日本の女性研究者

情報学

Researcher List >> OSHIMA Chika
 

OSHIMA Chika

 
Avatar
NameOSHIMA Chika
AffiliationSaga University
SectionFaculty of Science and Engineering
Job titleVisiting researcher
DegreeDoctor of Knowledge Science(Japan Advanced Institute of Science and Technology)
Research funding number10395147

Research Interests

 
musical performance education , support system for musical performance

Research Areas

 
  • Informatics / Sensitivity informatics/Soft computing / 

Education

 
 
 - 
2004
School of Knowledge, Japan Advanced Institute of Science and Technology
 
 
 - 
1996
Department of Instrumental Music, Major, Playing a Piano, Faculty of Music, Musashino Academia Musicae
 

Awards & Honors

 
Oct 2012
Best Paper Award, Global Health
 
Jun 2011
BEST MULTI-DISCIPLINARY PAPER AWARD, ICOST, 9th International Conference on Smart Homes and Health Telematics
 
2004
ACM Multimedia04 Best Paper Award
 

Published Papers

 
Patrick Hock, Chika Oshima, Koichi Nakayama
GECCO 2018 Companion - Proceedings of the 2018 Genetic and Evolutionary Computation Conference Companion   1841-1844   Jul 2018
© 2018 Copyright is held by the owner/author(s). Publication rights licensed to ACM. Currently, a system is being developed that gathers information about a dementia patient's condition and sends it to a smartphone. Through this system, caregivers...
An Algorithm that Prevents SPAM Attacks Using Blockchain
Koichi Nakayama,Yutaka Moriyama, Chika Oshima
International Journal of Advanced Computer Science and Applications   9(7) 204-208   2018   [Refereed]
町島希美絵, 町島希美絵, 坂本麻衣子, 大島千佳, 北島かおり, 東内順子, 東内順子, 木場勉, 郷原るみ, 佐藤鮎美, 中山功一
看護研究   50(7) 678-691   Dec 2017   [Refereed]
中山功一, 村上剛, 大島千佳
ヒューマンインタフェース学会論文誌(CD-ROM)   19(1-4) 105‐118-118   Feb 2017   [Refereed]
Chika Oshima, Yumiko Ishii, Kimie Machishima, Hitomi Abe, Naohito Hosoi, Koichi Nakayama
Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   10273 LNCS 376-387   Jan 2017   [Refereed]
© Springer International Publishing AG 2017. In the approach of the Yuzu-no-sato occupational therapy program (Yuzu-OTP), since each care receiver’s program is personalized, even care receivers with severe dementia can develop a feeling of accompl...
町島希美絵, 石井弓子, 大島千佳, 細井尚人, 中山功一
日本認知症ケア学会誌   15(2) 503-512   Jul 2016   [Refereed]
Chika Oshima, Kimie Machishima, Katsuki Yamaguchi, Koichi Nakayama
Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   9745 475-483   Jan 2016   [Refereed]
© Springer International Publishing Switzerland 2016. We aim that even elderly people with dementia become to live actively with a hobby which provides them a feeling of accomplishment. Playing a keyboard instrument has a high threshold for novice...
A Method of Displaying a Model Performance to Motivate Elderly Novice People to Play the Keyboard Instrument
Chika Oshima, Kimie Machishima, Katsuki Yamaguchi, and Koichi Nakayama
Information and Media Technologies   11 236-249   2016   [Refereed]
Chika Oshima, Kimie Machishima, Koichi Nakayama
Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   9177 649-659   Jan 2015   [Refereed]
© Springer International Publishing Switzerland 2015. Creative activities provide elderly people with reduced cognitive functioning with a sense of accomplishment in nursing care facilities. Music therapists and their clients usual sing songs and ...
Chika Oshima, Kiyoshi Yasuda, Toshiyuki Uno, Kimie Machishima, Koichi Nakayama
International Journal of Advanced Computer Science and Applications   6(1) 168-176   Jan 2015   [Refereed]
Chika Oshima, Chisato Harada, Kiyoshi Yasuda, Kimie Machishima, and Koichi Nakayama:
LNCS   8522 467-478   Jun 2014   [Refereed]
Towards a System that Relieves Psychological Symptoms of Dementia by Music
Chika Oshima, Koichi Nakayama, Naoki Itou, Kazushi Nishimoto, Kiyoshi Yasuda, Naohito Hosoi, Hiroshi Okumura, and Etsuo Horikawa
International Journal on Advances in Life Sciences   5(3&4)    Dec 2013   [Refereed]
Ayumi Honda, Chika Oshima, Koichi Nakayama
Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   8017 LNCS 92-99   Aug 2013   [Refereed]
The aim of this study was to construct a makeup support system. This system will show what kind of impression a user's face gives to other persons. Moreover, the system shows how to apply makeup, on the basis of individual facial features, to achi...
Chika Oshima, Naoki Itou, Kazushi Nishimoto, Kiyoshi Yasuda, Naohito Hosoi, Hiromi Yamashita, Koichi Nakayama, and Etuso Horikawa
Journal of Information Processing   21(2) 283-294   Apr 2013   [Refereed]
中山功一, 乗冨喜子, 大島千佳
ヒューマンインタフェース学会論文誌(CD-ROM)   14(4) 319-330   Feb 2012   [Refereed]
A Case Study of a Practical Use of “MusiCuddle” that is a Music Therapy System for Patients with Dementia who Repeat Stereotypical Utterances
Chika Oshima, Naoki Itou, Kazushi Nishimoto, Kiyoshi Yasuda, Naohito Hosoi, Hiromi Yamashita, Koichi Nakayama, and Etuso Horikawa
Proc. of Global Health 2012   14-20   2012   [Refereed]
大島千佳, 中山功一, 安藤広志
情報通信研究機構季報   56(1/2) 137-145   Mar 2011   [Refereed]
Chika Oshima, Naoki Itou, Kazushi Nishimoto, Naohito Hosoi, Kiyoshi Yasuda, and Koichi Nakayama
LNCS   6719 65-71   2011   [Refereed]
Chika Oshima, Koichi Nakayama, Koichi Nakayama, Hiroshi Ando, Hiroshi Ando
Journal of the National Institute of Information and Communications Technology   57 139-148   Dec 2010   [Refereed]
When a large display produces images and the sound effects matching those images, viewers will feel as if actually there in the reproduced scene (given the realistic images). By adding a matching aroma to accompany such images and sound effects, v...
中山功一, 大島千佳, 安藤広志
ヒューマンインタフェース学会論文誌   12(2) 129-138   May 2010   [Refereed]
大島千佳, 中山功一, 安藤広志
情報処理学会論文誌ジャーナル(CD-ROM)   51(2) 265-276   Feb 2010   [Refereed]
Aroma that Enhances the Reality of Visual Images
Chika OSHIMA, Koichi NAKAYAMA, Hiroshi ANDO
Journal of the National Institute of Information and Communications Technology   57(Nos.1/2,)    2010
大島千佳, 和田充史, 安藤広志, 松尾典義, 柳田康幸, 安部伸治
情報処理学会論文誌ジャーナル(CD-ROM)   49(10) 3559-3566   Oct 2008   [Refereed]
Chika Oshima, Kazushi Nishimoto, and Norihiro Hagita
ACM Transactions on Multimedia Computing Communications and Applications   Vol.3 Issue2(2(9))    2007   [Refereed]
大島千佳, 西本一志, 阿部明典
情報処理学会論文誌   Vol.47, No.5(5) 1546-OC000140   May 2006   [Refereed]
牧野真緒, 大島千佳, BERRY Rodney, 樋川直人, 西本一志, 鈴木雅実, 萩田紀博
知能と情報   第17巻2号,「エンタテインメントコンピューティング」特集号,pp.28-38(2) 164-OC000140   Apr 2005   [Refereed]
In this paper, we propose a system "The Music Table" that allows children to compose and play their own musical patterns through trying and selecting, even with no previous experience of playing a musical instrument. Recently, it is possible to ma...
大島千佳, 西本一志, 鈴木雅実
情報処理学会論文誌   Vol.46, No.1, pp.157-171(1) 157-OC000140   Jan 2005   [Refereed]

