日本の女性研究者

実験動物学

研究者リスト >> 藤幸 知子
 

藤幸 知子

 
アバター
研究者氏名藤幸 知子
 
フジユキ トモコ
所属東京大学
部署医科学研究所実験動物研究施設
職名助教
学位博士(東京大学)

研究キーワード

 
ウイルス , 微生物 , 感染症 , 腫瘍 , 実験動物 , 昆虫

研究分野

 
  • 基礎医学 / ウイルス学 / 
  • 実験動物学 / 実験動物学 / 
  • 生物科学 / 分子生物学 / 

経歴

 
2012年5月
 - 
現在
東京大学医科学研究所実験動物研究施設 助教
 
2011年4月
 - 
2012年4月
東京大学医科学研究所感染症国際研究センター 特任研究員
 
2009年4月
 - 
2011年3月
東京大学大学院薬学系研究科微生物薬品科学教室 日本学術振興会特別研究員(RPD)
 
2005年4月
 - 
2009年3月
東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻細胞生理化学研究室 日本学術振興会特別研究員(PD)
 
2006年4月
 - 
2006年10月
Wuerzburg Universitaet, BeeGroup 客員研究員
 
2002年4月
 - 
2005年3月
東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻細胞生理化学研究室 日本学術振興会特別研究員(DC1)
 

学歴

 
2002年
 - 
2005年
東京大学 大学院薬学系研究科機能薬学専攻博士課程(指導教員:理学系研究科 久保健雄教授) 
 
2000年
 - 
2002年
東京大学 大学院薬学系研究科機能薬学専攻修士課程(指導教員:理学系研究科 久保健雄教授) 
 
1998年
 - 
2000年
東京大学 薬学部(指導教員:関水和久教授) 
 

論文

 
Awano M, Fujiyuki T, Shoji K, Amagai Y, Murakami Y, Furukawa Y, Sato H, Yoneda M, Kai C
Cancer Science   107(11) 1647-1652   2016年11月   [査読有り]
Amagai Y, Fujiyuki T, Yoneda M, Shoji K, Furukawa Y, Sato H, Kai C
Scientific Reports   6 24572   2016年4月   [査読有り]
Shoji K, Yoneda M, Fujiyuki T, Amagai Y, Tanaka A, Matsuda A, Ogihara K, Naya Y, Ikeda F, Matsuda H, Sato H, Kai C
MOLECULAR THERAPY — ONCOLYTICS   3 15022   2016年1月   [査読有り]
Suenami S, Paul RK, Takeuchi H, Okude G, Fujiyuki T, Shirai K, Kubo T
PLoS ONE   11(6) e0157841   2016年   [査読有り]
Fujiyuki T, Yoneda M, Amagai Y, Obayashi K, Ikeda F, Shoji K, Murakami Y, Sato H, Kai C
Oncotarget   6(28) 24895-24903   2015年9月   [査読有り]
Miura R, Kooriyama T, Yoneda M, Takenaka A, Doki M, Goto Y, Sanjoba C, Endo Y, Fujiyuki T, Sugai A, Tsukiyama-Kohara K, Matsumoto Y, Sato H, Kai C
PLoS Neglected Tropical Diseases   9(7) e0003914   2015年7月   [査読有り]
Fujiyuki T, Yoneda M, Yasui F, Kuraishi T, Hattori S, Kwon HJ, Munekata K, Kiso Y, Kida H, Kohara M, Kai C
PLoS ONE   8 e83551   2013年12月   [査読有り]
Kaneko K, Ikeda T, Nagai M, Hori S, Umatani C, Tadano H, Ugajin A, Nakaoka T, Paul RK, Fujiyuki T, Shirai K, Kunieda T, Takeuchi H, Kubo T
PLoS ONE   8 e71732   2013年8月   [査読有り]
Kaito C, Saito Y, Ikuo M, Omae Y, Mao H, Nagano G, Fujiyuki T, Numata S, Han X, Obata K, Hasegawa S, Yamaguchi H, Inokuchi K, Ito T, Hiramatsu K, Sekimizu K
PLoS Pathogens   9 e1003269   2013年4月   [査読有り]
Uno Y, Fujiyuki T, Morioka M, Kubo T
Insect Molecular Biology   22 52-61   2013年2月   [査読有り]
Evaluation of innate immune stimulating activity of polysaccharides using a silkworm (Bombyx mori) muscle contraction assay.
Fujiyuki T, Hamamoto H, Ishii K, Urai M, Kataoka K, Takeda T, Shibata S, Sekimizu K
Drug Discoveries & Therapeutics   6(2) 88-93   2012年4月   [査読有り]
Albert Š, Gätschenberger H, Azzami K, Gimple O, Grimmer G, Sumner S, Fujiyuki T, Tautz J, Mueller MJ
Insect Biochemistry and Molecular Biology   41 968-981   2011年12月   [査読有り]
Evaluation of therapeutic effects and pharmacokinetics of antibacterial chromogenic agents in a silkworm model of Staphylococcus aureus infection.
Fujiyuki T, Imamura K, Hamamoto H, Sekimizu K
Drug Discoveries & Therapeutics   4(5) 349-354   2010年10月   [査読有り]
Kaneko, K., Hori, S., Morimoto, M. M., Nakaoka, T., Paul, R. K., Fujiyuki, T., Shirai, K., Wakamoto, K., Tsuboko, S., Takeuchi, H. and Kubo, T
PLoS ONE   5 e9213   2010年   [査読有り]
Fujiyuki T*, Matsuzaka E, Nakaoka T, Takeuchi H, Wakamoto A, Ohka S, Sekimizu K, Nomoto A, Kubo T. *:corresponding author.
Journal of Virology   83 11560-11568   2009年11月   [査読有り]
Hasegawa M*, Asanuma S*, Fujiyuki T*, Kiya T*, Sasaki T, Endo D, Morioka M, Kubo T. *: equally contribution.
Insect Biochemistry and Molecular Biology   39 661-667   2009年10月   [査読有り]
Uno Y, Fujiyuki T, Morioka M, Takeuchi H, Kubo T
FEBS Letters   581 97-101   2007年1月   [査読有り]
Ando T*, Fujiyuki T*, Kawashima T*, Morioka M, Kubo T, Fujiwara H. *: equally contribution.
Biochemical and Biophysical Research Communications   352 335-340   2007年1月   [査読有り]
Fujiyuki T*, Ohka S, Takeuchi H, Ono M, Nomoto A, Kubo T*. *: corresponding authors.
Journal of Virology   80 11528-11538   2006年12月   [査読有り]
Kunieda T*, Fujiyuki T*, Kucharski R*, Foret S*, Ament SA*, Toth AL*, Ohashi K, Takeuchi H, Kamikouchi A, Kage E, Morioka M, Beye M, Kubo T, Robinson GE, Maleszka R. *: equally contribution.
Insect Molecular Biology   15 563-576   2006年10月   [査読有り]

