日本の女性研究者

人文学

研究者リスト >> 坂本 真樹
 

坂本 真樹

 
アバター
研究者氏名坂本 真樹
 
サカモト マキ
eメールmaki.sakamotouec.ac.jp
URLhttp://www.sakamoto-lab.hc.uec.ac.jp/
所属電気通信大学
部署大学院情報理工学研究科、情報理工学域情報学専攻、Ⅰ類 (情報系)
職名教授
学位修士(学術)(東京大学), 博士(学術)(東京大学)
科研費研究者番号80302826

研究分野

 
  • 情報学 / 認知科学 / 
  • 情報学 / 感性情報学 / 
  • 言語学 / 言語学 / 

経歴

 
2015年4月
   
 
電気通信大学 教授
 
2017年4月
 - 
2019年3月
北陸先端科学技術大学院大学 教育連携客員教授
 
2016年4月
 - 
2017年3月
北陸先端科学技術大学院大学 教育連携アドバイザー
 
2014年12月
 - 
2016年3月
北陸先端科学技術大学院大学 教育連携客員准教授
 
2013年11月
 - 
2016年3月
独立行政法人理化学研究所 客員研究員
 

学歴

 
 
 - 
1998年3月
東京大学 総合文化研究科 言語情報科学専攻
 
1985年4月
 - 
1988年3月
東京都立西高等学校  
 
 
 - 
1993年3月
東京外国語大学 外国語学部 ドイツ語学科
 

委員歴

 
2010年10月
 - 
2013年9月
日本広告学会  関東部会評議員
 
2015年6月
 - 
2018年5月
人工知能学会編集委員会  人工知能学会編集委員
 
2015年11月
 - 
2018年6月
ソサイエティ論文誌編集委員会  常任査読委員
 
2016年4月
 - 
2018年3月
情報処理学会アクセシビリティ研究運営委員会  運営委員
 
2017年4月
 - 
2019年3月
人工知能学会代議員  人工知能学会代議員
 

受賞

 
2015年9月
情報処理学会FIT運営委員会 第14回情報科学技術フォーラムFIT奨励賞 屋外広告の多目的最適化に関する研究
 
2015年6月
人工知能学会 2014年度人工知能学会論文賞 オノマトペごとの微細な印象を推定するシステム
 
2013年12月
ARG Webインテリジェンスとインタラクション研究会 ARG Webインテリジェンスとインタラクション研究会第1回ステージ発表賞
 
2012年11月
International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems Best Application Award
 
2010年3月
エンターテイメントと認知科学研究ステーション 第4回エンターテイメントと認知科学発表賞
 

論文

 
Ryuichi Doizaki, Junji Watanabe, Maki Sakamoto
IEEE Transactions on Haptics   10(2) 173-182   2017年   [査読有り]
Yasuaki Hiranuma, Ryuichi Doizaki, Kaya Shimotai, Hiroyuki Sato, Mikio Iwamoto, Daiki Okano, Susumu Toriyabe, Maki Sakamoto
International Journal of Affective Engineering   16(2) 157-163   2017年4月   [査読有り]
Maki Sakamoto, Junji Watanabe
Frontiers in Psychology   8 1-10   2017年4月   [査読有り]
Visual Impression Generation System Based on Boids Algorithm
Masafumi Ishii, Jinhwan Kwon, Keiki Takadama, Maki Sakamoto
Proceedings of the AAAI 2017 Spring Symposium on Wellbeing AI: From Machine Learning to Subjectivity Oriented Computing Technical Report SS-17-08   681-686   2017年3月   [査読有り]
Jinhwan Kwon, Maki Sakamoto
AIP Conference Proceedings 1807   020026 1-6   2017年2月   [査読有り]

Misc

 
オノマトペを活用した化粧品使用感の個人差把握
坂本真樹
コスメティックステージ   2017(6月) 46-56   2017年6月   [依頼有り]
オノマトペー生活を快適にする情報技術ー
坂本真樹
人工知能   32(1) 111-116   2017年1月
愛される人工知能を目指して
坂本真樹
人工知能   32(1) 28-28   2017年1月
オノマトペ(擬音語・擬態語)による質感印象の定量化ー金属調加飾デザイン支援への応用事例ー
坂本真樹
精密工学会誌   82(11) 939-943   2016年11月   [依頼有り]
オノマトペー知識とEmotionが融合する人工知能へー
坂本真樹
人工知能   31(5) 679-684   2016年9月

