日本の女性研究者

農学

研究者リスト >> 関根 佳恵
 

関根 佳恵

 
アバター
研究者氏名関根 佳恵
 
セキネ カエ
eメールkaesekindpc.agu.ac.jp
所属愛知学院大学
部署経済学部
職名准教授
学位修士(経済学)(京都大学), 博士(経済学)(京都大学)
科研費研究者番号90612242

研究キーワード

 
地理的表示制度 , 家族農業 , 政治経済学 , 農業経済学 , アグリビジネス , 農村社会学

研究分野

 
  • 社会経済農学 / 経営・経済農学 / 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
国連食糧農業機関 客員研究員 栄養・フードシステム局 客員研究員
 
2016年4月
 - 
現在
愛知学院大学 経済学部 准教授
 
2014年4月
 - 
2016年3月
愛知学院大学 経済学部 専任講師
 
2011年4月
 - 
2014年3月
立教大学 経済学部 経済政策学科 経済学部 助教
 
2008年4月
 - 
2010年3月
日本学術振興会 特別研究員(DC2)
 

学歴

 
1999年4月
 - 
2003年3月
高知大学 農学部 暖地農学科
 
2003年4月
 - 
2005年3月
京都大学 経済学研究科 経済動態分析専攻
 
2005年4月
 - 
2011年3月
京都大学 経済学研究科 経済動態分析専攻
 

委員歴

 
2017年6月
 - 
現在
小規模・家族農業ネットワーク・ジャパン  呼びかけ人代表
 
2017年5月
 - 
2018年2月
名古屋市市場取引委員会  委員
 
2016年10月
 - 
現在
地域農林経済学会 学会誌編集委員会  編集委員
 
2016年7月
 - 
2018年7月
日本農業市場学会  理事
 
2016年4月
 - 
2018年3月
農林水産省東海農政局むらづくり審査会  審査員
 

論文

 
農産物・食品の地理的表示保護制度の意義と役割
関根 佳恵
農村と都市をむすぶ   67(9) 26-34   2017年9月   [招待有り]
Resistance to and in the Neoliberal Agri-Food Regime: A Case of Natural Bananas Trade between the Philippines and Japan
関根 佳恵
地域分析   55(3) 15-33   2017年3月
食と農におけるグローバル化の進展と家族農業
関根 佳恵
協同組合研究   35(1) 4-12   2015年12月   [査読有り]
長野県北部地震被災地における農業の復興
関根 佳恵
農業経済研究   86(3) 216-224   2014年12月   [査読有り]
長野県栄村における震災復興事業と農業―契約農業から農産加工へ―
関根 佳恵
地域分析   53(1) 37-48   2014年9月
フランスにおける果実市場のグローバル化と産地の対応―ドール・フランスの果実取引を事例として―
関根 佳恵
愛知学院大学経済学論叢   2(1) 19-38   2014年9月
関根 佳恵
フードシステム研究   20(4) 386-403   2014年4月   [査読有り]
関根佳恵、宮田剛志、上原里美、正木卓
大規模畜産法人経営の6次産業化と収益性―自給飼料基盤確保に着目して―   22-49   2012年3月
多国籍アグリビジネスと地域農業―日仏におけるドール・フード社の事業展開を中心に―
関根佳恵
   2011年3月
Kae Sekine & Shuji Hisano
International Journal of Sociology of Agriculture and Food   16(2) 70-89   2009年11月   [査読有り]
多国籍アグリビジネスによる地域農業への参入と撤退―ドール・ジャパンの国産野菜事業を事例として―
関根佳恵
農業問題研究   (63) 1-12   2008年12月   [査読有り]
Kae Sekine, Jean-Pierre Boutonnet and Shuji Hisano
The Kyoto Economic Review   77(1) 67-77   2008年6月   [査読有り]
多国籍アグリビジネスの新たな経営戦略―グリーン・キャピタリズムを掲げるドール社
関根佳恵
クォータリーあっと   2007年(9月) 18-30   2007年9月   [招待有り]
多国籍アグリビジネスによる日本農業参入の新形態―ドール・ジャパンの国産野菜事業を事例として―
関根佳恵
歴史と経済   (193) 16-30   2006年10月   [査読有り]
日本における多国籍アグリビジネスの事業展開―ドールの野菜事業を中心に―
関根佳恵
   2005年3月   [査読有り]

