日本の女性研究者

地域研究

研究者リスト >> 鈴木 桂子
 

鈴木 桂子

 
アバター
研究者氏名鈴木 桂子
 
スズキ ケイコ
所属立命館大学
部署衣笠総合研究機構
職名教授
学位博士(人類学)(ウィスコンシン大学マディソン校), 修士(人類学)・学芸員免許(ニューヨーク大学)
その他の所属立命館大学

研究キーワード

 
文化人類学、歴史人類学、象徴人類学、視覚文化研究、日本近世文化史、美術史、博物館学、表象論、物質文化

研究分野

 
  • 文化財科学・博物館学 / 文化財科学・博物館学 / 
  • 地域研究 / 地域研究 / 
  • 芸術学 / 美術史 / 
  • 史学 / 史学一般 / 
  • 史学 / 日本史 / 

経歴

 
2008年10月
 - 
2008年12月
立命館大学 衣笠総合研究機構 研究支援者
 
2009年1月
 - 
2012年3月
立命館大学 衣笠総合研究機構 特別招聘准教授
 
2012年4月
 - 
2013年3月
立命館大学 衣笠総合研究機構 特別招聘教授
 
2012年4月
   
 
立命館大学 衣笠総合研究機構 アート・リサーチセンター 副センタ―長
 
2013年4月
   
 
立命館大学 衣笠総合研究機構 教授(特別招聘研究教員)
 

学歴

 
 
 - 
2006年12月
[USA] ウィスコンシン大学マディソン校大学院 大学院人類学部 文化人類学
 
 
   
 
[USA] ニューヨーク大学大学院 人文科学研究科 人類学部修士課程及び博物館学プログラム
 

委員歴

 
2012年4月
   
 
立命館大学 アート・リサーチセンター  副センター長
 
2014年9月
   
 
日本デジタル・ヒューマニティーズ学会  理事
 
2016年11月
   
 
国際日本学会  理事
 

論文

 
「国際的な型紙研究の基盤構築と活用に向けて」
鈴木桂子
『国際ワークショップ 学術資料としての『型紙』―資料の共有化と活用に向けて 報告書』   4-5   2017年3月
Comparisons of Different Configurations for Image Colorization of Cultural Images Using a Pre-trained Convolutional Neural Network
Tung Nguyen, Ruck Thawonmas, Keiko Suzuki, and Masaaki Kidachi
JADH2016   60-63   2016年9月
Development of a Support Tool for Categorizing Ukiyo-e's Pictorial Themes: A System to Deal with Visual Features and Similarities
斎藤進也、鈴木桂子
Digital Humanities 2016: Conference Abstracts   880-882   2016年7月
「日本文化デジタル・ヒューマニティーズ」
鈴木桂子
2015年度 インドネシア日本研究学会紀要   1-11   2015年11月
Keiko Suzuki and Shinya Saito
2015 International Conference on Culture and Computing   213-214   2015年10月

Misc

 
「社会性から考える海外DHの研究と教育」
『DHjp』勉誠出版   (2) 46-51   2014年3月
「在外日本美術コレクションとイメージデータベース」
鈴木桂子
ARC Newsletter   (2) 4-6   2013年12月
A Review of "When Worlds Collide: Art, Cartography, and Japanese Nanban World Map Screens," by Joseph F. Loh
Keiko Suzuki
Dissertation Reviews      2013年12月

