日本の女性研究者

ジェンダー

研究者リスト >> 有園 博子
 

有園 博子

 
アバター
研究者氏名有園 博子
 
アリゾノ ヒロコ
eメールarizonohyogo-u.ac.jp
所属兵庫教育大学
部署大学院学校教育研究科
職名教授
学位博士(医学)(筑波大学), 修士(医科学)(筑波大学)
その他の所属兵庫教育大学大学院連合学校教育学研究科(博士課程)

プロフィール

◆資格:臨床心理士、精神保健福祉士、特別支援学校教諭(専修免許)等
◆メッセージ:学生さんへ
・研究では、科学的な論理的思考展開を楽しんでほしいと思っています。
・心理臨床では、対人援助活動をよりよく展開するために、せっかくの援助が相手への押し付けにならないように自分や相手の状態をよく見極める技量もぜひ身につけてほしいと考えています。

研究キーワード

 
心的外傷 , PTSD , ニオイ , 遺族 , 面会交流 , DV , 性暴力被害 , 精神保健 , 子ども虐待 , 家族内暴力 , トラウマ , 地域支援 , 福祉 , 発達

研究分野

 
  • ジェンダー / ジェンダー / 
  • 心理学 / 臨床心理学 / 
  • 内科系臨床医学 / 精神神経科学 / 

経歴

 
2008年
 - 
現在
国立大学法人 兵庫教育大学大学院連合学校教育学研究科(博士課程) 学校教育臨床連合講座 准教授、教授
 
2007年
 - 
現在
国立大学法人 兵庫教育大学大学院 学校教育研究科 准教授、教授
 
2004年
 - 
2007年
財)ひょうご震災記念21世紀研究機構 兵庫県こころのケアセンター研究部 主任研究員
 
2001年
 - 
2004年
茨城キリスト教大学 短期大学部、兼任:茨城キリスト教大学生活科学部人間福祉学科 助教授
 
2000年
 - 
2004年
国立茨城工業高等専門学校 学生相談室カウンセラー 非常勤講師
 

学歴

 
1996年4月
 - 
2001年3月
筑波大学 大学院博士課程医学研究科 環境生態系専攻
 
1994年4月
 - 
1996年3月
筑波大学 大学院修士課程医科学研究科 医科学専攻
 
1983年4月
 - 
1987年3月
立命館大学 文学部 
 
 
 - 
1982年3月
京都市立看護短期大学  
 

Misc

 
有園博子
日本子ども虐待防止学会学術集会大会プログラム・抄録集   21st 205   2015年11月   [査読有り]
有園博子、山崎晴恵、福島由美子、古川元美,
日本子ども虐待防止学会学術集会大会プログラム・抄録集   22nd 161   2016年11月
有園博子、松原裕子、濱岡里緒、西山みどり、中村有生
日本子ども虐待防止学会学術集会大会プログラム・抄録集   21st 63   2015年11月   [査読有り]
川島陽子, 有園博子
日本教育心理学会総会発表論文集   58th 796   2016年9月
有園博子
日本心理学会大会発表論文集   79th 1280-1280   2015年8月
大里 香織, 有園 博子
日本認知・行動療法学会大会プログラム・抄録集   (41) 420-421   2015年10月
青木翔, 有園博子
日本トラウマティック・ストレス学会大会プログラム・抄録集   14th 121   2015年6月
「配偶者等暴力対策基本計画改定のための  DV被害者支援機関利用者への聞き取り実態調査」報告書
有園 博子
受託研究報告書      2015年3月
高田昌代, 宮下ルリ子, 安達久美子, 有園博子, 井上裕子, 勝木洋子, 甲村弘子
若い男女の結婚・妊娠時期計画支援に関するプロモーションプログラムの開発に関する研究 平成26年度 総括・分担研究報告書   115-122   2015年
『福島県での親子遊びと親ミーティングにおける保育士・保健師・臨床心理士との協働』に関する研究調査報告書~多職種協働被災者支援プログラムの効果~
成井香苗 有園博子 吉田章子 成澤知美 冨永良喜
日本心理臨床学会被害者支援活動委員会・調査研究プロジェクト報告書      2014年8月

書籍等出版物

 
国立大学法人兵庫教育大学教育実践学叢書2 『教員養成と研修の高度化』
有園 博子 (担当:分担執筆, 範囲:「授業担当者からの報告」)
ジアース教育新社   2014年   
『発達心理学事典』
有園 博子 (担当:分担執筆, 範囲:「うしなう:犯罪被害」)
丸善出版   2013年   
『心理臨床学事典』
有園 博子 (担当:分担執筆, 範囲:「被害者支援:報道被害」)
丸善出版   2011年   
『教師のたまごのための教育相談』
有園 博子 (担当:分担執筆, 範囲:「小学校における子どもの問題」)
北樹出版   2010年   
『危機への心理支援学』
有園 博子 (担当:分担執筆, 範囲:「トラウマと喪失とストレス(7)喪失ステージモデルと二重過程モデル」)
遠見書房   2010年   

所属学協会

 
日本社会精神医学会 , 日本教育心理学会 , 日本心理学会 , 日本心理臨床学会 , 日本発達心理学会 , 日本児童青年精神医学会 , 日本精神神経学会 , 日本トラウマティック・ストレス学会 , 日本精神病理・精神療法学会 , 日本被害者学会 , 日本病跡学会 , 日本嗜癖行動学会 , 日本アルコール・薬物医学会 , 日本子ども虐待防止学会 , 日本EMDR学会

競争的資金等の研究課題

 
家族間暴力のある家庭での面会交流
文部科学省: 基盤研究(C)
研究期間: 2016年 - 2019年    代表者: 有園 博子
DV被害母子並行グループプログラム研究
受託研究
研究期間: 2016年 - 2017年    代表者: 有園 博子
青少年の「熟慮型」意思決定能力が危険行動防止,積極的健康に果たす機能
文部科学省: 基盤研究(C)
研究期間: 2013年 - 2017年    代表者: 西岡 伸紀
DV被害者支援の実態に関する調査研究
受託研究
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 有園 博子
思春期後期における結婚、出産のライフデザインに関連する不妊や月経教育との関連に関する研究
厚生労働省: 平成26年度厚生労働科学研究費補助金(政策科学総合研究事業)
研究期間:  - 2015年    代表者: 山本眞由美

社会貢献活動

 
尼崎市男女共同参画審議会委員
【助言・指導】  尼崎市  2016年 - 現在
児童虐待等対応専門アドバイザー
【講師, 助言・指導】  兵庫県  2015年 - 現在
小野市男女共同参画推進市民会議委員
【助言・指導】  小野市  2015年 - 現在
DV家庭における子ども虐待等への対応力強化研修
【講師, 助言・指導, 情報提供, 企画】  兵庫県健康福祉部 こども局 児童課  2015年 - 現在
性暴力被害者支援センター・ひょうご
【講師, 助言・指導, 運営参加・支援】  性暴力被害者支援センター・ひょうご  2013年 - 現在