日本の女性研究者

各研究分野の女性研究者を紹介します。
【ROIS】
 

女性研究者

研究者リスト >> 木津 純子
 

木津 純子

 
アバター
研究者氏名木津 純子
 
キヅ ジュンコ
eメールkizu-jnpha.keio.ac.jp
所属慶應義塾大学
部署薬学部薬学科
職名教授
学位博士(薬学)(共立薬科大学)

受賞

 
2013年3月
日本薬学会第133年会 優秀発表賞 学生主体で構築した新たな服薬指導事前実習の評価.
 

論文

 
自動車運転に影響を及ぼす医薬品の処方における薬局薬剤師の対応
<U>木津 純子</U>髙橋佑介, 松元一明, 黒田裕子, 大原整, 木津純子.
日本交通科学協議会誌   in press    2016年3月   [査読有り]
医薬品副作用被害救済制度からみた抗菌薬が関連した副作用被害の実態.
<U>木津 純子</U>佐藤沙紀, 松元一明, 黒田裕子, 木津純子
日本化学療法学会雑誌   in press    2016年3月   [査読有り]
フレーバー添加レバミピド内用液剤の安定性に関する基礎検討
<U>木津 純子</U>矢島領, 今岡楓太, 輪湖哲也, 黒田裕子, 松元一明, 木津純子, 片山志郎
YAKUGAKU ZASSHI   135 1397-1402   2015年12月   [査読有り]
Anti-inflammatory effects of linezolid on carrageenan-induced paw edema in rats.
<U>木津 純子</U>
JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY   21 889-891   2015年12月   [査読有り]
Pharmacokinetics and brain penetration of carbapenems in mice.
<U>木津 純子</U>
JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY   in press    2015年11月   [査読有り]

Misc

 
薬局における感染対策
<U>木津 純子</U>
日本薬剤師会雑誌   68(2) 225-228   2016年2月   [依頼有り]
小児薬物療法と薬用量における考え方
<U>木津 純子</U>
小児科臨床   68(4) 521-529   2015年4月
間違えのない滅菌消毒薬の取り扱い
<U>木津 純子</U>松元一明、木津純子
感染対策ICTジャーナル   10(1) 13-18   2015年1月
添付文書はなぜ使いにくいのか?
<U>木津 純子</U>砂川 慶介, 戸塚 恭一, 堀 誠治, 木津 純子, 豊永 義清
医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス   45(11) 946-959   2014年11月
小児薬用量の考え方と小児薬物療法における注意点.
鈴木小夜, 木津純子.
今日の臨床サポート   www.clinicalsup.jp   2014年8月

書籍等出版物

 
今日の治療薬2016
木津純子. (担当:共著, 範囲:1-1115)
南江堂, 東京   2016年1月   
今日の治療薬2015
木津純子. (担当:共著, 範囲:1-1130)
南江堂, 東京   2015年1月   
今日の治療薬2014
木津純子. (担当:共著, 範囲:1-1122)
南江堂, 東京   2014年1月   
赤ちゃんの病気大全科.
木津純子.
主婦の友社, 東京   2014年1月   
ハリエットレーンハンドブック第2版 ジョンズ・ホプキンス病院小児科レジデントマニュアル.
木津純子,寺島朝子,前澤佳代子. (担当:共著, 範囲:136-152,683-1036)
メディカル・サイエンス・インターナショナル, 東京   2013年4月   

講演・口頭発表等

 
薬学共用試験OSCEの結果解析-2015-
<U>木津 純子</U>
日本薬学会第136年会   2016年3月   
抗ヒスタミン薬服用患者の実態と運転への影響 [招待有り]
<U>木津 純子</U>
日本薬学会第136年会   2016年3月   
大学と実務実習施設との連携におけるWEBシステムの利用
<U>木津 純子</U>
日本薬学会第136年会   2016年3月   
安全運転に向けた薬剤処方と服薬指導 [招待有り]
<U>木津 純子</U>
第11回交通科学シンポジウム   2016年3月   
地域での感染対策の基本は標準予防策の徹底と適切な抗菌薬使用 [招待有り]
<U>木津 純子</U>
日本医療マネジメント学会第16回東京支部学術集会   2016年3月