日本の女性研究者

文化財科学

研究者リスト >> 常石 史子
 

常石 史子

 
アバター
研究者氏名常石 史子
 
ツネイシ フミコ
ハンドルfumiko_tsuneishi
所属Filmarchiv Austria
部署Technical Department
職名Head
学位修士(学術)(東京大学)

研究キーワード

 
表象文化論 , 映画史 , 映画技術 , メディア論 , 博物館学 , 文化財科学 , アーカイブ , デジタル・アーカイブ , カルチュラル・スタディーズ , 日本近現代史 , ドイツ語 , オーストリア

研究分野

 
  • 言語学 / 外国語教育 / ドイツ語
  • 地域研究 / 地域研究 / 
  • 史学 / 日本史 / 
  • 芸術学 / 美学・芸術諸学 / 
  • 文化財科学・博物館学 / 文化財科学・博物館学 / 

経歴

 
2014年1月
 - 
現在
フィルムアルヒーフ・オーストリア 技術部 部長
 
2006年4月
 - 
2013年12月
フィルムアルヒーフ・オーストリア デジタル復元部門 主任
 
2004年4月
 - 
2011年3月
群馬県立女子大学 文学部 非常勤講師
 
2002年4月
 - 
2011年3月
京都造形芸術大学 芸術学部 非常勤講師
 
2003年4月
 - 
2008年3月
明治学院大学 教養教育センター 非常勤講師
 

学歴

 
1998年4月
 - 
2000年3月
東京大学大学院 総合文化研究科 超域文化科学 博士課程 中途退学
 
1996年4月
 - 
1998年3月
東京大学大学院 総合文化研究科 超域文化科学 修士課程 修了
 
1992年4月
 - 
1996年3月
東京大学 法学部 私法コース 卒業
 

受賞

 
2004年5月
日本映画テレビ技術協会 小倉・佐伯賞 論文「デジタル復元、はじめの一歩 フィルムとデジタルをつなぐインターフェイス」
 

論文

 
"Digitizing 25,000 Films a Year. A Challenge of the Austrian Film Archive"
常石 史子
Program und Proceedings of The 1st International Conference on Advanced Imaging (ICAI 2015)   15-16   2015年6月   [招待有り]
無声映画時代のウィーンを行き交った人々
常石 史子
NFC ニューズレター   (117) 9-12   2014年10月
From a Wooden Box to Digital Film Restoration
常石 史子
Journal of Film Preservation   (85) 63-72   2011年11月   [査読有り]

