日本の女性研究者

情報学

研究者リスト >> 木村 朝子
 

木村 朝子

 
アバター
研究者氏名木村 朝子
 
キムラ アサコ
URLhttp://www.rm.is.ritsumei.ac.jp/
所属立命館大学
部署情報理工学部情報理工学科
職名教授
学位博士(工学)(大阪大学)
その他の所属立命館大学, 立命館大学

研究キーワード

 
実世界指向インタフェース、対話デバイス、マルチモーダルインタフェース、複合現実感、遠隔指示、プロジェクション、ヒューマンインタフェース、触覚、道具型インタフェース、タンジブル、感性、創発、インタラクション

研究分野

 
  • 情報学 / 図書館情報学・人文社会情報学 / 

経歴

 
2000年5月
 - 
2003年3月
大阪大学大学院基礎工学研究科・助手
 
2001年8月
 - 
2002年3月
Mayo Clinic, Biomedical Imaging Resource Laboratory (Rochester, MN, USA)・Special Project Associate [国外]
 
2003年4月
 - 
2004年3月
立命館大学理工学部情報学科・助教授
 
2004年4月
 - 
2007年3月
立命館大学情報理工学部メディア情報学科・助教授
 
2006年10月
 - 
2010年3月
科学技術振興機構・さきがけ研究員
 

学歴

 
 
 - 
1996年
大阪大学 基礎工学部 システム工学科
 
 
 - 
2000年
大阪大学大学院 基礎工学研究科 システム人間系
 

委員歴

 
2006年
 - 
2009年
ヒューマンインタフェース学会理事
 
2006年
 - 
2009年
ヒューマンインタフェース学会理事
 
2002年
   
 
ヒューマンインタフェース学会 電子広報委員
 
2008年
   
 
日本バーチャルリアリティ学会 会誌委員
 
2008年
   
 
日本バーチャルリアリティ学会 論文委員
 

受賞

 
2016年4月
Asia-Pasific Workshop on Mixed Reality (APMR 2016) APMR2016 Best Presentation Award
 
2015年10月
複合現実感研究会 第42回複合現実感研究会 SIG-MR賞
 
2015年9月
14th Int. Symp. on Mixed and Augmented Reality (ISMAR 2015) ISMAR2015 Best Demo Award
 
2015年4月
mappingThe 8th Korea-Japan Workshop on Mixed Reality KJMR2015 Best Presentation Award
 
2014年4月
KJMR KJMR2014 Best Presentation Award
 

論文

 
リニアベクション現象を高める広視野空間での周辺視刺激の活用とその効果
小西 晃広,橋口 哲志,木村 朝子,柴田 史久,田村 秀行
電子情報通信学会論文誌   J100-D(2) 162 - 170   2017年2月
R-V Dynamics Illusion:実物体と仮想物体の異なる運動状態が重さ知覚に与える影響
橋口哲志,片岡佑太,柴田史久,木村朝子
日本バーチャルリアリティ学会論文誌   21(4) 635 - 644   2016年12月
Randomly distributed small chip makers
Sei Ikeda, Anh Nguyen Trung, Takumi Komae, Fumihisa Shibata, and Asako Kimura
Proc. 15th Int. Symp. on Mixed and Augmented Reality (ISMAR 2016)   258 - 259   2016年9月
複合現実型視覚刺激が温冷覚の知覚位置・知覚幅に与える影響
橋口哲志,柴田史久,木村朝子
日本バーチャルリアリティ学会論文誌   21(3) 503 - 511   2016年9月
隠消現実感技術を用いた映画制作支援システムの開発と運用
李金霞,斉藤純哉,森尚平,池田聖,柴田史久,木村朝子,田村秀行
日本バーチャルリアリティ学会論文誌   21(3) 451 - 462   2016年9月

Misc

 
全天周型視聴覚併用複合現実空間X-Media Galaxy
田村秀行,木村朝子
映像情報メディア学会誌   69(7) 665 - 670   2015年7月
研究室紹介「立命館大学 情報理工学部メディア情報学科/理工学研究科情報理工学専攻 リアリティメディア研究室」
田村秀行,木村朝子
日本バーチャルリアリティ学会誌   14(4) 62 - 63   2009年12月
複合現実空間との新しいマルチモーダル・インタフェース
木村朝子,田村秀行
画像ラボ   20(4) 17 - 22   2009年4月
ヒューマンインタフェースシンポジウム優秀プレゼンテーション賞受賞者 研究のその後「ToolDeviceのその後」
木村朝子
ヒューマンインタフェース学会誌   10(2) 5 - 6   2008年
VRの未来を語る
安藤 真,稲見 昌彦,木村 朝子,清川 清,谷川 智洋,長谷川 晶一,廣瀬 通孝
日本バーチャルリアリティ学会誌   11(3) 158 - 177   2006年9月

講演・口頭発表等

 
仮想物体表面上での円滑な描画を可能にする視覚的補助の検討
2017年電子情報通信学会総合大会講演論文集   2017年3月23日   
Analysis of R-V Dynamics Illusion Behavior Caused by Varying the Weight of Real Object
Proc. IEEE symposium on 3D user interfaces   2017年3月18日   
車載カメラ利用に適した映像通信フレームワーク -仮想視点移動映像による渋滞情報提示への応用-
第79回情報処理学会全国大会講演論文集   2017年3月17日   
実時間観測の援用により移動物体への拡張を可能にした隠消現実感の実現
第79回情報処理学会全国大会講演論文集   2017年3月17日   
隠消現実感手法の客観評価のための共通データセットの開発
第79回情報処理学会全国大会講演論文集   2017年3月17日   

担当経験のある科目

 
  • ヒューマンインタフェースC (立命館大学)
  • ヒューマンインタフェース特論 (立命館大学)
  • プログラミング演習2 (立命館大学)
  • メディアプロジェクト演習1 (立命館大学)
  • メディアプロジェクト演習2 (立命館大学)

所属学協会

 
ヒューマンインターフェース学会 , 日本バーチャルリアリティー学会 , ACM , IEEE , 情報処理学会 , 電子情報通信学会

競争的資金等の研究課題

 
空間型メディア作品を強化する7つ道具型対話デバイス
さきがけ(戦略的創造研究推進事業)
研究期間: 2006年 - 2010年
映画制作を支援する複合現実型可視化技術
CREST(戦略的創造研究推進事業)
研究期間: 2005年 - 2010年
広視野電子作業空間の知的インタフェースに関する研究
大川情報通信基金
研究期間: 2005年 - 2006年
ネットワークコンテンツのための実世界指向インタフェースに関する研究
国際コミュニケーション研究奨励
研究期間: 2004年 - 2006年
文化遺産を核とした歴史都市の防災研究拠点
21世紀COE
研究期間: 2003年 - 2008年

特許

 
2010-020526 : 操作システム
2009-020614 : 複合現実感システムに用いるマーカユニット、複合現実感システム、マーカユニット作成支援システム、及び、マーカユニット作成支援プログラム
2008-065675 : 複合現実感システムとそのイベント入力方法及びヘッドマウントディスプレイ