日本の女性研究者

ジェンダー

研究者リスト >> 水本 光美
 

水本 光美

 
アバター
研究者氏名水本 光美
 
ミズモト テルミ
URLhttp://www.kitakyu-u.ac.jp/env/subject/basis/Terumi_Mizumoto/index.html
所属府省共通研究開発管理システム
部署その他
職名

研究キーワード

 
留学生の日本語教育 , ジェンダーと日本語 , ビジネス日本語 , 専門日本語教育 , 技術日本語教育 , 環境工学日本語教育

研究分野

 
  • 科学教育・教育工学 / 教育工学 / 
  • ジェンダー / ジェンダー / 
  • 言語学 / 言語学 / 
  • 言語学 / 日本語学 / 
  • 言語学 / 日本語教育 / 

経歴

 
1989年
 - 
1990年
ニューヨーク大学成人教育学部 非常勤講師
 
1990年
 - 
1996年
プリンストン大学東洋学部 講師(専任)
 
1996年
 - 
1999年
ハーバード大学東アジア言語文明学部 講師(専任)
 
2000年
 - 
2001年
北九州大学国際環境工学部設置準備室 助教授
 
2001年
 - 
2005年
北九州市立大学国際環境工学部 情報メディア工学科 助教授
 
2006年
 - 
2008年
北九州市立大学国際環境工学部 情報メディア工学科 教授
 
2008年
 - 
現在
北九州市立大学基盤教育センター ひびきの分室 教授
 

学歴

 
 
 - 
1990年
ニューヨーク大学大学院 外国語教育学 日本語教育
 

委員歴

 
2001年6月
 - 
2011年3月
日本語ジェンダー学会 評議員
 
2011年4月
 - 
現在
日本語ジェンダー学会 理事
 
1996年
 - 
現在
全米外国語教育審議会(The American Council on The Teaching Foreign Languages)  会話能力判定試験官
 
