日本の女性研究者

生物学

研究者リスト >> 森田 洋子
 

森田 洋子

 
アバター
研究者氏名森田 洋子
 
モリタ ヨウコ
通称等の別名平田 洋子
URLhttps://www1.gifu-u.ac.jp/~bioinfo1/Bioinfo1/BIoinfo1.html
所属岐阜大学
部署工学部 化学・生命工学科 生命化学コース
職名教授
学位理学博士(東京工業大学)
その他の所属連合創薬医療情報研究科, 工学研究科

プロフィール

複数の神経変性疾患を標的とした神経保護化合物の創製/アルツハイマー病、パーキンソン病などの神経変性疾患では、酸化ストレス、小胞体ストレスなど共通の機構により細胞死が起こることが示唆されている。また、神経細胞の生存には様々な神経栄養因子の働きが必須であり、老化に伴う神経栄養因子産生の低下も神経細胞死に関与していると考えられている。私たちは、酸化ストレスおよび小胞体ストレスなど複数の神経傷害による細胞死を抑制する新規神経保護化合物、さらに神経細胞死抑制作用と神経栄養因子誘導作用をあわせもつ新規神経保護化合物の研究開発を行っている。/アポトーシスによる神経細胞死の分子機構の解明/ドーパミン神経毒はパーキンソン病の原因物質である可能性が示唆されている。農薬のロテノンやマンガンなどのドーパミン神経毒により誘導されるアポトーシスの分子機構を明らかにし、パーキンソン病などの神経変性疾患の病態を明らかにする。

研究キーワード

 
パーキンソン病 , 神経変性疾患 , アポトーシス , 神経保護物質 , ドーパミン神経毒

研究分野

 
  • 神経科学 / 神経生理学・神経科学一般 / 
  • 神経科学 / 神経化学・神経薬理学 / 
  • 生物科学 / 細胞生物学 / 
  • 内科系臨床医学 / 神経内科学 / 

経歴

 
1994年10月
 - 
2000年6月
理化学研究所 フロンティア研究員
 
2000年7月
   
 
岐阜大学工学部生命工学科 准教授
 

論文

 
Oh-Hashi K, Matsumoto S, Sakai T, Nomura Y, Okuda K, Nagasawa H, Hirata Y
Cell biology and toxicology   34(4) 279-290   2018年8月   [査読有り]
Oh-Hashi K, Fujimura K, Norisada J, Hirata Y
Scientific reports   8(1) 12236   2018年8月   [査読有り]
Hirata Y, Yamada C, Ito Y, Yamamoto S, Nagase H, Oh-Hashi K, Kiuchi K, Suzuki H, Sawada M, Furuta K
Neuropharmacology   135 242-252   2018年6月   [査読有り]
Norisada J, Fujimura K, Amaya F, Kohno H, Hirata Y, Oh-Hashi K
Molecular biotechnology      2018年6月   [査読有り]
Oh-Hashi K, Sugiura N, Amaya F, Isobe KI, Hirata Y
Molecular and cellular biochemistry   440(1-2) 65-75   2018年3月   [査読有り]
Oh-Hashi K, Soga A, Naruse Y, Takahashi K, Kiuchi K, Hirata Y
Molecular and cellular biochemistry      2018年2月   [査読有り]
Oh-Hashi K, Furuta E, Fujimura K, Hirata Y
Biochemistry and biophysics reports   12 40-45   2017年12月   [査読有り]
Furuta K, Kawai Y, Mizuno Y, Hattori Y, Koyama H, Hirata Y
Bioorganic & medicinal chemistry letters   27(18) 4457-4461   2017年9月   [査読有り]
Shibata S, Furuta K, Oh-Hashi K, Ueda H, Kiuchi K, Hirata Y
Toxicology   390 83-87   2017年9月   [査読有り]
Furuta K, Mizuno Y, Maeda M, Koyama H, Hirata Y
Chemical & pharmaceutical bulletin   65(11) 1093-1097   2017年   [査読有り]
Oh-Hashi K, Furuta E, Norisada J, Amaya F, Hirata Y, Kiuchi K
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms   21(10) 1137-1143   2016年10月   [査読有り]
Oh-Hashi K, Hirata Y, Kiuchi K
Cell biochemistry and function   34(7) 497-504   2016年10月   [査読有り]
Oh-Hashi K, Irie N, Sakai T, Okuda K, Nagasawa H, Hirata Y, Kiuchi K
Molecular and cellular biochemistry   419(1-2) 29-40   2016年8月   [査読有り]
Nomura Y, Hirata Y, Kiuchi K, Oh-Hashi K
Scientific reports   6 28016   2016年6月   [査読有り]
Junpei Norisada, Yoko Hirata, Yoko Hirata, Fumimasa Amaya, Kazutoshi Kiuchi, Kazutoshi Kiuchi, Kentaro Oh-Hashi, Kentaro Oh-Hashi
PLoS ONE   11(1)    2016年1月
© 2016 Norisada et al. This is an open access article distributed under the terms of the Creative Commons Attribution License, which permits unrestricted use, distribution, and reproduction in any medium, provided the original author and source ar...
Takahiro Hikiji, Junpei Norisada, Junpei Norisada, Yoko Hirata, Yoko Hirata, Kensuke Okuda, Hideko Nagasawa, Shinsuke Ishigaki, Gen Sobue, Kazutoshi Kiuchi, Kazutoshi Kiuchi, Kentaro Oh-Hashi, Kentaro Oh-Hashi
Biochemical and Biophysical Research Communications   463(4) 881-887   2015年
© 2015 Elsevier Inc. All rights reserved. Activation of inositol-requiring enzyme 1 (IRE1) due to abnormal conditions of the endoplasmic reticulum (ER) is responsible for the cleavage of an unspliced form of X-box binding protein 1 (uXBP1), produc...
Kentaro Oh-hashi, Kentaro Oh-hashi, Junpei Norisada, Junpei Norisada, Yoko Hirata, Yoko Hirata, Kazutoshi Kiuchi, Kazutoshi Kiuchi
Biological and Pharmaceutical Bulletin   38(5) 722-731   2015年
© 2015 The Pharmaceutical Society of Japan. We recently demonstrated that the secretion of two novel endoplasmic reticulum (ER) stress-inducible proteins, cysteine-rich with epidermal growth factor (EGF)-like domains 2 (CRELD2) and mesencephalic a...
Kentaro Oh-hashi, Kentaro Oh-hashi, Azumi Sone, Takahiro Hikiji, Yoko Hirata, Yoko Hirata, Michela Vitiello, Monica Fedele, Shinsuke Ishigaki, Gen Sobue, Kazutoshi Kiuchi, Kazutoshi Kiuchi
Molecular and Cellular Biochemistry   405(1-2) 291-299   2015年
© 2015, Springer Science+Business Media New York. Transmembrane protein 132A (TMEM132A) was first isolated from rat brain using PCR-selected cDNA subtraction, and it was found to be predominantly expressed in the brain. However, the transcriptiona...
Junpei Norisada, Yoko Hirata, Yoko Hirata, Fumimasa Amaya, Kazutoshi Kiuchi, Kazutoshi Kiuchi, Kentaro Oh-Hashi, Kentaro Oh-Hashi
Biochemical and Biophysical Research Communications   449(4) 483-489   2014年1月
Mesencephalic astrocyte-derived neurotrophic factor (MANF) has been reported to prevent neuronal cell death caused by certain stimuli. Accordingly, the molecular features of MANF have been intensively investigated since the reporting of its cytopr...
Kentaro Oh-Hashi, Yoshiro Kanamori, Yoko Hirata, Yoko Hirata, Kazutoshi Kiuchi, Kazutoshi Kiuchi
Cell Biology and Toxicology   30(3) 127-136   2014年1月
We previously demonstrated that cysteine-rich with EGF-like domains 2 (CRELD2), a novel ER stress-inducible factor, is a secretory glycoprotein; however, the stimuli that induce CRELD2 secretion have not yet been characterized. In this study, we f...

