日本の女性研究者

農学

研究者リスト >> 磯貝 惠美子
 

磯貝 惠美子

 
アバター
研究者氏名磯貝 惠美子
 
イソガイ エミコ
eメールemikobios.tohoku.ac.jp
URLhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/ea8d3696a2119fb432e8eb090a5e96e4.html
所属東北大学
部署大学院農学研究科・農学部 生物産業創成科学専攻 微生物機能開発科学講座 動物微生物学分野
職名教授
学位農学博士(東京大学)

研究キーワード

 
細菌 , 病態 , 免疫

研究分野

 
  • 動物生命科学 / 動物生産科学 / 
  • 基礎医学 / 寄生虫学(含衛生動物学) / 
  • 基礎医学 / 細菌学(含真菌学) / 

学歴

 
 
 - 
1977年3月
北海道大学 獣医学研究科 
 
 
 - 
1975年3月
北海道大学 獣医学部 
 

委員歴

 
2015年1月
 - 
現在
編集委員会  Int J Molecular Medicine  編集委員
 
2014年10月
 - 
現在
Int. J Oncology、Spandidos Publications  Ed. Boad
 
2014年10月
 - 
現在
東京電力福島第一原子力発電所の事故に関わる家畜と農地の管理研究会  評議員
 
2014年1月
 - 
現在
日本細菌学会  利益相反委員会委員
 
2013年3月
 - 
現在
日本獣医学会  評議員
 

受賞

 
2017年3月
東北大学 東北大学総長教育賞
 
2016年11月
Spandidos Publications Excellence in Reviewing Award
 
2016年5月
Daiwa Foundation Daiwa Anglo-Japanese Foundation Award
 
2014年10月
Spandidos Publications Spandidos Award
 

論文

 
Membrane vesicle protein PagC, a novel biomarker for detecting pathogenic Salmonella at viable but not culturable state
Xu J, Suita K, Okuno K, Takaya A, Yamamoto T, Isogai E*
J Vet Med Sci      2018年   [査読有り]
IF 0.845
90Sr specific of teeth of abandoned cattle after the Fukushima accident – teeth as an indicator environmental pollution
Koarai K, Kino Y, Takahashi A, Suzuki T, Shimizu Y, Chiba M, Osaka K, Sasaki K, Urushihara Y, Fukuda T, Isogai E, Yamashiro H, Oka T, Sekine T, Fukumoto M, Shinoda H
J Environmet Radioactivity   183 1-6   2018年   [査読有り]
IF 2.31
Nakamura AJ, Suzuki M, Redon CE, KUwahara Y, Yamashiro H, Abe Y, Takahashi S, Fukuda T, Isogai E, Bonner VW, Fukumoto M
Radiation Research      2017年2月   [査読有り]
IF 3.022
Miyoshi N, Isogai E, Hiramatsu K, Sasaki T
J Antibiot   70(2) 142-146   2017年2月   [査読有り]
IF 2.31
Kuroda K, Fukuda T, Kristic-Demonacos M, Demonacos C, Okumura K, Isogai H, Hayashi M, Saito K, Isogai E*
BMC Cancer   17(1) 33   2017年1月   [査読有り]
国際共同研究
IF: 3.265

Misc

 
Tick biology and tick-borne infections,
Isogai E, Isogai H, Hayashi S.
Current Trend in Microbiology   4 1-7   2008年
The role of streptococcal hypersensitivity in the pathogenesis of Behcet’s disease
Kaneko F, Oyama N, Yanagihiro H, Isogai E, Yokota K, Oguma K.
Eur J Dermatol.   18(5) 489-498   2008年
レプトスピラ病
磯貝恵美子、磯貝 浩
からだの科学   242 61-66   2005年
Immunology and functional genomics of Behcet's disease.
Zierhut M, Mizuki N, Ohno S, Inoko H, Gul A, Onoe K, Isogai E.
Cell Mol Life Sci.   60(9) 1903-1922   2003年9月
ライム病
磯貝恵美子、磯貝 浩
モダンメディア   49(11) 308-314   2003年

書籍等出版物

 
シンプル微生物学
磯貝恵美子(小熊恵二、堀田博、若宮伸隆編集)
南江堂   2018年   
動物病理学各論第2版
磯貝恵美子(担当部分) (担当:共著, 範囲:ライム病)
2015年3月   
動物の感染症(第3版)
磯貝恵美子 (担当:共著, 範囲:犬のライム病)
近代出版   2011年   
動物病理学各論
磯貝恵美子 (担当:共著, 範囲:ライム病 p464)
2010年   
人獣共通感染症
磯貝恵美子・磯貝 浩 (担当:共著, 範囲:ライム病)
養賢堂   2007年   

