日本の女性研究者

ジェンダー

研究者リスト >> 結城正美
 

結城正美

 
アバター
研究者氏名結城正美
 
ユウキ マサミ
eメールmryukistaff.kanazawa-u.ac.jp
URLhttps://sites.google.com/site/yukimasamiraker/
所属金沢大学
部署人間社会研究域
職名教授
学位PhD (English)(ネウ゛ァダ大学リノ校), 教育学修士(金沢大学)
科研費研究者番号50303699
ORCID IDhttps://orcid.org/0000-0002-1729-0724

研究キーワード

 
比較文学 , アメリカ文学 , ネイチャーライティング , 人新世 , 感覚としてのリスク , エコフェミニズム , レジリエンス , リスク , 水俣病 , アーバンネイチャー , 庭をめぐる言説 , 環境コミュニケーション , 石牟礼道子 , , 里山 , 汚染の言説 , 環境人文学 , 環境文学 , エコクリティシズム

研究分野

 
  • 文学 / 英米・英語圏文学 / 
  • 文学 / 各国文学・文学論 / 
  • ジェンダー / ジェンダー / 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
金沢大学 人間社会研究域 教授
 
2016年
 - 
現在
広東外語外貿大学 中日比較生態文学研究所 名誉研究員
 
2013年4月
 - 
現在
立教大学 ESDセンター 客員研究員
 
2012年1月
 - 
2016年3月
金沢大学 外国語教育研究センター 教授
 
2003年5月
 - 
2011年12月
金沢大学 外国語教育研究センター 准教授
 
2000年9月
 - 
2003年4月
豊橋技術科学大学 語学センター 講師
 
1998年8月
 - 
2000年8月
豊橋技術科学大学  語学センター 助手
 

学歴

 
1996年8月
 - 
2000年5月
ネウ゛ァダ大学リノ校 文学研究科 文学・環境プログラム
 
1995年4月
 - 
1998年3月
広島大学 社会科学研究科 国際社会論専攻
 
1992年4月
 - 
1994年3月
金沢大学 教育学研究科 英語教育専攻
 
1989年8月
 - 
1990年6月
ニューヨーク州立大学ニューポルツ校 交流協定派遣留学 
 
1987年4月
 - 
1992年3月
金沢大学 教育学部 小学校教員養成課程
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
日本アメリカ文学会  本部編集委員
 
2016年9月
 - 
現在
ASLE-Japan/文学・環境学会  代表
 
2012年8月
 - 
現在
石川県環境審議会  委員
 
2017年4月
 - 
2018年3月
日本アメリカ文学会中部支部  編集委員
 
2012年9月
 - 
2016年8月
ASLE-Japan/文学・環境学会  副代表
 
2008年9月
 - 
2012年8月
ASLE-Japan/文学・環境学会  会誌編集委員
 
2008年4月
 - 
2011年3月
日本英文学会中部支部  会誌編集委員
 
2004年9月
 - 
2008年8月
ASLE-Japan/文学・環境学会  事務局長
 
2005年
 - 
2013年
日本サウンドスケープ協会  常務理事
 
2001年
 - 
2003年
日本アメリカ文学会  中部支部運営委員
 
1998年
 - 
2002年
ASLE-Japan/文学・環境学会  事務局幹事(前・書記)
 

