日本の女性研究者

科学教育・教育工学

研究者リスト >> 久利 美和
 

久利 美和

 
アバター
研究者氏名久利 美和
 
クリ ミワ
URLhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/6fd06aa1ca4048b36d3c1de6a0a88b07.html
所属東北大学
部署災害科学国際研究所 リーディング大学院
職名講師
学位博士(筑波大学)

研究分野

 
  • 社会・安全システム科学 / 自然災害科学・防災学 / 
  • 地球惑星科学 / 固体地球惑星物理学 / 
  • 科学教育・教育工学 / 科学教育 / 

委員歴

 
2012年4月
 - 
現在
宮城県古川黎明高等学校SSH運営指導員  委員
 
2010年5月
 - 
現在
地球惑星連合学会・キャリア支援事業  委員
 
2008年5月
 - 
現在
地球惑星連合学会・広報普及委員会  委員
 
2012年5月
   
 
IODP343次航海  アウトリーチ担当
 

受賞

 
2013年4月
文部科学省 平成25年度科学技術分野の文部科学大臣表彰科学技術賞[理解増進部門]
 
2013年3月
東北大学 総長教育賞
 

論文

 
Kuri Miwa, Donovan Amy, Suppasri Anawat, Torayashiki Tetsuya
JOURNAL OF DISASTER RESEARCH   13(3) 547-558   2018年6月   [査読有り]
Donovan Amy, Suppasri Anawat, Kuri Miwa, Torayashiki Tetsuya
INTERNATIONAL JOURNAL OF DISASTER RISK REDUCTION   27 57-67   2018年3月   [査読有り]
Design and Development of a Tethered Mobile Robot to Traverse on Steep Slope based on an Analysis of its Slippage and Turnover
Nagatani Keiji, Tatano So, Ikeda Keisuke, Watanabe Atsushi, Kuri Miwa
2017 IEEE/RSJ INTERNATIONAL CONFERENCE ON INTELLIGENT ROBOTS AND SYSTEMS (IROS)   2637-2642   2017年   [査読有り]
Jibiki Yasuhito, Kure Shuichi, Kuri Miwa, Ono Yuichi
INTERNATIONAL JOURNAL OF DISASTER RISK REDUCTION   15 24-28   2016年3月   [査読有り]
Yi Carine J., Kuri Miwa
JOURNAL OF RISK RESEARCH   19(7) 951-963   2016年   [査読有り]

Misc

 
久利美和, SUARTINI Ni Nengah, BUDIANA I Made, 杉安和也, 松本行真
東北地域災害科学研究   54 253‐258   2018年3月
宮鍋慶介, 熊谷裕太, 新谷直己, 佐々木隼相, 長谷川翔, 久利美和
東北地域災害科学研究   54 273‐278   2018年3月
佐々木隼相, 山田修司, 綿引周, 久利美和
東北地域災害科学研究   54 285‐289   2018年3月
佐々木 隼相, 山田 修司, 綿引 周, 久利 美和
東北地域災害科学研究 = Tohoku journal of natural disaster science   54 285-289   2018年3月
宮鍋 慶介, 熊谷 裕太, 新谷 直己, 佐々木 隼相, 長谷川 翔, 久利 美和
東北地域災害科学研究 = Tohoku journal of natural disaster science   54 273-278   2018年3月

書籍等出版物

 
世界の火山百科図鑑
著者:Mauro Rosi, Paolo Papale, Luca Lupi, Marco Stoppato 訳者:阿部なつ江 , 伊藤英之, 及川輝樹, 大場司, 岡田純, 久利美和, 小山真人, 竹内晋吾, 津根明, 津根いずみ, 常松佳恵, 東宮昭彦, 中野優, 萬年一剛, 安井真也, 吉田真理夫 (担当:共著, 範囲:92-97, 106-109, 118-119)
2008年6月   ISBN:4903530159

講演・口頭発表等

 
東日本大震災を決起と住民ニーズによる大学のアウトリーチ活動
地球惑星科学連合大会   2012年5月21日   
科学の現場から (1) 防災における科学と社会的意思決定
科学技術社会論学会   2011年12月4日   
東北大学大学院理学研究科・理学部におけるアウトリーチ活動とその支援
サイエンスアゴラ   2011年11月19日   
東北大学「はやぶさ」特別展でのアンケート結果からみる大学広報活動
地球惑星科学連合大会   2011年5月23日   
科学的不確実性を伝える企画としてのサイエンスカフェ
村上祐子、立花浩司
地球惑星科学連合大会   2011年5月23日   

所属学協会

 
地球惑星科学連合学会 , 日本地震学会 , 日本火山学会 , 日本地学教育学会 , 科学技術社会論学会 , 日本災害情報学会

社会貢献活動

 
「ちきゅう」が解き明かした巨大地震の謎
【その他】  2014年3月29日
パネルディスカッション:「ちきゅう」掘削で分かったこと
ファシリテータ
火山学会公開講座「姿を変える磐梯山」
【その他】  2013年9月28日
福島県猪苗代町体験交流館「学びいな」
多賀城高等学校防災講話「情報を吟味する」
【その他】  2013年6月24日
多賀城高等学校防災講話「情報を吟味する」
東北大学サイエンスカフェ「深海で探る巨大地震のなぞ」
【その他】  2013年3月28日
第91回
法と科学の哲学カフェ「防災・プライバシー・法」
【その他】  2012年12月4日
RISTEX「不確実な科学的状況での法的意思決定」

その他

 
2012年1月   地域学童施設での学習支援活動
大学生・大学院生を地域学童施設に派遣しての学習支援活動
2013年7月
木村淳,栗田敬,久利美和,倉本圭,はしもとじょーじ(2013)「第2回惑星科学最前線セミナー」 開催報告.日本惑星科学会誌「遊星人」Vol.22.No.1,p44-47
2011年11月
久利美和・村上祐子・立花浩司 (2011) 科学的不確実性を伝える企画としてのサイエンスカフェ、地震学会ニュースレター,Vol.23,No.4.
2011年2月
キッチン火山実験 大石 雅之, 久利 美和, 常松 佳恵 Rikatan 5(2) 58-62 2011年2月
2008年2月
東北大学の男女共同参画の取組み : 自然科学系分野での推進に向けて(男女共同参画のページ) 久利美和 電子情報通信学会誌 91(2) 157-158 2008年