日本の女性研究者

ゲノム科学

研究者リスト >> 杉本 亜砂子
 

杉本 亜砂子

 
アバター
研究者氏名杉本 亜砂子
 
スギモト アサコ
eメールasugimotom.tohoku.ac.jp
URLhttp://www.lifesci.tohoku.ac.jp/sugimoto_lab/index.html
所属東北大学
部署大学院生命科学研究科 生命機能科学専攻 細胞機能構築統御学講座 発生ダイナミクス分野
職名教授
学位博士(理学)(東京大学)
その他の所属東北大学
ORCID ID0000-0001-6001-4293

研究キーワード

 
線虫 , C. elegans , 胚発生 , 細胞分裂 , 細胞極性 , 細胞運命 , 細胞骨格

研究分野

 
  • 生物科学 / 分子生物学 / 
  • 生物科学 / 細胞生物学 / 
  • 生物科学 / 発生生物学 / 
  • ゲノム科学 / ゲノム生物学 / 

経歴

 
2010年4月
 - 
現在
東北大学大学院生命科学研究科 生命機能科学専攻 教授
 
2001年2月
 - 
2011年3月
独立行政法人 理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター 発生ゲノミクス研究チーム チームリーダー
 
1997年10月
 - 
2000年9月
科学技術振興事業団さきがけ研究21「素過程と連携」 研究者
 
1996年4月
 - 
2002年3月
東京大学理学系研究科生物化学専攻 助手
 
1992年4月
 - 
1996年3月
ウィスコンシン大学マジソン校 博士研究員
 

学歴

 
 
 - 
1992年3月
東京大学 理学系研究科 生物化学専攻
 
 
 - 
1987年3月
東京大学 理学部 生物化学科
 

委員歴

 
2015年11月
 - 
現在
The International C. elegans Board (WormBoard)  Regional Representative (Asia/Australasia/Oceania)
 
2015年7月
 - 
現在
日本学術会議  発生生物学分科会委員
 
2014年4月
 - 
現在
日本分子生物学会  Genes to Cells編集委員
 
2013年4月
 - 
現在
情報・システム研究機構国立遺伝学研究所  運営会議委員
 
2010年4月
 - 
現在
Genes to Cells  Associate Editor
 

論文

 
Toya Mika, Terasawa Masahiro, Nagata Kayo, Iida Yumi, Sugimoto Asako
Nat Cell Biol   13(6) 708-714   2011年6月   [査読有り]
Hanazawa Momoyo, Yonetani Masafumi, Sugimoto Asako
J Cell Biol   192(6) 929-937   2011年3月   [査読有り]
Motegi Fumio, Sugimoto Asako
Nat Cell Biol   8(9) 978-985   2006年9月   [査読有り]
Motegi Fumio, Velarde Nathalie V, Piano Fabio, Sugimoto Asako
Dev Cell   10(4) 509-520   2006年4月   [査読有り]
Large-scale analysis of gene function in Caenorhabditis elegans by high-throughput RNAi.
Maeda I., Kohara Y., Yamamoto M., Sugimoto A.
Curr Biol   11(3) 171-176   2001年2月   [査読有り]

Misc

 
細胞分裂131年目の真実ー分子から動態へ:基礎の基礎
杉本 亜砂子
細胞工学   32(3) 258-262   2013年3月
体細胞分裂と減数分裂における紡錘体形成
住吉 英輔, 杉本 亜砂子
細胞工学   32(3) 269-274   2013年3月
Sumiyoshi Eisuke, Sugimoto Asako
Curr Biol   22(8) R281-R283   2012年4月
Toya, Mika Iida, Yumi Sugimoto, Asako
Methods Cell Biol   97 359-372   2010年
Sugimoto Asako
Differentiation   72(2-3) 81-91   2004年3月