2008年1月
 - 
2009年3月
北九州市立大学国際環境工学部  国際交流委員会 委員長
 
2005年
 - 
2009年
専門日本語教育研究学会  幹事
 
2001年
 - 
現在
九州OPI研究会  会長
 

論文

 
日本語教科書におけるジェンダー:現代社会の実情と教える側の認識
水本 光美
Proceedings of Magyar Japan Szimpozium   5-9   2013年11月   [査読有り]
日本語教科書におけるジェンダー: 教科書の日本女性像は現代社会の実態を伝えているか
水本 光美
第5回全ウクライナ国際公開シンポジウム2013論集   (No.45) 153-159   2013年6月   [査読有り]
日本語教科書における女性の職業:教科書分析と日本語教師の意識調査分析
水本 光美
北九州市立大学 基盤教育センター紀要   (第16号) 19-44   2013年3月
日本語教科書におけるジェンダー:女性文末詞の使用と日本人女性の描写
水本 光美
ヨーロッパ日本語教育   (第16号) 131-135   2012年6月   [査読有り]
日本語教科書における日本女性像:家庭内の女性と仕事場の女性のステレオタイプ
水本 光美
北九州市立大学 基盤教育センター紀要   (第12号) 1-20   2012年2月
日本語教師の意識調査分析-日本語教科書における女性文末詞使用に関して-
水本 光美
北九州市立大学 基盤教育センター紀要   (第9号) 55-80   2011年3月
主張度の高い女性文末詞使用の変遷-4世代にわたる調査分析-
水本 光美
北九州市立大学 基盤教育センター紀要   (第6号) 11-26   2010年3月
環境工学系オンライン日本語学習教材の実用性向上へ向けて
池田隆介、水本光美、川畑宜之
北九州市立大学 基盤教育センター紀要   (第3号) 37-54   2009年3月
水本 光美
北九州市立大学 国際論集   (第7号) 23-46   2009年3月
水本光美、福盛壽賀子、高田恭子
日本語とジェンダー   (第9号) 11-26   2009年3月   [査読有り]
Stereotypical Images Conceived by Scriptwriters of Japanese TV Dramas:Analyzing Usage of Feminine Sentence-Final Particle
Terumi Mizumoto
12th International Conference of the European Association for Japanese Studies,Proceedings   34-36   2008年9月   [査読有り]
水本光美、池田隆介
北九州市立大学 国際論集   (第6号) 59-64   2008年3月
水本光美、福盛壽賀子、高田恭子
日本語とジェンダー   (第8号) 11-26   2008年3月   [査読有り]
会話指導における女性文末詞の扱い
水本光美・福盛壽賀子・高田恭子
第6回OPI国際シンポジウム:発表論文集   85-90   2007年8月   [査読有り]
水本光美、福盛壽賀子
北九州市立大学 国際論集   (第5号) 13-22   2007年3月
水本光美、池田隆介
専門日本語教育研究   (第8号) 45-50   2006年11月   [査読有り]
水本 光美
日本語とジェンダー   (第5号) 23-46   2006年6月   [査読有り]
ドラマに見る女ことば「女性文末詞」-- 実際の会話と比較して --
水本光美、福盛壽賀子、高田恭子、福田あゆみ
北九州市立大学 国際論集   (第4号) 51-70   2006年3月
水本光美、池田隆介
専門日本語教育研究   (第7号) 35-40   2005年12月   [査読有り]
Gender Filters in Female Speech in Japanese TV Dramas: A Study of Sentence - Final Particle Usage (単著)
Terumi Mizumoto
11th International Conference of the European Association for Japanese Studies,Proceedings   32-33   2005年9月   [査読有り]
水本光美
日本語とジェンダー   第5号 23-46   2005年5月   [査読有り]
日本人学生は学部留学生のためのチューター活動を通じて何を学んだか
水本光美、池田隆介
北九州市立大学 国際論集   (第3号) 79-86   2005年3月
水本光美、池田隆介
専門日本語教育研究   (第6号) 55-60   2004年12月   [査読有り]
環境工学系留学生のための『基礎専門語』学習支援オンライン教材の開発
上村隆一、水本光美、池田隆介
日本教育工学会第20回全国大会講演論文集   97-100   2004年9月   [査読有り]
日本語OPI標準モデルに関する研究プロジェクトについて
上村隆一・水本光美・池田隆介
The 3rd International Symposium on OPI, proceedings, Princeton University, USA.   110-113   2004年5月   [査読有り]
学部留学生のためのチューター制度はどうあるべきか(共著)
水本光美・池田隆介
北九州市立大学 国際論集   第2号 37-45   2004年3月
水本光美、池田隆介
専門日本語教育研究   第5号 21-28   2003年12月   [査読有り]
外国人留学生のためのオンライン型技術日本語教材開発
上村隆一、水本光美、池田隆介
日本教育工学学会論文誌   Vol.27(Suppl.) 157-160   2003年12月   [査読有り]
日本語能力試験2級レベルの留学生が抱える問題点-日本語能力と成績との相関性が示すもの-
水本光美
東京外国語大学留学生教育センター・シンポジウム「留学1年生の教育のあり方-科学教育の視点から-」講演論集   49-62   2003年10月
工学部における学部留学生の日本語能力とGPAとの関係(共著)
水本光美・池田隆介
北九州市立大学 国際論集   創刊号 37-45   2003年3月
水本 光美
専門日本語教育研究   (第4号) 19-26   2002年12月   [査読有り]
理工系留学生のためのオンライン型中上級日本語教材開発研究
上村隆一・水本光美・池田隆介
CASTEL/J(Compter Assisted Systems for Teaching Learning/Japanese), University of California, San Diego, USA.   Vol.3 185-188   2002年7月   [査読有り]
会話における引き込みのメカニズム
ナズキアン富美子・水本光美
第4回プリンストン大学日本語教育学会 論文集   (4) 210-217   1996年3月   [査読有り]

