日本の女性研究者

農学

研究者リスト >> 簗瀬 澄乃
 

簗瀬 澄乃

 
アバター
研究者氏名簗瀬 澄乃
 
ヤナセ スミノ
URLhttps://gyouseki.jm.daito.ac.jp/dbuhp/KgApp?kyoinId=ymikgyogggy
所属大東文化大学
部署スポーツ・健康科学部 健康科学科 スポーツ・健康科学部 健康科学科
職名准教授
学位博士(医学)(東海大学), 修士(理学)(横浜市立大学)

プロフィール

モデル生物である線虫を用いて、(1)生物の老化のしくみを調べる、(2)健康的に寿命を延長する方法の模索、を主な目的に研究を行っています。

老化学説にはさまざまな説がありますが、ミトコンドリアのエネルギー代謝を通じた細胞内の酸化ストレスが老化の一因であるという、元は1956年Harmanのフリーラジカル説に基づく老化学説に着目して研究を行っています。また、放射線ホルミシスを含む生物の適応応答の一種ホルミシス効果による寿命延長にも着目しています。

研究キーワード

 
線虫C. elegans; 健康; 長寿; 酸化ストレス; 適応応答

研究分野

 
  • 環境学 / 放射線・化学物質影響科学 / 
  • 基礎生物学 / 動物生理・行動 / 
  • 農芸化学 / 食品科学 / 

経歴

 
2012年4月
 - 
現在
東海大学医学部 分子生命科学系遺伝情報部門 客員研究員
 
2012年4月
 - 
現在
大東文化大学 スポーツ・健康科学部健康科学科 准教授
 
1999年12月
 - 
2000年5月
University of Colorado at Boulder, Institute for Behavioral Genetics (Prof. Thomas E. Johnson) Research Associate and PDF (Post Doctoral Fellow)
 

学歴

 
1993年4月
 - 
1995年3月
横浜市立大学大学院 総合理学研究科修士課程 システム要素科学専攻
 

委員歴

 
2014年8月
 - 
2014年8月
女子中高生夏の学校2014  実行委員
 
2013年8月
 - 
2013年8月
女子中高生夏の学校2013  実行委員
 

受賞

 
2005年6月
The Genetics Society of America Poster Award (2nd) in 15th International C. elegans Meeting Characterization of phenotypes for aging in Cu/Zn SOD deletion mutants.
 

論文

 
Small-scale colorimetric assays of intracellular lactate and pyruvate in the nematode Caenorhabditis elegans.
S. Yanase, K. Yasuda, N. Ishii
JoVE   e57807 1-6   2018年   [査読有り][招待有り]
S. Yanase, H. Suda, K. Yasuda, N. Ishii
Genes to Cells   22(12) 1004-1010   2017年   [査読有り]
S. Yanase, Y. Luo, H. Maruta
Drug Discoveries & Therapeutics   7(1) 29-35   2013年   [査読有り]
H. Suda, K. Sato, S. Yanase
Mechanisms of Ageing and Development   133(9-10) 600-610   2012年   [査読有り]
K. Yazaki, C. Yoshikoshi, S. Oshiro, S. Yanase
Oxidative Medicine and Cellular Longevity   2011 1-9   2011年8月   [査読有り][招待有り]

Misc

 
Effects of carbon ion irradiation on swimming in the nematode C. elegans.
T. Sakashita, A. Yamasaki, M. Suzuki, S. Onoda, T. Sato, S. Yanase, Q.-M. Zhang-Akiyama
QST Takasaki Annual Report 2017   85   2019年3月   [査読有り][依頼有り]
モデル生物線虫における放射線ホルミシスと新たな知見
簗瀬澄乃, 鈴木芳代, 秋山(張)秋梅, 坂下哲哉
放射線生物研究   53(4) 255-264   2018年12月   [査読有り][依頼有り]
Effects of hyperoxia and 60Co gamma-ray irradiation on lifespan in the nematode C. elegans.
簗瀬澄乃, 鈴木芳代, 坂下哲哉
高崎量子応用研究所研究年報2016   110   2017年3月   [査読有り][依頼有り]
Evaluation of radiation effects focusing on body posture in Caenorhabditis elegans.
鈴木芳代, 邑上信子, 簗瀬澄乃, 横田裕一郎, 舟山知夫,
高崎量子応用研究所研究年報2016   109   2017年3月   [査読有り][依頼有り]
簗瀬澄乃, 金井莉央, 高橋宥妃, 高橋里史, 金丸昂平, 栗原光樹, 石原圭祐, 高橋利宜, 森山彩花, 岡久優友, 高辻帆乃香, 藤原伸, 大島加奈恵, 石井直明
大東文化大学紀要 自然科学   (54) 17‐26   2016年3月