Misc

 
世界で高まるローカル・フードへの関心
関根 佳恵
名古屋コーチンプレス   (26) 2-2   2018年6月   [依頼有り]
国連「家族農業の10年」の設置をめぐって―小規模・家族農業の再評価と日本農業の課題―
関根 佳恵
月刊NOSAI   (70) 18-27   2018年6月   [依頼有り]
アグロエコロジーの旋風
関根 佳恵
農業共済新聞   1-1   2018年5月   [依頼有り]
国連「家族農業の10年」と小規模・家族農業の可能性
関根 佳恵
農村通信   30(4) 44-47   2018年4月   [依頼有り]
巻頭言 手仕事の時代
関根 佳恵
婦人通信   (709) 2-3   2018年4月   [依頼有り]
書評:土といのち編集委員会編『土といのち―南国高知発、有機でつながる食と農―』(NPO法人土といのち、2017年)
関根 佳恵
愛知学院大学論叢経済学研究   5(2) 39-43   2018年3月
小規模・家族農業ネットワークを立ち上げた
関根 佳恵
現代農業   97(3) 346-349   2018年3月   [依頼有り]
「家族農業」支援政策を
関根 佳恵
農業共済新聞   1-1   2018年1月   [依頼有り]
関根 佳恵
村落社会研究ジャーナル      2017年12月   [依頼有り]
始まる、国連の「家族農業の10年間」
関根 佳恵
土と健康   (478) 17-17   2017年12月   [依頼有り]
巻頭言:採択なるか?国連の「家族農業10年」
関根 佳恵
農業・農協問題研究   (64) 1-1   2017年11月   [依頼有り]
小規模・家族農業をめぐる世界の動向と日本
関根 佳恵
ハリーナ   (38) 4-7   2017年11月   [依頼有り]
一反百姓と小規模・家族農業の交差点
関根 佳恵
春秋   (592) 1-3   2017年10月   [依頼有り]
特集コラム:海外の農業経営の状態との比較―農林業センサスの組み替え集計より――
新山 陽子 関根 佳恵
農業と経済   83(5) 96-98   2017年5月   [依頼有り]
こう読みました!『農業と経済』:若者の新規就農を考える
愛知学院大学農業経済学専門ゼミ
農業と経済   83(3) 114-115   2017年3月   [依頼有り]
書評:桂瑛一編著『青果物のマーケティング―農協と卸売業のための理論と戦略―』昭和堂、2014年
関根 佳恵
農業市場研究   25(3) 60-61   2016年12月   [依頼有り]
国際マメ年を振り返って―豆は世界の栄養を改善し、持続可能な農業の土台に―
関根 佳恵
食べもの通信   (550) 20-21   2016年12月   [依頼有り]
「国際マメ年」と農業の進路
関根 佳恵
文化連情報   (462) 36-39   2016年9月   [依頼有り]
現場からの農村学教室:家族農業とアグロエコロジー
関根 佳恵
日本農業新聞      2016年6月   [依頼有り]
貿易自由化時代の地理的表示制度
関根 佳恵
農業と経済   82(6) 86-87   2016年6月   [依頼有り]
GI制度はどのような役割を果たせるか
関根 佳恵
農業と経済   81(12) 62-70   2015年12月   [依頼有り]
【書評】EUの農協ー役割と支援策ー
関根 佳恵
農業と経済   81(8) 115-115   2015年9月   [依頼有り]
公開講演会・シンポジウム開催報告 「国際家族農業年から始まる小規模家族農業の道 ―フランス農業開発研究国際協力センター(CIRAD)の研究者を迎えて―」
関根 佳恵、Bosc Pierre-Marie、 Sourisseau Jean-Michel 、 郭 洋春