Misc

 
会話中の単語をもとにオートサジェスト機能を使って検索した画像の提示手法
柴田大輔,山口裕,大島千佳,中山功一
第14回コンピューテーショナル・インテリジェンス研究会      Dec 2018
対話ロボットの自然な“あいづち”に向けた研究
野柳晴華,大島千佳,中山功一
第14回コンピューテーショナル・インテリジェンス研究会      Dec 2018
交通事故時の移動モード判別アルゴリズムの実装
塚本安記規,大島千佳,中山功一
第14回コンピューテーショナル・インテリジェンス研究会      Dec 2018
ロボット”CATARO”を使った被介護者の異常検知
田中竜二,大島千佳,中山功一
第14回コンピューテーショナル・インテリジェンス研究会      Dec 2018
障がい者でも長く楽しめる楽器を目指して 〜装置と身体動作へのサポートの在り方〜
大島 千佳,西ノ平 志子,伊藤 靖幸,池田 麻衣
情報処理学会研究報告   AAC8(9)    Dec 2018
CATARO:介護者に被介護者の状態を気づかせるロボット
大島 千佳,Patrick Hock,中山 功一
情報処理学会研究報告   AAC7(3)    Aug 2018
スマートフォンアプリによる事故の自動通報とドローンによる事故状況の確認システム
中山功一,大島千佳,阪本雄一郎
佐賀救急医学会雑誌      Jul 2018
西ノ平志子, 西ノ平志子, 廣中栄雄, 大島千佳, 中山功一
電子情報通信学会技術研究報告   117(420(HCS2017 66-92)) 137‐142   Jan 2018
西ノ平志子, 西ノ平志子, 廣中栄雄, 大島千佳, 中山功一
電子情報通信学会技術研究報告   117(420(HCS2017 66-92)) 137‐142   Jan 2018
認知症者の状態を介護スタッフに間接的に伝えるロボットの開発に向けて
大島千佳, 西ノ平志子, 中山功一
情報処理学会研究報告   AAC5(6)    Dec 2017
デスクワーク時の骨盤への負荷を軽減する腰痛軽減装具の提案
中山功一, 大島千佳
情報処理学会研究報告   AAC5(8)    Dec 2017
神経系の運動障がいがある人がギター演奏を継続して楽しく取り組むための演奏補助装置の開発
西ノ平志子, 松井博和, 大島千佳, 中山功一
情報処理学会研究報告   AAC5(9)    Dec 2017
作業プログラムにおける介護スタッフ間の気づきの共有 -振り返りミーティングでの活発な議論を促進するものは?-
大島千佳, 石井弓子,町島希美絵, 阿部ひとみ, 細井尚人, 中山功一
情報処理学会研究報告   AAC4(4)    Aug 2017
初心者の高齢者でもピアノにチャレンジできる支援方法
大島千佳
情報処理学会アクセシビリティ研究グループ研究会      Feb 2016
大島 千佳, 中山 功一
情報処理   57(3) 266-269   Feb 2016
認知症者が行動・心理症状により,発話/発声が継続すると,介護者の精神的な負担も大きくなる.認知症者の音声情報をもとにした音楽を提示することで,継続する発話に言いよどみがみられた.一方で全く反応がみられない認知症者もいる.本稿では認知機能の低下にともなう聴覚,音楽能力の変化にも触れながら,人を介さずに音楽を提示して,症状が緩和するための情報技術の介入方法について考える.
中山功一, 阪本雄一郎, 山田クリス孝介, 佐藤三郎, 大島千佳
タカタ財団助成研究論文集   2016 261‐299   May 2017
重度認知症患者デイケア施設における個々の利用者に合わせた作業プログラムの提供-スタッフと共に振り返るミーティングを活用して-
町島希美絵,石井弓子,大島千佳,阿部ひとみ,細井尚人,中山功一
第18回認知症ケア学会大会      May 2017
中山功一, 阪本雄一郎, 山田クリス孝介, 佐藤三郎, 大島千佳
タカタ財団助成研究論文集   2016 261‐299   May 2017
気分を誘導するプロソディ変換アルゴリズムの検討
大島千佳,東原凌平,中山功一
第44回知能システムシンポジウム      Mar 2017
大島千佳, 東原凌平, 中山功一
知能システムシンポジウム講演資料(CD-ROM)   44th ROMBUNNO.A3‐4   Mar 2017
町島希美絵, 大島千佳, 中山功一
教育システム情報学会全国大会講演論文集(CD-ROM)   42nd ROMBUNNO.E1‐2   2017
中山功一, 阪本雄一郎, 佐藤三郎, 大島千佳
タカタ財団助成研究論文集   2017 KYUKYUKYUMEI,1(1),1‐33   2017
大島千佳, 石井弓子, 町島希美絵, 阿部ひとみ, 細井尚人, 中山功一
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM)   2016 ROMBUNNO.SS02‐12   Dec 2016
患者の聴覚特性に応じた話し方の訓練システムの研究開発
中山功一,谷口聖人,町島希美絵,大島千佳
情報処理学会研究報告   AAC1(16)    Dec 2016
塚本安記規, 角亮憲, 中山功一, 大島千佳, 阪本雄一郎
計測自動制御学会九州支部学術講演会予稿集(CD-ROM)   35th(2) ROMBUNNO.203B5-1.00E+35   Nov 2016
研究会in the dark -わかりあえる発表をめざして-
大島千佳,伊藤精英
情報処理学会研究報告   AAC2(7)    Dec 2016
塚本安記規, 角亮憲, 中山功一, 大島千佳, 阪本雄一郎
計測自動制御学会九州支部学術講演会予稿集(CD-ROM)   35th ROMBUNNO.203B5   Nov 2016