受賞

 
2007年
フルブライト奨学金 研究員プログラム
 
1996年
フルブライト奨学金 大学院留学プログラム
 

論文

 
結城正美
The Oxford Research Encyclopedia of Literature      2017年4月   [査読有り][招待有り]
Analyzing Satoyama: A Rural Environment, Landscape, and Zone
結城正美
Poetica   (80) 51-63   2014年3月   [招待有り]
Special Issue: Ecocriticism and Japan
Why Eat Toxic Food?: Mercury Poisoning, Minamata, and Literary Resistance to Risks of Food
結城正美
ISLE: Interdisciplinary Studies in Literature and Environment   19(4) 732-750   2012年12月   [査読有り]
ダウンロード可能なファイルは最終稿
結城正美
IJOS: International Journal of Okinawan Studies   2(2) 31-40   2011年12月   [査読有り][招待有り]
Special Issue of Women and Globalization
「ハムと卵と風景」――トウェインの食の風景をエコクリティカルに読む
結城正美
マーク・トウェイン 研究と批評   (10)    2011年   [招待有り]
エコクリティシズムをマップする
『水声通信』   33    2010年
環境文学にみる国立公園
『國立公園』   678    2009年
New Life, New Language: Ecological Identity in the Work of Morisaki Kazue
言語文化論叢   13, 151-166    2009年
風景のおとづれー交感とサウンドスケープ
水声通信   4.3    2008年
The Logic of Sustainability in Ikezawa Natsuki's Ecofiction
結城正美
5    2008年10月   [査読有り][招待有り]
エコクリティシズムの混沌
文学と環境   (8) 45-48   2005年
エコクリティシズム――文学と環境のインターフェイス
異文化コミュニケーション   ?(?) ??-??   2004年
概説 アメリカ文化史
ミネルウ゛ァ書房      2002年
国立公園とネイチャーライティングー文学の環境アクティヴィズム
文学と環境   4 44-51   2001年
<風土の肉声>ー石牟礼道子『苦海浄土』のサウンドスケープ
サウンドスケープ   3 47-53   2001年
Toward a Literary Theory of Acoustic Ecology: Soundscapes in Contemporary Environmental Literature
Masami Raker Yuki
University of Nevada, Reno      2000年5月   [査読有り]
UMI 9963605
アクースティックエコロジーに向けてー現代文学の音風景
文学と環境   2 200-205   1999年
Narrating the Invisible Landscape: Terry Tempest Williams\'s Erotic Correspondence to Nature
アメリカ文学研究   34 79-97   1998年
結城正美
欧米文化研究(広島大学)   (3) 69-80   1996年10月   [査読有り]

Misc

 
人新世の庭ーーdomesticationとwildnessをめぐって
結城正美
日本英文学会第90回大会Proceedings(付 2017年度支部大会Proceedings)   209-210   2018年9月
エロスの手触りと言葉
結城正美
現代詩手帖   61(9) 84-88   2018年9月   [依頼有り]
特集:森崎和江の詩と思想
(書評)渡辺京二著『原発とジャングル』
結城正美
熊本日日新聞      2018年7月   [依頼有り]
結城正美
ASLE-Japan/文学・環境学会 Newsletter   (44)    2018年6月   [依頼有り]
結城正美
ASLE-Japan/文学・環境学会 Newsletter   (43)    2017年10月   [依頼有り]
結城正美
ASLE-Japan/文学・環境学会 Newsletter   (42)    2017年6月   [依頼有り]
(書評)岩岡中正著『魂の道行き 石牟礼道子から始まる新しい近代』
結城正美
週刊読書人   (3171) 4-4   2017年1月   [依頼有り]
2017年1月6日発行
多孔的世界の味わい
結城正美
現代詩手帖   60(10) 88-92   2017年   [依頼有り]
特集:詩と料理
人間以上(モア・ザン・ヒューマン)の世界との交通
結城正美
文学と環境   (20)    2017年   [依頼有り]
結城正美
ASLE-Japan/文学・環境学会 Newsletter   (41)    2016年11月   [依頼有り]
結城正美
田口ランディ『ゾーンにて』(文春文庫)      2016年1月   [依頼有り]
狩猟民を横目で見ながら言葉の海で舵を取るーー池澤夏樹のネイチャーライティング
結城正美
文藝   50(1) 72-75   2011年1月   [依頼有り]
森崎和江インタビュー ”生む・生まれる”ことばーーいのちの思想をめぐって
結城正美
文学と環境   14   2011年
English translation of Kazue Morisaki’s “New Life"
結城正美
ISLE: Interdisciplinary Studies in Literature and Environment   13(1) 183-188   2006年   [査読有り]
森崎和江「新しいいのち」の英訳。
緑の言説が放つ異臭――Dana Phillips, The Truth of Ecologyを読む
言語文化論叢   (8) 117-126   2004年
緑の文学批評ーエコクリティシズム
松柏社      1998年
たのしく読めるネイチャーライティングー作品ガイド120
ミネルウ゛ァ書房      2000年
<エコロジー意識>再考ー日本の環境中心的感性をめぐって
フォリオa   5 200-205   1999年