書籍等出版物

 
ジェンダーから見た日本語教科書:日本女性像の昨日・今日・明日
水本 光美
大学教育出版   2015年4月   ISBN:978-4-86429-321-1
ことばとジェンダー
水本 光美
北九州市立大学基盤教育センターひびきの分室   2013年9月   
技術日本語への架け橋−2011改訂版−(共著)
北九州市立大学基盤教育センターひびきの分室   2011年   
ジェンダーで学ぶ言語学, 「テレビドラマ-ドラマ語としての『女ことば』-」pp.89-106,(中村桃子編)
世界思想社   2010年   ISBN:948-4-7907-1470-5
文化の壁なんてこわくない(共著)
北九州市立大学基盤教育センターひびきの分室   2009年   
日本語とジェンダー,「テレビドラマと実社会における女性文末詞使用のずれにみるジェンダーフィルター」pp.73-94,(日本語ジェンダー学会編)
ひつじ書房   2006年   ISBN:4-89476-274-9
Be a Part of IT! 日本事情(単著)
北九州市立大学国際環境工学部   2004年   
上級日本語への架け橋(単著)
北九州市立大学国際環境工学部   2002年   
上級日本語への架け橋 --- 重要表現 ---(単著)
北九州市立大学国際環境工学部   2002年   
技術日本語への架け橋(共著)
北九州市立大学国際環境工学部   2002年   
例文で学ぶ助動詞(共著)
株式会社アルク出版   2002年   ISBN:4-7574-0646-0
文法シート -1998春学期- (単著)
ハーバード大学東洋言語文明学部 日本語教育学科   1998年   
読み物 -1998春学期-(単著)
ハーバード大学東洋言語文明学部 日本語教育学科   1998年   
漢字ブック -1999春学期- (共著)
ハーバード大学東洋言語文明学部 日本語教育学   1998年   
文法シート -1997秋学期-(単著)
ハーバード大学東洋言語文明学部 日本語教育学科   1997年   

講演・口頭発表等

 
現代の日本社会を反省した日本語教科書: ジェンダーの視点より提案する
水本 光美
シドニー日本語教育国際研究大会   2014年7月11日   
日本語教科書におけるジェンダー:教科書の日本女性像は現代社会の実態を 伝えているか?
水本 光美
第5回全ウクライナ国際公開シンポジウム   2013年3月23日   
日本語教科書におけるジェンダーを考えるー女性文末詞と日本女性像
水本 光美
九州OPI研究会   2013年2月9日   
日本語教科書の中のジェンダー:女性文末詞の使用と女性のライフスタイル
水本 光美
第13回 欧州日本研究学会国際大会   2011年8月26日   
ジェンダーの観点から日本語教科書を考える:女ことばの使用と日本人女性の描写 [招待有り]
水本 光美
ロンドン大学東洋アフリカ研究学院 日本研究センター講演会   2010年6月16日   
日本語にみるジェンダー表現 [招待有り]
水本光美
ワールドレポート「ことばにみる文化ー女ことば・男ことば」   2009年7月   
Stereotypical Images Conceived by Scriptwriters of Japanese TV Dramas: Analyzing Usage of Feminine Sentence-Final Particles
12th European Association for Jananese Studies International Conference   2008年   
会話指導における女性文末詞の扱い
水本光美
第6回OPI国際シンポジウム   2007年8月   
オンライン学習教材を使った学部留学生の漢字の読み方の強化
専門日本語教育研究学会, 第8回研究討論会   2006年   
日本語教育とジェンダー:教師の立場から---女性文末詞使用にみるジェンダ・フィルタ---
International Conference on Japanese Language Education (2006 ICJLE)   2006年   
Gender Filters in Female Speech of Japanese TV Dramas --- Focus on Sentence-ending Expressions ---
11th European Association for Jananese Studies International Conference   2005年   
理工系学部留学生の日本語能力とGPAの関係
専門日本語教育研究学会, 第7回研究討論会   2005年   
環境工学系『基礎専門語』のオンライン教材化 --- オンライン教材におけるアニメーションの効果 ---
水本光美、池田隆介
専門日本語教育研究会, 第6回研究討論会   2004年3月   
日本語OPIの標準モデルの構築に関する研究プロジェクト
上村隆一、水本光美、池田隆介
第12回 プリンストン大学日本語教育学会   2004年5月   
理工系学部留学生の日本語能力と学部授業の成績に関する縦断的調査
専門日本語教育研究会, 第5回研究討論会   2003年   
テレビドラマにおけるジェンダー・フィルター --- 終助詞・文末詞使用実態調査の中間報告より ---
日本語ジェンダー学会, 第5回年次大会   2003年   
日本語能力試験2級レベルの学部留学生が抱える問題点 ---日本語能力と成績との相関性が示すもの --- [招待有り]
水本 光美
シンポジウム:留学一年目の教育のあり方--科学教育の視点から---   2003年   
理工系大学学部における中上級  日本語学習者の実態 --- 日本語  能力試験1級レベルの壁 ---
専門日本語教育研究会, 第4回研究討論会   2002年   
Developing of Intermediate and Advanced Level Online Courseware of Technical Japanese for Foreign Engineering Students
3rd International Conference on Computer Assisted Systems for Teaching & Learning Japanese   2002年   
Mechanism of Involvement
Annual Conference of Association for Asian Studies   1996年   