医療・介護の専門家のアクセシビリティ向上
大島千佳
情報処理学会研究報告   AAC1(13)    Jul 2016
デイケア利用者の個々の特性に合わせて作業を個人化し達成感をもたらす作業プログラム実施方法の伝授過程
大島千佳,石井弓子,町島希美絵,阿部ひとみ,細井尚人,中山功一
情報処理学会研究報告   AAC1(14)    Jul 2016
看護師のコミュニケーション・スキル向上を目的としたリフレクションを促す手法に向けて
町島希美絵,大島千佳,中山功一
情報処理学会研究報告   AAC1(15)    Jul 2016
大島千佳, 町島希美絵, 山口勝己, 中山功一
日本病院総合診療医学会雑誌   10(2) 155   Jun 2016
松前あかね, 中村隆敏, 堀良彰, 角和博, 松本明子, 大島千佳, 松崎真典, 北村和人, 松前進
日本デザイン学会研究発表大会概要集(CD-ROM)   63rd 36‐37   Jun 2016
作業を個人化して提供するための手引きの体系化,〜重度認知症デイケア施設の事例をもとに〜
町島希美絵,石井弓子,大島千佳,阿部ひとみ,細井尚人,中山功一
日本認知症ケア学会誌   15(1) 217   Jun 2016
大島千佳, 町島希美絵, 中山功一
人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM)   30th(0) ROMBUNNO.1E3‐5-1E35   Jun 2016
中山功一, 大島千佳, 阪本雄一郎
自動車技術会大会学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   2016 ROMBUNNO.236   May 2016
大島千佳, 町島希美絵, 中山功一
人工知能   31(3) 343‐349   May 2016
認知症高齢者でもピアノ演奏に取り組めるための支援方法
大島千佳,町島希美絵,山口勝己,中山功一
第12回日本病院総合診療医学会学術総会抄録集   110   Feb 2016
大島千佳, 中山功一
情報処理   57(3) 266‐269   Feb 2016
大宅悠貴, 大島千佳, 中山功一
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM)   2015(30-46) ROMBUNNO.SS10-10-66   Nov 2015
認知症者は日常生活で行うべきことを忘れがちである.これまで,ICT 機器を使って,記憶障害を支援する方法が提案されてきた.しかし認知症者は,設定や操作が面倒であり,持ち運ぶことも忘れがちである.さらに機器類の無機質感から,一方的な指示に従うことに抵抗がある.そこで,癒しにもなっている飼い犬に簡単なトレーニングを行うことで,必要なときに認知症者に機器を届けたり,気分を変えたり,必要な情報を遠隔にいる介護者に届けたりできる「認知症支援犬」を提案した.本稿では,アラームが鳴ると,スマートフォンを...
大宅悠貴, 大島千佳, 中山功一
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM)   2015 ROMBUNNO.SS10-10   Nov 2015
大島千佳, 町島希美絵, 山口勝己, 中山功一
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM)   2015 ROMBUNNO.SS10-12(O1-1)   Nov 2015
中山功一, 志田玲人, 大島千佳
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM)   2015 ROMBUNNO.SS10-9   Nov 2015
加来薫, 大島千佳, 中山功一
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM)   2015 ROMBUNNO.SS10-11   Nov 2015
大島千佳, 寺澤洋子, 寺澤洋子, 馬場哲晃, 平賀瑠美, 松原正樹
情報処理学会研究報告(Web)   2015(MUS-109) VOL.2015‐MUS‐109,NO.5 (WEB ONLY)   Oct 2015
野球のバッティング練習における3DCGの効果の検証
山口勝己,大島千佳,中山功一
電気学会情報システム研究会資料   IS-15(30-46)    Sep 2015
OSHIMA Chika, WOOK Kim Dong, Chika Oshima, Dong Wook Kim, Kenji Susami
Journal of Japanese Society for Artificial Intelligence   24(4) 597-602   Jul 2009
加来薫, 大島千佳, 中山功一
電気学会情報システム研究会資料   IS-15(30-46) 61-66   Sep 2015
村上剛, 大島千佳, 中山功一
電気学会情報システム研究会資料   IS-15(30-46) 73-78   Sep 2015
大島千佳, 安田清
情報処理   56(6) 567-569   May 2015
認知症者は日常生活で行うべきことを忘れがちである.これまで,ICT 機器を使って,記憶障害を支援する方法が提案されてきた.しかし認知症者は,設定や操作が面倒であり,持ち運ぶことも忘れがちである.さらに機器類の無機質感から,一方的な指示に従うことに抵抗がある.そこで,癒しにもなっている飼い犬に簡単なトレーニングを行うことで,必要なときに認知症者に機器を届けたり,気分を変えたり,必要な情報を遠隔にいる介護者に届けたりできる「認知症支援犬」を提案した.本稿では,アラームが鳴ると,スマートフォンを...
