日本の女性研究者

Humanities

Researcher List >> Nobuko Hasegawa
 

Nobuko Hasegawa

 
Avatar
NameNobuko Hasegawa
AffiliationKanda University of International Studies
SectionGraduate School of Language Sciences, Div. of English Linguistics and Pedagogy
Job titleProfessor of Linguistics,Director of the Center for Language Sciences
Degree言語学博士(Ph.D.)(ワシントン大学 University of Washington (アメリカ合衆国)), 修士(MA in TESL)(北アリゾナ大学、Northern Arizona University(アメリカ合衆国)), 学士(早稲田大学)
Other Affiliation神田外語大学、児童英語教育研究センター, 神田外語大学、外国語能力開発センター

研究キーワード

 
日英対照言語学 , English Linguistics , Japanese Linguistics , Synax , Theoretical Linguistics , English in Elementary Schools in Japan , Teaching English to Young Learners , TESL

研究分野

 
  • Humanities & social sciences / English linguistics / 
  • Humanities & social sciences / Japanese linguistics / 
  • Humanities & social sciences / Linguistics / 

経歴

 
Apr 2012
 - 
Today
Director, Kanda University of International Studies, Center for Foreign Language Proficiency
 
Apr 2008
 - 
Today
Advisor, Kanda University of International Studies, Center for Teaching English to Children
 
1995
 - 
Today
Graduate School of Language Sciences, Kanda University of International Studies
 
Apr 2001
 - 
Mar 2012
Director, Kanda University of International Studies, Center for Language Sciences
 
Apr 2008
 - 
Mar 2010
Chair, Kanda University of International Studies, Graduate School of Langauge Sciences
 

学歴

 
 
 - 
1981
Department of Linguistics, University of Washington
 
 
   
 
Waseda University
 

委員歴

 
2009
 - 
Today
日本言語学会  評議員
 
2009
 - 
Today
日本英語学会  理事
 
2005
 - 
Today
日本英語学会  評議員
 
Apr 2012
 - 
Mar 2013
(独)日本学術振興会  科学研究費委員会専門委員
 
Apr 2009
 - 
Mar 2012
日本言語学会  選挙管理委員
 

論文

 
長谷川 信子
藤田耕司・西村義樹(編)『日英対照 文法と語彙への統合的アプローチ-生成文法・認知言語学と日本語学̶』開拓社   2-26   2016   [Refereed][Invited]
長谷川 信子
藤田耕司・西村義樹(編)『日英対照 文法と語彙への統合的アプローチ-生成文法・認知言語学と日本語学̶』 開拓社   372-379   2016   [Refereed][Invited]
長谷川 信子
『日本語/日本語教育研究』   (6) 1-16   Jun 2015   [Refereed][Invited]
長谷川 信子
庵功雄・佐藤琢三・中俣尚己(編)『日本語文法研究のフロンティア』 くろしお出版   83-106   2015   [Refereed][Invited]
長谷川 信子
長谷川信子(編)『日本の英語教育の今、そして、これから』開拓社   2-25   2015   [Invited]

書籍等出版物

 
長谷川 信子 (Part:編集, はじめに、第1章)
開拓社   Mar 2015   
長谷川 信子 (Part:編集, 編著書(はじめに、序に変えて、第4章の執筆))
開拓社   Nov 2011   
長谷川 信子 (Part:編集, 編者(はしがき、序章、第1章の執筆))
開拓社   Nov 2010   
長谷川 信子 (Part:編集, 編著 (はしがき、序章、第9章の執筆))
ひつじ書房   Dec 2007   
大修館書店   1999   

講演・口頭発表等

 
HASEGAWA Nobuko
Formal Approaches to Japanese Linguistics (FAJL) 6, Humboldt University, Berlin.   27 Sep 2012   
長谷川 信子
群馬県立女子大学 公開講座『日本のことばと文化』   30 Jun 2012   
HASEGAWA, Nobuko
2012年度春期特別講座 東京理論研究所   14 Apr 2012   
HASEGAWA, Nobuko
Department of Asian Languages, USC   29 Feb 2012   
HASEGAWA, Nobuko
Department of Linguistics, UCLA   28 Feb 2012   

所属学協会

 
THE SOCIETY OF JAPANESE GRAMMAR , Linguistic Society of America , 日本英文学会 , 日本英語学会 , 日本言語学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
Project Year: Apr 2011 - Mar 2014
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
Project Year: Apr 2009 - Mar 2012
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
Project Year: Apr 2008 - Mar 2011
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
Project Year: Apr 2007 - Mar 2010
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
Project Year: Apr 2007 - Mar 2010

その他

 
Jan 2014   英語神話からの解放を:コミュニケーションを越えた言語として
論点:次期教育課程改訂に向けて―重要ポイントの課題と展望2「英語教育の改革」『教育新聞』2014年1月30日刊第3面への寄稿記事.
2011   2011年4月~2014年3月 日本学術振興会 科学研究費補助金 基盤研究(基盤研究(B);課題番号:23320089)『述語の意味と叙述タイプに関する統語論からの考察:機能範疇統語論の構築を目指して』(研究代表者:長谷川信子)
2011   長谷川信子(2011)「私が薦めるこの1冊-久野暲『日本文法研究』」『日本語学』4月号. pp. 66-74. 明治書院.
2011   長谷川信子(2011)「英語の歴史――ハイブリッドから世界共通語へ」石井米雄『語源の楽しみ』pp. 145-151.めこん.
Sep 2010   2010. 9. 11-12 The International Workshop on "the Interface between Syntax and Pragmatics/Semantics", 共催:神田外語大学言語科学研究センター/慶応大学COE、於:神田外語学院.(企画、運営、発表)