日本の女性研究者

地域研究

研究者リスト >> 植田 隆子
 

植田 隆子

 
アバター
研究者氏名植田 隆子
 
ウエタ,タカコ
所属国際基督教大学
部署教養学部アーツ・サイエンス学科
職名教授
学位文学士(津田塾大学), 国際関係学修士(津田塾大学), 学術博士(津田塾大学)

プロフィール

国際安全保障の制度化に関心を持ち、博士学位論文は国際連盟時代の地域的安全保障体制を対象とした。専任の職に就いてからは、同時代のNATO, EU, OSCEを取り上げ、研究や機構そのものの拠点であるジュネーブ、ブラッセル、ウィーンでまとまった期間、在外研究を行う機会を得た。日本人のキャリアとしては珍しいが、2回ほど外務省の在外公館(ベルギー大使館、EU代表部)に勤務し、研究対象を実務で扱うことができ、二回目のEU代表部では次席大使であったため、交流先もハイレベルだった。これらの経験から、空論に陥らない学風を身に着けてきた。

研究キーワード

 
国際安全保障 信頼醸成措置 EU OSCE NATO

研究分野

 
  • 政治学 / 国際関係論 / 
  • 地域研究 / 地域研究 / 

経歴

 
2013年4月
 - 
2013年5月
オーストリア国際問題研究所 客員研究員
 
2008年7月
 - 
2011年3月
外務省欧州連合日本政府代表部 次席大使
 
2006年4月
 - 
2010年3月
放送大学大学院 客員教授
 
2005年10月
 - 
2008年9月
東京大学大学院 総合文化研究科 特任教授
 
2005年4月
 - 
2008年3月
一橋大学 国際・公共政策大学院 非常勤講師
 

委員歴

 
2015年7月
 - 
2016年3月
事業委員会 頭脳循環を加速する戦略的国際研究ネットワーク推進プログラム審査・評価委員 
 
2015年3月
 - 
2016年5月
Member, Steering Committee 
 
2014年4月
 - 
2015年3月
課題設定による先導的人文・社会科学研究推進事業 領域開拓部会委員 
 
2013年10月
 - 
現在
理事 
 
2013年7月
 - 
2015年6月
特別研究員等審査会委員 
 

受賞

 
1975年3月
津田塾大学 石坂泰三賞
 

論文

 
ユーロ危機の時期のEUの対外関係(2008年9月ー2014年1月)
植田隆子
日本EU学会年報   (34) 155-179   2014年5月   [査読有り]
The Role of Europe in Enhancing Cooperative Security in Asia and the Pacific
Takako Ueta
Security Policy Brief   (50) 1-10   2013年10月   [招待有り]
EU Policy toward Asia and the Pacific
Takako Ueta
ISPSW Strategy Series   (250) 1-20   2013年9月   [招待有り]
EU Policy toward Asia and the Pacific
Takako Ueta
RSCAS(Robert Schuman Centre for Advanced Studies, European University Institute) Working Paper   (2013/15) 1-18   2013年3月   [査読有り][招待有り]
EUの価値外交とグローバル・パワー・シフト
植田隆子
神奈川大学評論   (73) 62-65   2012年12月   [招待有り]

Misc

 
Croatia to become the Newest European Union Member in 2013
Takako Ueta
Japan Times      2012年7月
安全保障の制度化―欧州の経験とアジア太平洋の将来をめぐる実務経験からの省察
植田 隆子
国連ジャーナル   2012年(春) 9-20   2012年3月
EUが創る国際平和維持・構築の新潮流
植田隆子
世界週報   24-27   2006年2月
期待される日・EU間の戦略的対話(上)
植田隆子
世界週報   10-13   2005年9月
期待される日・EU間の戦略的対話(下)
植田隆子
世界週報   22-25   2005年9月

書籍等出版物

 
人の国際移動とEU
植田隆子他 (担当:共著, 範囲:第4章 EUの安全保障政策における域内治安問題との連結)
法律文化社   2016年4月   
Towards an EU Global Strategy- Consulting the Experts
Takako Ueta, Stephan Walt, Philip Gordon,et al. (担当:共著, 範囲:Opinion No.14)
EU Institute for Security Studies, Paris   2016年3月   
EU統合を読む
植田隆子他 (担当:共著, 範囲:第6章 EUの対外関係、第7章 人道援助・市民保護と共通外交安全保障政策)
春風社   2016年2月   
Developing EU-Japan Relations in a Changing Regional Context: A Focus on Security, Law and Policies (in press)
Takako Ueta, Michael Reiterer, et al. (担当:共編者, 範囲:Chapter One Japan-Europe Security Cooperation; Chapter Six Japan-Europe Relations in a Changing World)
Routledge   2016年   
The OSCE Asian Partnership for Co-operation, Reflections and Perspectives
The OSCE Secretariat, Takako UETA (担当:共著, 範囲:A Japanese Perspective on the Beginnings of the OSCE Asian Parnership for Co-operation)
OSCE Secretariat, Vienna   2015年11月   

講演・口頭発表等

 
Opening remarks(Welcome words), Introductory remarks(Session two: Cooperation in Hybrid Threats in View of the EU Global Strategy)
19th Japan EU Conference   2016年9月3日   International Christian University; Free University of Brussels Institute for European Studies(VUB IES); European Institute for Asian Studies; EU-Japan Centre for Industrial Cooperation
Professor Ueta has co-organized the Annual Japan EU Conference since 1998 in Brussels. For the further details(speech texts and power point presentations including Vice Prime Minister of Belgium) of the 19th Conference:http://www.eias.org/news/19t...
The Cooperation between NAPCI and OSCE to Further Multilateral Cooperation in Norheast Asia [招待有り]
2016 Korea-OSCE Joint Seminar on Northeast Asia Peace and Cooperation Initiative(NAPCI)   2016年7月5日   International Peace Institute
Principal aspects of regional cooperation between EU NATO and Japan with "third countries" [招待有り]
Takako Ueta
The Role of EU and NATO for Japan's Security   2016年3月9日   Konrad Adenauer Stiftung
国際情勢について [招待有り]
植田隆子
官邸における内閣総理大臣へのフリーフィング   2015年12月21日   内閣総理大臣官邸
欧州安全保障情勢 [招待有り]
植田隆子
三井物産戦略研究所における講演   2015年12月2日   

競争的資金等の研究課題

 
OSCEとEUによる紛争予防と紛争解決
国際基督教大学: 
研究期間: 2014年5月 - 2015年3月    代表者: 植田隆子
欧州安全保障協力機構の協調的安全保障モデルとそのアジア太平洋への適用可能性
日本学術振興会: 
研究期間: 2013年4月 - 2013年5月    代表者: 植田隆子
パワー・シフトの進む国際環境における日EU協力の包括的研究
基盤研究(A)一般
研究期間: 2011年4月 - 2016年3月    代表者: 須網隆夫
変容するEUの対外政策基盤とその対日政策をめぐる総合的研究
日本学術振興会: 基盤研究(A)海外
研究期間: 2006年5月 - 2010年3月    代表者: 植田隆子
「平和・安全・共生」研究教育の形成と展開
文科省 21世紀COEプログラム: 
研究期間: 2003年7月 - 2008年3月    代表者: 村上陽一郎

その他

 
1998年6月
年次日EU会議の共催:ベルギーの国際政治学者の発案を受け、1998年以来、ブラッセルで過去18年間、毎年、「日EU会議」を共催し、双方の政治家、ハイレベルの官僚、識者間の対話を現地の研究機関と組織・公開して日EU対話を促進している。この活動は教育・研究にも裨益している。研究成果として、5冊、英文の研究書を出版。