日本の女性研究者

ジェンダー

研究者リスト >> 松原 洋子
 

松原 洋子

 
アバター
研究者氏名松原 洋子
 
マツバラ ヨウコ
URLhttp://www.r-gscefs.jp/
所属立命館大学
部署先端総合学術研究科
職名教授
学位理学士(筑波大学), 理学修士(東京大学), 博士(学術)(お茶の水女子大学)
その他の所属立命館大学, 立命館大学

研究キーワード

 
科学史、生命倫理、科学技術社会論、アシスティブ・テクノロジー、サイボーグ医療倫理、優生学

研究分野

 
  • 科学社会学・科学技術史 / 科学社会学・科学技術史 / 
  • ジェンダー / ジェンダー / 

経歴

 
1998年4月
 - 
2001年3月
お茶の水女子大学大学院人間文化研究科助手(1998年4月~2001年3月)
 
2001年4月
 - 
2002年3月
三菱化学生命科学研究所社会生命科学研究室特別研究員
 
2002年4月
 - 
2003年3月
立命館大学産業社会学部教授(2002年4月~)
 
2003年4月
   
 
立命館大学大学院・先端総合学術研究科教授
 
2012年4月
 - 
2015年3月
立命館大学大学院先端総合学術研究科研究科長
 

学歴

 
 
 - 
1987年3月
東京大学大学院 理学系研究科 科学史・科学基礎論専門課程
 
 
 - 
1998年3月
お茶の水女子大学大学院 人間文化研究科 人間発達学専攻
 
 
 - 
1981年3月
筑波大学 第二学類 生物学類
 

委員歴

 
2014年10月
 - 
2017年9月
第23期連携会員 
 
2014年10月
   
 
常任理事 
 
2014年12月
   
 
企画委員長 
 
2015年1月
   
 
編集委員会委員 
 
2011年10月
 - 
2014年9月
第22期連携会員 
 

受賞

 
2015年10月
日本学術振興会 科研費審査員表彰
 

論文

 
「大学図書館のアクセシビリティ−−テキストデータ提供サービスを中心に」
松原洋子
『図書館界』   68(2) 96-101   2016年7月
まえがき
松原洋子
利光惠子(著)、松原洋子(監修)『日本における女性障害者への強制的な不妊手術』、立命館大学生存学研究センター   3-4   2016年3月
「書評 湯浅俊彦編著『デジタル環境下における出版ビジネスと図書館—ドキュメント『立命館大学文学部湯浅ゼミ』』
松原洋子
国際公共経済研究   (25) 260-261   2015年9月
障害者差別解消法の高等教育機関における障害学生支援への影響
松原洋子
大学図書館問題研究会誌   (39) 3-10,25-31   2015年3月
アクセシブルな電子図書館と読書困難な学生の支援—日本における大学図書館サービスの課題と展望
松原洋子
立命館人間科学研究   (31) 65-73   2015年2月

Misc

 
「大学図書館における障害者サービス」
松原洋子
『図書館雑誌』   110(7) 414-415   2016年7月

書籍等出版物

 
「生存をめぐる科学・技術」、立命館大学生存学研究センター編『生存学の企み−−障老病異と共に暮らす世界へ』
生活書院   2016年3月   ISBN:978-4-8650-0-052-8
「優生学」(翻訳)『スクリブナー思想史大事典』第9巻
野家啓一(翻訳編集委員長)
丸善出版   2016年1月   ISBN:978-4-621-08961-3
国民優生法
吉川弘文館   2015年10月   ISBN:978-4-6420-1473-1
妊産婦手帳
����田裕ほか編『アジア・太平洋戦争辞典』
吉川弘文館   2015年10月   ISBN:978-4-6420-1473-1
「優生学」、玉井真理子・松田純責任編集『シリーズ生命倫理学11 遺伝子と医療』
丸善出版   2013年4月   

講演・口頭発表等

 
人文社会科学系の研究倫理——イントロダクション
第27回日本生命倫理学会年次大会   2016年11月29日   
生殖の自己決定と優生学史の脱歴史化—科学史と生命倫理の関係の検討
コロキウム   2016年9月24日   
電子図書館のアクセシビリティ向上の取り組み――兵庫県三田市立図書館の実証実験を中心に
公開シンポジウム「電子書籍の出版・流通と図書館の課題——読書アクセシビリティを中心に」   2016年3月2日   
大学図書館のアクセシビリティーテキストデータ提供サービスを中心に
日本図書館研究会第57回(2015年度)研究大会シンポジウム「障害者差別解消法の施行と図書館」   2016年2月22日   
対人支援における大学と社会実践の連携 ─過去・現在・未来
対人支援における大学と社会実践の連携 ―これまでとこれから―   2015年11月21日   

担当経験のある科目

 
  • アカデミックライティングⅣ (立命館大学)
  • プロジェクト演習 (立命館大学)
  • プロジェクト予備演習Ⅲ (立命館大学)
  • 応用講読演習Ⅳ (立命館大学)
  • 生命論Ⅰ (立命館大学)

所属学協会

 
日本科学史学会 , 日本科学史学会生物学史分科会 , 日本生命倫理学会 , 科学技術社会論学会 , 日本保健医療社会学会 , 日本医史学会 , 日本精神医学史学会 , 科学社会学会 , 国際公共経済学会

Works

 
優生思想の歴史と現在
その他   2016年10月 - 2016年10月
変革のリーダーシップ:ダイバーシティから生まれるイノベーション(モデレーター)
その他   2016年10月 - 2016年10月
Support for Students with Print Disabilities at Ritsumeikan University
その他   2016年2月 - 2016年2月
大学図書館の障害者サービス——テキストデータの提供を中心に
その他   2015年11月 - 2015年11月
大学図書館におけるプリント・ディスアビリティのある利用者の支援
その他   2015年11月 - 2015年11月

競争的資金等の研究課題

 
大学におけるバリアフリー書籍の確保と活用に関する研究
立命館大学研究推進プログラム「基盤研究」
研究期間: 2010年 - 2010年
「神経難病患者のコミュニケーション支援に関する工科系サービスラーニングプログラムの開発」
電気通信普及財団研究調査助成
研究期間: 2008年 - 2008年