日本の女性研究者

生物分子科学

研究者リスト >> 大崎 愛弓
 

大崎 愛弓

 
アバター
研究者氏名大崎 愛弓
 
オオサキ アユミ
URLhttp://ohsakilabo.jimdo.com/
所属日本大学
部署文理学部化学科
職名准教授
学位理学博士
科研費研究者番号50161360

研究キーワード

 
薬用植物 , 生物活性物質 , 天然物 , 天然物化学 , 生薬学 , 有機生物化学 , 創薬化学 , ケミカルバイオロジー

研究分野

 
  • 生体分子科学 / 生物分子化学 / 

経歴

 
1983年4月
 - 
1987年3月
近畿大学医学部化学教室 助手
 
1987年4月
 - 
1991年3月
近畿大学医学部化学教室 講師
 
1992年9月
 - 
1999年3月
東京医科歯科大学医用器材研究所 教務職員
 
1999年4月
 - 
2003年3月
東京医科歯科大学生体材料工学研究所 助手
 
2003年4月
 - 
2013年3月
東京医科歯科大学生体材料工学研究所 助教
 

学歴

 
1983年4月
 - 
1985年3月
大阪市立大学大学院 理学研究科 化学専攻
 

委員歴

 
2014年
 - 
2016年
専門委員 
 
2014年
 - 
2015年
総務小委員会委員 
 

受賞

 
2007年6月
日本化学会年会ポスター賞 ブラジル産薬用植物に含まれる抗Helicobactor pylori活性物質のフラッシュマイクロアナリシス
 

論文

 
Nat. Prod. Commun, in press.Tsukada, H.; Kawabe, H.; Ohtaka, Tsukada, H.; Kawabe, H.; Ohtaka, A.; Saito, Y.; Okamoto, Y.; Tori, M.; Kagechika, H.; Hirota, H.; Gong, X.; Kuroda, C.; Ohsaki, A. Two new diterpenoids from Salvia przewarskii., in press.
11 159-161   2016年
南米産薬用植物Licaria puchury-major種子のアルカロイド成分と薬剤耐性がん細胞に対する殺細胞活性、
大崎愛弓、宝谷尚徳、小沢正晃、岸田晶夫、小宮山寛機、久保伊佐夫
日本大学文理学部自然科学研究所研究紀要   50 298-298   2015年2月   [査読有り][招待有り]
中国横断山脈地域に生育するキク科Liguraria属植物の生産するフラノエレモフィラン化合物の多様性
黒田智明、花井亮、通元夫、岡本育子、齋藤義紀、永野肇、大崎愛弓、廣田洋、川原孝行、Xun GONG.
有機合成化学協会誌   72(6) 717-725   2014年6月
N-methyltaurine N-acyl amidated bile asics and deoxycholic acid in the bile of angelfish (Pomacanthidae): a novel bile acid profile in Perciform fish.
Steroids   80 15-23   2014年1月   [査読有り]
Two new norursane-type triterpenoids from collected in China
Saito, Y.; Takashima, Y.; Okamoto, Y.; Komiyama, T.; Ohsaki, A.; Gong, X.;Tori, M.
41 372-373   2012年6月   [査読有り]

書籍等出版物

 
知のスクランブル-文理的思考の挑戦 (分担執筆)植物を化学する
日本大学文理学部編  (担当:共著)
ちくま新書   2017年2月   

所属学協会

 
日本ケミカルバイオロジー学会 , 日本生薬学会 , アメリカ生薬学会 , 日本薬学会 , アメリカ化学会 , 日本化学会