2015年度立教大学経済研究所年報   7-19   2015年6月
『資本と地域』発刊10周年に寄せて
関根 佳恵
資本と地域   (9・10合併) 88-89   2015年3月   [依頼有り]
ヒアリング調査報告―陸前高田市の被災農家Kさんのお話をうかがって―
関根 佳恵
岩手農民大学ニュース   (107) 3-3   2015年1月   [依頼有り]
国際家族農業年が問いかけるもの3―日本の発展途上国支援と家族農業―フィリピンの無農薬バナナ産地から考える―
関根 佳恵
文化連情報   (440) 24-27   2014年11月   [依頼有り]
食に対する姿勢の日仏比較
関根 佳恵
農業と経済   80(10) 105-110   2014年11月   [依頼有り]
小規模家族農業を見直し発展させる農政へ転換を
関根 佳恵
中小商工業研究   (121) 29-39   2014年10月   [依頼有り]
フランスの中山間地域農業の動向―家族農業と地理的表示保護制度―
関根 佳恵
農業と経済   80(8) 104-105   2014年9月   [依頼有り]
「国際家族農業年」が問いかけるもの2―日本の家族農業―オルタナティブな農業へ―
関根 佳恵
文化連情報   (437) 34-38   2014年8月   [依頼有り]
「国際家族農業年」が問いかけるもの1―見直される小規模な家族農業の役割―
関根 佳恵
文化連情報   (436) 34-37   2014年7月   [依頼有り]
【書評】清水純一、坂内久、茂野隆一編著『復興から地域循環型社会の構築へ―農業・農村の持続可能な発展』農林統計出版、2013年
関根 佳恵
農業経済研究   86(1) 40-42   2014年6月   [依頼有り]
家族農業が世界を養う
関根 佳恵
農民   (70) 50-56   2014年5月   [依頼有り]
「国際家族農業年」に想うこと
関根佳恵
現代農業   93(2) 358-361   2014年2月   [依頼有り]
栄村における「農業の6次産業化」への取り組み―契約農業から農産加工へ―
関根佳恵
3.12震災、復興への課題と統計情報の役割―結いの心で築く新生栄村―   61-73   2013年3月
ヨーロッパにおける市場の輸出対応―フランスを事例として―
関根 佳恵
農業と経済   78(12) 26-27   2012年12月   [依頼有り]
フランス全国農業経営者組合連合(FNSEA)調査報告
関根佳恵
食品安全・衛生のプロフェッションの確立に関する調査報告書―フランス、オランダにおける専門職業間組織(事業者団体)の役割と職員の専門性―(ヒアリング記録と関連法)   19-22   2012年10月
フランス農業協同組合連合(Coop de France)調査報告
関根佳恵
食品安全・衛生のプロフェッションの確立に関する調査報告書―フランス、オランダにおける専門職業間組織(事業者団体)の役割と職員の専門性―(ヒアリング記録と関連法)   23-26   2012年10月
野菜の地理的表示をめぐる動向
関根 佳恵
野菜情報   (99) 2-3   2012年6月   [依頼有り]
栄村の農業―高齢化と震災の中で-
関根佳恵
3.12震災を乗り越え、結いの心で美しい自然を守る―豪雪の地:長野県栄村を統計で捉える―   79-85   2012年3月
関根佳恵
野菜情報   95 40-45   2012年2月
研究動向
関根 佳恵
農業と経済   77(6) 108-111   2011年5月   [依頼有り]
【書評】三井和子『EU野菜事情―ホウレンソウを中心に』鳴海社、2009年
関根 佳恵
農業と経済   75(7) 113-113   2009年7月   [依頼有り]
