日本の女性研究者

神経科学

研究者リスト >> 梅田 奈苗
 

梅田 奈苗

 
アバター
研究者氏名梅田 奈苗
 
ウメダ ナナエ
学位理学博士(山口大学)

研究キーワード

 
分子生物学

研究分野

 
  • 神経科学 / 神経科学一般 / 
  • 基礎生物学 / 遺伝・ゲノム動態 / 
  • 基礎生物学 / 動物生理・行動 / 
  • 生物科学 / 分子生物学 / 
  • 薬学 / 創薬化学 / 

経歴

 
2009年4月
 - 
2013年3月
    近畿大学薬学部博士研究員
 
2004年9月
 - 
2009年3月
山口大学大学教育機構産学官連携研究員
 
2004年4月
 - 
2004年8月
山口大学大学教育機構技術補佐員
 
2002年11月
 - 
2004年2月
山口大学大学教育機構謝金従事者
 
2002年4月
 - 
2003年3月
山口大学理学部ティーチング・アシスタント(TA)
 
2001年6月
 - 
2002年2月
山口大学理学部リサーチ・アシスタント(RA)
 
1999年4月
 - 
1999年9月
山口大学理学部ティーチング・アシスタント(TA)
 

学歴

 
2000年4月
 - 
2004年3月
山口大学 理工学研究科 自然共生科学
 
1998年4月
 - 
2000年3月
山口大学 理工学研究科 自然情報科学
 
1994年4月
 - 
1998年3月
山口大学 理学部 生物学科
 

委員歴

 
2007年
   
 
時間生物学会  評議員
 

論文

 
Sugiura R, Kita A, Tsutsui N, Muraoka O, Hagihara K, Umeda N, Kunoh T, Takada H, Hirose D
Bioorganic & medicinal chemistry letters   22(21) 6735-6739   2012年8月   [査読有り]
Yu Y, Kita A, Udo M, Katayama Y, Shintani M, Park K, Hagihara K, Umeda N, Sugiura R
PloS one   7(9) e45324   2012年   [査読有り]
Satoh R, Tanaka A, Kita A, Morita T, Matsumura Y, Umeda N, Takada M, Hayashi S, Tani T, Shinmyozu K, Sugiura R
PloS one   7(1) e29683   2012年   [査読有り]
Morita T, Satoh R, Umeda N, Kita A, Sugiura R
Biochemical and biophysical research communications   417(1) 399-403   2011年12月   [査読有り]
Kita A, Li C, Yu Y, Umeda N, Doi A, Yasuda M, Ishiwata S, Taga A, Horiuchi Y, Sugiura R
PloS one   6(2) e16842   2011年2月   [査読有り]
Sugiura R, Satoh R, Ishiwata S, Umeda N, Kita A
Journal of signal transduction   2011 109746   2011年   [査読有り][招待有り]
Araki R, Nakahara M, Fukumura R, Takahashi H, Mori K, Umeda N, Sujino M, Inouye ST, Abe M
Brain research   1098 9-18   2006年7月   [査読有り]
Numano R1, Yamazaki S1, Umeda N1, Samura T, Sujino M, Takahashi R, Ueda M, Mori A, Yamada K, Sakaki Y, Inouye ST, Menaker M, Tei H (1:複数筆頭著者)
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   103(10) 3716-3721   2006年3月   [査読有り]
第12回日本時間生物学会ワークショップ1「時計分子機構」印象記
梅田 奈苗
時間生物学   12(1) 32-33   2006年
視交叉上核における概日リズムの振動形成及び光同調に関わる新規遺伝子の同定と発現の解析
梅田 奈苗
山口大学大学院理工学研究科出版      2004年9月
Araki R, Takahashi H, Fukumura R, Sun F, Umeda N, Sujino M, Inouye ST, Saito T, Abe M
The Journal of biological chemistry   279(11) 10237-10242   2004年3月   [査読有り]
Takahashi H1, Umeda N1, Tsutsumi Y, Fukumura R, Ohkaze H, Sujino M, van der Horst G, Yasui A, Inouye ST, Fujimori A, Ohhata T, Araki R, Abe M (1:複数筆頭著者)
Brain research. Molecular brain research   110 1-6   2003年1月   [査読有り]
Involvement of Period1 gene in entrainment of circdian rhythms of the rat suprachiasmatic nuclens
S-I T. Inouye, N.Umeda, R. Numano, T. Izumi, T, Matsuo, T. Samura, Y. Harada, Y. Sakaki and H. Tei
Proceeding of the ninth Sapporo Symposium on Biological clock   Circadian Clock as Multi-Oscillation System 125-139   2002年   [招待有り]