Misc

 
"Benshi erzählt. Japanische Stummfilmtage"
常石 史子
filmheft   13(a) 44-54   2014年12月
常石 史子
ユリイカ(総特集 ジャン・ルノワール)(ジャン・ルノワール年譜(一九四一-一九五〇)アメリカ時代)   40(4) 234-239   2008年3月
常石 史子
ユリイカ(総特集 ジャン・ルノワール)(ジャン・ルノワール年譜(一九五一-一九六九)フランスに帰る)   40(4) 244-247   2008年3月
常石 史子, Fumiko Tsuneishi, 東京国立近代美術館フィルムセンター, National Film Center The National Museum of Modern Art Tokyo
日本色彩学会誌 = Journal of the Color Science Association of Japan   29(0) 142-143   2005年5月   [依頼有り]
常石 史子, 東京国立近代美術館フィルムセンター
日本色彩学会誌 = Journal of the Color Science Association of Japan   29(3) 242-243   2005年9月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
WORK/S IN PROGRESS. Digital Film Restoration within Archives
Ed. Kerstin Parth, Thomas Ballhausen and Oliver Hanley (担当:分担執筆, 範囲:"Pragmatic solutions for problematic sources")
Vienna: SYnEMA – Gesellschaft für Film und Medien   2013年9月   
『万作と草田男―「楽天」の絆』
常石 史子 (担当:分担執筆, 範囲:「万作映画のアクチュアリティ」)
久万美術館   2008年10月   
『映画と写真は都市をどう描いたか』
高橋世織編 (担当:分担執筆, 範囲:「1923年の“激震”」)
ウェッジ   2007年3月   
『成瀬巳喜男の世界へ』
蓮實重彦・山根貞男編 (担当:分担執筆, 範囲:「紗が降りる―成瀬巳喜男の中心」)
筑摩書房   2005年6月   
デジタルアーカイブ白書2005
常石 史子 (担当:分担執筆, 範囲:デジタルアーカイブ推進への三つの柱)
デジタルアーカイブ推進協議会   2005年3月   
デジタルアーカイブ白書2004
常石 史子 (担当:分担執筆, 範囲:デジタルアーカイブ推進への三つの柱)
デジタルアーカイブ推進協議会   2004年3月   
シンポジウム報告論集 関東大震災と記録映画 都市の死と再生
常石 史子 (担当:分担執筆, 範囲:震災映画発掘記)
東京大学大学院人文社会系研究科 21世紀COEプログラム「死生学」の構築   2004年3月   
BOOKLET08 黒沢清・誘惑するシネマ
藤崎康、橋本順一、常石史子 (担当:共著, 範囲:「黒沢清、平面論―『勝手にしやがれ!!』から『回路』まで」「黒沢清フィルモグラフィー」「偶然と必然の戯れ : 黒沢清シンポジウム採録」)
慶應義塾大学アート・センター   2001年3月   
毎日ムック シリーズ 20世紀の記憶 1989年―社会主義の終焉 オタクの時代
常石 史子 (担当:分担執筆, 範囲:見守り、真似て、繰り返す―北野武のカメラの視線)
毎日新聞社   2000年11月   
毎日ムック シリーズ 20世紀の記憶 1957-1960
常石 史子 (担当:分担執筆, 範囲:ヌーヴェル・ヴァーグ―寄せては返す批評家と作家)
毎日新聞社   2000年9月   
キネ旬ムック フィルムメーカーズ[12] ジョン・ウー
常石 史子 (担当:分担執筆, 範囲:頭の中の銃弾―『ワイルド・ブリット』)
キネマ旬報社   2000年9月   
キネ旬ムック フィルムメーカーズ[11] ヴィム・ヴェンダース
常石 史子 (担当:分担執筆, 範囲:まどろみのロード・ムーヴィー:『都会のアリス』)
キネマ旬報社   2000年6月   
小林康夫・松浦寿輝編 (担当:分担執筆, 範囲:「盲者の視線」)
東京大学出版会   2000年4月   ISBN:4130141147
SNOOZER増刊 公式 御法度読本
常石 史子 (担当:分担執筆, 範囲:大島渚『飼育』―安保闘争の残り火)
リトルモア   1999年12月   
キネ旬ムック フィルムメーカーズ[6] 宮崎駿
常石 史子 (担当:分担執筆, 範囲:天空ののこされ島―『天空の城ラピュタ』)
キネマ旬報社   1999年3月   

講演・口頭発表等

 
Mass Digitization and Hand-Made Restorations [招待有り]
常石 史子
ARRI Archive Workshop   2016年6月   
"Digitizing 25,000 Films a Year. A Challenge of the Austrian Film Archive" [招待有り]
常石 史子
The 1st International Conference on Advanced Imaging (ICAI 2015)   2015年6月   
Colour of Japanese Cinema [招待有り]
常石 史子
Il Cinema Ritrovato   2015年6月   
Digital Restoration of "Varieté" [招待有り]
常石 史子
Il Cinema Ritrovato   2015年6月   
Colours Emerging through Pixels. Varieté and More
常石 史子
The Colour Fantastic!, EYE Film Museum   2015年3月   

担当経験のある科目

 
  • 公開講座「芸術の現場から」 (群馬県立女子大学文学部)
  • 表象文化論 (明治学院大学教養教育センター)
  • 文化研究(映画・演劇) (京都造形芸術大学芸術学部)

所属学協会

 
表象文化論学会

競争的資金等の研究課題

 
海外に残存する戦前の日本映画に関する調査研究
科研費 基盤研究(B): 
研究期間: 2000年4月 - 2001年3月    代表者: 大場 正敏