担当経験のある科目

 
  • 上級日本語 (プリンストン大学, ハーバード大学, 北海道国際交流センター)
  • 超上級日本語 (プリンストン大学, ハーバード大学)
  • 教師養成講座, Japanese Language Teacher‘s Training Program (プランタン日本語教師養成講座, Georgia Southwestern State University)
  • 初級日本語 (プリンストン大学,早稲田大学)
  • 中級日本語 (プリンストン大学, ハーバード大学, ミネソタ大学秋田校)
  • 技術日本語基礎 (北九州市立大学)
  • ジェンダーと日本語 (北九州市立大学)
  • 上級日本語1(大学院生) (北九州市立大学)

所属学協会

 
全米外国語教育審議会(The American Council on The Teaching Foreign Languages) , 日本語教育学会 , 専門日本語教育研究学会 , 日本語ジェンダー学会 , 九州OPI研究会 , 日本語プロフィシエンシー研究会(旧:関西OPI研究会) , コンピュータ利用教育協議会 , ヨーロッパ日本研究学会(EAJS) , 教育工学会 , 比較文明学会 , アカデミックジャパニーズ研究会 , 英国日本語教育学会 (BATJ) , ヨーロッパ日本語教師会 (AJE) , フランス日本語教師会 (AEJF) , International Gender and Language Association

Works

 
「アジア人財資金構想」高度専門留学生育成事業,「北九州学術研究都市高度専門留学生育成プログラム」のビジネス日本語教育部門委員長として、プログラム立案、カリキュラム作成、担当講師指導など実施。
2007年 - 現在
中国の大連外国語大学、遼寧師範大学、大連理工大学における集中日本語教育課程のカリキュラム編成、スケジュール作成、教育法などを指導。
2000年 - 2008年
中国の日本語教育専門家対象の講演(中国大連外国語大学にて)
2000年
日本語教師養成講座における教授法指導(ジョージア州立大学)
1995年
夏期集中日本事情・日本語教育講座における指導(北海道国際交流センター・石川国際交流協会における「プリンストン イン 石川」)
1992年

競争的資金等の研究課題

 
理科系の留学生のためのオンライン型技術日本語の教材開発
特別研究補助金
研究期間: 2001年 - 2005年    代表者: 水本光美
留学生向け環境工学系専門日本語の教育システム構築に関する研究
科学研究費補助金
研究期間: 2002年 - 2005年
理工系学部留学生に対するチューター制度に関する研究
特別研究補助金
研究期間: 2002年 - 2004年    代表者: 水本光美
メディア言語におけるジェンダーフィルタ
科学研究費補助金
研究期間: 2005年 - 2007年    代表者: 水本光美
ジェンダーの観点か日本語教科書を再考する:社会変化を反映した教科書開発
科学研究費補助金: 
研究期間: 2011年 - 2014年    代表者: 水本光美