Misc

 
Araki R, Nakahara M, Fukumura R, Takahashi H, Mori K, Umeda N, Sujino M, Inouye SI, Abe M.
Brain Res.   Jul 7;1098(1) 9-18   2006年
Rika Numano#, Shin Yamazaki#, Nanae Umeda# , Tomonori Samura , Mitsugu Sujino , Ri-ichi Takahashi , Masatsugu Ueda , Akiko Mori, Kazunori Yamada, Yoshiyuki Sakaki, Shin-Ichi T. Inouye , Michael Menaker , and Hajime Tei (#:複数筆頭著者)
Proc. Natl. Acad. Sci. USA   103(10) 3716-3721   2006年
Ryoko Araki, Hirokazu Takahashi, Ryutaro Fukumura, F. Sun, Nanae Umeda, Mitsugu Sujino, Shin-Ichi T. Inouye, Toshiyuki Saito and Masumi Abe
J Biol Chem.   279(11) 10237-10242   2004年
Takahashi H1, Umeda N1, Tsutsumi Y, Fukumura R, Ohkaze H, Sujino M, van der Horst G, Yasui A, Inouye ST, Fujimori A, Ohhata T, Araki R, Abe M.
Brain Res Mol Brain Res.   Jan 31;110(1) 1-6   2003年

