日本の女性研究者

Living Organism Molecular Science

Researcher List >> Ann Karen Takizawa
 

Ann Karen Takizawa

 
Avatar
NameAnn Karen Takizawa
DegreeMA in ESL(University of Hawaii at Manoa)

研究キーワード

 
treatment of prisoners of war , Second World War , comparison of Japanese and English communication style , English communication skill , English writing , 捕虜の待遇 , 第二次世界大戦 , 日米コミュニケーションスタイルの比較 , 英語コミュニケーション , 英語作文

研究分野

 
  • Humanities & social sciences / Foreign language education / 

経歴

 
Apr 1999
 - 
Mar 2002
清泉女学院短期大学教授(「米国文化研究」「英語劇(English Drama)」「フレッシュマン・セミナー」「英会話」「文学研究」「英語表現法(Writing)」担当)(現在に至る)
 
Apr 1990
 - 
Mar 2002
信州大学教育学部非常勤講師(「シェイクスピア」「近代英米演劇」担当)
 
Apr 1987
 - 
Mar 1999
清泉女学院短期大学助教授(「英会話」「英作文」「英語劇(English Drama)」「フレッシュマン・セミナー」担当)
 
Jul 1991
 - 
Aug 1991
(研修)シェイクスピアの「マクベス」とマーローの「ドクター・ファウステス」について(オックスフォード大学夏季講座)
 
Apr 1981
 - 
Mar 1987
清泉女学院短期大学専任講師(「英会話Ⅰ・Ⅱ」「英作文Ⅰ・Ⅱ」担当)
 

学歴

 
1976
 - 
Dec 1977
Graduate School, Division of Literature and Linguistics, University of Hawaii at Manoa
 

委員歴

 
Apr 1989
 - 
Mar 2002
長野県国際交流推進協会  評議員
 
Apr 1999
   
 
関東甲信越英語教育学会  会員
 
Jul 1985
   
 
Japan Association of Language Teachers (JALT)  会員
 

論文

 
Shakai Shirin - Hosei Journal of Sociology and Social Sciences   61.2(220) 21-60   Sep 2014
An account my grandfather's experiences as a POW in Manchuria in the final months of WWII, and a visit to the site in 2014.
Shakai Shirin - Hosei Journal of Sociology and Social Sciences   60.3(217) 1-45   Dec 2013
The experiences of a US Navy surgeon (my grandfather) in WWII as a POW in the Philippines and on transport ships to Japan. Also includes information on a visit to places associated with the ships in Taiwan.
Shakai Shirin - Hosei Journal of Sociology and Social Sciences   60.1(215) 1-33   Jul 2013
A report on the experiences of a US Navy surgeon (my grandfather) in the Philippines in WWII from December 1941 to May 1942, when he became a POW. Also includes information on a book and film and a visit to places in the Philippines related to the...
Shakai Shirin - Hosei Journal of Sociology and Social Sciences   59.1(211) 1-33   Jul 2012
An account of a Japanese soldier's (my husband's uncle)experience in the Battle of Saipan in World War II, his capture, and life as a POW. Also includes information on films set in that time and place and my reflections on my visit to th...
読売新聞立川支局・法政大学社会学部共催 連続市民講座 報告書   197-221   Mar 2012
An overview of a project on the communication styles of Japanese and American students from the third grade of elementary school through university. Using data from the project, some of the unwritten rules that may cause misunderstandings between ...

MISC

 
全英連会誌39号      Nov 2001
コミュニケーション・スタイルに違いがある状況で、快・不快の度合いが日米で違うケースがあるが、こうしたケースの具体的な紹介と、英語教育への導入の必要性について論じた。 (英文)全3頁
第27回全国英語教育学会 広島研究大会      Aug 2001
日米でコミュニケーション・スタイルに違いがある状況でどのように感じるか、快・不快の観点から日米の大学生にアンケート調査したものを比較分析した。
清泉女学院短期大学研究紀要 第20号      Jun 2001
日米女子学生の会話比較(5):快・不快の度合いについて。日本と米国の大学生とに、日米でコミュニケーション・スタイルに違いがある状況でどのように感じるか、快・不快の観点からアンケート調査したものを比較分析した。 (英文)全15頁
中部地区英語教育学会紀要 第30号      Mar 2001
日米大学生のコミュニケション・スタイルに関するアンケート調査の比較分析結果を報告し、調査で収集したデータを使った日米大学生の会話比較教材を提示した。本稿では、三種類の依頼の状況「親に臨時の送金をお願いしたい」 「教授にレポート提出の延期を依頼する」 「友人のノートをコピーさせてもらいたい」 を扱った。 (日本文)全8頁。共同研究につき本人担当部分抽出不可能 共著者:滝沢謙三
全国英語教育学会      Aug 2000
意見の相違がある状況での日米大学生のコミュニケーション・スタイルの比較研究と、その研究で得たデータを使った異文化間コミュニケーション教材開発を組み合わせた研究発表。 共著者:滝沢謙三

書籍等出版物

 
滝沢謙三
三一書房   Feb 2009   ISBN:9784380082306
Based on data collected from Japanese and American students from ages 8 to 22 (third grade of elementary school through university) the differences in communication styles were described and analyzed.
毎日新聞社   Aug 1999   
日米の捕虜観の違いと捕虜に対する待遇の違いを身内の捕虜体験記録から表した。第2次世界大戦中に日本軍の捕虜になった私の祖父(米国人)と、同じ時期にアメリカ軍の捕虜となった夫の叔父(日本人)の戦争捕虜体験記録。 (日本文)全222頁中、第二章「おじいさんの戦争」(92~202頁)を共同翻訳し、第三章「海を越えた遺産」(203~215頁)を担当した。 共著者:滝沢謙三

講演・口頭発表等

 
Introduction to International Social Studies   30 May 2011   Hosei University Faculty of Social Sciences
The cultural and sociological differences in the unwritten rules for communication in Japanese and America English were discussed.
International Student Center Lecture Series   25 May 2011   Tokyo Gakugei University
The cultural and sociological differences in the unwritten rules for communication in Japanese and America English were discussed.
Yomiuri Shimbun Open Lecture Series   19 Feb 2011   Yomiuri Shimbun
The cultural and sociological differences in the unwritten rules for communication in Japanese and America English were discussed.
Introduction to International Social Studies   14 Jun 2010   Hosei University Faculty of Social Sciences
The cultural and sociological differences in the unwritten rules for communication in Japanese and America English were discussed.
The 3rd Social Sciences Colloquium   27 Oct 2009   Hosei University Faculty of Social Sciences
The cultural and sociological differences in the unwritten rules for communication in Japanese and America English were discussed.

所属学協会

 
Japan Association of Language Teachers (JALT) 会員 , 長野県国際交流推進協会 評議員 , 関東甲信越英語教育学会 会員