年
日本女子大学 家政学部 食物学科・管理栄養士専攻
 

委員歴

 
 
   
 
ALPS(アルカリホスファターゼ)研究会 幹事委員(1995-)
 
 
   
 
日本家政学会 編集委員(2008-2009)
 
 
   
 
日本栄養士会 全国研究教育栄養士協議会 幹事(2010-2011)
 
 
   
 
日本栄養士会雑誌 特集委員会委員(2010-2011)
 
 
   
 
日本栄養士会雑誌 論文委員会委員(2013-)
 

受賞

 
2007年
Plenary Poster Award (29th Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research, USA)
 

論文

 
Functional analysis of the single nucleotide polymorphism (787T>C) in the tissue-nonspecific alkaline phosphatase gene associated with BMD.
Goseki-Sone M, Sogabe N, Fukushi-Irie M, Mizoi L, Orimo H, Suzuki T, Nakamura H, Orimo H, Hosoi T
J Bone Miner Res   20(5) 773-782   2005年   [査読有り]
Expression of the mutant (1735T-DEL) tissue-nonspecific alkaline phosphatase gene from hypophosphatasia patients.
Goseki-Sone M, Orimo H, Iimura T, Miyazaki H,Oda K, Shibata H, Yanagishita M, Takagi Y, Watanabe H, Shimada T, Oida S
J Bone Miner Res   13(12) 1827-1834   1998年   [査読有り]
Enhancement by lactose of intestinal alkaline phosphatase expression in rats.
Sogabe N, Mizoi L, Asahi K, Ezawa I, Goseki-Sone M
Bone   35(1) 249-255   2004年   [査読有り]
Nutritional effects of γ-glutamyl carboxylase gene polymorphism on the correlation between the vitamin K status and γ-carboxylation of osteocalin in young males.
Sogabe N, Tsugawa N, Maruyama R, Kamao M, Kinoshita H, Okano T, Hosoi T, Goseki-Sone M
J Nutr Sci Vitaminol.   53 419-425   2007年   [査読有り]
Enhancement effects of vitamin K1(phylloquinone) or vitamin K2 (menaquinone-4) on intestinal alkaline phosphatase activity in rats.
Sogabe N, Maruyama R, Hosoi T, Goseki-Sone M
J Nutr Sci Vitaminol   53 219-224   2007年   [査読有り]

書籍等出版物

 
カルシウムと骨 「運動と栄養評価における骨形成に関連する遺伝子解析」(共著)
共著
朝倉書店   2001年   
新版 家政学事典 「カルシウム・リン」(共著)
共著
朝倉書店   2004年   
形態形成・分子メカニズム研究の最新技術(共著)
共著
岡文館   1998年   
最新 子どもの食と栄養(第7版)(共著)
共著
学建書院   2012年3月   
応用栄養学実習(共著)
共著
建帛社   2010年   

講演・口頭発表等

 
ビタミンK1またはビタミンK2経口投与によるラット小腸アルカリホスファターゼ活性誘導作用について
第62回 日本栄養・食糧学会   2008年   
男子学生の喫煙習慣と食生活状況および食生活に対する意識との関連性についての検討
第54回 日本栄養改善学会   2007年   
ヒト骨芽細胞様細胞株U2OSを使用した組織非特異型アルカリホスファターゼの機能解析
第25回 日本骨代謝学会   2007年   
若年男性の栄養摂取状況と骨形成マーカーおよび臓器非特異型アルカリホスファターゼ遺伝子多型について
第53回 日本栄養改善学会   2006年   
若年男性のビタミンK摂取量と血清オステオカルシンのカルボキシル化との関連におよぼすγ-glutamyl carboxylase遺伝子多型(R325Q)の影響
第8回 日本骨粗鬆症学会   2006年   

所属学協会

 
The American Society for Bone and Mineral Research(ASBMR) , 日本骨代謝学会 , 日本分子生物学会 , 日本栄養・食糧学会 , 日本家政学会 , 日本病態栄養学会 , 日本栄養改善学会 , 日本公衆衛生学会 , 日本食育学会

Works

 
大学生における骨量・生活習慣の実態および骨量に関連する因子の検討 2002-
その他   
脱脂粉乳に関する機能性調査と新商品開発方向性の検討 2005-2006
その他   
脱脂粉乳に関する機能性調査と若年女性を対象とした新商品の開発 2006-2007
その他   
成長期男児・女児における骨量・生活習慣の実態および骨量に関連する因子の検討 2003
その他   
鎖骨・頭蓋異形成症における遺伝子診断 1996-
その他   

競争的資金等の研究課題

 
骨粗鬆症予防のための栄養学的研究
共同研究
研究期間: 2003年   
骨密度と関連するγ-Glutamyl carboxylase遺伝子多型の機能解析
共同研究
研究期間: 2003年   
リン酸代謝に関する疫学研究
共同研究
研究期間: 2004年   
ビタミンK代謝に関する疫学研究
共同研究
研究期間: 2004年   
乳幼児~大学生を対象としたヘルスプロモーション活動(食育活動)
経常研究
研究期間: 2002年   

特許

 
2004-248364 : 骨密度予測方法および遺伝子多型分析用試薬キット
2004-248364