講演・口頭発表等

 
DEAD Box型RNA helicase Ded1のRNA granule局在と機能の関わり
辻本翔、土井章、比嘉真理、成瀬一、喜多綾子、梅田奈苗、杉浦麗子
第62回 日本薬学会近畿支部総会・大会   2012年10月20日   
Regulation of MAPK Signaling by Nuclear-Cytoplasmic Shuttling of the RNA-Binding Protein Rnc1 in Fission Yeast
Ryosuke Satoh, Yasuhiro Matsumura, Akitomo Tanaka, Nanae Umeda, Makoto Takada, Yuna Ito, Ayako Kita, Kanako Hagihara, Akira Doi, Toshinobu Fjiwara, and Reiko Sugiura
The 22th CDB Meeting   2012年6月11日   
MAPK Signaling and RNA-granules Formation in Fission yeast
Akira Doi, Hajime Naruse, Ryosuke Satoh, Mari Higa, Ayako Kita, Nanae Umeda, Kanako Hagihara and Reiko Sugiura
The 22th CDB Meeting   2012年6月11日   
酵母モデル生物を用いたMAPキナーゼシグナル制御因子の同定と創薬への展開
杉浦麗子 ,喜多綾子 ,久能樹 ,梅田奈苗 ,高田宏文 ,萩原加奈子 ,成瀬一 ,土井章
日本ケミカルバイオロジー学会   2012年6月7日   
低分子量G タンパク質Rho3 とクラスリンアダプター複合体の細胞内輸送システムにおける機能的関連
喜多綾子、李翠芳、于陽、梅田奈苗、土井章、安田光都子、石渡俊二、杉浦麗子
第120回 日本薬理学会近畿部会   2011年11月   
核内核外輸送を介したRNA結合蛋白質Rnc1の制御機構
佐藤亮介、松村康弘、梅田奈苗、田中章友、高田真琴、喜多綾子、石渡俊二、多賀 淳、杉浦麗子
第84回 日本生化学会   2011年11月   
核内核外輸送を介したRNA結合蛋白質Rnc1の制御機構
佐藤亮介、松村康弘、梅田奈苗、田中章友、高田真琴、喜多綾子、石渡俊二、多賀 淳、杉浦麗子
2011年11月   
カルシニューリンの内因性制御因子DSCR1の分裂酵母ホモログCbp1が細胞内シグナル伝達経路に与える影響の解析
清瀬好美、梅田奈苗、上林大起、川北麻貴、野田由紀子、喜多綾子、杉浦麗子
第61回 日本薬学会近畿支部総会・大会   2011年10月   
PKC/MAPK経路とRNA helicase Ded1の機能的関連の研究―Pck2に対するDed1の影響の研究―
成瀬一、土井章、喜多綾子、比嘉真理、梅田奈苗、杉浦麗子
第61回 日本薬学会近畿支部総会・大会   2011年10月   
RNA分解システムとPKC/MAPKシグナル伝達経路の関わり
土井章、喜多綾子、比嘉真理、梅田奈苗、成瀬一、佐藤亮介、谷時雄、林紗千子、杉浦麗子
RNAフロンティアミーティング   2011年8月   
Spatial regulatory mechanism of the PI4,5P2 signaling pathway by membrane trafficking system
Cuifang Li, Ayako Kita, Yuuka Hashimoto, Misako Ihara,Nanae Umeda, Shunji Ishiwata, Reiko Sugiura
The 6th International Fission Yeast Meeting (pombe 2011)   2011年6月   
MAP kinase signaling regulates stress granule formation via the RNA-binding protein Nrd1
Ryosuke Satoh, Takahiro Morita, Yasuhiro Matsumura, Akitomo Tanaka, Makoto Takada, Nanae Umeda, Ayako Kita, Shunji Ishiwata, Akira Doi, Kanako Hagihara, Atsushi Taga, Tokio Tani, Sachiko Hayashi and Reiko Sugiura
The 6th International Fission Yeast Meeting (pombe 2011)   2011年6月   
ダウン症候群原因遺伝子の新たな役割の発見~がん化とストレスとの関係性~