書籍等出版物

 
坂本真樹と考える どうする? 人工知能時代の就職活動
坂本真樹
エクシア出版   2017年8月   ISBN:978-4-908804
オノマトペの謎 ピカチュウからモフモフまで
坂本真樹 (担当:分担執筆, 範囲:8章「モフモフ」はどうやって生まれたの? コラム 医療とオノマトペ)
岩波書店   2017年5月   ISBN:978-4-00-029661-8
坂本真樹先生が教える人工知能がほぼほぼわかる本
坂本真樹
オーム社   2017年4月   ISBN:978-4-274-22050-0
触り心地の制御,評価技術と新材料・新製品開発への応用
坂本真樹 (担当:分担執筆, 範囲:第6節オノマトペによる感性情報の定量化)
技術情報協会   2017年2月   
マンガでわかる技術英語
坂本真樹
オーム社   2016年11月   ISBN:978-4-274-21964-1

講演・口頭発表等

 
Effect of Touch-produced Sounds on Surface Texture Perception
Jinhwan Kwon, Suguru Hata, Natsumi Komoto, Maki Sakamoto
39th Annual Meeting of the Cognitive Science Society(CogSci2017)   2017年7月29日   Cognitive Science Society
物理量―知覚特性―言語表現を結ぶ質感DBの構築
坂本真樹,中内茂樹,渡邊淳司,權 眞煥,佐野麻理恵
第4回多元質感知領域班会議   2017年7月1日   文部科学省科学研究費補助金新学術領域研究
環境音知覚に対する視覚コンテキストの影響
權 眞煥,小室優作,上村卓也,寺島裕貴,渡邊淳司,古川茂人,坂本真樹
第4回多元質感知領域班会議   2017年6月30日   文部科学省科学研究費補助金新学術領域研究
物理量―知覚特性―言語表現の情報を含んだ質感データベースの構築
權 眞煥,佐野麻理恵,坂本真樹
第4回多元質感知領域班会議   2017年6月30日   文部科学省科学研究費補助金新学術領域研究
こどもが使う痛みの表現 [招待有り]
坂本真樹
いたいのいたいのとんでいけー~子どもの痛みの意味を考える~   2017年6月10日   公益財団法人 成長科学協会

担当経験のある科目

 
  • メディア分析法 (電気通信大学)
  • 認知プロセス論特論 (電気通信大学)
  • 総合情報学基礎 (電気通信大学)
  • 認知言語学 (電気通信大学)
  • 総合情報学実験(メディア情報学) (電気通信大学)

所属学協会

 
Cognitive Science Society , 国際認知言語学会 , 日本認知科学会 , 日本認知言語学会 , 日本言語学会 , 言語処理学会 , 人工知能学会 , 感性工学会 , 電子情報通信学会 , 日本広告学会 , 情報処理学会 , 日本バーチャルリアリティ学会

Works

 
東京デザインウィーク “Haptic Design Showcase” ~触覚xデザインに関する体系と「今」が分かる作品を展示~
芸術活動   2016年10月 - 2016年11月
研究室で作成した触り心地の地図「質感オノマトペマップ」
を展示

主催:JST ACCEL「身体性メディア」プロジェクト
協力:新学術領域研究「多元質感知」、NTTコミュニケーション科学基礎研究所、
慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(KMD)
「みる・きく・さわる」のふしぎ展
渡邊淳司、坂本真樹   芸術活動   2014年4月

競争的資金等の研究課題

 
物理・知覚・感性の対応付けに基づく実社会の多様な質感情報表現
研究期間: 2015年7月 - 2020年3月    代表者: 坂本真樹
高齢者の身体的・認知的変化に応じた介護コンシェルジュエージェントシステム
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 高玉圭樹
日常診療から認知症診断までオノマトペを用いて感性を尊重する高齢者支援手法の提案
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 坂本真樹
オノマトペを用いた多様なパーソナリティの把握と人間関係の可視化
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 坂本真樹

特許

 
特願2017-141858 : 情報処理システム,情報処理方法及びプログラム
坂本真樹
特願2017-100317 : 深層学習による質感を表す音象徴語を生成する技術
坂本真樹,川嶋卓也,權眞煥
PCT/JP2015/071708 : 音象徴語の感覚関連性分布図生成装置
坂本真樹
特願2016-207213 : 質感表現評価装置、質感表現評価方法、質感表現評価プログラムおよび質感表現回答シート
坂本真樹
PCT/JP2016/075849 : 音象徴語・物理特徴情報提供装置、音象徴語・物理特徴情報提供方法および音象徴語・物理特徴情報提供プログラム
坂本真樹、鍵谷龍樹

その他

 
2014年
株式会社バッハベルクからの依頼で通販番組の台本の執筆・監修を行った