書籍等出版物

 
Ecocritical Aesthetics: Language, Beauty, and the Environment
Peter Quigley and Scott Slovic, editors (担当:分担執筆, 範囲:Chapter 8: Dystopia and Utopia in a Nuclear Landscape: Emerging Aesthetics in Satoyama)
Indiana University Press   2018年2月   ISBN:978-0-253-03212-6
Lexicon 現代人類学
奥野克巳・石倉敏明 編 (担当:分担執筆, 範囲:「環境人文学」)
以文社   2018年2月   ISBN:978-4-7531-0344-7
Ecocriticism in Japan
Wake, Hisaaki, Keijiro Suga, and Yuki Masami, editors. (担当:共編者, 範囲:"Introduction: On Harmony with Nature: Towards Japanese Ecocriticism")
Lexington Books   2018年1月   ISBN:9781498527842
担当箇所(Introduction) "On Harmony with Nature: Towards Japanese Ecocriticism"最終稿は次のURLでダウンロードできます
https://www.academia.edu/37220053/_On_Harmony_with_Nature_Towards_Japanese_Ecocrticisim_final_proof
デイヴィッド・エイブラム著『感応の呪文――〈人間以上の世界〉における知覚と言語』
結城正美訳 (担当:単訳)
水声社/論創社   2017年9月   ISBN:978-4801002821
里山という物語――環境人文学との対話
結城正美・黒田智編著 (担当:共編者, 範囲:「序言」及び「里山言説の地勢学ーーランドスケープ、場所、ゾーン」)
勉誠出版   2017年6月   ISBN:978-4-585-22180-7
環境人文学1 文化のなかの自然
野田研一・山本洋平・森田系太郎 編 (担当:分担執筆, 範囲:環境人文学の現在)
勉誠出版   2017年4月   ISBN:978-4-585-29129-9
〈交感〉 自然・環境に呼応する心
野田研一編 (担当:分担執筆, 範囲:「痕跡の風景 〈苦海浄土〉三部作における関係の世界」)
ミネルヴァ書房   2017年3月   ISBN:9784623079933
The Routledge Companion to the Environmental Humanities
Ursula Heise, Jon Christensen, and Michelle Niemann, editors (担当:分担執筆, 範囲:"Meals in the Age of Toxic Environments")
Rougledge   2017年1月   ISBN:9781317660187
A Global History of Literature and the Environment
Louise Westling and John Parham, editors (担当:分担執筆, 範囲:"Eating Life at a Contaminated Table: The Narrative Significance of Toxic Meals in Contemporary Japan")
Cambridge University Press   2017年1月   ISBN:9781316212578
Ishimure Michiko's Work in Ecocritical Perspective: Between Sea and Sky
Bruce Allen and Yuki Masami, editors (担当:共編者, 範囲:"The Danger of a Single Story: Ishimure Michiko's Literary Approach to the Minamata Disease Incident")
Lexington Books   2016年   ISBN:978-0-7391-9422-5
Foodscapes of Contemporary Japanese Women Writers: An Ecocritical Journey around the Hearth of Modernity
Yuki Masami. Translated by Michael Berman
Palgrave Macmillan   2015年   ISBN:978-1-137-49778-9
『他火のほうへーー食と文学のインターフェイス』の英訳
文学から環境を考える エコクリティシズムガイドブック
小谷一明, 巴山岳人, 結城正美, 豊里真弓, 喜納育江 編 (担当:共編者, 範囲:「はじめにーー日本のエコクリティシズム」)
勉誠出版   2014年11月   ISBN:978-4-585-29080-3
