日本の女性研究者

Resource Conservation Science

研究者リスト >> 中村 織江
 

中村 織江

 
アバター
研究者氏名中村 織江
 
ナカムラ オリエ
所属国立研究開発法人国立環境研究所
部署生物・生態系環境研究センター
職名特別研究員
学位博士(獣医学)(山口大学)

プロフィール

妊娠現象は哺乳類特異的な生理現象であり、哺乳類の繁栄に関与する重要な生存政略だと考えています。そしてそのメカニズムを明らかにすることは、哺乳類に対する理解を一層深めることになると確信し、研究を行っています。

研究キーワード

 
トゲネズミ , ケナガネズミ , アカネズミ , 生殖生理学 , 子宮内膜 , 核カテプシンL , CTLA-2α

研究分野

 
  • 基礎生物学 / 動物生理・行動 / 
  • 環境学 / 放射線・化学物質影響科学 / 
  • 生物資源保全学 / 生物資源保全学 / 
  • 生物科学 / 分子生物学 / 
  • 畜産学・獣医学 / 基礎獣医学・基礎畜産学 / 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
国立研究開発法人 国立環境研究所 生物・生態系環境研究センター 特別研究員
 

受賞

 
2003年
日本生殖免疫学会学会賞
 

論文

 
Identification of the physiological substrates of PDIp, a pancreas-specific protein disulfide isomerase family member
Takushi Fujimoto, Orie Nakamura, Michiko Saito, Akio Tsuru, Masaki Matsumoto, Kenji Kohno, Kenji Inaba and Hiroshi Kadokura
Journal of biological chemistry      2018年10月   [査読有り]
Bilberry extract administration prevents retinal ganglion cell death in mice via the regulation of chaperone molecules under conditions of endoplasmic reticulum stress.
Nakamura O, Moritoh S, Sato K,, Maekawa S, Murayama N, Himori N, Omodaka K, Sogon T, Nakazawa T
Clinical ophthalmology   11 1825-1834   2017年10月   [査読有り]
Transcriptome profiling of the rat retina after optic nerve transection
Yasuda M, Tanaka Y, Omodaka K, Nishiguchi KM, Nakamura O, Tsuda S, Nakazawa T
Scientific reports      2016年6月   [査読有り]
Artemin augments survival and axon regeneration in axotomized retinal ganglion cells.
Omodaka K, Kurimoto T, Nakamura O, Sato K, Yasuda M, Tanaka Y, Himori N, Yokoyam Y and Nakazawa T
Journal of neuroscience research   92(12) 1637-1646   2014年12月   [査読有り]
Neuroprotective effect against axonal damage-induced retinal ganglion cell death in apolipoprotein E-deficient mice through the suppression of kainate receptor signaling.
Omodaka K, Nishiguchi K, Yasuda M, Tanaka Y, Sato K, Nakamura O, Maruyama K, and Nakazawa T
Brain research   1586 203-212   2014年8月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
ビルベリーアントシアニンはERシャペロン調節を介して網膜神経節細胞死を抑制する
中村 織江
第87回 日本生化学会大会   2014年10月   
妊娠成立にむけてダイナミックに変化する子宮内膜~プロテアーゼ調節から見る子宮内膜脱落膜化~
中村 織江
京都産業大学 生命科学セミナー   2013年4月   
プロゲステロン刺激によって脱落膜化する子宮内膜間質細胞株の樹立
中村 織江
第27回 日本生殖免疫学会総会   2012年12月   
カテプシンLは調節因子CTLA-2αと結合することで転写因子CDP/Cux cleavageを変化させている
中村 織江
第84回 日本生化学会大会   2011年9月   
The nuclear transported cathepsin L is stabilized by binding to the regulatory protein CTLA-2alpha and contributes to the maintenance of pregnancy via regulation of placental lactogen expression in murine endometrial stromal cells.
中村 織江
GCOE International Symposium on Organelle Network   2010年4月   

所属学協会

 
日本獣医学会 , 日本生化学会

競争的資金等の研究課題

 
妊娠子宮における核カテプシンLの機能と核移行メカニズムの解析
独立行政法人 日本学術振興会: 科学研究費 若手研究(B)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 中村 織江
妊娠子宮脱落膜CTLA-2αおよびカテプシンLの細胞質-核輸送メカニズムと 核における機能解析
財団法人 大阪公衆衛生協会: 母と子のすこやか基金 研究助成
研究期間: 2010年4月 - 2011年3月    代表者: 中村 織江
妊娠マウス子宮内膜細胞におけるシステインプロテアーゼ カテプシンLの 核移行メカニズムに関する研究
大阪大学: 大阪大学GCOE分野融合若手プロジェクト 研究助成
研究期間: 2010年4月 - 2010年3月    代表者: 中村 織江
マウス子宮内膜脱落膜化における新規システインインヒビター Cytotoxic T lymphocyte associated protein (CTLA)-2αの作用機序
財団法人 大阪公衆衛生協会: 母と子のすこやか基金 研究助成
研究期間: 2007年4月 - 2008年3月    代表者: 中村 織江