講演・口頭発表等

 
Distinct regulatory mechanisms control the first asymmetric cell division of Pristionchus pacificus and Caenorhabditis elegans
杉本 亜砂子
The 2nd Indian C. elegans Meeting   2018年2月23日   
Comparative analysis of polarity establishment mechanisms in C. elegans and P. pacificus zygotes
Daichi Sasaki, Satoshi Namai, Asako Sugimoto
2017年度生命科学系学会合同年次大会(CnBio2017)   2017年12月6日   
線虫C. elegansとP. pacificus初期胚の細胞極性化機構の比較解析
佐々木 大地、生井 聡史、杉本 亜砂子
2017年度生命科学系学会合同年次大会(CnBio2017)   2017年12月6日   
線虫TIMPsはADAMTSプロテアーゼと相互作用することで生殖巣形態形成を制御する
久保田 幸彦、西脇 清二、杉本 亜砂子
2017年度生命科学系学会合同年次大会(CnBio2017)   2017年12月6日   
線虫C. elegansとその姉妹種C. inopinataにおける性決定遺伝子経路の比較解析
星 優希、津山 研二、杉本 亜砂子
2017年度生命科学系学会合同年次大会(CnBio2017)   2017年12月6日   
線虫γ-チューブリン複合体の会合と制御メカニズム
春田 奈美、本多 優、住吉 英輔、寺澤 匡博、杉本 亜砂子
2017年度生命科学系学会合同年次大会(CnBio2017)   2017年12月6日   
線虫C.elegansにおけるチューブリンアイソタイプの微小管機能多様性への寄与
小日向 寛之、土屋 賢汰、本多 優、杉本 亜砂子
2017年度生命科学系学会合同年次大会(CnBio2017)   2017年12月6日   
線虫C. elegansのTIMPはADAMTSプロテアーゼと遺伝学的に相互作用することで生殖巣の発生を制御する
久保田幸彦、西脇清二、杉本亜砂子
日本動物学会 第88回富山大会   2017年9月21日   
C.elegansと姉妹種を用いた個体サイズ制御メカニズムの解析
津山研二、杉本亜砂子
日本遺伝学会第89回大会   2017年9月13日   
線虫γ-チューブリン複合体の普遍性と特殊性
春田 奈美、本多 優、住吉 英輔、寺澤 匡博、 杉本 亜砂子
日本遺伝学会第89回大会   2017年9月13日   
C. elegansとその姉妹種の性決定遺伝子経路の比較解析
星 優希、津山研二、杉本亜砂子
日本動物学会・平成29年度東北支部大会   2017年7月29日   
線虫TIMPsはADAMTSと相互作用することで生殖巣形態形成を制御する
久保田幸彦、西脇清二、杉本亜砂子
日本動物学会・平成29年度東北支部大会   2017年7月29日   
線虫C. elegansとP. pacificus初期胚の細胞極性化機構の比較解析
佐々木大地、生井聡史、杉本亜砂子
日本動物学会・平成29年度東北支部大会   2017年7月29日   
Evolutionary insights into the C. elegans biology from the morphology, ecology and genome of the sister species Caenorhabditis sp. 34
T. Kikuchi; I. Tsai; R. Tanaka; G. Woodruff; J. Wang; M. Berriman; P. Sternberg ; A. Sugimoto; N. Kanzak
21st International C. elegans Conference   2017年6月21日   
Contribution of tubulin isotypes to diverse microtubule dynamics and functions in vivo
Kenta Tsuchiya; Yu Honda; Hiroyuki Obinata; Asako Sugimoto
21st International C. elegans Conference   2017年6月21日   
Tissue inhibitors of metalloproteinases (TIMPs) genetically interact with ADAMTS proteases and regulate gonadal development in C. elegans
Y. Kubota; K. Nishiwaki; A. Sugimoto
21st International C. elegans Conference   2017年6月21日   
Establishing genetic techniques to study Caenorhabditis sp. 34, a sister species of C. elegans
Asako Sugimoto; Kenji Tsuyama; Yuki Hoshi; Satoshi Namai; Ryohei Kumagai; Natsumi Kanzaki; Taisei Kikuchi
21st International C. elegans Conference   2017年6月21日   
Contribution of tubulin isotypes to diverse microtubule dynamics in vivo
Kenta Tsuchiya, Yu Honda, Hiroyuki Obinata, Asako Sugimoto
第69回 日本細胞生物学会大会   2017年6月13日   
