日本の女性研究者

ジェンダー

研究者リスト >> 田中 和子
 

田中 和子

 
アバター
研究者氏名田中 和子
 
タナカ, カズコ
学位文学士(お茶の水女子大学), Ph.D(アイオワ大学)
科研費研究者番号60217015

研究キーワード

 
社会階層論 , ジェンダー社会学 , セクシュアリティ社会学 , 労働市場論 , ジェンダー階層論 , 高齢社会論 , 高齢者介護 , 介護・介助労働 , 感情労働 , 職務評価 , 同一価値労働同一賃金論 , 男女賃金格差 , 性別職業隔離

研究分野

 
  • ジェンダー / ジェンダー / 
  • 社会学 / 社会学 / 

経歴

 
 
   
 
国際基督教大学 教養学部アーツ・サイエンス学科社会学メジャー 教授
 
1971年4月
 - 
1972年8月
味の素(株)
 
1974年11月
 - 
1975年9月
五味屋(株)シカゴ支店
 
1975年10月
 - 
1980年8月
日本貿易振興会シカゴ事務所
 
1988年4月
 - 
1989年3月
国際基督教大学社会科学研究所
 

学歴

 
1967年4月
 - 
1971年3月
お茶の水女子大学 家政学部 栄養化学科
 
1980年9月
 - 
1987年12月
アイオワ大学大学院社会学研究科 社会学研究科 社会階層論
 
1980年9月
 - 
1987年12月
アイオワ大学大学院 社会学部 
 

論文

 
実践的な学問としての女性学が独自の学際的基盤を構築するために
田中 和子
女性学   17 32-44   2010年3月
介護労働からみえることーペイドとアンペイドの狭間で
田中 和子
女性労働研究   (54) 72-88   2010年1月
介護と感情労働:「見えない労働」に正当な評価を
田中 和子
女も男も:働きながら介護する   (111) pp. 18-23   2008年
感情労働としてのケアワーク
田中 和子
ケア その思想と実践 2 ケアすること   pp. 97-119   2008年
Are Care-Workers Knowledge Workers?
田中 和子、西川真規子
Gendering the Knowledge Economy : Comparative Perspectives   pp. 209-229   2007年

Misc

 
感情労働としての介護
田中 和子
現代のエスプリ   519 48-58   2010年10月
ロサンゼルスのホームケアワーカー
田中 和子、西川真規子
経営志林   39(3) 145-149   2002年
介護システムの国際比較と日本の課題
田中 和子
女性労働研究   (42)    2002年1月
M字型カーブ
田中 和子
事典・労働の世界   7-10   2000年
再雇用
田中 和子
福祉社会事典   338   1999年

書籍等出版物

 
ケアー今共有したい視点
田中 和子
2008年12月   
アジアから視るジェンダー
田中 和子
風行社   2008年1月   
Case Studies of Japanese Care Organizations (Chapter VII)
TANAKA, Kazuko
2007年   
Elderly Care in Japan ? Country Report (Chapter III)
TANAKA, Kazuko
2007年   
性同一性障害(GID)をめぐる問題
田中 和子
2006年   

講演・口頭発表等

 
変えよう!働き方 「ディーセントワーク」に希望を見る
田中 和子
福岡市男女共同参画センター講座   2012年11月11日   ワーキング・ウィメンズ・ヴォイス
性暴力を引き起こす構造的問題
田中 和子
公開講座『性暴力多発社会』   2011年5月29日   女性の安全と健康のための支援教育センター
ケア労働の諸相―ケアの危機の第2局面に際して
田中 和子
日本フェミニスト経済学会2010年度大会   2010年4月17日   日本フェミニスト経済学会
人権教育・研究:ジェンダー・セクシュアリティの視点から
田中 和子
東日本大学人権教育・研究懇談会   2010年3月29日   専修大学
日本の女性労働運動の発展:「働く女性の日米ワークショップ」の意義を考える
田中 和子
2010年1月18日   神戸大学

所属学協会

 
日本教育社会学会 , 日本社会学会 (編集委員会専門委員 2008-10) , 日本女性学会 幹事 1991年~1999年、2002年~04年、2012年~現在