日本の女性研究者

ジェンダー

研究者リスト >> 阪本 久美子
 

阪本 久美子

 
アバター
研究者氏名阪本 久美子
 
サカモト クミコ
eメールkhsbrs.nihon-u.ac.jp
所属日本大学
部署生物資源科学部一般教養
職名教授
学位博士号(英国バーミンガム大学大学院), 修士号(立教大学), 修士号(英国エセックス大学大学院)
科研費研究者番号50319240

研究キーワード

 
Shakespeare , Early Modern , Comparative Drama , シェイクスピアの道化 , 異性装 , ジェンダー , feminist science fiction

研究分野

 
  • 文学 / ヨーロッパ文学 / ヨーロッパ語系文学
  • ジェンダー / ジェンダー / ジェンダー

経歴

 
1999年4月
 - 
2002年3月
名古屋商科大学外国語学部英語コミュニケーション学科専任講師
 
2002年4月
   
 
日本大学生物資源科学部一般教養助教授
 
2009年4月
 - 
2010年3月
オックスフォード大学英文学部客員研究員
 

学歴

 
 
 - 
1997年
バーミンガム大学シェイクスピア研究所 大学院 文学研究科 英文学
 
 
   
 
青山学院大学 文学部 英米文学科
 

論文

 
'Playing the male' or 'playing the female': Cross-gender Shakespeare in Japan and the UK
Kumiko Hilberdink-Sakamoto
Shakespeare at Play: ANZSA 2018 Conference   19-20   2018年2月
Learの道化のアフターライフ:Antony Sherおよびそれ以降の道化の表象
人間科学研究   11 1-20   2014年3月   [査読有り]
Reconsidering ‘Doubling’: the case of Globe on Tour’s Comedy of Errors (2009-2011)
The Journal of Arts and Humanities (JAH)   2(6) 105-115   2013年   [査読有り]
The Tragedy of Cressida, or In Search of Cressida's Cressida
人間科学研究   (10) 1-10   2013年3月   [査読有り]
Jonathan Munby's Romeo and Juliet and Olivier Py's Romeo et Juliette (unbridged version)
Shakespeare Studies   (50) 50-52   2013年3月   [査読有り]

Misc

 
「ドンマー・トリロジー」の社会的意義-現代イギリスにおけるシェイクスピア劇のオールフィメイル上演-
演劇学論集   64 40-40   2017年5月   [査読有り]
Mariko Ichikawa, The Shakespearean Stage Space, Cambridge: Cambridge University Press, 2011. Pp. xiii + 221.
Kumiko Hilberdink-Sakamoto
Shakespeare Studies   52 21-22   2015年3月   [査読有り][依頼有り]
The 'Errors' of the Errors: doubling, confusion and theatricality
Shakespeare News   50(2) 15   2011年1月   [査読有り]

書籍等出版物

 
日本のシェイクスピア上演研究の現在
風媒社   2010年4月   
Shakespeare in Asia: contemporary performance
ケンブリッジ大学出版局   2010年1月   
Shakespeare without English: the reception of Shakespeare in non-anglophone countries
Sukanta Chaudhuri, Chee Seng Lim (担当:共著, 範囲:67-85)
Pearson Longman   2006年1月   
『「ゴルディオスの絆」:結婚のディスコースとイギリス・ルネサンス演劇』
原英一、楠明子 (担当:共著, 範囲:pp125-59)
松柏社   2002年   
『変容する悲劇―英米文学からのアプローチ』
川崎淳ノ助 (担当:共著, 範囲:pp.213-42)
松柏社   1993年   

講演・口頭発表等

 
'Playing the male' in all-female Shakespeare productions: the Donmar Shakespeare Trilogy and Takarazuka's Romeo and Juliet
Kumiko Hilberdink-Sakamoto
ANZSA 2018 Conference, University of Melbourne, Australia   2018年2月8日   ANZSA (Australian and New Zealand Shakespeare Association)
「ドンマー・トリロジー」の社会的意義―現代イギリスにおけるシェイクスピア劇のオールフィメイル上演
日本演劇学会2016年研究集会「シェイクスピア ローカル・グローバル」   2016年12月4日   
Unproblematising the Problematic?: two all-male productions of The Taming of the Shrew in Japan
the 10th World Shakespeare Congress   2016年8月5日   he International Shakespeare Association, Royal Shakespeare Company, Shakespeare Birthplace Trust, Shakespeare's Globe, King's College London, the Shakespeare Institute
シェイクスピアの「異性配役」を再考する
第52回シェイクスピア学会   2013年10月6日   日本シェイクスピア協会
The Male Body and the Female Body in Takarazuka's Romeo and Juliet
Shakespeare and Japan (BSA)   2013年2月26日   British Shakespeare Association

所属学協会

 
日本英文学会 , 日本シェイクスピア協会 , 国際文化表現学会 , 17世紀英文学会 , 西洋比較演劇研究会 , International Shakespeare Association

競争的資金等の研究課題

 
シェイクスピアの異性装上演における観客:異性配役の「笑い」と「魅力」
研究期間: 2014年4月   

その他

 
2015年10月
オールメイルによるシェイクスピアの『ヴェローナの二紳士』上演(蜷川幸雄演出、彩の国さいたま芸術劇場)における観客調査(アンケート調査)の実施
2015年2月
オールメイル劇団スタジオライフによる、シェイクスピアの『夏の夜の夢』に関する観客調査(観客アンケート調査)の実施
2014年12月
宝塚歌劇団による『ミュージカル ロミオとジュリエット』の映像視聴による観客調査(アンケート調査)の実施