日本の女性研究者

人文学

研究者リスト >> 松岡 和美
 

松岡 和美

 
アバター
研究者氏名松岡 和美
 
マツオカ カズミ
URLhttp://user.keio.ac.jp/~matsuoka/
所属慶應義塾大学
部署経済学部経済学科
職名教授
学位教育学修士(筑波大学大学院教育研究科), Ph.D.(コネチカット大学)
科研費研究者番号30327671

研究キーワード

 
日本手話 , 手話言語学 , 第二言語習得 , バイリンガリズム , 手話類型論 , 生成文法 , 言語獲得 , 統語論

研究分野

 
  • 言語学 / 言語学 / 手話言語学
  • 言語学 / 言語学 / 統語論
  • 言語学 / 言語学 / 言語獲得
  • 言語学 / 外国語教育 / 手話学習

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
関西学院大学 人間福祉学部「手話言語学専門」 非常勤講師
 
2015年8月
 - 
2015年8月
山口大学 人文学部「言語類型論特殊講義」(集中) 非常勤講師
 
2011年4月
 - 
2011年9月
首都大学東京  都市教養学部「表象言語の諸問題」 非常勤講師
 
2010年4月
 - 
2011年3月
青山学院大学 第二文学部 英米文学科「英語学演習」 非常勤講師
 
2006年9月
 - 
2009年3月
神田外語大学 大学院言語科学研究科「言語習得研究」 非常勤講師
 

学歴

 
1991年9月
 - 
1998年8月
University of Connecticut Linguistics (Ph.D.) 
 
1988年4月
 - 
1990年3月
筑波大学大学院 教育研究科 教科教育専攻英語教育コース (教育学修士)
 