町島希美絵, 石井弓子, 大島千佳, 細井尚人, 中山功一
知能システムシンポジウム講演資料(CD-ROM)   42nd ROMBUNNO.F-02   Mar 2015
プロソディや音楽による気分誘導
大島千佳
関係論的システムデザイン研究センター,第8回シンポジウム      Mar 2015
認知症者が継続できる作業プログラムへの取り組み
町島希美絵,石井弓子,大島千佳,細井尚人,中山功一
日本認知症ケア学会誌   14(1) 356   2015
大島千佳, 町島希美絵, 中山功一
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.SS12-7   Nov 2014
NISHIMOTO Kazushi, OSHIMA Chika
Journal of Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics   17(2) 156-163   2005
大島千佳, 原田千聡, 安田清, 町島希美絵, 中山功一
人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM)   28th(0) ROMBUNNO.4E1-2-4.00E+12   Jun 2014
<p>認知症者の記憶障害を支援する機器として,最近はスマートフォンが活用される.しかし,携帯することを忘れてしまう人や,嫌がる人も多い.そこで,犬にスマートフォンを担がせ,主人のタスク(服薬など)時刻にアラームが鳴ると,主人のもとへ駆けつけるように訓練した.健常者を対象としたケーススタディについて報告する.</p>
大島千佳, 原田千聡, 安田清, 町島希美絵, 中山功一
人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM)   28th(0) ROMBUNNO.4E1-2-4E12   Jun 2014
大島千佳, 中山功一
季刊香料   50(261) 39-46   Mar 2014   [Invited]
大島千佳, 中山功一
季刊香料   (261) 39-46   Mar 2014   [Invited]
中山功一, 大島千佳, 伊藤直樹, 西本一志, 安田清, 細井尚人, 奥村浩, 堀川悦夫
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM)   2013 ROMBUNNO.SS6-1   Nov 2013
町島希美絵, 大島千佳, 坂本麻衣子, 橋本大輔, 中野愛子, 小野茂伸, 雪竹基弘, 門司晃, 松島俊夫, 浅見豊子, 原英夫, 堀川悦夫
日本高次脳機能障害学会学術総会プログラム・講演抄録   37th 143-16   Nov 2013
町島希美絵, 大島千佳, 坂本麻衣子, 橋本大輔, 中野愛子, 小野茂伸, 雪竹基弘, 門司晃, 松島俊夫, 浅見豊子, 原英夫, 堀川悦夫
日本高次脳機能障害学会学術総会プログラム・講演抄録   37th 143   Nov 2013
町島希美絵, 佐藤鮎美, 大島千佳, 橋本大輔, 小野茂伸, 雪竹基弘, 浅見豊子, 原英夫, 堀川悦夫
日本老年医学会雑誌   50(5) 696-697   Sep 2013
大島千佳, 中山功一, 伊藤直樹, 西本一志, 安田清, 細井尚人, 奥村浩, 堀川悦夫
情報処理学会研究報告(Web)   2013(MUS-100) WEB ONLY VOL.2013-MUS-100,NO.1   Aug 2013
中山功一, 小野雅斗, 福本敬也, 大島千佳
知能システムシンポジウム資料   40th 13-16   Mar 2013
大島千佳, 中山功一, 伊藤直樹, 西本一志, 安田清, 細井尚人, 堀川悦夫
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM)   2012 ROMBUNNO.3E1-2   Nov 2012
堀川悦夫, 町島君枝, 大島千佳, 佐藤鮎美
自動車技術会学術講演会前刷集   26th(131-12) 15-16   Oct 2012
<p>我々は認知症などの精神症状による常同言語(同じ言葉を繰り返す症状)を,音楽により緩和することを目的としたシステムを構築している.システムから提示する音楽について検討するために,患者に対してシステムを試用した結果を報告する.</p>
堀川悦夫, 町島君枝, 大島千佳, 佐藤鮎美
自動車技術会学術講演会前刷集   (131-12) 15-16   Oct 2012
大島千佳, 伊藤直樹, 西本一志, 安田清, 細井尚人, 中山功一, 堀川悦夫
人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM)   26th(0) ROMBUNNO.2A1-NFC-6-7-2A1NFC67   Jun 2012
中山功一, 乗冨喜子, 大島千佳
人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM)   26th(0) ROMBUNNO.3B2-R-2-7-3B2R27   Jun 2012
安田清, 桑原教彰, 中村雅巳, 森本一成, 中山功一, 大島千佳, 青江順一
ヒューマンインタフェース学会研究報告集(CD-ROM)   14 ROMBUNNO.VOL.14NO.6,37-44   2012
大島千佳, 伊藤直樹, 西本一志, 安田清, 山下ひろみ, 細井尚人, 中山功一, 奥村浩, 堀川悦夫
ヒューマンインタフェース学会研究報告集(CD-ROM)   14 ROMBUNNO.VOL.14NO.2,7-12   2012