講演・口頭発表等

 
Examination of pathogenic genes of various bacteria in feces samples from young cows in Zambia
Isogai H, Hango’ombe BM, Mulenga E, Isogai E
12th International Conference on Molecular Epidemiology and Evolutionary Genetics of Infectious Diseases   2014年12月11日   
Antimicrobial activity of synthetic antimicrobial peptide from taiga tick, Ixodes persulcatus (persulcatusin) against Staphylococcus aureus
Miyoshi N, Kuroda K, Mizuki M, Suita K, Yoneyama H, Ando T, Isogai E
12th International Conference on Molecular Epidemiology and Evolutionary Genetics of Infectious Diseases,   2014年12月11日   
Inhibitory effects of organic acids produced by Clostridium ramosum on enterohaemorrhagic Escherichia coli O157:H7
Koyanagi Y, Suzuki R, Masuda M, Isogai H, Ando T, Yoneyama H, Isogai E
12th International Conference on Molecular Epidemiology and Evolutionary Genetics of Infectious Diseases   2014年12月11日   
Cell proliferation and inhibition of apoptosis by Salmonella infection on swine fibroblast.
Masuda M, Guo Y, Kuroda K, Fukuda T, Yoneyama Y, Isogai E
12th International Conference on Molecular Epidemiology and Evolutionary Genetics of Infectious Diseases   2014年12月11日   
Metabolites variation in colon cancer cell line HCT116 treated with antimicrobial peptide FF/CAP18
Kuroda K, Fukuda T, Isogai H, Okumura K, Isogai E,
19th World Congress on Advances in Oncology and 17th International Symposium on Molecular Medicine   2014年10月9日   

所属学協会

 
日本細菌学会 , 無菌生物ノトバイオロジー学会 , 日本畜産学会 , ダニ学会 , 日本獣医学会 , 日本農芸化学会 , 日本環境感染学会 , 日本感染症学会 , 放射線影響学会 , 日本刑事政策研究会 , 日本エンドトキシン研究会

競争的資金等の研究課題

 
被災動物における線量評価と放射性物質の動態
農林水産業特別試験研究費補助金
研究期間: 2011年6月 - 現在
人獣共通感染症の病態と制御
その他の研究制度
研究期間: 2010年4月 - 現在
ベーチェット病に関する研究
その他の研究制度
研究期間: 2010年4月 - 現在
マダニ媒介性感染症
その他の研究制度
研究期間: 2010年4月 - 現在
自然免疫における抗菌ペプチドの機能と役割
その他の研究制度
研究期間: 2000年4月 - 現在

特許

 
特開2005-40059 : 肥満防止用ペットフード
稲葉敦央、磯貝恵美子、磯貝 浩、野宮竜一

社会貢献活動

 
出前授業
【その他】  2010年11月5日
出前授業にて講演。タイトルは「アフリカの自然、文化と病気」
第140回東北大学サイエンスカフェ
【その他】  2017年5月26日
講演タイトル:進撃の微生物
 講演後、参加者の皆さんとサイエンスカフェを楽しむ。今回はサイエンス俳句を最後に作った。
International Culture Exchanging Seminar on Disease Control
【その他】  2017年3月21日
英国研究機関との共同受賞に基づく、セミナーの開催
学都仙台コンソーシアム
【その他】  2017年1月21日
サテライトキャンパス公開講座
仙台の食の安全と健康
科学研究費審査委員
【その他】  2016年12月 - 2017年1月
科学研究費基盤A, S, B、若手、挑戦萌芽の1次審査

その他

 
2016年4月   ストレス環境下における損傷菌の発生メカニズムの解明と検出法
ストレス環境下における損傷菌の発生メカニズムの解明と検出法
2014年4月   食肉中放射性セシウムのと畜前推定技術の検証と放射性物質の動態
福島第一原子力発電所事故の影響により安楽死処分される家畜等から血液や臓器を採取し、安全な食用肉の提供を目的に、食肉中の放射性セシウム濃度のと畜前推定技術について、血液等を用いた推定法を比較検討し最適な推定技術を開発する。周囲の水・土壌などへの沈着核種の同定と放射能の計測によって、放射性物質の環境媒体を通じた生体臓器への沈着状況を評価する。
2012年9月   食肉中放射性セシウムのと畜前推定技術の検証と放射性物質の動態
被災家畜におけると畜前放射能濃度推定技術の確立、線量測定技術開発および生体除染のための基礎的研究
2012年1月   食肉用家畜の放射性セシウムと畜前推定技術の開発と体内動態解析
 警戒区域内の安楽死処分牛において、放射性セシウムの筋肉蓄積と血液と相関を調べ、体内動態解析による特定臓器への放射性物質が蓄積しやすさを検討した。と畜前推定技術を開発することによって、安全な食用肉を提供することを目的とした。
 警戒区域内で殺処分された家畜を用いて生前に採取できる血液等と筋肉との間の放射性セシウム濃度の相関関係を明確にした。以上のことから、畜前推定技術を開発できる基盤が整った。この技術は特用家畜にも応用できる可能性を示すことができた。現在、より精度の高い方法に向けた開発を継続している。また、種々の核種について、臓器別の沈着状況を明らかにすることができた。
2011年7月   東日本大震災による津波被害を受けた沿岸地域の土壌・瓦礫から分離されるクロストリジウム属細菌の調査研究
東日本大震災による津波被害を受けた沿岸地域の土壌・瓦礫から分離されるクロストリジウム属細菌の調査研究