上林大起、西田藍子、川北麻貴、梅田奈苗、清瀬好美、野田由紀子、高田宏文、喜多綾子、石渡俊二、杉浦麗子
第131回 日本薬学会年会   2011年3月   
DSCR1の分裂酵母ホモログCbp1を介するCNシグナルとMAPKシグナル伝達経路のクロストーク
梅田奈苗、上林大起、西田藍子、川北麻貴、清瀬好美、喜多綾子、高田宏文、杉浦麗子
第118回 日本薬理学会近畿部会   2010年11月   
細胞表面蛋白質Ecm33による細胞増殖シグナル制御メカニズムの解明とin vivo real-time MAPKシグナルモニタリングシステムの確立と応用
高田宏文、西田藍子、堂前光宏、園田健展、喜多綾子、山野友希、内田篤史、石渡俊二、梅田奈苗、杉浦麗子
第60回 日本薬学会近畿支部総会・大会   2010年10月   
クラスリンアダプター複合体とRNA結合タンパク質の新たなクロストーク機構
有働雅子、于陽、高田宏文、今中由花子、喜多綾子、石渡俊二、梅田奈苗、杉浦麗子
第60回 日本薬学会近畿支部総会・大会   2010年10月   
Simulatioms binding assay of microheterogenious proteins by capillary electrophoresis with laser induced fluoresence detection
Atsushi Taga, Daiki Kanbayasshi, Nanae Umeda, Shuji Kodama, Atsushi Sato, Kentaro Suzuki, Masakazu Izako, Reiko Sugiura
16th International Symposium on Separation Science   2010年9月   
アクチン結合タンパク質Cis3 とMAP キナーゼ経路のクロストークによる細胞質分裂の制御
武田章弘、高部朋幸、高村暁、杉本けい子、喜多綾子、梅田奈苗、石渡俊二、杉浦麗子
酵母遺伝学フォーラム第 43 回研究報告会   2010年9月   
Protein Kinase Cシグナル伝達経路の新規制御因子であるRNA helicase Ded1とP-body局在の機能的関連
加藤綾歌、土井章、喜多綾子、安田光都子、高田宏文、佐藤亮介、梅田奈苗、石渡俊二、杉浦麗子
第12回日本RNA学会年会   2010年7月   
分裂酵母におけるRNA結合タンパク質Sts5はRho/プロテインキナーゼC/MAPKシグナルを制御する
高田宏文、加藤綾歌、喜多綾子、石渡俊二、梅田奈苗、杉浦麗子
第12回日本RNA学会年会   2010年7月   
核内核外輸送を介したRNA結合タンパク質Rnc1の機能制御
松村康弘、佐藤亮介、田中章友、喜多綾子、梅田奈苗、石渡俊二、多賀 淳、杉浦麗子
第12回日本RNA学会年会   2010年7月   
Functional Relationship between MAP Kinase Signaling and Pumilio in Fission Yeast
Kanako Hagihara, Ryosuke Satoh, Takahiro Morita, Hirofumi Takada, Ayako Kita, Shunji Ishiwata, Mari Ueda, Aya Mizukura, Nanae Umeda, and Reiko Sugiura
The 19th CDB Meeting   2010年5月   
カルシニューリンの内因性制御因子DSCR1ホモログを介するカルシウムシグナルとストレス応答MAPKシグナルのクロストーク制御
上林大起,西田藍子,川北麻貴,梅田奈苗,清瀬好美,喜多綾子,高田宏文,杉浦麗子
第130回日本薬学会年会   2010年3月   
DSCR1(Down Syndrome Critical Region 1)ホモログCbp1のリン酸化依存的機能がCa2+/カルシニューリンシグナルに与える影響の解析
川北麻貴,上林大起,梅田奈苗,西田藍子,清瀬好美,喜多綾子,杉浦麗子
第130回日本薬学会年会   2010年3月   
カルシニューリンの内因性抑制因子Cbp1を介するCNシグナルとMAPKシグナル伝達経路のクロストーク
梅田奈苗,上林大起,西田藍子,川北麻貴,喜多綾子,高田宏文,杉浦麗子
第4回プロテインホスファターゼ研究会・学術集会   2009年11月   
カルシニューリンの内因性制御因子DSCR1ホモログの新たな標的分子の同定
上林大起,西田藍子,川北麻貴,梅田奈苗,喜多綾子,高田宏文,杉浦麗子
第59回日本薬学会近畿支部総会・大会   2009年10月   
ヒト体内時計位相変位に及ぼす橙色LEDと白色LEDによる光照射の影響
堤寛子、平野均、松田昌子、梅田奈苗