大島千佳, 安田清, 伊藤直樹, 西本一志, 細井尚人, 中山功一
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM)   2011 ROMBUNNO.3D4-1   Nov 2011
大島千佳, 安田清, 西本一志, 中山功一
電気関係学会九州支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   64th(0) ROMBUNNO.08-1A-09-1A1NFC1a3   Sep 2011
<p>我々は、軽中度の認知症者が自分の成長を楽しみながら取り組める演奏支援システムと、重度の認知症者の精神的な症状からくる常同行動を静めることを目的とした半自動伴奏システムの開発を行っている。本発表ではそれぞれのシステムのデモ映像とともに今後の展開や解決すべき課題について論じる。 </p>
大島千佳, 安田清, 西本一志, 中山功一
電気関係学会九州支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   64th ROMBUNNO.08-1A-09   Sep 2011
大島千佳, 中山功一, 安田清, 伊藤直樹, 西本一志, 細井尚人, 奥村浩
人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM)   25th(0) ROMBUNNO.1A1-NFC1A-3-1A1NFC1a3   Jun 2011
大島千佳, 伊藤直樹, 西本一志, 細井尚人, 安田清, 中山功一
情報処理学会シンポジウム論文集   2011(3) 625-628   Mar 2011
大島千佳, 伊藤直樹, 西本一志, 細井尚人, 安田清, 中山功一
ヒューマンインタフェース学会研究報告集(CD-ROM)   13 VOL.13NO.2,29-32   2011
大島千佳, 中山功一, 安田清, 西本一志, 奥村浩
情報処理学会研究報告(CD-ROM)   2010(2) ROMBUNNO.HCI-139,1-36   Aug 2010
大島千佳, 中山功一, 安田清, 西本一志, 奥村浩
情報処理学会研究報告(CD-ROM)   2010(2) ROMBUNNO.HCI-139,1   Aug 2010
大島千佳, 馬田一郎, 伊藤禎宣, 中村秀紀, 遠藤昭, 中山洋, 岩澤昭一郎, 鈴木幸平, 安藤広志
音楽音響研究会資料   28(8) 31-36   2010
大島千佳, 中山功一, 安藤広志
ヒューマンインタフェース学会研究報告集   11(4) 23-28   Jul 2009
大島千佳, 中山功一, 安藤広志
ヒューマンインタフェース学会研究報告集   11(4) 23-28   Jul 2009
大島千佳, 中山功一, 安藤広志, 須佐見憲史, 井ノ上直己
情報処理学会論文誌ジャーナル(CD-ROM)   49(12) 3867-3878   Dec 2008
大島千佳, 安藤広志, 須佐見憲史, 井ノ上直己
情報処理学会研究報告   2008(50(HCI-128 MUS-75)) 83-88   May 2008
大島千佳, 安藤広志, 須佐見憲史
情報処理学会研究報告   2008(11(HCI-127)) 71-78   Jan 2008
画像の臨場感を高める香りの選択を支援するシステムの構築に向けて
大島千佳,安藤広志,須佐見憲史,井ノ上直己
第5回知識創造支援システム・シンポジウム      2008
画像の臨場感を高める香りの付加に向けて
大島千佳,安藤広志,須佐見憲史
インタラクション2008      2008
不得手要素を克服させるピアノ学習支援システムにむけて
大島千佳,井ノ上直己
情報処理学会研究報告   2007(81) 185-190   2007
香りを特定しにくい画像の臨場感を高める香りについて
大島千佳,須佐見憲史,安藤広志
エンタテインメントコンピューティング      2007
大島千佳, 伊藤直樹, 西本一志, 苗村昌秀
情報処理学会研究報告   2006(24(EC-3)) 57-64   Mar 2006
樋川直人, 大島千佳, 西本一志, 苗村昌秀
情報処理学会シンポジウム論文集   2006(4) 69-70   Mar 2006
ピアノの低離鍵速度箇所に示される特性についての一考察
大島千佳,阿部明典,西本一志
SIG-LSE-A503   135-142   2006
「あこがれの曲」をあこがれで終わらせない練習楽譜自動生成システムの提案
大島千佳, 西本一志, 井ノ上直己
人工知能学会MYCOM若手の集い2006      2006
演奏学習支援における手本の表示方法に関する一考察
大島千佳,樋川直人,西本一志,井ノ上直己
情報処理学会研究報告   2006(72) 71-78   2006
西本一志, 大島千佳
知能と情報   17(2) 156-163   Apr 2005
Family Ensemble:子どもの楽器練習意欲促進のための連弾支援システム
大島千佳,西本一志,鈴木雅実
子ども学研究会,日本子ども学会      2005
大島千佳, 西本一志, 鈴木雅実
情報処理学会研究報告   2004(84(MUS-56)) 15-20   Aug 2004
大島千佳, 西本一志
情報処理学会シンポジウム論文集   2004(5) 105-112   Mar 2004
創造的演奏教育支援に向けた生徒の音楽的理解と技法習得の分析
大島千佳,西本一志
第1回知識創造支援システムシンポジウム予稿集   34-41   2004
作曲・演奏支援システムによる体験共有の提案
牧野真緒,大島千佳, Rodney Berry, 樋川直人, 鈴木雅実
日本感性工学会,あいまいと感性研究部会      2004

