日本の女性研究者

ナノ・マイクロ科学

研究者リスト >> 小阪田 泰子
 

小阪田 泰子

 
アバター
研究者氏名小阪田 泰子
 
オサカダ ヤスコ
URLhttp://www.sanken.osaka-u.ac.jp/labs/mec/osakada.html
所属大阪大学
部署高等共創研究院
職名准教授
学位博士 (工学)(大阪大学)
科研費研究者番号00579245
ORCID ID0000-0003-4078-0112

プロフィール

「光・放射線を使って生命のしくみを解き明かす化学技術の創出」
光・放射線によって、生体をイメージング・制御する革新的な化学技術の開発を目的とします。光化学反応・放射線化学を自在に利用し、光機能性ハイブリッド分子・材料を設計・合成することで、生物イメージング手法や光操作法の開発を行い、エネルギー変換材料の開発や、生物イメージングや光により機能を操作できる手法を開発することで、バイオサイエンスへの応用研究を展開します。

研究分野

 
  • 基礎化学 / 物理化学 / 
  • ナノ・マイクロ科学 / ナノ材料・ナノバイオサイエンス / 
  • ナノ・マイクロ科学 / マイクロ・ナノデバイス / 
  • 神経科学 / 神経科学一般 / 
  • 神経科学 / 神経化学・神経薬理学 / 

経歴

 
2017年5月
 - 
現在
大阪大学 高等共創研究院、産業科学研究所 准教授
 
2014年5月
 - 
2017年4月
大阪大学 産業科学研究所 助教
 
2013年4月
 - 
2014年4月
京都大学 物質-細胞統合システム拠点(iCeMS) 特定拠点助教
 
2010年10月
 - 
2014年3月
JST さきがけ「光の利用と物質材料・生命機能」専任研究者
 
2009年4月
 - 
2010年9月
日本学術振興会海外特別研究員 (スタンフォード大学)
 
2006年4月
 - 
2009年3月
日本学術振興会特別研究員 (DC1)
 

学歴

 
2006年4月
 - 
2009年3月
大阪大学工学研究科応用化学専攻博士後期課程修了  
 
2004年4月
 - 
2006年3月
大阪大学工学研究科分子化学専攻博士前期課程修了  
 
2000年4月
 - 
2004年3月
大阪大学工学部応用自然科学科応用化学コース卒業  
 
1997年4月
 - 
2000年3月
兵庫県立加古川東高等学校 普通科 卒業 
 

論文

 
Osakada Y, Fukaminato T, Ichinose Y, Fujitsuka M, Harada Y, Majima T
Chem. Asia. J.   12(20) 2660-2665   2017年   [査読有り]
Osakada Y, Zhang K
Bull. Chem. Soc. Jpn.   90 714-719   2017年   [査読有り]
Zhu M, Osakada Y, Kim S, Fujitsuka M, Majima T
Appl. Catal. B. Environ.   217 285-292   2017年   [査読有り]
Osakada Y, Pratx G, Sun C, Sakamoto M, Ahmad M, Volotskova O, Ong Q, Teranishi T, Harada Y, Xing L, Cui B
Chem. Commun.   50(27) 3549-3551   2014年   [査読有り]
Lin ZC, Xie C, Osakada Y, Cui Y, Cui B
Nat. Commun.   5 4206-4210   2014年   [査読有り]
Osakada Y, Pratx G, Hanson L, Solomon PE, Xing L, Cui B
Chem. Commun.   49(39) 4319-4321   2013年   [査読有り]
Zhang K, Fishel Ben Kenan R, Osakada Y, Xu W, Sinit RS, Chen L, Zhao X, Chen JY, Cui B, Wu C
J. Neurosci.   33(17) 7451-7462   2013年   [査読有り]
Osakada Y, Kawai K, Majima T
Bull. Chem. Soc. Jpn.   86(1) 25-30   2013年   [査読有り]
Osakada Y, Hanson L, Cui B
Chem. Commun.   48(27) 3285-3287   2012年   [査読有り]
Osakada Y, Kawai K, Tachikawa T, Fujitsuka M, Tainaka K, Tero-Kubota S, Majima T
Chem. - Eur. J.   18(4) 1060-1063   2012年   [査読有り]
Zhang K, Osakada Y, Xie W, Cui B
Microsc. Res. Tech.   74(7) 605-613   2011年   [査読有り]
Zhang K, Osakada Y, Vrljic M, Chen L, Mudrakola HV, Cui B
Lab on a chip   10(19) 2566-2573   2010年   [査読有り]
Kawai K, Osakada Y, Matsutani E, Majima T
J. Phys. Chem. B   114(31) 10195-10199   2010年   [査読有り]
Kawai K, Osakada Y, Majima T
ChemPhysChem   10(11) 1766-1769   2009年   [査読有り]
Kawai K, Kodera H, Osakada Y, Majima T
Nat. Chem.   1(2) 156-159   2009年   [査読有り]
Osakada Y, Kawai K, Fujitsuka M, Majima T
Nucleic Acids Res.   36(17) 5562-5570   2008年   [査読有り]
Osakada Y, Kawai K, Fujitsuka M, Majima T
Chem. Commun.   (23) 2656-2658   2008年   [査読有り]
Kawai K, Osakada Y, Fujitsuka M, Majima T
J. Phys. Chem. B   112(7) 2144-2149   2008年   [査読有り]
Kawai K, Osakada Y, Fujitsuka M, Majima T
Chem. - Eur. J.   14(12) 3721-3726   2008年   [査読有り]
Kawai K, Osakada Y, Fujitsuka M, Majima T
J. Phys. Chem. B   111(9) 2322-2326   2007年   [査読有り]
Kawai K, Osakada Y, Sugimoto A, Fujitsuka M, Majima T
Chem. - Eur. J.   13(8) 2386-2391   2007年   [査読有り]
Osakada Y, Kawai K, Fujitsuka M, Majima T
Proc. Natl. Acad. Sci. U. S. A.   103(48) 18072-18076   2006年   [査読有り]
Kawai K, Osakada Y, Fujitsuka M, Majima T
Chem. Commun.   (37) 3918-3920   2006年   [査読有り]
Kawai K, Osakada Y, Fujitsuka M, Majima T
Chem. Biol.   12(9) 1049-1054   2005年   [査読有り]
Kawai K, Osakada Y, Takada T, Fujitsuka M, Majima T
J. Am. Chem. Soc.   126(40) 12843-12846   2004年   [査読有り]