The Oxford Handbook of Ecocriticism
Greg Garrard, editor (担当:分担執筆, 範囲:Ecocriticism in Japan)
Oxford University Press   2014年8月   ISBN:9780199742929
担当章"Ecocriticism in Japan"は次のURLでダウンロードできます
https://kanazawa-u.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=30122&item_no=1&page_id=13&block_id=21
沖縄ジェンダー学 第1巻 「伝統」へのアプローチ
喜納育江編 (担当:分担執筆, 範囲:「近代と非近代のあいだ――石牟礼道子のまなざしの射程」)
大月書店   2014年3月   ISBN:978-4272350513
Literature and Art after Fukushima: Four Approaches
Lisette Gebhardt and Yuki Masami, editors (担当:共編者)
EB-Verlag   2014年2月   ISBN:386893118X
アメリカ文化55のキーワード
笹田直人、山里勝己、野田研一編 (担当:分担執筆)
2013年11月   ISBN:978-4623067718
East Asian Ecocriticisms: A Critical Reader
Simon Estok and Won-Chung Kim, editors (担当:分担執筆, 範囲:Toward a Language of Life: Ecological Identity in the Work of Morisaki Kazue)
Palgrave Macmillan   2013年3月   ISBN:978-1137274311
他火のほうへ――食と文学のインターフェイス
結城正美
水声社   2012年12月   ISBN:978-4891769352
〈都市〉のアメリカ文化学
笹田直人編 (担当:分担執筆, 範囲:第10章「トウモロコシと人間ーー農地にみるアーバンの論理」)
ミネルヴァ書房   2011年4月   ISBN:978-4623059492
〈風景〉のアメリカ文化学
野田研一編 (担当:分担執筆, 範囲:第3章「風景を食べる――アメリカの風景の現在についての断章」)
ミネルヴァ書房   2011年3月   ISBN:978-4623059485
水の音の記憶ーーエコクリティシズムの試み
結城正美
水声社   2010年6月   ISBN:978-4891767907
場所の詩学ー環境文学とは何か
生田省悟・村上清敏・結城正美編 (担当:共編者)
藤原書店   2008年3月   ISBN:978-4-89434-619-2
ロマンティック・エコロジーをめぐって
石幡直樹/佐々木郁子/結城正美/吉川朗子/小田友弥/山内正一 (担当:共著, 範囲:環境批評ーーその反方法論的試み)
英宝社   2006年12月   ISBN:978-4269711099
自然と文学のダイアローグーー都市・田園・野生
山里勝己、野田研一、高橋勤、高田賢一、スコット・スロヴィック編 (担当:分担執筆, 範囲:文学と環境のリアリズムーーレスリー・マーモン・シルコーの物語と写真)
彩流社   2004年9月   ISBN:978-4882029175
越境するトポス――環境文学論序説
野田研一・結城正美編 (担当:共編者)
彩流社   2004年7月   ISBN:978-4-88202-910-6
Surveying the Literary Landscapes of Terry Tempest Williams: New Critical Essays
Katherine R. Chandler and Melissa Goldthwait, editors (担当:分担執筆, 範囲:Sound Ground to Stand On: Soundscapes in Williams's Work)
University of Utah Press   2003年10月   ISBN:9780874807707
概説 アメリカ文化史
笹田直人・外岡尚美・掘真理子編 (担当:分担執筆, 範囲:第9章「環境」)
ミネルヴァ書房   2002年4月   ISBN:978-4623034918
たのしく読めるネイチャーライティングー作品ガイド120
文学・環境学会編 (担当:分担執筆)
ミネルヴァ書房   2000年10月   ISBN:978-4623033072
アメリカ文学の<自然>を読むーネイチャーライティングの世界へ
スコット・スロヴィック、野田研一編 (担当:分担執筆, 範囲:第16章「さまよえる血の軌跡ーーアニー・ディラードの自然探究」及び「邦語文献リスト」)
1996年7月   ISBN:978-4623026487
テリー・テンペスト・ウィリアムス著『デザート・クァルテットー風景のエロティシズム』
木下卓・結城正美訳 (担当:共訳)
松柏社   1996年   ISBN:978-4881988572