2005年農業センサスの結果―京都の農業・農村の実態分析―
関根佳恵
京都府農業会議農政課報告書   5(121) 1-109   2006年5月
ドールの商品戦略と投資戦略
関根佳恵
農業と経済   72(5) 97-100   2006年4月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
コノー・J・フィッツモーリス、ブライアン・J・ガロー著、村田武、レイモンド・A・ジュソーム・Jr.監訳『現代アメリカの有機農業とその将来―ニューイングランドの小規模農業―』
関根 佳恵 (担当:共訳, 範囲:「第1章 有機農業をどう理解するか―その略史」「第2章 主流になった有機農業」)
筑波書房   2018年5月   
バナナとフィリピン小規模零細農民―バランゴンバナナ民衆交易の現状と課題
関根 佳恵 (担当:共著, 範囲:第3章 ミンダナオ島における民衆交易の事業拡大とその課題―コタバト州マキララ町を事例として―)
埼玉大学教養学部・大学院人文社会科学研究科   2018年3月   
フードシステムと日本農業
新山陽子、清原昭子、工藤春代、関根佳恵、鬼頭弥生 (担当:共著, 範囲:第2章、第8章、第14章、第15章)
NHK出版   2018年3月   ISBN:978-4-595-31887-0
Resistance to the Neoliberal Agri-Food Regime: A Critical Analysis
関根 佳恵 (担当:共著, 範囲:Geographical Indication and Resistance in Global Agri-Food: The Case of Miso in Japan)
Routledge   2018年1月   ISBN:978-1-138-72337-5
女性白書2017―女性の人権と社会保障―世界と日本
日本婦人団体連合会 (担当:共著, 範囲:世界における農業女性の今)
ほるぷ出版   2017年8月   
食と農を支配するのは誰か?―グローバル化時代における社会運動、民主主義、人権への新たな課題―
上智大学グローバルコンサーン研究所・国際基督教大学社会科学研究所共編 (担当:分担執筆, 範囲:関根佳恵「国連機関が示す新たな方向性:小規模・家族農業とアグロエコロジー 」pp.50-54、「パネルディスカッション」pp.83-128)
上智大学グローバル・コンサーン研究所   2017年7月   
多国籍アグリビジネスと農業・食料支配
安藤光義・北原克宣編 (担当:分担執筆, 範囲:第3章 多国籍アグリビジネスの事業展開と日本農業の変化―新自由主義的制度改革とレジスタンス―)
明石書店   2016年10月   
入門 現代日本の経済政策
岡田知弘・岩佐和幸編 (担当:分担執筆, 範囲:第5章 農業・食料政策を考える―飽食ニッポンと家族農業のゆくえ―)
法律文化社   2016年8月   
The Contradictions of Neoliberal Agri-Food: Corporations, Resistance, and Disasters in Japan
Kae SEKINE and Alessandro BONANNO (担当:共著)
West Virginia University Press   2016年8月   
Nominated for the Frederick H. Buttel Outstanding Scholarly Achievement Award of the Rural Sociological Society
年報村落社会研究51:災害と村落
関根 佳恵 (担当:共著, 範囲:農業経済学の研究動向)
農山漁村文化協会   2015年10月   