線虫C. elegans SAS-7は中心小体複製と間期PCMの形成に関与する
春田奈美、吉井千尋、内谷進介、住吉英輔、寺澤匡博、杉本亜砂子
第69回 日本細胞生物学会大会   2017年6月13日   
線虫C. elegansにおけるチューブリンアイソタイプの発現パターンおよび機能の網羅的解析
小日向寛之、土屋賢汰、本多優、杉本亜砂子
第69回 日本細胞生物学会大会   2017年6月13日   
Contribution of tubulin isotypes to diverse microtubule dynamics in vivo
Kenta Tsuchiya, Yu Honda, Hiroyuki Obinata, Asako Sugimoto
International Symposium on Neural Precursor Cell Fate Determination, Differentiation and Neuronal Circuit Formation   2017年4月22日   
C. elegans SAS-7 is required for the recruitment of γ-tubulin to the outer surface of centrioles at the late step of centriole assembly
Nami Haruta, Chihiro Yoshii, Shinsuke Uchiya, Eisuke Sumiyoshi, Masahiro Terasawa, Asako Sugimoto
Cold Sring Harbor Asia Meeting "Cilia & Centrosomes"   2017年4月14日   
線虫は進化細胞生物学のモデル系となりうるか?
第28回加藤記念研究助成贈呈式特別講演会   2017年3月3日   
C. elegans SAS-7 is required for the recruitment of γ-tubulin to the outer surface of centrioles at the late step of centriole assembly
Nami Haruta, Chihiro Yoshii, Shinsuke Uchiya, Eisuke Sumiyoshi, Masahiro Terasawa, Asako Sugimoto
SNU Bio-Symposium   2016年12月13日   
進化細胞生物学のモデル系としての線虫
第39回日本分子生物学会年会   2016年11月30日   
マトリックスメタロプロテアーゼ阻害因子(TIMP)様タンパク質は線虫生殖巣の形成に必須の役割を果たす
久保田 幸彦、西脇 清二、杉本 亜砂子
第39回日本分子生物学会年会   2016年11月30日   
CRISPR-Cas9システムを用いた線虫C. elegans中心体タンパク質SPD-5のin vivoドメイン解析
狩野 ひかる、津山 研二、春田 奈美、杉本 亜砂子
第39回日本分子生物学会年会   2016年11月30日   
線虫C. elegansの新規中心小体タンパク質GTAP-3/SAS-7の局在と機能
春田 奈美、吉井 千尋、内谷 進介、住吉 英輔、寺澤 匡博、杉本 亜砂子
第39回日本分子生物学会年会   2016年11月30日   
GTAP-3, a new γ-tubulin-associated protein is required for the efficient recruitment of γ-tubulin to centrosomes in C. elegans interphase cells
Nami Haruta, Shinsuke Uchiya, Nobuhito Oyama, Eisuke Sumuyoshi, Masahiro Terasawa, Yukihiko Kubota,Asako Sugimoto
CDB Symposium "Cilia and Centrosomes"   2016年11月27日   
Distinct contribution of different tubulin isotypes to microtubule dynamics
Asako Sugimoto
第54回日本生物物理学会年会   2016年11月25日   
線虫C. elegans GTAP-3は中心小体複製に寄与する
春田奈美、内谷進介、吉井千尋、住吉英輔、寺澤匡博、杉本亜砂子
第89回日本生化学会大会   2016年9月25日   
Caenorhabditis sp. 34 is a sister species to C. elegans with marked differences in morphology and ecology
Asako Sugimoto, Ryusei Tanaka Kenji Tsunami, Satoshi Namai, Rhohei Kumagai, Takuya Shimura, Natsumi Kanzaki, Taisei Kikuchi
C. elegans Development, Cell Biology and Gene Expression Meeting   2016年7月13日   
Genetic and molecular tools for Caenorhabditis sp. 34, a bigger sister species of C. elegans
Kenji Tsunami, Satoshi Namai, Ryohei Kumagai, Takuya Shimura, Natsumi Kanzaki, Taisei Kikuchi, Asako Sugimoto
C. elegans Development, Cell Biology and Gene Expression Meeting   2016年7月13日   
