日本の女性研究者

農学

研究者リスト >> 高橋 恭子
 

高橋 恭子

 
アバター
研究者氏名高橋 恭子
 
タカハシ キョウコ
所属日本大学
部署生物資源科学部応用生物科学科
職名准教授
学位農学博士(東京大学)
科研費研究者番号70366574

研究キーワード

 
腸管免疫系 , 腸内共生菌 , 腸管上皮細胞 , マスト細胞 , 炎症反応 , アレルギー , 遺伝子発現

研究分野

 
  • 農芸化学 / 食品科学 / 

学歴

 
 
 - 
1994年
東京大学 大学院 農学系研究科 農芸化学専攻
 

受賞

 
2009年3月
農芸化学奨励賞
 

論文

 
腸管上皮細胞におけるTLR4遺伝子のエピジェネティックな発現制御
臨床免疫・アレルギー科   57(5) 562-570   2012年5月
腸内細菌に対する低応答性と腸管上皮細胞におけるToll-interacting protein(Tollip)の発現
杉由高、高橋恭子、細野朗、上野川修一
臨床免疫・アレルギー科   57(1) 14-19   2012年1月
腸管に共生する腸内細菌が誘導・制御するレギュラトリーT細胞および活性化B細胞
細野朗、高橋恭子、上野川修一
臨床免疫・アレルギー科   56(6) 721-727   2011年12月
腸管上皮細胞と腸内細菌とのクロストーク
腸内細菌学雑誌   25(4) 213-219   2011年10月   [査読有り]
アレルギーとプロバイオティクス
高橋恭子、上野川修一
アレルギー・免疫   18(8) 142-149   2011年7月

Misc

 
アレルギー疾患の発症にかかわる腸内細菌叢のバランス失調
高橋恭子
臨床免疫アレルギー科   67(5) 491-495   2017年5月   [依頼有り]
腸共生系の発達と維持における腸内細菌叢の役割
高橋恭子
Biophilia   5(2) 40-44   2016年7月   [依頼有り]
腸内共生細菌によるマイクロRNAを介した腸管上皮細胞の制御
高橋恭子
臨床免疫・アレルギー科   65(4) 384-389   2016年4月   [依頼有り]
C/EBPαによるマスト細胞機能の制御
笠倉 和巳、高橋 恭子、細野 朗、上野川 修一
臨床免疫・アレルギー科   64(4) 366-373   2015年10月   [依頼有り]
共生菌の制御と抗菌ペプチド
高橋恭子、上野川修一
臨床免疫・アレルギー科   62(2) 127-133   2014年8月

書籍等出版物

 
乳の科学
高橋恭子
朝倉書店   2015年11月   
機能性食品の作用と安全性百科
高橋 恭子
丸善出版   2012年7月   
食品免疫・アレルギーの事典
朝倉書店   2011年5月   
腸内共生系のバイオサイエンス
丸善出版   2011年5月   
臨床粘膜免疫学
笠倉和巳、高橋恭子、細野朗、上野川修一 (担当:共著, 範囲:317-330)
シナジー出版   2010年12月   

講演・口頭発表等

 
高脂肪食食餌条件がT細胞を介した食品アレルギー反応へ与える影響
本田真澄、津田真人、高橋恭子、足立(中嶋)はるよ、八村敏志、細野朗
日本農芸化学会2018年度大会   2018年3月16日   日本農芸化学会
FBP1は2つの異なる作用を介して腸管上皮バリア機能の維持に関わる
宮下采佳、藤村直人、小早川哲朗、中田一彰、中西祐輔、花澤重正、高橋恭子
日本農芸化学会2018年度大会   2018年3月16日   日本農芸化学会
腸内細菌によるマスト細胞の顆粒形成抑制機構
池谷彩花、雑賀有香、笠倉和巳、堀大峰、中西祐輔、花澤重正、高橋恭子
日本農芸化学会2018年度大会   2018年3月16日   日本農芸化学会
腸管粘膜マスト細胞の特徴
堀大峰、石川裕子、池谷彩花、中西祐輔、花澤重正、高橋恭子
日本農芸化学会2018年度大会   2018年3月16日   日本農芸化学会
腸管上皮細胞におけるTLR4遺伝子のDNAメチル化誘導機構
楢林ひかり、添田讓、倉岡克弥、中田一彰、中西祐輔、花澤重正、高橋恭子
日本農芸化学会2018年度大会   2018年3月16日   日本農芸化学会

所属学協会

 
日本農芸化学会 , 日本食品免疫学会 , 日本分子生物学会 , 日本アレルギー学会 , 日本免疫学会

特許

 
WO 2004/108929 A1 : 高親和性IgE受容体b鎖発現調節
特2013-021411 : IgA分泌促進剤
特許第5131688号 : 高親和性IgE受容体gamma鎖転写調節
羅智靖、高橋恭子