1984年4月
 - 
1988年3月
京都外国語大学 外国語学部 英米語学科
 

委員歴

 
2017年3月
 - 
現在
Signed and Spoken Language Linguistics  Scientific Committee
 
2007年11月
   
 
日本英語学会  編集委員
 
2004年7月
   
 
言語科学会  運営委員
 
2000年
   
 
日本言語学会  会員
 
2000年
   
 
日本手話学会  会員
 

論文

 
矢野 羽衣子・松岡 和美
Sign Languge Studies   18(4) 640-665   2018年9月   [査読有り]
大学語学科目としての日本手話クラス:カリキュラム開発と授業運営
松岡 和美・數見陽子・小林信恵
慶應義塾大学言語文化研究所紀要   (49) 219-233   2018年3月
Interpretation of bound pronouns by learners of Japanese Sign Language
松岡 和美 ダイアン・リロマーティン
Studies in Chinese and Japanese Language Acquisition. In honor of Stephen Crain   107-126   2017年   [査読有り][招待有り]
Notes on Modals and Negation in Japanese Sign Language
松岡 和美・矢野羽衣子・赤堀仁美・岡典栄
Studies in Language Sciences: Journal of the Japanese Society for Language Sciences   15 1-20   2016年12月   [査読有り]
<U>内堀 朝子</U><U>松岡 和美</U>
Lingua   183 107-125   2016年6月   [査読有り]
Cross-linguistic influence at the syntax-pragmatics interface in Japanese/English bilingual first language acquisition
<U>森 聡美</U><U>松岡 和美</U><U>杉岡 洋子</U>
Studies in Language Sciences   14 59-82   2015年12月   [査読有り]
The polarity-sensitive intensifier mouth gestures in Japanese Sign Language
<U>松岡 和美・Jon Gajewski</U>
Journal of Japanese Linguistics   29 29-48   2013年   [査読有り]
Some observations on wh-clauses in Japanese Sign Language
<U>内堀 朝子・松岡 和美</U>
Journal of Japanese Linguistics   29 17-28   2013年   [査読有り]
ELANを用いた手話教材の開発
<U>南田政浩・松岡 和美・矢野羽衣子</U
手話学研究   20 39-44   2011年   [査読有り]
 日本手話における動詞補文の統語特性―直接引用文との相違点を中心に
<U>内堀朝子・松岡 和美・南田政浩・矢野羽衣子</U>
手話学研究   20 67-88   2011年   [査読有り]
「共通語としての言語理論」
<U>松岡 和美</U>
手話学研究   (18) 35-38   2009年
動詞上昇を用いたアメリカ手話構文の統合的分析
<U>松岡 和美</U>
手話学研究   17 69-83   2008年   [査読有り]
Subject-orientation of Focus Particles in Early Speech of Japanese Children
<U>松岡 和美・稲見 進之介</U>
An Enterprise in the Cognitive Science of Language: A Festschrift for Yukio Otsu   433-442   2008年3月
Case/ Focus Interaction in Young Children's Interpretation of dake (only) in Japanese
<U>松岡 和美</U>
言語研究   (132) 15-28   2007年   [査読有り]
「幼児の取り立て詞の解釈における主語指向パターン」
<U>松岡 和美</U>
溝越彰・小野塚裕視・藤本滋之・加賀信広・西原俊明・近藤真・浜崎通世編『英語と文法と 鈴木英一教授還暦記念論文集』   231-240   2007年3月
The Acquisition of Japanese Focus Particles: dake (only) and mo (also).
<U>松岡 和美</U>
A Supplement to the Proceedings of the 30th Boston University Conference on Language Development.      2006年4月   [査読有り]
Addressing the Syntax/ Semantics/ Pragmatics interface: The Acquisition of the Japanese Additive Particle mo
<U>松岡 和美</U>
The online supplement to the Proceedings of the 28th Boston University Conference on Language Development   1    2004年6月   [査読有り]
松岡 和美・ノッター デビッド
慶應義塾大学日吉紀要・英語英米文学   (44) 95-112   2004年3月   [査読有り]
語学クラスと概論クラスにおける授業補助ホームページの試み
<U>松岡 和美</U>
外国語教育研究センター(旧語学視聴覚教育研究室)紀要   (36) 1-24   2004年3月   [査読有り]
The Acquisition of the Japanese Particle ni
Kazumi Matsuoka
Issues in East Asian Language Acquisition (edited by Mineharu Nakayama)   129-145   2001年
日本語の助詞「に」は格助詞と後置詞の2つの役割を持っている。統語分析にもとづいて幼児の初期の「に」の獲得パターンを分析した。

Misc

 
愛媛県大島宮窪町の手話:アイランド・サイン
矢野 羽衣子・松岡 和美
科学   87(5) 415-417   2017年5月   [依頼有り]
矢野 羽衣子・松岡 和美
DISCUSS JAPAN   41    2017年   [依頼有り]
Review Article: Experimental Methods in Language Acquisition Research. ed. by Blom, Elma and Sharon Unsworth.
<U>松岡 和美</U>
English Linguistics   29(2) 557-566   2012年   [査読有り]
手話言語学への招待
<U>松岡 和美</U>
三色旗   (757) 20-30   2010年4月
書評:長谷川寿一・C・ラマール・伊藤たかね(編)『こころと言葉:進化と認知科学のアプローチ』
<U>松岡 和美</U>
『言語・情報・テクスト』   (16) 105-107   2009年

書籍等出版物

 
日本手話のしくみ練習帳
<U>松岡 和美</U>
大修館書店   2016年4月   
日本手話で学ぶ手話言語学の基礎
<U>松岡 和美</U>
くろしお出版   2015年10月   ISBN:978-4-87424-670-2
生成文法の軌跡と展望
<U>松岡 和美</U>
金星堂   2014年2月   
ろう者から見た「多文化共生」:もうひとつの言語的マイノリティ
<U>赤堀仁美・岡典栄・松岡 和美</U> (担当:共著, 範囲:118-140)
東京:ココ出版   2012年6月   
<U>松岡 和美</U> (担当:共著, 範囲:167-199)
世界思想社   2004年10月   ISBN:4-7907-1079-3