Caenorhabditis sp. 34 is a sister species to C. elegans with marked differences in morphology and ecology
7th Asia-Pacific C. elegans Meeting   2016年6月25日   
Comparative analysis of germ granules between Caenorhabditis elegans and its sister species Caenorhabditis sp. 34
Ryohei Kumagai and Asako Sugimoto
7th Asia-Pacific C. elegans Meeting   2016年6月25日   
A TIMP-like gene is involved in gonadal development in C. elegans
Yukihiko Kubota, Kiyoji Nishiwaki and Asako Sugimoto
7th Asia-Pacific C. elegans Meeting   2016年6月25日   
ネオペルトリド蛍光標識アナログの設計・合成・機能評価
柳 翔太、野口拓真、川上雅人、佐々木 誠、不破春彦、丹羽伸介、杉本 亜砂子
第11回日本ケミカルバイオロジー学会   2016年6月15日   
線虫C. elegansにおけるチューブリンアイソタイプの発現パターンおよび機能の網羅的解析
土屋賢汰、本多優、杉本亜砂子
第68回日本細胞生物学会大会   2016年6月15日   
Spatiotemporal regulation of microtubules during the assembly of mitotic and meiotic spindles
Cell biology, Developmental Genetics, and Stem Cell Biology Seminar Series   2016年4月4日   
Skirball Institute of Biomolecular Medicine, New York University School of Medicine (host: Jane E. Hubbard)
Genetic and molecular tools for Caenorhabditis sp.34, a sister species of C. elegans
Kenji Tsuyama, Satoshi Namai, Ryohei Kumagai, Takuya Shimura, Natsumi Kanzaki, Taisei Kikuchi
Evolutionary biology of Caenorhabditis and other nematodes   2016年3月30日   
Distinct microtubule behaviors in zygotes of Caenorhabditis elegans and Pristionchus pacificus
Satoshi Namai, Asako Sugimoto
Evolutionary biology of Caenorhabditis and other nematodes   2016年3月30日   
Morphology and ecology of fig fruit nematode Caenorhabditis SP. 34
Ryuhei Tanaka, Natsumi Kanzaki, Taisei Kikuchi
Evolutionary biology of Caenorhabditis and other nematodes   2016年3月30日   
High quality genome sequence of Caenorhabditis SP. 34, the sisuter species of C. elegans
Taisei Kikuchi, Isheng J Tsai, Ryusei Tanaka, Gavin Woodruff, Natsumi Kanzaki
Evolutionary biology of Caenorhabditis and other nematodes   2016年3月30日   
ネオペルトリド蛍光標識アナログの合成と機能評価
柳 翔太, 野口 拓真, 川上 雅人, 佐々木 誠, 不破 春彦, 丹羽 伸介, 杉本 亜砂子
日本化学会第96春季年会   2016年3月24日   
MOZART1のγ-チューブリン複合体形成過程への寄与
春田奈美、杉本亜砂子
第33回染色体ワークショップ 第14回核ダイナミクス研究会   2016年1月12日   
線虫γ-チューブリン複合体結合因子GTAP-3の 中心小体複製サイクルへの寄与
内谷進介,吉井千尋,住吉英輔,春田奈美,久保田幸彦,寺澤匡博,杉本亜砂子
第33回染色体ワークショップ 第14回核ダイナミクス研究会   2016年1月12日   
新規足場タンパク質GTAP-3の中心小体複製サイクルへの寄与
内谷 進介、住吉 英輔、春田 奈美、吉井 千尋、久保田 幸彦、寺澤 匡博、杉本 亜砂子
第38回日本分子生物学会年会   2015年12月1日   
線虫C. elegansの γ-チューブリン複合体形成におけるMOZART1の関与
春田 奈美、杉本 亜砂子
第38回日本分子生物学会年会   2015年12月1日   
線虫C. elegans新規中心体タンパク質GTAP-3の機能解析
吉井千尋 内谷進介 住吉英輔 春田奈美 寺澤匡博 久保田幸彦  大山暢仁 杉本亜砂子
第38回日本分子生物学会年会   2015年12月1日   
線虫は『進化細胞生物学(Evolutionary Cell Biology)』のモデル系と成り得るか?
JSTさきがけ「細胞機能の構成的な理解と制御」研究領域第8回領域会議   2015年11月26日   