講演・口頭発表等

 
結城正美(司会・講師)、野田研一(講師)、樋口大祐(講師)
2018年度ASLE-Japan/文学・環境学会全国大会   2018年9月1日   ASLE-Japan/文学・環境学会
汚染の感覚、感覚の汚染ーー文学にみる感覚としてのリスク
結城正美
リスク・レジリエンス研究会   2018年3月21日   金沢大学リスク・レジリエンス研究会
結城正美
核と鎮魂 市民会議 第1回目の対話   2017年12月9日   公益財団法人信頼資本財団
「人新世の庭」
結城正美
日本英文学会中部支部大会シンポジウム「人新世への文学的応答」   2017年10月28日   日本英文学会中部支部
Reading the Underground: Coal Mining, Nuclear Waste, and the Anthropocene [招待有り]
結城正美
Seminar on Ecological Imagination and the Responsibility to Act   2017年6月10日   Shanghai Normal University
生物文化多様性とエスニックアメリカ
結城正美
日本アメリカ文学会中部支部2月例会   2017年2月18日   日本アメリカ文学会中部支部
Nature Writing and Japan
結城正美
The International Symposium on Literature and Environment in East Asia (ISLE-EA)   2016年11月5日   Association for the Study of Literature and Environment in Korea (ASLE-Korea)
Satoyama and the Environmental Humanities [招待有り]
結城正美
スカンジナビア・ニッポン ササカワ財団理事会 ランチレクチャー   2016年10月27日   スカンジナビア・ニッポン ササカワ財団
汚染と家郷――水俣、チェルノブイリ、福島 [招待有り]
結城正美
広東外語外貿大学日本生態文学研究シンポジウム   2016年10月23日   広東外語外貿大学中日比較生態文学研究所
結城正美
ASLE-ASEAN Launching Synposium   2016年8月1日   ASLE-ASEAN
結城正美
国際シンポジウム: 文化に媒介された環境問題─東アジア関係学のエコロジー的探究   2016年7月30日   
American Impact on Japanese Literary Environmentalism
結城正美
ACLA Annual Meeting   2016年3月19日   American Comparative Literature Association
Seminar Title "Ecocriticism in Japan: Season 2"
気候変動とNovel
結城正美
日本英文学会全国大会   2015年5月24日   日本英文学会
シンポジア第七部門「新しいNovelのかたち」
From 'Ecocriticim in Japan' to 'Japanese Ecocriticism
結城正美
ACLA Annual Meeting   2015年3月27日   American Comparative Literature Association
Session Title "Ecocriticism in Japan"
結城正美
Sawyer Seminar on the Environmental Humanities   2015年2月24日   UCLA
Dystopia and Utopia in a Nuclear Landscape: Emerging Aesthetics in Satoyama [招待有り]
結城正美
The Signs and Society Workshop   2015年2月17日   
Satoyama: Dystopia and Utopia in a Nuclear Landscape
結城正美
ECOHUM Seminar   2014年12月16日   
Ecocriticism and Literature After Fukushima [招待有り]
結城正美
Symposium "Reframing 3.11: Cinema, Literature, and Media after Fukushima"   2014年4月4日   Center for Japanese Studies, UC Berkeley
Ruth Ozekiのハイブリッドな食風景
結城正美
アメリカ文学中部支部例会   2014年2月15日   日本アメリカ文学会中部支部
To Eat or Not to Eat: A Comparative Analysis of Discourses on Food and Toxicity
結城正美
ACL(X)/E(x)amine   2013年9月28日   American Comparative Literature Association
結城正美
