日本の女性研究者

情報学

研究者リスト >> 木村 朝子
 

木村 朝子

 
アバター
研究者氏名木村 朝子
 
キムラ アサコ
URLhttp://www.rm.is.ritsumei.ac.jp/
所属立命館大学
部署情報理工学部情報理工学科
職名教授
学位博士(工学)(大阪大学)
その他の所属立命館大学, 立命館大学

研究キーワード

 
実世界指向インタフェース、対話デバイス、マルチモーダルインタフェース、複合現実感、遠隔指示、プロジェクション、ヒューマンインタフェース、触覚、道具型インタフェース、タンジブル、感性、創発、インタラクション

研究分野

 
  • 情報学 / 図書館情報学・人文社会情報学 / 

経歴

 
2000年5月
 - 
2003年3月
大阪大学大学院基礎工学研究科・助手
 
2001年8月
 - 
2002年3月
Mayo Clinic, Biomedical Imaging Resource Laboratory (Rochester, MN, USA)・Special Project Associate [国外]
 
2003年4月
 - 
2004年3月
立命館大学理工学部情報学科・助教授
 
2004年4月
 - 
2007年3月
立命館大学情報理工学部メディア情報学科・助教授
 
2006年10月
 - 
2010年3月
科学技術振興機構・さきがけ研究員
 

学歴

 
 
 - 
1996年
大阪大学 基礎工学部 システム工学科
 
 
 - 
2000年
大阪大学大学院 基礎工学研究科 システム人間系
 

委員歴

 
2006年
 - 
2009年
ヒューマンインタフェース学会理事
 
2006年
 - 
2009年
ヒューマンインタフェース学会理事
 
2002年
   
 
ヒューマンインタフェース学会 電子広報委員
 
2008年
   
 
日本バーチャルリアリティ学会 会誌委員
 
2008年
   
 
日本バーチャルリアリティ学会 論文委員
 

受賞

 
2016年4月
Asia-Pasific Workshop on Mixed Reality (APMR 2016) APMR2016 Best Presentation Award
 
2015年10月
複合現実感研究会 第42回複合現実感研究会 SIG-MR賞
 
2015年9月
14th Int. Symp. on Mixed and Augmented Reality (ISMAR 2015) ISMAR2015 Best Demo Award
 
2015年4月
mappingThe 8th Korea-Japan Workshop on Mixed Reality KJMR2015 Best Presentation Award
 
2014年4月
KJMR KJMR2014 Best Presentation Award
 

論文

 
Influence on weight sensation caused by visual diminishing of real objects
Miho Tanaka, Ayushi Misra, Kana Oshima, Satoshi Hashiguchi, Shohei Mori, Fumihisa Shibata, Asako Kimura, and Hideyuki Tamura
Proc. Asia Pacific Workshop on Mixed and Augmented Reality (APMAR 2017)      2017年7月
Empowering a POB-diminished reality method to handle rigid moving objects with real-time observation
Masaru Horita, Daiki Sakauchi, Shohei Mori, Sei Ikeda, Fumihisa Shibata, Asako Kimura, and Hideyuki Tamura
Proc. Asia Pacific Workshop on Mixed and Augmented Reality (APMAR 2017)      2017年7月
Empowering a POB-diminished reality method to handle rigid moving objects with real-time observation
Masaru Horita, Daiki Sakauchi, Shohei Mori, Sei Ikeda, Fumihisa Shibata, Asako Kimura, and Hideyuki Tamura
Proc. Asia Pacific Workshop on Mixed and Augmented Reality (APMAR 2017)      2017年7月
Mai Otsuki, Kenji Sugihara, Azusa Toda, Fumihisa Shibata, and Asako Kimura
Journal of Virtual Reality, Springer      2017年6月
隠消現実感体験時の両眼視野不整合に関する考察
森尚平,池田聖,松木ひとみ,松永知典,柴田史久,木村朝子,田村秀行
日本バーチャルリアリティ学会論文誌   22(2) 251 - 258   2017年6月

Misc

 
全天周型視聴覚併用複合現実空間X-Media Galaxy
田村秀行,木村朝子
映像情報メディア学会誌   69(7) 665 - 670   2015年7月
研究室紹介「立命館大学 情報理工学部メディア情報学科/理工学研究科情報理工学専攻 リアリティメディア研究室」
田村秀行,木村朝子
日本バーチャルリアリティ学会誌   14(4) 62 - 63   2009年12月
複合現実空間との新しいマルチモーダル・インタフェース
木村朝子,田村秀行
画像ラボ   20(4) 17 - 22   2009年4月
ヒューマンインタフェースシンポジウム優秀プレゼンテーション賞受賞者 研究のその後「ToolDeviceのその後」
木村朝子
ヒューマンインタフェース学会誌   10(2) 5 - 6   2008年
VRの未来を語る
安藤 真,稲見 昌彦,木村 朝子,清川 清,谷川 智洋,長谷川 晶一,廣瀬 通孝
日本バーチャルリアリティ学会誌   11(3) 158 - 177   2006年9月

講演・口頭発表等

 
Casting Virtual Shadows Based on Brightness Induction for Optical See-Through Displays
the 25th IEEE Conference on Virtual Reality and 3D User Interfaces (IEEE VR 2018)   2018年3月20日   
多層透視型映像体験システムの再設計とユーザインタフェースの検討
情報処理学会第80回全国大会   2018年3月14日   
複合現実型電子彫刻システムにおける振動を用いた触感提示法の実現
情報処理学会第80回全国大会   2018年3月13日   
没入型映像空間における傾き知覚の分析 (3) -身体の傾きが与える影響ついて-
情報処理学会第80回全国大会   2018年3月13日   
触覚の仮現運動における移動方向逆転現象の観察と分析
日本バーチャルリアリティ学会力触覚の提示と計算研究会, Vol. 22, No. HDC19   2018年3月13日   

担当経験のある科目

 
  • メディアプロジェクト演習1 (立命館大学)
  • メディアプロジェクト演習2 (立命館大学)
  • 情報理工学特殊研究1 (立命館大学)
  • 情報理工学特殊研究2 (立命館大学)
  • 情報理工学特殊研究3 (立命館大学)

所属学協会

 
ヒューマンインターフェース学会 , 日本バーチャルリアリティー学会 , ACM , IEEE , 情報処理学会 , 電子情報通信学会

競争的資金等の研究課題

 
空間型メディア作品を強化する7つ道具型対話デバイス
さきがけ(戦略的創造研究推進事業)
研究期間: 2006年 - 2010年
映画制作を支援する複合現実型可視化技術
CREST(戦略的創造研究推進事業)
研究期間: 2005年 - 2010年
広視野電子作業空間の知的インタフェースに関する研究
大川情報通信基金
研究期間: 2005年 - 2006年
ネットワークコンテンツのための実世界指向インタフェースに関する研究
国際コミュニケーション研究奨励
研究期間: 2004年 - 2006年
文化遺産を核とした歴史都市の防災研究拠点
21世紀COE
研究期間: 2003年 - 2008年

特許

 
2010-020526 : 操作システム
2009-020614 : 複合現実感システムに用いるマーカユニット、複合現実感システム、マーカユニット作成支援システム、及び、マーカユニット作成支援プログラム
2008-065675 : 複合現実感システムとそのイベント入力方法及びヘッドマウントディスプレイ