Books etc

 
Two-step Input Method for Supporting Composition of MIDI Sequence Data 'jointly worked'
Entertainment Composing --Technologies and Applications--, Kluwer Academic Publishere   2003   

Conference Activities & Talks

 
大島千佳, 寺澤洋子, 寺澤洋子, 馬場哲晃, 平賀瑠美, 松原正樹
情報処理学会研究報告(Web)   31 Oct 2015   
Koichi Nakayama, Chika Oshima, Ryohei Higashihara, Kimie MacHishima
2015 54th Annual Conference of the Society of Instrument and Control Engineers of Japan, SICE 2015   30 Sep 2015   
© 2015 The Society of Instrument and Control Engineers-SICE. In the two-factor theory of emotion, an emotion is caused not only by body responses, but also by our interpretations of body responses. We assume that an emotion can be caused even by a...
加来薫, 大島千佳, 中山功一
電気学会情報システム研究会資料   10 Sep 2015   
山口勝己, 大島千佳, 中山功一
電気学会情報システム研究会資料   10 Sep 2015   
村上剛, 大島千佳, 中山功一
電気学会情報システム研究会資料   10 Sep 2015   
町島希美絵, 石井弓子, 大島千佳, 細井尚人, 中山功一
知能システムシンポジウム講演資料(CD-ROM)   17 Mar 2015   
大島千佳, 町島希美絵, 中山功一
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM)   21 Nov 2014   
大島千佳, 原田千聡, 安田清, 町島希美絵, 中山功一
人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM)   2014   
中山功一, 大島千佳, 伊藤直樹, 西本一志, 安田清, 細井尚人, 奥村浩, 堀川悦夫
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM)   18 Nov 2013   
町島希美絵, 大島千佳, 坂本麻衣子, 橋本大輔, 中野愛子, 小野茂伸, 雪竹基弘, 門司晃, 松島俊夫, 浅見豊子, 原英夫, 堀川悦夫
日本高次脳機能障害学会学術総会プログラム・講演抄録   8 Nov 2013   
大島千佳, 中山功一, 伊藤直樹, 西本一志, 安田清, 細井尚人, 奥村浩, 堀川悦夫
情報処理学会研究報告(Web)   24 Aug 2013   
シンセサイザのボコーダの機能を利用し,発声をリアルタイムに長調や短調の音楽に変換することによる,気分の変化について調べた.音楽はさらに MusiCuddle というシステムを利用し,ユーザの発声と同じ音高から開始された.実験の結果,気分の変化に関して,短調と長調の和声フレーズの条件の間で,「陽気な」 「悲観した」 に差異が認められた.ここから,憂鬱な気分であっても,自分の発声が強制的に楽しい気分を誘う音楽に変換されると,気分が楽しくなることが示唆された.
中山功一, 小野雅斗, 福本敬也, 大島千佳
知能システムシンポジウム資料   14 Mar 2013   
大島千佳, 中山功一, 伊藤直樹, 西本一志, 安田清, 細井尚人, 堀川悦夫
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM)   21 Nov 2012   
堀川悦夫, 町島君枝, 大島千佳, 佐藤鮎美
自動車技術会学術講演会前刷集   3 Oct 2012   
大島 千佳, 伊藤 直樹, 西本 一志
ヒューマンインタフェース学会研究報告集   2012   
安田清, 桑原教彰, 中村雅巳, 森本一成, 中山功一, 大島千佳, 青江順一
ヒューマンインタフェース学会研究報告集(CD-ROM)   2012   
大島千佳, 伊藤直樹, 西本一志, 安田清, 山下ひろみ, 細井尚人, 中山功一, 奥村浩, 堀川悦夫
ヒューマンインタフェース学会研究報告集(CD-ROM)   2012   
大島千佳, 伊藤直樹, 西本一志, 安田清, 細井尚人, 中山功一, 堀川悦夫
人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM)   2012   
中山功一, 乗冨喜子, 大島千佳
人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM)   2012   
大島千佳, 安田清, 伊藤直樹, 西本一志, 細井尚人, 中山功一
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM)   21 Nov 2011   
大島千佳, 安田清, 西本一志, 中山功一
電気関係学会九州支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   16 Sep 2011   
我々は,音楽により認知症患者や介護者を支援するシステムを開発している.そのうちの1つは,患者が打楽器やタッチパッド,または電子ピアノの1つの鍵を叩いていくだけで,伴奏や他者とアンサンブルができる演奏支援システムである.評価実験を通して,システムの患者に対する有効性を示すことが望ましいが,患者個々の症状,レベル(軽度~重度),本人の興味の対象などは多様であり,さらに患者への身体的な計測の制限も大きいため,容易ではない.本稿では,患者にシステムを利用してもらった事例を紹介し,本研究の目的に合う...
大島千佳, 伊藤直樹, 西本一志, 細井尚人, 安田清, 中山功一
情報処理学会シンポジウム論文集   3 Mar 2011   
大島 千佳, 伊藤 直樹, 西本 一志
ヒューマンインタフェース学会研究報告集   2011   
大島千佳, 伊藤直樹, 西本一志, 細井尚人, 安田清, 中山功一
ヒューマンインタフェース学会研究報告集(CD-ROM)   2011   
大島千佳, 中山功一, 安田清, 伊藤直樹, 西本一志, 細井尚人, 奥村浩
人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM)   2011   
Ichiro Umata, Chika Oshima, Sadanori Ito, Shoichiro Iwasawa, Hidenori Nakamura, Akira Endo, Yoh Nakayama, Hiroshi Ando
2010 4th International Universal Communication Symposium, IUCS 2010 - Proceedings   1 Dec 2010   
A remote communication experiment was conducted to examine the effect of 3D images on social interaction in a music education setting. Students played a set piece after watching the teacher's model performance images. A questionnaire analysis show...
大島千佳, 中山功一, 安田清, 西本一志, 奥村浩
情報処理学会研究報告(CD-ROM)   15 Aug 2010   
OSHIMA CHIKA, NAKAYAMA KOICHI, YASUDA KIYOSHI, NISHIMOTO KAZUSHI, OKUMURA HIROSHI
研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)   23 Jul 2010   
認知症の行動・心理症状を緩和するといわれる活動の 1 つに音楽療法がある.毎日のように継続的に行うことが望ましいが,施設や自宅で音楽療法を行うことは容易ではない.そこで,認知症高齢者が 1 人でも音楽に関われるシステムの開発が期待される.本稿では,システムの要件を満たす仕様について議論する.Music therapy is one of the method that reduce behavioral and psychological symptoms of dementia. How...