CJRC Lecture Series   2013年3月7日   Shinso Ito Center for Japanese Religions and Culture
非/近代とジェンダー 石牟礼道子の言葉を手がかりに [招待有り]
結城正美
2012年12月22日   琉球大学国際沖縄研究所「沖縄ジェンダー学の創出」プロジェクト
Post-Fukushima Literary Discourses on Food and Eating [招待有り]
結城正美
East-Asia Symposium on Literature and Environment   2012年12月7日   Association for the Study of Literature and Environment in Taiwan (ASLE-Taiwan)
A Sense of Hope and a Sense of Home in the Age of No Reliance
結城正美
Foodways: DIasporic Diners, Transnational Tables and Culinary Connections   2012年10月6日   
Language and Imagination Before and After Fukushima: Japanese Literary Responses to Nuclear Catastrophe [招待有り]
結城正美
International Conference "Comparing Fukushima and Chernobyl: Social and Cultural Dimenstions of Two Nuclear Catastrophes"   2012年3月8日   Goethe University Frankfurt
Minamata, Chernobyl, and Fukushima: Literary Resistance to a Discourse of Toxic Food [招待有り]
結城正美
JSPS Symposia "Risky engagements: encounters between science, art and public health"   2012年1月6日   JSPS London
Why Eat Toxic Fish?: Minamata Narratives on Food and Eating [招待有り]
結城正美
The 5th Tamkang International Conference on Ecological Discourses   2010年12月7日   Tamkang University
(Un)changing Perception of Food: Ishimure Michiko’s Paradise in the Sea of Sorrow and Story of the Sea of Camellias
結城正美
ASLE Korea-Japan Joint Symposium   2010年10月31日   ASLE-Korea
「水俣病わかめといえども春の味覚」―『苦海浄土』における食をめぐる知の抗争
結城正美
2010年度ASLE-Japan/文学・環境学会全国大会   2010年8月27日   ASLE-Japan/文学・環境学会
Urban Nature by the Foot and Soundscape of Megacity
結城正美
ASAP-1   2009年10月23日   The Association for the Study of Arts of the Present
Panel: Contemporary Culture and the Disappearance of Nature, organized by Ursula Heise
‘Beyond’ a Toxic Discourse: A Form of Resistance in Minamata Literature
結城正美
ASLE Biennial Conference   2009年6月5日   ASLE
The Environmental Imagination in Ishimure Michiko’s Paradise in the Sea of Sorrow: Our Minamata Disease
結城正美
2009年4月28日   Stanford SCTI
Towards the East Asian Network of Ecocriticism [招待有り]
結城正美
International Conference on Literature and Environment.   2008年11月8日   Central China Normal University
Joint Plenary Speech of “Contemporary Literary Environmentalism in East Asia” with Shin Dooho and Bruce Allen
米国の外国語事情 [招待有り]
結城正美
富山国際大学公開シンポジウム「世界の外国語事情」   2005年12月7日   富山国際大学