第15回時間生物学会学術大会   2008年11月   
季節性感情障害・睡眠相後退症候群・反復性過眠症併存例の治療について
平野均、梅田奈苗、植田浩平 
日本睡眠学会第33回定期学術集会   2008年6月   
Reductions of estrogen cause phase-delay of Per2 expression and increase in melatonin secretion
梅田奈苗、平野均
The 2nd World Congress of Chronobiology   2007年11月   
睡眠相後退症候群と黄体期過眠症併存例の治療について
平野均、植田浩平、梅田奈苗
第2回中国四国睡眠医療研究会   2007年9月   
雌性ラットの生物時計に及ぼすestrogenと光の影響
梅田奈苗、平野均
第24回九州実験動物研究会総会   2006年11月   
Estrogen-induced changes in melatonin cause phase-delay of Per2 expression
梅田奈苗、平野均
第13回時間生物学会学術大会   2006年11月   
Phase delay of expression of Per2 was caused by estrogen-induced changes in melatonin secretion
梅田奈苗、平野均
38th. Annual Meeting of Society for Neuroscience   2006年10月   
雌性ラットのメラトニンとPer2に及ぼすestrogenの影響
梅田奈苗、平野均
第28回日本生物学的精神医学会   2006年9月   
高照度光療法が著効した強迫性障害と季節性感情障害併存の一例
平野均、植田浩平、梅田奈苗
第28回日本生物学的精神医学会   2006年9月   
Effects of estrogen on photic entrainment in female rats
梅田奈苗、平野均
37th. Annual Meeting of Society for Neuroscience   2005年11月   
蛍光灯光高照度光治療器から白色LED光源高照度光治療器に変更後、臨床症状に著明な改善が認められた季節性感情障害の一例
梅田奈苗、平野均
第12回時間生物学会学術大会   2005年11月   
雌性ラットの光同調に及ぼすエストロジェンの影響
梅田奈苗、平野均
第27回日本生物学的精神医学会   2005年7月   
時計遺伝子の光応答に及ぼすエストロジェンの影響
梅田奈苗、平野均
第11回時間生物学会学術大会   2004年11月   
光誘導遺伝子の多くがSCNにおいて日周変動を示す
荒木良子、中村麻希、福村龍太郎、高橋宏和、筋野貢、梅田奈苗、井上愼一、安倍真澄
第11回時間生物学会学術大会   2004年11月   
マウスSCNにおいて光誘導性および日周変動性を有する遺伝子群の解析
荒木良子、中原麻希、福村龍太郎、高橋宏和、森和也、筋野貢、梅田奈苗、井上慎一、安倍 真澄
第26回日本分子生物学会   2003年12月   
Functional subdivision within the suprachiasmatic nucleus
井上愼一、梅田奈苗、筋野貢、福本美紗子、高橋宏和、荒木良子、安倍真澄、三角吉代
1st World Congress of Chronobiology   2003年9月   
Response to light in Period1 Transgenic Rats
梅田奈苗、沼野利佳、佐村知紀、泉貴志、相川貴志、程肇、榊佳之、井上愼一
1st World Congress of Chronobiology   2003年9月   
Dexamethasone-induced RAS protein 1 gene is circadian rhythmically expressed in the SCN
荒木良子、高橋宏和、梅田奈苗、福村龍太郎、筋野貢、Gijsbertus van der Horst、安井明、Yuko Hoki、Akira Fujimori、井上愼一、安倍真澄
1st World Congress of Chronobiology   2003年9月   
Dexamethasone-induced RAS protein 1 gene is expressed preferentially in the dorsomedial part of the suprachiasmatic nucleus
福本美紗子、梅田奈苗、高橋宏和、筋野貢、福村龍太郎、荒木良子、安倍真澄、井上愼一
1st World Congress of Chronobiology   2003年9月   