Misc

 
A novel strategy of oncotherapy using a recombinant oncolytic measles virus.
Kai C, Sugiyama T, Fujiyuki T, Yoneda M.
Int. J. Mol. Med.   34(Supplement 1) S131-S131   2014年   [依頼有り]
攻撃的なミツバチから見つかったKakugoウイルスの疫学的解析 ミツバチにみるウイルス−宿主間相互作用
藤幸知子、久保健雄
化学と生物   46(7) 491-495   2008年
社会性昆虫ミツバチのゲノムが語るものーミツバチのゲノムから社会性の理解へー
國枝武和、藤幸知子、久保健雄
生物の科学・遺伝   61 4-7   2007年
ミツバチの攻撃性の研究から Kakugo ウイルスの同定に至るまで
藤幸知子
昆虫DNA研究会レター   1 38-42   2004年
セイヨウミツバチの攻撃的な働き蜂の脳から同定されたKakugoウイルス
藤幸知子、竹内秀明、久保健雄
ミツバチ科学   25 145-151   2004年

書籍等出版物

 
Epidemiology of Kakugo Virus, An Insect Picorna-like Virus Identified in Aggressive Honeybee Workers -- A Study of Virus-host Interactions in the Honeybee Society : In Insect Viruses: Detection, Characterization and Roles.
Tomoko Fujiyuki
Nova Science Publishers Inc.   2009年   

講演・口頭発表等

 
Kakugo virus: a novel RNA virus identified in the brains of aggressive worker honeybees. [招待有り]
Conference Jacques Monod “Multiple functions of RNA in gene regulation".   2006年   
Prevalence and phylogeny of Kakugo virus identified from aggressive worker honeybee (Apis mellifera L.) under various colony conditions.
EurBee Second European Conference of Apidology 2006   2006年   
Kakugo virus, a novel insect picorna like virus.
Honey bee pathogens workshop   2006年   
A novel insect picorna-like virus identified in the brains of aggressive worker honeybees.
The New Frontier of RNA Science, RNA 2003 Kyoto   2003年   

所属学協会

 
日本ウイルス学会 , 日本実験動物学会 , 日本癌学会 , 日本分子生物学会 , American Society for Microbiology

Works

 
Honeybee genome project
2005年
Joint research project in 2006 on honeybees-viruses at the University Würzburg/Germany
2006年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 藤幸 知子
文部科学省: 科学研究費補助金(研究活動スタート支援)
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 藤幸知子
カイコを利用したRNAウイルス感染症治療薬の開発および感染の分子機構の解明に関する研究
科学研究費補助金(特別研究員奨励費)
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 藤幸知子
ウイルス感染がミツバチの攻撃行動に及ぼす影響の分子神経学的解析
科学研究費補助金(特別研究員奨励費)
研究期間: 2005年 - 2008年    代表者: 藤幸知子
ミツバチの攻撃行動を規定する遺伝子の同定と解析
科学研究費補助金(特別研究員奨励費)
研究期間: 2002年 - 2005年    代表者: 藤幸知子