担当経験のある科目

 
  • 環境文学論 (金沢大学大学院)
  • 環境文学論演習 (金沢大学大学院)
  • 環境表象研究特論 (金沢大学大学院)
  • 環境表象研究演習 (金沢大学大学院)
  • 米英環境思想論 (金沢大学)
  • 英語圏文化論 (金沢大学)
  • 米英研究特論 (金沢大学)
  • 国際英語コミュニケーション (金沢大学)
  • 英語グローバルトピック (金沢大学)

所属学協会

 
ASLE-Japan/文学・環境学会 , ASLE-US/文学・環境学会 , 日本アメリカ文学会 , 日本英文学会

競争的資金等の研究課題

 
日本のネイチャーライティングにおける交感表象の歴史的様相
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 野田研一
先住民文化学習を組み込んだ英語研修
金沢大学: 平成28年度金沢大学学生海外派遣開発GP
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 結城正美
スカンジナビア・ニッポン ササカワ財団: 2015年度助成
研究期間: 2015年5月 - 2015年6月    代表者: 結城正美
文学的交感の理論的・歴史的考察ー「自然―人間の関係学」
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 野田研一
日米現代文学にみる食言説と環境観に関する総合的研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2010年4月 - 2015年3月    代表者: 結城正美
スカンジナビア・ニッポン ササカワ財団: 2014年度助成
研究期間: 2014年10月 - 2014年10月    代表者: 結城正美
国際文化交流事業財団: 人物交流派遣事業
研究期間: 2014年4月 - 2014年5月    代表者: 結城正美
食の文学における環境観の比較研究
金沢大学: 金沢大学重点戦略経費(女性研究者支援)
研究期間: 2010年4月 - 2011年3月    代表者: 結城正美
東アジアの環境文学研究ネットワーク構築と研究発信基盤の形成
トヨタ財団: アジア隣人ネットワークプログラム
研究期間: 2007年10月 - 2009年9月    代表者: 結城正美
〈場所〉の認識論・様式論・方法論の研究――比較研究的環境批評(エコクリティシズム)の発展に向けて
金沢大学: 金沢大学学長戦略経費(一般研究推進)
研究期間: 2007年4月 - 2008年3月    代表者: 結城正美
日韓の環境文学の研究調査
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2006年4月 - 2007年3月    代表者: 生田省悟
エコクリティシズム(環境文学研究)へのサウンドスケープ理論の適用に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金 若手研究(B)
研究期間: 2004年4月 - 2007年3月    代表者: 結城正美
環境と文学―米・日におけるネイチャーライティングの歴史および理論の研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2000年4月 - 2003年3月    代表者: 野田研一
渡辺信託基金: The Watanabe Trust Fund
研究期間: 2015年5月 - 2015年6月    代表者: 結城正美

社会貢献活動

 
金沢大学タウンミーティング in 白山ろく
【運営参加・支援】  金沢大学  2015年2月7日 - 2015年2月7日
環境思想シンポジウム
【司会, 企画】  安藤百福記念自然体験活動指導者養成センター  第5回環境思想シンポジウム  (長野県小諸市)  2014年11月27日 - 2014年11月27日
「環境人文学」「デジタル人文学」をテーマとするシンポジウムを企画し、講師にUrsula K. Heise氏(UCLA教授)とJon Christensen氏(UCLA准教授)を迎え、全体の進行を担当した。
常世の灯 広がる石牟礼道子の世界3
【取材協力】  西日本新聞  西日本新聞  2014年9月12日 - 2014年9月12日
【司会, 講師, 企画】  金沢大学附属図書館  (金沢大学)  2013年7月20日 - 2013年7月20日
金沢大学公開講座「文学にみる食と健康の世界」
【講師, 企画】  金沢大学  金沢大学公開講座  (金沢大学サテライトプラザ)  2013年6月 - 2013年7月
英語スピーチコンテスト
【助言・指導】  石川県高等学校文化連盟英語専門部  2013年 - 2013年
ENGLISH FESTIVAL
【助言・指導】  石川県高等学校文化連盟英語専門部  2011年 - 2011年
環境文学入門
【講師】  東海・北陸地区図書館地区別研修  2010年12月 - 2010年12月
【司会, 企画】  金沢大学  金沢大学創基150 年記念講演会・シンポジウム  (金沢大学図書館)  2010年6月4日 - 2010年7月2日
「ドイツに学ぶ里山再生シンポジウムin石川」
【コメンテーター】  石川県  公開シンポジウム  (石川県政記念 しいのき迎賓館)  2010年 - 2010年
ENGLISH FESTIVAL
【助言・指導】  石川県高等学校文化連盟英語専門部  2010年 - 2010年
県内高校生による英語スピーチと劇の審査をおこなうとともに、高校教員との親睦を深めた。
石牟礼道子の方言世界
【寄稿】  毎日新聞  耳をすませば 音風景  2009年8月12日 - 2009年8月12日