Restricted Expression and Photic Induction of a Novel Mouse Regulatory Factor X 4 Transcript Variant In the SCN
高橋宏和、福村龍太郎、梅田奈苗、筋野貢、井上愼一、Toshiyuki Saito、荒木良子、安倍真澄
1st World Congress of Chronobiology   2003年9月   
Comprehensive identification of light-inducible transcript in mouse SCN
安倍真澄、福村龍太郎、Maki Nakayama、筋野貢、Kazuya Mori、高橋宏和、梅田奈苗、Akira Fujimori、井上愼一、荒木良子
1st World Congress of Chronobiology   2003年9月   
Period1過剰発現ラットの同調の解析
梅田奈苗、沼野利佳、佐村知紀、泉貴志、相川貴志、福本美紗子、榊佳之、程肇、井上愼一
第26回神経科学大会   2003年7月   
Sluggish light responses of PERIOD1- and PERIOD2-like immunoreactivity in the mouse suprachiasmatic nucleus
井上愼一、佐村知紀、升本宏平、根井華子、沼野利佳、梅田奈苗、山崎晋、程肇、井上愼一
第26回神経科学大会   2003年7月   
視交叉上核においてマウスDexamethasona-induced RAS protein 1(Dexras1)遺伝子の発現は24時間周期で変動する
高橋宏和、梅田奈苗、堤陽子、福村龍太郎、大風元、筋野貢、vanderHorst Gijsbertus 、安井 明、井上慎一、藤森亮、大畑樹也、荒木良子、安倍真澄
第25回日本分子生物学会年会   2002年12月   
Period1トランスジェニックラットの光に対する位相反応
梅田奈苗、沼野利佳、佐村知紀、泉貴志、相川貴志、福本美紗子、程肇、榊佳之、井上愼一
第9回時間生物学会学術大会   2002年11月   
Dexras1の視交叉上核における発現リズム
福本美紗子、梅田奈苗、高橋宏和、福村龍太郎、荒木良子、安倍真澄、井上愼一
第9回時間生物学会学術大会   2002年11月   
Period1 トランスジェニックラットの光応答
梅田奈苗、沼野利佳、佐村知紀、泉貴志、相川貴志、程肇、榊佳之、井上愼一
第25回日本神経科学大会   2002年7月   
Tgラットを用いた時計遺伝子Period1の概日リズムにおける機能解析
沼野利佳、梅田奈苗、佐村知紀、山崎晋、高橋利一、Michael Menaker、井上慎一、榊佳之、程肇
第24回日本分子生物学会   2001年12月   
ゲノム-ワイドアプローチを用いたマウス視交差上核(SCN)におけるサーカディアンリズムの明暗サイクルへの同調に関与する遺伝子群の同定
宮本由紀、福村龍太郎、筋野貢、梅田奈苗、荒木良子、井上慎一、安倍真澄
第24回日本分子生物学会   2001年12月   
Period1トランスジェニックラットの解析
梅田奈苗、沼野利佳、佐村知紀、泉貴志、原田由美子、程肇、榊佳之、井上愼一
第8回時間生物学会学術大会   2001年11月   
SCNにおけるPERタンパクの組織化学
佐村知紀、梅田奈苗、沼野利佳、泉貴志、相川貴志、熊谷奈美、原田由美子、程肇、榊佳之、井上愼一
第8回時間生物学会学術大会   2001年11月   
Per1トランスジェニックラットSCNにおけるc-fos遺伝子とPer1遺伝子の発現
渡辺絢子、梅田奈苗、沼野利佳、佐村知紀、泉貴志、程肇、原田由美子、井上愼一
第8回時間生物学会学術大会   2001年11月   
マウス視交叉上核(SCN)におけるサーカディアンリズムの明暗サイクル同調に関与する遺伝子群の網羅的解析
宮本由紀、福村龍太郎、筋野貢、梅田奈苗、荒木良子、井上愼一、安倍真澄
第8回時間生物学会学術大会   2001年11月   
ラット視交叉上核におけるglutamate/aspartate transporter (GLAST) mRNAの日周変動と光応答
松本あづみ、泉貴志、梅田奈苗、宮本由紀、安倍真澄、原田由美子、井上愼一
第8回時間生物学会学術大会   2001年11月   
Per1過剰発現ラット視交叉上核におけるBMAL1の発現
相川貴志、梅田奈苗、沼野利佳、泉貴志、原田由美子、榊佳之、程肇、井上愼一
第8回時間生物学会学術大会   2001年11月   
哺乳類の概日時計機構におけるCREによる時計遺伝子の転写制御