大島千佳, 馬田一郎, 伊藤禎宣, 中村秀紀, 遠藤昭, 中山洋, 岩澤昭一郎, 鈴木幸平, 安藤広志
音楽音響研究会資料   2010   
Chika Oshima, Koichi Nakayama, Hiroshi Ando
ACM International Conference Proceeding Series   1 Dec 2009   
Some works have suggested that certain aromas can enhance the reality of visual images of distant locations on the basis of the CONTENTS constituting the images; and these CONTENTS can be referred to using nouns. Aromatic materials need to be clas...
大島千佳, 中山功一, 安藤広志
ヒューマンインタフェース学会研究報告集   2 Jul 2009   
大島千佳, 中山功一, 安藤広志, 須佐見憲史, 井ノ上直己
情報処理学会論文誌ジャーナル(CD-ROM)   15 Dec 2008   
Oshima Chika, Ando Hiroshi, Susami Kenji, Inoue Naomi
IPSJ SIG Notes   21 May 2008   
In this paper, we proposed the way of estimating the aroma that enhance the reality of the visual images from words indicating the things in the visual images. We conducted the experiments where subjects were asked to evaluate visual images which ...
大島千佳, 安藤広志, 須佐見憲史, 井ノ上直己
情報処理学会研究報告   21 May 2008   
In this paper, we proposed the way of estimating the aroma that enhance the reality of the visual images from words indicating the things in the visual images. We conducted the experiments where subjects were asked to evaluate visual images which ...
大島千佳, 安藤広志, 須佐見憲史
情報処理学会研究報告   31 Jan 2008   
In this paper, we describe the experiments where subjects were asked to select aroma materials that enhance the reality of visual images. The results suggest even for the visual images containing only objects whose aroma is hardly identifiable, pr...
OSHIMA Chika, INOUE Naomi
IPSJ SIG Notes   3 Aug 2007   
Even if a pupil has piano lessons, in most of practice time, he/she has to practice by him/her self at home. In this case, it is important for pupils to know their weaknesses and to think a way to appropriately practice. There are many etudes to p...
OSHIMA Chika, HIKAWA Naoto, NISHIMOTO Kazushi, INOUE Naomi
情報処理学会研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)   7 Jul 2006   
When we can express musical performance, it is important to reproduce a sequence of notes easier. Most piano practice support systems that have a function of presenting a model performance show which of key a user should touch each time. We think ...
大島千佳, 樋川直人, 西本一志, 井ノ上直己
情報処理学会研究報告   6 Jul 2006   
大島千佳, 伊藤直樹, 西本一志, 苗村昌秀
情報処理学会研究報告   13 Mar 2006   
Recently, many people who have a little experience of playing the musical instruments try to perform again. However, it is hard for them to try difficult pieces in each ability of them. Then, we aim to develop a "musical-score content" allows the ...
樋川直人, 大島千佳, 西本一志, 苗村昌秀
情報処理学会シンポジウム論文集   2 Mar 2006   
Chika Oshima, Kazushi Nishimoto, Masami Suzuki
Proc. of the ACM MM '04 and Co-Located Workshops   1 Dec 2004   
In this paper we propose a collaborative musical edutainment system named "Family Ensemble" (FE). FE allows a parent and his/her child to readily enjoy ensembles together at home, in this case, a piano duo, even if the parent has little or no expe...
大島千佳, 西本一志, 鈴木雅実
情報処理学会研究報告   2 Aug 2004   
We aim at construct an education support system that allows piano performers to be aware of an inappropritate control on key-release velocity. In this paper, we show importance and effects of controlling key-release velocity based on their transit...
大島千佳, 西本一志
情報処理学会シンポジウム論文集   4 Mar 2004   
OSHIMA Chika, SHIMOJIMA Atsushi
情報処理学会研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)   7 Nov 2003   
A performer plays a musical instrument to convey a new performance plan to his/her partners at joint practices. This paper reports an exploratory study of the grounding functions of instrument plays in dialogue. We used the Clark-Schaeter contribu...
大島千佳, 下嶋篤
情報処理学会研究報告   7 Nov 2003   
合同練習のような複数の奏者で演奏を構築していく過程では,お互いの「演奏プラン」を伝え合うための手段として楽器を奏でること(本稿では「楽器奏」と呼ぶ.)がある.本稿では,対話における楽器奏の機能について調べるための予備的な研究として,6対話分のピアノ連弾の練習を収録した.Clark-Schaeferの「基盤化」の理論を用いて分析したところ,楽器奏には,楽器奏に含まれる情報を個人的に操作して調整を図るための「認知的機能」と,パートナーに情報を伝えるための「コミュニケーション機能」の両機能がある...
平賀瑠美, 大島千佳, 西本一志
情報処理学会研究報告   16 May 2003   