所属学協会

 
日本分子生物学会 , 日本細胞生物学会 , 日本発生生物学会

競争的資金等の研究課題

 
線虫近縁種比較による進化細胞生物学的研究
科学研究費補助金
研究期間: 2014年4月 - 現在
生殖顆粒の形成および分配機構
科学研究費補助金
研究期間: 2010年4月 - 現在
個体発生における微小管動態制御
科学研究費補助金
研究期間: 2010年4月 - 現在

社会貢献活動

 
サイエンス・デイ
【その他】  2012年7月10日
講座プログラム開催
サイエンス・デイ
【その他】  2011年7月10日
講座プログラム開催

その他

 
2010年10月   胚発生過程における細胞の極性と形態の時空間的制御メカニズム
からだの構造がシンプルな線虫の胚発生をモデル系として、細胞の分裂・形態変化・移動を引き起こすために、ゲノムに含まれる遺伝子群がどのように協調的に働いているかを明らかにします。
2010年4月   紡錘体構築における微小管形成の時空間的制御メカニズム
微小管は細胞周期にしたがってダイナミックな制御を受け、細胞分裂期になると特殊な微小管構造である紡錘体を形成する。分裂期の主要な微小管形成中心は中心体であるが、凝縮した染色体も微小管形成能を持つことが知られている。紡錘体構築においては、これら二つの「場」での微小管形成が時空間的に厳密に制御されている必要があるが、その分子メカニズムについては不明な点が多い。これまでに我々は線虫初期胚において従来から知られていたγ−チューブリン(TGB-1)依存的な微小管(TGB-1微小管)に加えて、Aurora Aキナーゼ(AIR-1)を必要とするγ−チューブリン非依存的微小管(AIR-1微小管)が存在することを新たに発見し(Motegi, et al., Dev Cell, 2006)、その解析をすすめてきた。ライブイメージングとRNAiによる遺伝子機能破壊解析によって、線虫初期胚の紡錘体形成には両方の微小管形成経路の寄与が必要であり、染色体依存的微小管に寄与しているのはAIR-1微小管のみであることを見いだした。本研究では、我々が見いだしたAIR-1微小管の形成機構を明らかにするとともに、TGB-1微小管とAIR-1微小管が強調して紡錘体を構築するための時間的・空間的制御機構を解明することをめざす。
2010年4月   細胞分裂期における二つの微小管形成機構の時空間的制御メカニズム
微小管は細胞周期にしたがってダイナミックな制御を受け、細胞分裂期になると特殊な微小管構造である紡錘体を形成する。分裂期の主要な微小管形成中心は中心体であるが、凝縮した染色体も微小管形成能を持つことが知られている。紡錘体構築においては、これら二つの「場」での微小管形成が時空間的に厳密に制御されている必要があるが、その分子メカニズムについては不明な点が多い。これまでに我々は線虫初期胚において従来から知られていたγ−チューブリン(TGB-1)依存的な微小管(TGB-1微小管)に加えて、Aurora Aキナーゼ(AIR-1)を必要とするγ−チューブリン非依存的微小管(AIR-1微小管)が存在することを新たに発見し(Motegi, et al., Dev Cell, 2006)、その解析をすすめてきた。ライブイメージングとRNAiによる遺伝子機能破壊解析によって、線虫初期胚の紡錘体形成には両方の微小管形成経路の寄与が必要であり、染色体依存的微小管に寄与しているのはAIR-1微小管のみであることを見いだした。本研究では、我々が見いだしたAIR-1微小管の形成機構を明らかにするとともに、TGB-1微小管とAIR-1微小管が強調して紡錘体を構築するための時間的・空間的制御機構を解明することをめざす。
2014年10月   体細胞分裂と雌性減数分裂における紡錘体構造の違いをもたらす機構の解明
体細胞分裂と雌性減数分裂における紡錘体構造の違いをもたらす機構の解明
2014年4月   卵細胞における中心体非依存的な紡錘体構築メカニズムの解明
卵細胞における中心体非依存的な紡錘体構築メカニズムの解明