書籍等出版物

 
"Kimono Culture in Twentieth-Century Global Circulation," in 'Linking Cloth-Clothing Globally:17th-20th Century Mapping'(角田奈歩、井上直子、杉浦未樹、竹田泉 監修)
鈴木桂子
Palgrave Macmillan Publishers Ltd.   2017年   
『国際ワークショップ 学術資料としての『型紙』―資料の共有化と活用に向けて 報告書』
鈴木桂子・加茂瑞穂
立命館大学アート・リサーチセンター   2017年3月   
『京都の墨流し染・糊流し染-その系譜と新たな可能性-』
編集執筆 青木美保子、翻訳 鈴木桂子
京都工芸繊維大学美術工芸資料館/立命館大学アート・リサーチセンター 文部科学省 共同利用・共同研究拠点「日本文化資源デジタル・アーカイブ研究拠点」   2016年10月   
『世界民族衣料資料』(増補版)
並木誠士、立命館大学アート・リサーチセンター 文部科学省 共同利用・共同研究拠 「日本文化資源デジタル・アーカイブ研究拠点」 《デジタル・アーカイブ手法を用いた近代染織資料の整理と活用プロジェクト》、鈴木桂子
ベストプリント   2016年9月   
『文化情報学ガイドブック』
赤間 亮、鈴木桂子、八村広三郎、矢野桂司、湯浅俊彦(編)
勉誠出版   2014年11月   ISBN:978-4-585-20031-4

講演・口頭発表等

 
Lecture on Kyo-yuzen and Viewing of the ARC Stencil Collection
Popularizing Fabrics and Clothing: Kyoto Yuzen Industry in Broader Context 1600-1970   2017年6月3日   
コメント
シンポジウム「なぜ国際日本研究なのか」   2017年5月14日   
「特定の日本文化研究資源に対する知の共有化について―型紙を例としての提言」
平成28年度私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「日本文化資源のグローバルアクション」成果報告会   2017年3月23日   
Internationalization of Kimono Culture Since the Meiji Period: A Case Study of the Textile Industry and Fashion Business in Kyoto
Third Kansai Workshop on Global Fashion Business: Textile Industry and Fashion Business in the 19th and 20th Centuries: International Comparison   2017年3月7日   
「京都における伝統産業資料の保存と活用プロジェクト」
文部科学省 共同利用・共同研究拠点「日本文化資源デジタル・アーカイブ研究拠点」 研究拠点・形成支援プログラム研究プロジェクト 2016年度成果発表会   2017年2月18日   

担当経験のある科目

 
  • ゼミナールⅢ (立命館大学)
  • ゼミナールⅣ (立命館大学)
  • プロジェクト演習Ⅰ (立命館大学)
  • プロジェクト演習Ⅱ (立命館大学)
  • プロジェクト演習Ⅱ(インターンシップ) (立命館大学)

所属学協会

 
アジア研究学会 , Japanese Art History Forum , 国際日本学会 , ヨーロッパ日本研究協会

Works

 
展覧会「京都の墨流し染・糊流し染-その系譜と新たな可能性-」
芸術活動   2016年5月 - 2016年6月
展覧会「京都近代捺染産業の軌跡 -ローラー彫刻の祖 武田周次郎とその後-」
芸術活動   2015年12月 - 2015年12月

競争的資金等の研究課題

 
浮世絵における他者の視覚化とカテゴリー化―視覚文化研究へのデジタル・ヒューマニティーズ的アプローチの試み
研究推進プログラム「若手・スタートアップ」(立命館大学)
研究期間: 2009年 - 2009年
20世紀における「きもの」文化の近代化と国際化―物質文化・表象文化の視点から
文部科学省 「人文学及び社会科学における共同研究拠点の整備の推進事業」委託費による「服飾文化共同研究拠点」にかかわる共同研究課題の公募事業
研究期間: 2009年 - 2011年
京都における工芸文化の総合研究
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
研究期間: 2010年 - 2014年
立命館創始140年・学園創立110周年記念 国際シンポジウム「Digital Iconography -イメージデータベースと図像研究-」
立命館創始140年・学園創立110周年・APU開学10周年記念公募企画
研究期間: 2010年 - 2010年
浮世絵・版本の国際的資料アーカイブに基づく、近世視覚文化の総合的研究
2010年度後期 研究の国際化推進プログラム 「研究成果の国際的発信強化」
研究期間: 2010年 - 2010年