"Rencon"(Performance Rendering Contest) has started from 2002 as a workshop to establish evaluation methods for performance rendering systems. Expressive performance is rendered by a software system with the data of musical scores and correspondin...
Chika Oshima, Yohei Miyagawa, Kazushi Nishimoto, Kazushi Nishimoto, Takashi Shirosaki
IFIP Advances in Information and Communication Technology   1 Jan 2003   
A great number of people desire to actively enjoy music. However, it requires a strong effort for a person to compose or perform a musical piece with conventional musical instruments. In this paper, we propose a "two-step input method" to construc...
Grounding Function of Instrument Plays in Dialogue: A Case-study of Piano Duos in Joint Practice 'jointly worked'
The 25th Annual Conference of the Cognitive Science Society(CD-ROM)   2003   
Kazushi Nishimoto, Chika Oshima, Yohei Miyagawa, Takashi Shirosaki
Conference on Human Factors in Computing Systems - Proceedings   1 Dec 2002   
A musical instrument was proposed that allows people to concentrate on controlling indiscrete elements. This instrument enables people to directly create their musical expressions. A prototype musical instrument, Coloring-in Piano (CiP), was also ...
Chika Oshima, Kazushi Nishimoto, Yohei Miyagawa, Takashi Shirosaki
Proceedings of the Fourth Creativity and Cognition Conference   1 Dec 2002   
In this paper, we propose a concept for helping performers to freely demonstrate their musical expression. This approach divides all of the musical elements into non-expressive elements and expressive elements and allows the performer to directly ...
大島千佳, 下嶋篤
情報処理学会研究報告   25 Oct 2002   
A performance of more than two performer needs joint practices for forming a new performance plan. They play partial performances and speech to convey their own performance plan. However, it is not always true that they can interact each other smo...
西本一志, 大島千佳, 宮川洋平, 白崎隆史
情報処理学会全国大会講演論文集   12 Mar 2002   
A Musical Instrument for Facilitate Musical Expressions
CHI2002 Extended Abstracts   2002   
A Concept to Facilitate Musical Expression 'jointly worked'
Proc. Creativiity & Cognition, ACM Press   2002   
宮川洋平, 白崎隆史, 大島千佳, 西本一志
情報処理学会研究報告   22 Dec 2001   
We propose a new method named "Two-Step input method" for making performance data of computer music. The first step of the method is to input only pitch data. The second step of the method is to input various musical expressions. We applied "Color...
大島千佳, 宮川洋平, 西本一志
情報処理学会研究報告   26 Oct 2001   
In a piano lesson, a teacher teaches a way of performance by indicating some indirect cues, e. g. , metaphors and singing. A model performance is one of the important cues. Meanwhile, it is difficult for the teacher to perform a very technical pie...
大島千佳, 西本一志
情報処理学会研究報告   4 Aug 2001   
We have been studying a process of acceptance and formation of musical knowledge in the pupil by comparing the pupil's performance with the teacher's performance through piano lesson experiments. In this paper, we describe analyses of key-release ...
OOSHIMA Chika, NISHIMOTO Kazushi, KONAGAYA Akihiko
IPSJ SIG Notes   12 Oct 2000   
The purpose of this study is to demonstrate quantitative approach to"Good Performance"and"Good music education"from an informative science point of view. In this paper, we had 5 different piano lessons and analyzed differences between the performa...
大島千佳, 西本一志, 小長谷明彦
情報処理学会研究報告   12 Oct 2000   
The purpose of this study is to demonstrate quantitative approach to"Good Performance"and"Good music education"from an informative science point of view. In this paper, we had 5 different piano lessons and analyzed differences between the performa...

Association Memberships

 
Information Proceeding Society of Japan

Research Grants & Projects

 
A Collaborative Musical Edutainment System for Children and Parents
Project Year: 2003 - 2005
The Phantom of the Piano: A Education Support System that Encourage to Study for Learner-self
Project Year: 2005