講演・口頭発表等

 
Comments on Washoku School Lunch Project and Food Education in Japan [招待有り]
関根 佳恵
Seminar of Nutrition and Food System Division, The Food and Agriculture Organization of the United Nations   2018年5月10日   Nutrition and Food System Division, The Food and Agriculture Organization of the United Nations
国連「家族農業の10年」と農政パラダイムの転換―小規模・家族農業の可能性― [招待有り]
関根 佳恵
シンポジウム「農のあり方を考える―世界の潮流「小規模・家族農業」と日本―   2018年3月11日   NPO法人日本有機農業研究会・NPO法人農都会議
Использование наименования места происхождения товара в эпоху глобализации- На примере преф. Аити - [招待有り]
関根 佳恵
«Брендинг и маркетинг продукции с использованием региональных ресурсов»   2018年1月29日   По инициативе JICA-Тюбу, филиала JICE-Тюбу
Revisiting the Roles of Family Farming in the Context of Human Security [招待有り]
関根 佳恵
Special Lecture on Human Security at Graduate School of Agricultural Science of Tohoku University   2017年12月20日   
座長解題:農山村移住と農のある暮らしを考えるin奥三河 [招待有り]
関根 佳恵
フォーラム:農山村移住と農のある暮らしを考えるin奥三河   2017年11月18日   農業・農協問題研究所、同東海支部、実行委員会共催
小規模・家族農業をめぐる国際情勢の変化と支援制度構築の可能性 [招待有り]
関根 佳恵
第28回これからの生と民主主義を考える会、於名古屋大学   2017年10月17日   
バナナを通して現代社会を考える [招待有り]
関根 佳恵
愛知学院大学学園祭 映画「バナナの逆襲」上映会   2017年10月15日   
小規模・家族農業をめぐる世界の動向と日本
関根 佳恵
第3回ラブファーマーズ・カンファレンス   2017年9月2日   
Néolibéralisation de la politique agroalimentaire au Japon et contradictions des modèles agricoles [招待有り]
関根 佳恵
Colloque International FORMAT / Métaprogramme GIoFoodS “Coexistence des modèles agricoles et alimentaires, un nouveau paradime du développement territorial ?”   2017年6月28日   
The Structure of Agricultural Holdings in Contemporary Japan Analyzed by Types of Enterprise and Status of Labor: Basing on Agricultural Census 2010 [招待有り]
新山 陽子 関根 佳恵
3rd International Workshop on Study of Family-run Farming "Comparative Analysis on Agricultural HOldings/Family Farming" in Kyoto University, Japan   2017年3月16日   
Food Labelling and Local Resource Management: Instances from Asian Countries [招待有り]
関根 佳恵
International Seminar: Land Use and Natural Resource Management in Rural Areas (VetAgro Sup, Clermont-Ferrand, France)   2017年3月7日   
著書紹介:関根佳恵・アレッサンドロ・ボナンノ『新自由主義的農業・食料体制の矛盾 ―日本における企業、抵抗、災害―』ウエスト・ヴァージニア大学出版会、2016年 [招待有り]
関根 佳恵
第22回これからの生と民主主義を考える会、於名古屋大学   2017年2月27日   
解題:田園回帰をめぐる論点
関根 佳恵
農業・農協問題研究所東海支部 公開シンポジウム「農山村移住と農のある暮らしを考える」、於愛知学院大学   2016年11月27日   