講演・口頭発表等

 
Modals and Negation in Japanese Sign Language: Investigating the Right Periphery
松岡 和美
Fifty Years of Linguistics at UConn   2018年9月8日   
Early Development of Handshapes of Japanese Sign Language: A Preliminary Study
松岡 和美・林雅臣
The 3rd International Conference on Sign Language Acquisition (ICSLA2018)   2018年6月27日   
愛媛県大島宮窪地区の村落手話(地域共有手話)における二種類のタイムライン
矢野 羽衣子・松岡 和美
第155回日本言語学会   2017年11月26日   
日本手話のright peripheryの考察: 否定とモダリティ [招待有り]
松岡 和美
日本英語学会第35回大会   2017年11月18日   
Sign Langauge Learners [招待有り]
松岡 和美
関西学院大学手話言語研究センター国際フォーラム   2017年7月2日   
Modal-negation interactions in Japanese Sign Language
松岡 和美・矢野 羽衣子・前川 和美
Formal and Experimental Advances in Sign language Theory (FEAST Reykjavik)   2017年6月22日   
日本手話のモダリティ表現にみられる証拠性 
松岡 和美・矢野羽衣子・前川和美
日本言語学会第153回大会   2016年12月3日   
Phonological Patterns of Kana-based signs in Japanese Sign Language
馬場 博史・松岡 和美
The 5th Meeting of Signed and Spoken Language Linguistics   2016年9月24日   
The acquisition of prosodic head nods by hearing L2 learners of Japanese Sign Language
下谷 奈津子・松岡 和美
Pacific Second Language Research Forum 2016 (PacSLRF2016)   2016年9月10日   
Classification of modal-like expressions in Japanese Sign Language: a preliminary study to investigate the cartography of the right periphery
松岡 和美
Formal and Experimental Advances in Sign language Theory” (FEAST Venice 2016.)   2016年9月1日   

担当経験のある科目

 
  • 手話言語学研究 (慶應義塾大学,関西学院大学,山口大学,東京大学)
  • 言語獲得研究 (慶應義塾大学, 青山学院大学,首都大学東京,筑波大学,神田外語大学)
  • 言語学概論科目 (慶應義塾大学)
  • 帰国生向け学術英語科目 (慶應義塾大学)
  • コンテンツ型学術英語科目 (慶應義塾大学)

所属学協会

 
日本英語学会 , 言語科学会 , 日本言語学会 , 日本手話学会 , 筑波英語教育学会

Works

 
手話言語学の潮流と日本手話
<U>松岡 和美</U>   その他   2013年12月
招待講演
手話言語学入門講座
<U>松岡 和美</U>   その他   2013年10月 - 2014年3月
手話による言語学講座(全6回)
<U>松岡 和美</U>   その他   2013年5月 - 2013年8月
手話言語学の現在(いま)
<U>松岡 和美</U>   その他   2013年5月
Grammaticized Mouth Gestures in Japanese Sign Language
<U>松岡 和美</U>   その他   2013年2月

競争的資金等の研究課題

 
「手話言語の文法における『非手指的要素』の意味的・統語的性質の研究」
日本学術振興会: 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 松岡 和美
「自然言語としての日本手話の統語分析:ネイティブサイナーの言語知識」
科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会) 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2008年4月 - 2010年3月
学生のボキャブラリー支援を目的とした自律学習ポータルサイトの構築
経済学部研究教育資金
研究期間: 2006年7月 - 2007年3月
「言語の発達・脳の成長・言語教育に関する統合的研究」(研究代表者・萩原裕子)バイリンガル発達研究班リーダー
「脳科学と教育」: 社会技術研究開発センター 公募型研究
研究期間: 2004年6月 - 2007年11月
焦点表現の獲得と統語・意味のインターフェイス
科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会) 基盤研究(B)(2)
研究期間: 2004年4月 - 2008年3月

社会貢献活動

 
みんなの手話
【取材協力, 助言・指導, 情報提供, 運営参加・支援, 調査担当, 寄稿】  NHK  2018年4月1日
日本手話の文法と表現
【講師】  神奈川県立平塚ろう学校  自立活動研修会  2016年12月21日
手話言語の性質とその発達
【講師】  札幌聾学校  専門性向上研修会  2016年7月25日
手話言語のふしぎ:文法的な性質とその発達
【講師】  北海道バイリンガルろう教育を推進する会  日本手話勉強会  2016年2月28日
手話科教育研究協議会 助言者
【助言・指導】  関東地区聾教育研究会   手話科教育研究協議会  2014年10月23日