日本の女性研究者

実験動物学

研究者リスト >> 山田 真吏奈
 

山田 真吏奈

 
アバター
研究者氏名山田 真吏奈
 
ヤマダ マリナ
所属日本医科大学 千葉北総病院
部署救命救急センター
職名講師
学位博士(医学)(慶應義塾大学)
科研費研究者番号70508621

研究キーワード

 
熱傷 , 敗血症 , 炎症 , 脳機能障害 , 神経解剖学 , 行動薬理学

研究分野

 
  • 基礎医学 / 免疫学 / 
  • 神経科学 / 神経化学・神経薬理学 / 
  • 実験動物学 / 実験動物学 / 
  • 基礎医学 / 解剖学一般(含組織学・発生学) / 
  • 基礎医学 / 薬理学一般 / 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
日本医科大学 千葉北総病院 救命救急センター 講師
 
2014年4月
 - 
2015年3月
日本医科大学 千葉北総病院 救命救急センター 助教
 
2009年11月
 - 
2014年3月
Massachusetts General Hospital ポストドクター
 
2008年4月
 - 
2009年10月
慶應義塾大学 医学部 解剖学教室 特別研究助教
 
2007年4月
 - 
2008年3月
日本学術振興会特別研究員 (PD)
 

学歴

 
2004年4月
 - 
2007年3月
慶應義塾大学 大学院医学研究科 生理系専攻
 
2002年4月
 - 
2004年3月
慶應義塾大学 大学院医学研究科 医科学専攻
 
 
 - 
1997年
昭和女子大学 生活科学部 生活環境学科
 

受賞

 
2015年5月
日本Shock学会 第30回日本Shock学会総会 会長賞
 
2010年10月
The Society of Critical Care Anesthesiologists Young Investigator Award
 
2006年3月
日本薬理学会 第79回日本薬理学会年会 年会優秀発表賞
 

論文

 
Thiosulfate Mediates Cytoprotective Effects of Hydrogen Sulfide Against Neuronal Ischemia.
Marutani E, Yamada M, Ida T, Tokuda K, Ikeda K, Kai S, Shirozu K, Hayashida K, Kosugi S, Hanaoka K, Kaneki M, Akaike T, Ichinose F.
J Am Heart Assoc.   4(11)    2015年11月   [査読有り]
Prognostic Significance of Neutrophil-to-Lymphocyte Ratio and Platelet-to-Lymphocyte Ratio in Oncologic Outcomes of Esophageal Cancer: A Systematic Review and Meta-analysis.
Yodying H, Matsuda A, Miyashita M, Matsumoto S, Sakurazawa N, Yamada M, Uchida E.
Ann Surg Oncol.      2015年9月   [査読有り]
Isoperistaltic versus antiperistaltic stapled side-to-side anastomosis for colon cancer surgery: a randomized controlled trial.
Matsuda A, Miyashita M, Matsumoto S, Sakurazawa N, Takahashi G, Yamada M, Uchida E.
J Surg Res.   196(1) 107-112   2015年6月   [査読有り]
Role of protein farnesylation in burn-induced metabolic derangements and insulin resistance in mouse skeletal muscle.
Nakazawa H, Yamada M, Tanaka T, Kramer J, Yu YM, Fischman AJ, Martyn JA, Tompkins RG, Kaneki M.
PLoS One   16;10(1)    2015年1月   [査読有り]
Inflammatory stimuli induce inhibitory S-nitrosylation of the deacetylase SIRT1 to increase acetylation and activation of p53 and p65.
Shinozaki S, Chang K, Sakai M, Shimizu N, Yamada M, Tanaka T, Nakazawa H, Ichinose F, Yamada Y, Ishigami A, Ito H, Ouchi Y, Starr ME, Saito H, Shimokado K, Stamler JS, Kaneki M.
Sci Signal   7(351)    2014年11月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
[Gly(14)]-Humanin ameliorates memory impairment caused by ovariectomy in mice by inducing local estrogen biosynthesis.
Yamada M, Aiso S, Chiba T.
第82回 日本薬理学会年会   2009年3月16日   
JAK2/STATシグナルはアルツハイマー病関連記憶障害に対するコリベリンの治療効果を媒介する
第81回日本薬理学会年会   2008年   
Colivelin鼻腔内投与療法はJAK2/STAT3経路を活性化してアルツハイマー病関連記憶障害を改善する
第80回日本薬理学会年会   2007年   
アルツハイマー病治療薬開発:ADNFとヒューマニンのハイブリッドペプチドの抗アルツハイマー病細胞死抑制作用
第16回神経行動薬理若手の集い   2007年   

所属学協会

 
日本Shock学会 , 日本脳死脳蘇生学会 , Surgical Infection Society , American Burn Association , 日本神経科学学会 , 日本薬理学会 , 北米神経学会

競争的資金等の研究課題

 
重症敗血症後の長期認知機能障害機構の解明
日本学術振興会: 研究活動スタート支援
研究期間: 2014年8月 - 2016年3月    代表者: 山田 真吏奈
性差に注目したアルツハイマー病関連記憶障害発症機構の解析
日本学術振興会: 科学研究費補助金・基盤C
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 山田 真吏奈
公益信託山村富美記念助成自然科学者研究助成基金
研究期間: 2008年4月 - 2009年3月    代表者: 山田 真吏奈
神経変性疾患に対する新規治療薬開発
科学研究費補助金
研究期間: 2005年 - 2007年