担当経験のある科目

 
  • 新卓球(ラージボール)(新卓球(ラージボール)) (全学共通教育)
  • 生命工学英語Ⅱ(生命工学英語Ⅱ;生命工学英語Ⅱ) (工学部(昼))
  • 生命工学特論第4 (工学研究科M)
  • バイオサイエンス特論 (工学研究科M)
  • 生体情報科学Ⅰ(生体情報科学Ⅰ;生体情報科学Ⅰ) (工学部(昼))

所属学協会

 
日本生化学会 , 日本神経化学会 , 北米神経科学会 (Society for Neuroscience) , 日本生化学 , 北米神経科学会

競争的資金等の研究課題

 
神経細胞の損傷及び細胞死における神経栄養因子の働き
グリア細胞由来神経栄養因子(GDNF)のシグナル伝達機構
複数の細胞傷害系に有効な神経保護化合物の創製
研究期間: 2007年   
ロテノン誘導性アポトーシスの分子機構の解明とドーパミン保護物質の探索
独立行政法人日本学術振興会: 基盤研究C
研究期間: 2004年4月 - 2006年3月    代表者: 平田 洋子(岐阜大学)
複数の神経変性疾患に有効な新規神経保護薬の創製とその実用化
独立行政法人科学技術振興機構: シーズ発掘試験
研究期間: 2007年7月 - 2008年3月    代表者: 平田 洋子(岐阜大学)

社会貢献活動

 
ドーパミン神経におけるRet/GDNFシグナル経路の生理的意義について(平成19年度生理学研究会)
【】  2007年4月26日 - 2007年4月26日
酸化ストレスと創薬(連合創薬医療情報研究科・公開講座)
【】  2008年5月17日 - 2008年5月17日
複数の神経変性疾患を標的とした新規神経保護薬の創製(JSTイノベーションブリッジ)
【】  2008年12月2日 - 2008年12月2日
複数の神経変性疾患に有効な予防薬・治療薬の研究開発(第20回中部バイオテクノロジーシンポジウム)
【】  2009年11月4日 - 2009年11月4日
神経変性疾患に有効な予防薬・治療薬の研究開発(連合創薬医療情報研究科・公開講座)
【】  2010年6月25日 - 2010年6月25日

その他

 
薬剤師