Misc

 
小阪田 泰子
薬学雑誌   136 17-20   2016年
共焦点顕微鏡、2光子励起蛍光顕微鏡
小阪田 泰子
「光と生命の事典」   382-383   2016年
日焼けと光線過敏症
小阪田 泰子
「光化学の事典」   258-259   2014年
Osakada Y, Cui B
Methods Mol. Biol.   670 231-243   2011年   [査読有り]

受賞

 
2013年10月
RSC publication Chemical Communications Emerging Investigators 2013
 
2013年1月
BCSJ賞
 
2012年4月
Center for Biomedical Imaging at Stanford (CBIS) Symposium poster award
 
2011年2月
井上研究奨励賞
 
2007年3月
日本化学会学生講演賞
 
2007年9月
光化学討論会最優秀学生発表賞
 

講演・口頭発表等

 
硬X線励起で可視光発光を示すプローブの開発
小阪田 泰子
日本薬学会第135年会, S27 薬学における生命指向型化学〜医薬と異なる小分子を駆使して探る・操る細胞機能研究の新境地   2015年3月26日   
X線照射によって発光するナノプローブ
小阪田 泰子
2013年光化学討論会、シンポジウム4、輝く若手研究者たち~分子光化学の進化を目指して   2013年9月13日   
The development of photoswitchable nanoparticles for biological imaging
小阪田 泰子
iCeMS Young Scientist Colloquium   2013年5月17日   

担当経験のある科目

 
  • Chem 190, Undergraduate research (Mentor) (Stanford university)
  • 240929 超分子ナノバイオプロセス学実習 (大阪大学)

所属学協会

 
日本化学会 , 光化学協会 , 生体機能関連化学部会

競争的資金等の研究課題

 
フッ素官能基を有する分子・ポリマーを用いた生体応用に関する研究
大阪大学: 「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(牽引型)」平成30年度 女性教員をリーダーとする共同実施機関との共同研究支援
研究期間: 2018年5月 - 2019年3月    代表者: 小阪田 泰子
効果的な放射線治療に向けた制動放射光子に応答する発光ナノ材料の探索と応用
日本学術振興会: 科研費 萌芽
研究期間: 2017年6月 - 2019年3月    代表者: 小阪田 泰子
界面光制御に基づくハイブリッド材料群を用いた革新的脳機能活性化法の創成
日本学術振興会 科研費 若手研究A
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 小阪田泰子
ブロードバンド光応答性Zスキーム型新規光電変換ポリマー材料の開発
加藤財団: 平成29度 第26回研究助成金
研究期間: 2017年7月 - 2018年7月    代表者: 小阪田 泰子
フッ素化ポリマーを用いた細胞応用に関する研究
大阪大学: 「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(牽引型)」平成29年度 女性教員をリーダーとする連携機関との共同研究支援
研究期間: 2017年6月 - 2018年3月    代表者: 小阪田 泰子

特許

 
特願2006-291734 : DNAナノブロックを利用したDNAナノエレクトロニクス
真嶋哲朗、川井清彦、小阪田泰子、藤塚守

社会貢献活動

 
夢化学 21
【助言・指導】  2018年8月
26th IUPAC international symposium on photochemistry, Osaka, Secretary (事務局員)
【運営参加・支援】  2015年4月
女子中高生のための関西科学塾
【講師】  2014年3月