原田由美子、升本宏平、梅田奈苗、渡辺絢子、副島千絵、小池学、井上愼一
第72回日本動物学会   2001年10月   
Period1 トランスジェニックラットの解析
梅田奈苗、沼野利佳、佐村知紀、筋野貢、渡辺絢子、泉貴志、升本宏平、原田由美子、程肇、榊佳之、井上愼一
第24回日本神経科学大会   2001年9月   
マウスSCNにおけるPERタンパクの組織科学
佐村知紀、梅田奈苗、沼野利佳、泉貴志、原田由美子、程肇、榊佳之、井上愼一
第24回日本神経科学大会   2001年9月   
Gene expressions in the Period1 transgenic rat
泉貴志、梅田奈苗、沼野利佳、佐村知紀、筋野貢、升本宏平、原田由美子、程肇、榊佳之、井上愼一
第24回日本神経科学大会   2001年9月   
Analysis of Period1 Transgenic Rats
梅田奈苗,沼野利佳,佐村知紀,渡辺絢子,筋野貢,泉貴志,原田由美子,程肇,榊佳之,井上愼一
International Symposium on Molecular Clock Kobe-Awaji 2001   2001年9月   
Gene expressions in the Period1 transgenic rat
泉貴志,梅田奈苗,沼野利佳,榊佳之,程肇,井上愼一
International Symposium on Molecular Clock Kobe-Awaji 2001   2001年9月   
Genome-wide approach for identification of the genes involved in entrainment of circadian rhythm to light-dark cycles in suprachiasmatic nucleus(SCN)
宮本由紀,福村龍太郎,筋野貢,梅田奈苗,荒木良子,井上愼一,安倍真澄
International Symposium on Molecular Clock Kobe-Awaji 2001   2001年9月   
Involvement of Period1 gene in entrainment of circadian rhythms of the rat suprachiasmatic nucleus
井上愼一、梅田奈苗、松尾拓哉、泉貴志、原田由美子、沼野利佳、榊佳之、程肇
The 9th Sapporo Symposium on Biological Rhythm   2001年8月   
マウス、ラットにおける生物時計の分子機構―Per1トランスジェニックラット―
梅田奈苗、井上愼一
山口大学時間学研究所主催「環境と生物の時間」第1回研究会   2001年2月   
Period1トランスジェニックラットの解析
梅田奈苗、沼野利佳、佐村知紀、泉貴志、原田由美子、程肇、榊佳之、井上愼一
第7回時間生物学会学術大会   2000年11月   
Period1トランスジェニックラットの解析
梅田奈苗、沼野利佳、佐村知紀、泉貴志、原田由美子、程肇、榊佳之、井上愼一
第23回神経科学学会   2000年9月   
ヒト活動リズムの解明に向けて-マウス異種系統間における行動・光同調の違いと時計遺伝子との関係
泉貴志、梅田奈苗、佐村知紀、原田由美子、井上愼一
第11回日本比較生理生化学会   2000年8月   
Circadian fluctuation and effects of light/dark on cAMP content in the SCN of the mouse
梅田奈苗、渡辺絢子、原田由美子、井上愼一
生化若手の会中四国支部主催「春の学校2000」   2000年3月   
マウス視交叉上核におけるmPer1遺伝子のmRNA量の日周変動
筋野貢、梅田奈苗、井上愼一
第51回日本生理学会中国四国地方会   1999年11月   
C3H、C57bl系統のマウスにおけるmPer遺伝子発現の比較
梅田奈苗、濵本洋介、原田由美子、井上愼一
第6回時間生物学会学術大会   1999年11月   
マウス視交叉上核におけるcAMPの日周変動と明暗の影響
梅田奈苗、渡辺絢子、原田由美子、井上愼一
第22回神経科学学会   1999年7月   
マウス視交叉上核におけるcAMPの日周変動
梅田奈苗、竹内崇裕、原田由美子、井上愼一
第5回時間生物学会学術大会   1998年11月   
マウス視交叉上核におけるセロトニン含量の日内変動
竹内崇裕、梅田奈苗、原田由美子、井上愼一
第4回時間生物学会学術大会   1997年11月   
マウス視交叉上核におけるセロトニン含量の日内変動
井上愼一、竹内崇裕、梅田奈苗、原田由美子
第20回神経科学学会   1997年7月   

所属学協会

 
時間生物学会