書籍等出版物

 
Monitoring age-related changes in the lactate/pyruvate ratio using a colorimetric assay in a C. elegans model of increased lifespan. In: Methods in Molecular Biology; Preclinical Models: Techniques and Protocols (ed: P. C. Guest), Chapter 12
S. Yanase, K. Yasuda, N. Ishii (担当:分担執筆, 範囲:Chapter 12: vol. 1916, pp. 123-132)
Springer   2019年1月   
Metabolic biomarkers in nematode C. elegans during aging. In: Biomarker Studies of Metabolic and Metabolism-Related Disorders (ed: P. C. Guest), Chapter 9
S. Yanase, T. Ishii, K. Yasuda, N. Ishii (担当:分担執筆, 範囲:Chapter 9 (in press))
2019年   
PAKs, PAC/CDC42 (p21)-activated kinases, 1st edition. Towards the cure of cancer and other PAK-dependent diseases (ed: H. Maruta) Chapter 7: PAK1 controls the lifespan.
S. Yanase, H. Maruta (担当:分担執筆, 範囲:Chapter 7: PAK1 controls the lifespan., pp. 125-135)
Elsevier "Insight" Series   2013年2月   
線虫ラボマニュアル(三谷昌平編)第Ⅱ部応用編3.老化解析
簗瀬澄乃, 石井直明 (担当:分担執筆, 範囲:第Ⅱ部応用編3.老化解析, pp. 201-210)
シュプリンガー・フェアラーク東京株式会社   2003年10月   

講演・口頭発表等

 
高濃度酸素およびコバルト60ガンマ線照射による線虫C. elegansの寿命への影響
簗瀬澄乃, 鈴木芳代, 秋山(張)秋梅, 坂下哲哉
QST高崎サイエンスフェスタ2018(高崎)   2018年12月12日   
高濃度酸素およびコバルト60ガンマ線照射によるモデル生物線虫の寿命への影響 [招待有り]
簗瀬澄乃, 鈴木芳代, 秋山(張)秋梅, 坂下哲哉
日本放射線影響学会第61回大会(長崎)   2018年11月9日   
線虫の遊泳指標に与える放射線の影響
坂下哲哉, 山崎晃, 鈴木芳代, 小野田忍, 佐藤達彦, 簗瀬澄乃, 秋山(張)秋梅
QSTサイエンスフェスタ2017(高崎)   2017年12月12日   
鈴木芳代, 邑上信子, 簗瀬澄乃, 舟山知夫
日本放射線影響学会大会抄録(千葉)   2017年10月25日   
High-dose radiation induces life span extension of Caenorhabditis elegans. [招待有り]
M. Suzuki, N. Murakami, S. Yanase, T. Funayama
1st QST International Symposium (千葉)   2017年7月25日   

担当経験のある科目

 
  • 医動物学・医動物学実習 (大東文化大学)
  • 分析化学・分析化学実習 (神奈川県立衛生短期大学)
  • 生化学・生化学実習 (神奈川県立衛生短期大学)

所属学協会

 
日本放射線影響学会 , 日本分子生物学会 , 日本基礎老化学会

競争的資金等の研究課題

 
宇宙放射線による筋運動変調に関わるホメオスタシス維持機構の解析
文部科学省: 平成27年度科学研究費補助金基盤研究C(時限つき)(研究分担者)
研究期間: 2015年10月 - 2018年3月    代表者: 鈴木 芳代
月・火星の構築環境となる国際宇宙ステーション曝露部実験に向けた線虫ライフ実験
文部科学省: 平成27年度科学研究費補助金基盤研究C(時限つき)(研究分担者)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 坂下 哲哉
線虫p53/CEP-1変異体を用いた酸素ラジカル誘発性適応応答による寿命延長機構の代謝論的解析
大東文化大学: 平成27年度大東文化大学特別研究費
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 簗瀬 澄乃
宇宙放射線による筋運動の変調に関わる神経メカニズムの解析
文部科学省: 平成24年度科学研究費補助金基盤研究C(研究分担者)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 鈴木 芳代
神経回路形成と機能発達に対する宇宙放射線リスクと低減に関する研究
文部科学省: 平成24年度科学研究費補助金基盤研究C(研究分担者)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 坂下 哲哉

特許

 
特開2012-72132 : 寿命延長剤
簗瀬 澄乃, 高橋 二郎(権利者:富士化学工業株式会社)

社会貢献活動

 
NPO法人「足尾に緑を育てる会」植林ボランティア参加
【その他】  企画:OASIS会、緑化事業主催:NPO法人「足尾に緑を育てる会」  NPO法人「足尾に緑を育てる会」植林ボランティア  2017年10月14日
高濃度酸素曝露及びCo-60ガンマ線照射の線虫の寿命への影響
【その他】  高崎量子応用研究所  放射線利用フォーラム2017 in 高崎 第1回QSTシンポジウム(高崎)  2017年1月26日
「ヒトゲノム・遺伝子情報の取扱いにおける注意事項」
【講師, 運営参加・支援】  企画および主催:井上陽子、佼成学園高等学校  高大連携による高校生のための分子生物学実験の実践  2016年10月30日
日本放射線影響学会第59回大会ワークショップW11「モデル動物線虫を用いたストレス応答研究の展開」(企画・世話人:鈴木芳代)における座長
【運営参加・支援】  日本放射線影響学会  日本放射線影響学会第59回大会(JMSアステールプラザ, 広島)  2016年10月27日
NPO法人「足尾に緑を育てる会」植林ボランティア参加
【その他】  企画:OASIS会、緑化事業主催:NPO法人「足尾に緑を育てる会」  NPO法人「足尾に緑を育てる会」植林ボランティア  2016年10月22日

その他

 
2016年12月   マヒドン大学熱帯医学部短期研修2016
企画・世話人:森博威、地域医療国際支援センター)
第2種放射線取扱主任者免状
第33068号
危険物取扱者免状(甲種)
交付番号00280(神奈川県)
臨床検査技師免許
第107031号
中学校教諭一級普通免許
昭六一中一普第2545号(理科)