日本の女性研究者

化学

研究者リスト >> 陳 競鳶
 

陳 競鳶

 
アバター
研究者氏名陳 競鳶
 
ツエン ジンイエン
通称等の別名JC
URLhttp://asura.apphy.fukui-u.ac.jp/chen/
所属福井大学
部署工学研究科 分子科学
職名准教授
学位修士(福井大学), 工学博士(福井大学)

プロフィール

私は生まれも育ちも中国福建省アモイ市です。ふるさとでは気候が温暖、一年中花が咲いているので、子供のころは地球上で最高の所だと思いました。高校一年の夏休み、汽車を乗って、一人旅に町を出ました。4千キロメートル近くの旅程ですか、初めて「天外有天(上には上がある)」を感じました。これ以降、見方が変わりました。
 自分の町を離れた時、人は自分を客観的に見る目が生まれます。それと同じく、新しい領域に入った時、自分の無知が分かり、問題の解決に乗り出す元気が出てきます。困っていても今の境遇の良い悪いに関係なく、せっかく与えられた人生だから、世で活躍できるよう、生きていきたいです。
 興味は、物質の境界面を通じての相互作用とその振る舞いです。「界面で何が起こるだろう?」が研究室の扉を開く第一歩です。 知的好奇心、やる気、行動力、協調性が大切です。

研究キーワード

 
物理化学 , 電気化学 , 分析化学

研究分野

 
  • 基礎化学 / 物理化学 / 
  • 基礎化学 / 無機化学 / 
  • 複合化学 / 分析化学 / 

経歴

 
1975年
 - 
1978年
 福建省廈門灌口人民公社, 社員
 
1982年
 - 
1990年
 アモイ電気化学会社(国営), エジニーア、技術開発部 部長
 
1996年
 - 
1998年
 前田工繊株式会社, 主任研究員
 
1998年
 - 
2000年
 金沢大学理学部, 講師
 
2000年
 - 
2001年
 ユタ大学 化学科, 訪問学者
 

学歴

 
 
 - 
1996年
福井大学 工学研究科 物質工学
 
 
 - 
1993年
福井大学 工学研究科 生物応用化学専攻
 
 
 - 
1991年
福井大学 工学部 生物応用化学
 
 
 - 
1982年
(天津軽工業学院)天津科技大学 工学部 化学工業
 

委員歴

 
2008年
   
 
一般会員 
 
2004年
   
 
一般会員 
 
2005年
   
 
a life member 
 
2001年
   
 
一般会員 
 
1993年
   
 
評議員 
 

受賞

 
1913年
An in phase component of double layer capacitance
 

論文

 
Jingyuan Chen, Xiangdong Zeng, Koichi Jeremiah Aoki, Toyohiko Nishiumi
IJC   7(2)    2015年7月   [査読有り]
Li W, Aoki K.J, Chen J, Nishiumi T.
Journal of Electroanalytical Chemistry   743 134-138   2015年   [査読有り]
Wang H, Aoki K.J, Chen J, Nishiumi T, Zeng X, Ma X.
Journal of Electroanalytical Chemistry   741 114-119   2015年   [査読有り]
Koichi Jeremiah Aoki, Jie Yu, Jingyuan Chen, Toyohiko Nishiumi
IJC   6(2)    2014年4月   [査読有り]
Zhao X, Aoki K.J, Chen J, Nishiumi T.
RSC Advances   4(108) 63171-63181   2014年   [査読有り]

Misc

 
西海豊彦, 青木幸一, 陳競鳶, 杉本龍亮
Rev Polarogr   60(3) 276   2014年10月
陳競鳶, 青木幸一, 西海豊彦
Rev Polarogr   60(3) 200   2014年10月
于潔, 青木幸一, 陳競鳶, 西海豊彦
Rev Polarogr   60(3) 260   2014年10月
陳競鳶, YU Jie, 青木幸一, 西海豊彦
Rev Polarogr   58(3) 172   2012年11月
青木幸一, 松浦崇志, 西海豊彦, 陳競鳶
Rev Polarogr   57(3) 245   2011年11月

講演・口頭発表等

 
ガラス封入ナノ電極の作製法
ポーラログラフ討論会   2009年   
Diffusion-controlled behavior of ferrocenyl derivative in viscous solutions
ISE   2009年   
Electrically conductive polyaniline-coated polystyrene latex particles
ISE   2009年   
Electrochemical properties of poly(styrene-acrylic acid) latex particle films
ISE   2009年   
Potential-dependent motion by the charged droplets at the water oil interface
ISE   2009年   

所属学協会

 
英国王立化学協会 , アメリカ化学会 , アメリカ電気分析化学学会 , 国際電気化学学会 , 日本ポーラログラフ学会 , 日本電気化学学会 , 電気化学会 , 日本化学学会

Works

 
三従四徳, 電気化学工業, DOI: 10.5796/electrochemistry.82.65,
芸術活動   2014年
電気化学ゼミナー
芸術活動   2014年
ラテックスを利用した電気二重層キャパシタの可逆性増大手法, 基盤研究(C)(一般)
2014年
ラテックス粒子の油水界面移動の技術を用いた巨大生体分子の界面反応の解析, 基盤研究(C)(一般)
2012年
6th Asian Conference on Electrochemistry in Taipei, Rev. Polarography,, http://dx.doi.org/10.5189/revpolarography.54.129
芸術活動   2008年

競争的資金等の研究課題

 
Electrochemical behavior at nanometer-sized ultramicroelectrode
ナノ電極によるナノメータ環境の電気化学分析
研究期間: 2000年   
Electrochemical analysis of nitric oxide in emulsion
研究期間: 2002年 - 2004年
エマルション模擬生体系における一酸化窒素の電気化学分析
研究期間: 2002年 - 2004年
Electrochemical analysis for the propertys of core-shell in fatty acid matel-nanoparticles
研究期間: 2003年   
電気化学分析による脂肪酸金属ナノ粒子のコアとシェルの特異性発現
研究期間: 2003年   
ラテックスを利用した電気二重層キャパシタの可逆性増大手法
科学研究費補助金
研究期間: 2014年 - 2017年
ラテックス粒子の油水界面移動の技術を用いた巨大生体分子の界面反応の解析
科学研究費補助金
研究期間: 2010年 - 2012年

特許

 
青木 幸一, 陳 競鳶, 西海 豊彦, 于 潔
西海 豊彦, 青木 幸一, 陳 競鳶, 跡部 真人, 錦 善則
青木 幸一, 陳 競鳶, 西海 豊彦, 石川 匠哉