日本の女性研究者

Genome Informatics

Researcher List >> Naoko Kimura
 

Naoko Kimura

 
Avatar
NameNaoko Kimura
Degree農学学士(東北大学), 農学博士(東北大学)

研究キーワード

 
Animal Biotechnology , Biology of Animal Reproduction

研究分野

 
  • Life sciences / Veterinary medicine / 
  • Life sciences / Veterinary medicine / 
  • Life sciences / Veterinary medicine / 
  • Life sciences / Animal production science / 
  • Life sciences / Animal production science / 

経歴

 
Apr 2011
 - 
Today
Professor, Faculty of Agriculture Department of Food, Life, and Environmental Sciences, Yamagata University
 
Apr 2010
 - 
Mar 2011
Associate Professor, Faculty of Agriculture Department of Food, Life, and Environmental Sciences, Yamagata University
 
Oct 2002
 - 
Feb 2003
Graduate School of Agricultural Science, Tohoku University
 
Apr 2002
 - 
Sep 2002
研究員, 生物系特定産業技術研究推進機構
 
Apr 1992
 - 
Mar 1998
Itoham Foods Inc., Itoham Foods Inc.
 

学歴

 
 
 - 
Mar 2002
Graduate School, Division of Agriculture, Tohoku University
 
 
 - 
Mar 1992
Faculty of Agriculture, Tohoku University
 

委員歴

 
Apr 2011
 - 
Today
東北畜産学会  評議員
 
Apr 2010
 - 
Today
日本受精着床学会  評議員
 
Apr 2010
 - 
Today
日本繁殖生物学会  男女共同参画推進委員
 
Apr 2010
 - 
Today
日本繁殖生物学会  JRD編集委員
 
Apr 2005
 - 
Today
日本卵子学会  評議員
 

受賞

 
Sep 2011
世界体外受精会議記念賞(第29回日本受精着床学会学術講演会), 日本受精着床学会
 
Jul 2010
世界体外受精会議記念賞(第28回日本受精着床学会学術講演会), 日本受精着床学会
 
May 2004
第3回インテリジェント・コスモス奨励賞, (財)インテリジェント・コスモス学術振興財団
 
Jun 2002
第43回日本哺乳動物卵子学会学術奨励賞, 日本哺乳動物卵子学会
 
Sep 2001
第94回日本繁殖生物学会大会優秀ポスター賞, 日本繁殖生物学会
 

論文

 
Ishii N, Homma T, Watanabe R, Kimura N, Ohnishi M, Kobayashi T, Fujii J
Molecular medicine reports      Apr 2019
Sasaki Sho, Watanabe Ren, Obara Mizuho, Kimura Naoko
JOURNAL OF REPRODUCTIVE IMMUNOLOGY   130 35-35   Nov 2018
Watanabe R, Kimura N
The Journal of reproduction and development   64(1) 89-94   Feb 2018
<p> Around the time of oocyte meiotic arrest, germ cell nest breakdown occurs, and primordial follicle (PF) formation is initiated at the perinatal stage. Recently, autophagy was implicated in this process. Autophagy is induced by nutrient s...
Watanabe Ren, Kimura Naoko
JOURNAL OF REPRODUCTION AND DEVELOPMENT   64(1) 89-94   Feb 2018

MISC

 
渡辺 連, 佐々木 将, 木村 直子
BIO Clinica   33(7) 646-648   Jul 2018
多くの哺乳類では、胎生後期に全ての卵祖細胞が減数分裂を開始し、その後原始卵胞として卵巣に備蓄され、新たに増殖することはないことが知られている。産業動物の効率的生産、希少動物資源の保護、少子化が課題の現代社会において、生殖寿命が限定される雌の生殖能を最大限に高め維持することは重要と考えられる。本稿では、オートファジー活性を高めることで、原始卵胞の形成を促進し、原始卵胞プールの上方制御の可能性について検証したので、ご紹介したい。(著者抄録)

書籍等出版物

 

講演・口頭発表等

 
石井 直樹, 本間 拓二郎, 李 在勇, 小林 翔, 三橋 輝, 木村 直子, 山本 順寛, 藤井 順逸
山形医学   Feb 2019   山形大学
佐々木 将, 渡辺 連, 小原 瑞歩, 木村 直子
Reproductive Immunology and Biology   Nov 2018   日本生殖免疫学会
渡辺 連, 佐々木 将, 木村 直子
The Journal of Reproduction and Development   Sep 2018   (一社)日本繁殖生物学会
宮島 理央, 横田 裕也, 小原 瑞穂, 木村 直子
The Journal of Reproduction and Development   Sep 2018   (一社)日本繁殖生物学会

所属学協会

 
Japan Society of Endocrine Disrupters Reserch , Tohoku Animal Science and Technology Society , Japan Society of Fertilization and Implantation , Japanese Society of Mammalian Ova Reserch , Society for Reproduction and Development