日本の女性研究者

生物学

研究者リスト >> 金子 弥生
 

金子 弥生

 
アバター
研究者氏名金子 弥生
URLhttp://www.carnecco.jp/index.html
所属東京農工大学
部署農学研究院自然環境保全学部門
職名准教授
学位博士(農学)(東京農工大学大学院)
その他の所属東京農工大学, 東京農工大学, 東京農工大学

研究キーワード

 
野生中小型哺乳類の保全のための地域計画を、アジア地域と日本国内でそれぞれ実現するための保全生態学的手法の開発を目的とした、基礎資料となる生態学的研究と、そのための技術開発を行いたいと考えています。机上で得られる知識のみでなく、まずは自分の目で実際に動物とその生息地を見て体験し、現状を把握するという姿勢、また長期的視野に立ったケースバイケースの取組みが重要だと考えています。

研究分野

 
  • 基礎生物学 / 生態・環境 / 動物生態学
  • 境界農学 / 環境農学(含ランドスケープ科学) / 野生動物保護学

経歴

 
1998年4月
 - 
1998年12月
- 財団法人トヨタ財団 研究員(環境問題担当)
 
1999年1月
 - 
2001年12月
- 国土交通省国土技術政策総合研究所 環境研究部緑化生態研究室(財団法人科学技術振興事業団 科学技術特別研究員)
 
2002年1月
 - 
2005年3月
- 英国オックスフォード大学動物学部 野生動物保護学講座 客員研究員
 
2005年4月
 - 
2009年8月
- ヤマザキ動物看護短期大学動物看護学科 助教授
 
2009年9月
 - 
2010年3月
- 東京農工大学大学院共生科学技術研究院 准教授
 

学歴

 
1985年4月
 - 
1989年3月
麻布大学 獣医学部 環境畜産学科
 
1986年4月
 - 
1986年9月
日本アフリカ文化交流協会 交換留学生  
 
1990年4月
 - 
1992年3月
東京農工大学大学院 農学研究科 環境保護学専攻
 
1992年4月
 - 
1998年3月
東京農工大学大学院 連合農学研究科 資源・環境学専攻
 

委員歴

 
2008年1月
 - 
2013年12月
日本哺乳類学会  英文誌編集委員会 編集幹事
 
2016年11月
   
 
神奈川県  神奈川県環境影響評価審査会
 
2016年8月
 - 
2017年7月
日本学術振興会  国際事業委員会
 
2016年1月
   
 
日本哺乳類学会  自然史学会連合委員
 

受賞

 
2012年9月
日本哺乳類学会 日本哺乳類学会論文賞 Contrasting sociality in two widespread, generalist, mustelid genera, Meles and Martes
 
2009年11月
日本哺乳類学会 日本哺乳類学会 2009年度奨励賞
 

論文

 
Nishita, Y., Nikolay, S., Peeva, S., Raichev, E.G., Kaneko, Y., Masuda, R.
Ethology, Ecology and Evolution      2018年9月   [査読有り]
Tsunoda, H., Ito, K., Peeva, S., Raichev, E., Kaneko, Y.
Zoology and Ecology      2018年9月   [査読有り]
Abduriyim, S., Nishita, Y., Kisintsev, P.A., Raichev, E., Vainola, R., Kryukov, A., Abramov, A., Kaneko, Y., Masuda, R.
Heredity      2018年6月   [査読有り]
Hisano, M., Newman, C., Deguchi, S., Kaneko, Y.
Mammalian Biology      2018年6月   [査読有り]
Kinoshita, E., Abramov, A.V., Soloviev, V.A., Saveljev, A.P., Nishita, Y., Kaneko, Y., Masuda, R.
Mammalian Biology   -(-)    2018年5月   [査読有り]

書籍等出版物

 
日本の食肉類 第4章 タヌキー東京都心部にも進出したイヌ科動物
斎藤昌幸・金子弥生
東京大学出版会   2018年8月   
日本の食肉類 第8章ニホンアナグマー群れ生活も行うイタチ科大型種
金子弥生
東京大学出版会   2018年8月   
Asian badgers - the same, only different: how diversity among badger societies informs socio-ecological theory and challenges conservation. Biology and Conservation of Musteloids
Zhou, Y., Newman, C., Kaneko, Y., Buesching, C.D., Chen, W., Zhou, Z., Xie, Z., Macdonald, D.W. (担当:共著)
Oxford University Press   2017年9月   
Meles anakuma. The Wild Mammals of Japan. Second Edition
Kaneko, Y. (担当:共著)
Shoukadoh Books Sellers and the Mammal Society of Japan   2015年9月   
Meles anakuma.The Wild Mammals of Japan. First Edition
Kaneko, Y. (担当:共著)
Shoukadoh Books Sellers   2009年9月   

講演・口頭発表等

 
タヌキは浚渫された都市河川を渡れるのかー多摩川中流域におけるDNA分析を用いた検討
金子弥生
緑化工学会   2018年9月15日   緑化工学会
ニホンテン Martes melampus の食性の地理的変異とそれをもたらす環境要因
辻 大和、伊藤健彦、金子弥生
日本哺乳類学会2018年度大会   2018年9月9日   日本哺乳類学会
東京都の市街地に生息するハクビシン (Paguma larvata) の行動圏と休息場利用事例
原田朋彦、金子弥生
日本哺乳類学会2018年度大会   2018年9月8日   日本哺乳類学会
都立野川公園におけるニホンアナグマ Meles anakuma の夏季の水辺利用
平田彩花、金子弥生
日本哺乳類学会2018年度大会   2018年9月8日   日本哺乳類学会
食肉目と都市河川:多摩川における長期調査からわかったこと
金子弥生
日本哺乳類学会2018年度大会   2018年9月7日   日本哺乳類学会

所属学協会

 
日本哺乳類学会 , 日本生態学会 , 動物行動学会 , ヒトと動物関係学会

競争的資金等の研究課題

 
経済的利用により劣化した中国希少食肉目個体群の復元技術の開発
研究期間: 2010年 - 2013年
動物顔面パターン認識装置を用いた里山の食肉目群集の保全
研究期間: 2010年 - 2012年
経済的利用により劣化した東アジアおよびロシア極東地域の食肉目個体群の復元技術開発
研究期間: 2014年 - 2017年
ポテンシャルに対応した多摩川河川敷の目標とする自然の変化と合意形成
研究期間: 2017年 - 2017年
都市の価値向上を目指した生態機能活用型の緑地管理に関する総合研究
研究期間: 2017年 - 2017年