日本の女性研究者

Laboratory Animal Science

研究者リスト >> 山田 真吏奈
 

山田 真吏奈

 
アバター
研究者氏名山田 真吏奈
 
ヤマダ マリナ
所属日本医科大学
部署千葉北総病院 救命救急センター
職名講師
学位博士(医学)(慶應義塾大学)
科研費研究者番号70508621

研究キーワード

 
熱傷 , 敗血症 , 炎症 , 脳機能障害 , 神経解剖学 , 行動薬理学

研究分野

 
  • 基礎医学 / 免疫学 / 
  • 神経科学 / 神経化学・神経薬理学 / 
  • 実験動物学 / 実験動物学 / 
  • 基礎医学 / 解剖学一般(含組織学・発生学) / 
  • 基礎医学 / 薬理学一般 / 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
日本医科大学 千葉北総病院 救命救急センター 講師
 
2014年4月
 - 
2015年3月
日本医科大学 千葉北総病院 救命救急センター 助教
 
2009年11月
 - 
2014年3月
Massachusetts General Hospital ポストドクター
 
2008年4月
 - 
2009年10月
慶應義塾大学 医学部 解剖学教室 特別研究助教
 
2007年4月
 - 
2008年3月
日本学術振興会特別研究員 (PD)
 

学歴

 
2004年4月
 - 
2007年3月
慶應義塾大学 大学院医学研究科 生理系専攻
 
2002年4月
 - 
2004年3月
慶應義塾大学 大学院医学研究科 医科学専攻
 
1995年4月
 - 
1997年3月
昭和女子大学 生活科学部 生活環境学科
 

受賞

 
2015年5月
日本Shock学会 第30回日本Shock学会総会 会長賞
 
2010年10月
The Society of Critical Care Anesthesiologists Young Investigator Award
 
2006年3月
日本薬理学会 第79回日本薬理学会年会 年会優秀発表賞
 

論文

 
AMPA receptor antagonist perampanel ameliorates post-stroke functional and cognitive impairments.
Nakajima M, Suda S, Sowa K, Sakamoto Y, Nito C, Nishiyama Y, Aoki J, Ueda M, Yokobori S, Yamada M、Yokota H, Okada T, Kimura K.
Neuroscience.   386 256-264   2018年8月   [査読有り]
Lysophosphatidylcholine as a predictor of postoperative complications after colorectal cancer surgery.
Matsuda A, Yamada M,, Matsumoto S, Sakurazawa N, Yamada T, Matsutani T, Miyashita M, Uchida E.
Surg Today.   48(10) 936-943   2018年5月   [査読有り]
Comparison between metallic stent and transanal decompression tube for malignant large-bowel obstruction.
Matsuda A, Miyashita M, Matsumoto S, Sakurazawa N, Takahashi G, Matsutani T, Yamada M, Uchida E.
J Surg Res.   205(2) 474-481   2016年10月   [査読有り]
Impact of Neoadjuvant Chemoradiation on Short-Term Outcomes for Esophageal Squamous Cell Carcinoma Patients: A Meta-analysis.
Sathornviriyapong S, Matsuda A, Miyashita M, Matsumoto, Sakurazawa N, Kawano Y, Yamada M, Uchida E.
Ann Surg Oncol.   23(11) 3632-3640   2016年10月   [査読有り]
Microfluidic assay for precise measurements of mouse, rat, and human neutrophil chemotaxis in whole-blood droplets.
Jones CN, Hoang AN, Martel JM, Dimisko L, Mikkola A, Inoue Y, Kuriyama N, Yamada M, Hamza B, Kaneki M, Warren HS, Brown DE, Irimia D.
J Leukoc Biol.   100(1) 241-247   2016年7月   [査読有り]

所属学協会

 
日本Shock学会 , 日本脳死脳蘇生学会 , Surgical Infection Society , American Burn Association , 日本神経科学学会 , 日本薬理学会 , 北米神経学会

競争的資金等の研究課題

 
急性硬膜下血腫-幹細胞移植モデルを用いた急性期プレコンディショニング治療の確立
文部科学省: 科学研究費助成金・挑戦的萌芽研究
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 横堀将司
PICS関連の中枢神経障害を予測するバイオマーカーの開発と臨床応用
文部科学省: 科学研究費助成金・基盤研究(C)
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 山田真吏奈
MMP-9の発現に関わるmiRNAに着目した食道癌 新規診断・治療法の検討
文部科学省: 科学研究費助成金・基盤研究(C)
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 宮下正夫
リゾリン脂質の外科侵襲後炎症性生体反応への関与とその治療応用
文部科学省: 科学研究費助成金・基盤研究(C)
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 松田明久
重症敗血症後の長期認知機能障害機構の解明
文部科学省: 研究活動スタート支援
研究期間: 2014年8月 - 2016年3月    代表者: 山田真吏奈