Geographical Indication and Resistance in Global Agri-Food: The Case of Miso in Japan
関根 佳恵、アレッサンドロ・ボナンノ
IRSA 14th World Congress of Rural Sociology, Toronto, Canada   2016年8月11日   
家族農業とアグロエコロジーをめぐる国際動向 [招待有り]
関根 佳恵
第1回ランドケア懇話会、於南山大学   2016年7月31日   
尾張のフラワービジネス [招待有り]
関根 佳恵
津島市市民大学講座   2016年6月11日   
未来を拓くアグロエコロジー―世界が支持する小さな農業― [招待有り]
関根 佳恵
なごや環境大学共育講座   2016年6月4日   
映画から考えるグローバル化時代の農業 [招待有り]
関根 佳恵
名古屋シネマテーク上映後トークイベント   2016年4月2日   
国連機関が示す新たな方向性:小規模・家族農業とアグロエコロジー [招待有り]
関根 佳恵
第35回国際シンポジウム:食と農を支配するのは誰か?~グローバル化時代における社会運動、民主主義、人権への新たな課題~   2015年12月5日   上智大学グローバル・コンサーン研究所、国際基督教大学社会科学研究所
なぜ今、家族農業か?―国際家族農業年に学ぶ―
関根 佳恵
ラブファーマーズカンファレンス   2015年9月5日   
フラワービジネスー花から見る名古屋圏の特徴と可能性ー [招待有り]
関根 佳恵
名古屋市北区生涯学習センター・愛知学院大学地域連携センター連携講座「名古屋学―名古屋の経済・産業・企業―   2015年7月7日   
多国籍アグリビジネスの事業展開と日本農業の変化―新自由主義的制度改革とレジスタンス― [招待有り]
関根 佳恵
政治経済学・経済史学会春季大会「多国籍アグリビジネスによる農業・食料支配の現段階」、於東京大学(本郷キャンパス)   2015年6月27日   
未来をつむぐバランゴンバナナの民衆交易―コタバト州マキララ町を事例として- [招待有り]
関根 佳恵
ATJ・APLA主催公開セミナー「バランゴンバナナの民衆交易はどこまで生産者の自立に寄与できるのか」、於立教大学(池袋キャンパス)   2015年6月20日   
家族農業が世界を養うー国連の議論に学ぶー [招待有り]
関根 佳恵
愛知学院大学春季公開講座「現代社会を考える」   2015年6月4日   
家族農業と私たちの食―国際家族農業年から学ぶ― [招待有り]
関根 佳恵
NPO法人地域と協同の研究センター総会記念講演   2015年5月30日   
食・農におけるグローバル化の進展と家族農業 [招待有り]
関根 佳恵
日本協同組合学会第34回春季大会   2015年5月16日   
小規模家族農業が世界の未来を拓く [招待有り]
関根 佳恵
飯能市消費者団体連絡会講演会   2015年3月30日   
家族農業が地球を救うー国連の議論に学んでー [招待有り]
関根 佳恵
農民運動全国連合会女性部総会   2015年2月8日   
国際家族農業年と人びとの食料保障 [招待有り]
関根 佳恵
神戸学生青年センター主催 食料環境セミナー   2015年1月28日   
国際家族農業年から始まる小規模家族農業の道―新自由主義的農政を乗り越えて― [招待有り]
関根 佳恵
岩手農民大学 第28回 米と日本民族の未来を見つめるシンポジウム   2014年12月13日   
国際家族農業年と日本農業―小規模家族農業の再評価に向けて―
関根 佳恵
公開シンポジウム「国際家族農業年から始まる小規模家族農業の道―フランス農業開発研究国際協力センターの研究者を迎えて―」   2014年11月24日   
国際家族農業年について考える―専門家ハイレベル・パネルの議論から― [招待有り]
関根 佳恵
連続公開セミナー 2014年度第2回「食べものの危機を考える」   2014年11月22日   
国連2014国際家族農業年―家族農業が世界の未来を拓く― [招待有り]
関根 佳恵
日本文化厚生農業協同組合連合会労働組合 学習会   2014年11月10日   
国際家族農業年―見直したい「小規模」の可能性― [招待有り]
関根 佳恵
新ふくしま農業協同組合 記念講演会   2014年11月9日   
国連2014年国際家族農業年~家族農業が世界の未来を拓く~ [招待有り]
関根 佳恵
高知県食健連・高知県農民連   2014年10月4日   
関根 佳恵、アレッサンドロ・ボナンノ
ISA XVIII World Congress of Sociology   2014年7月14日   
関根 佳恵
上智大学グローバル・コンサーン研究所講演会   2014年6月14日   
長野県北部地震被災地における農業の復興 [招待有り]
関根 佳恵
日本農業経済学会2013年度大会ミニシンポジウム   2014年3月30日   
関根 佳恵
株式会社オルター・トレード・ジャパン・NPO法人APLA主催バナナ・セミナー   2014年3月16日   
日本の農林水産業の現状と未来 [招待有り]
関根 佳恵
東洋大学経済学部オムニバス講義   2013年12月   
『農と食の政治経済学』の若手研究者として [招待有り]
関根 佳恵
文部科学省科学技術人材育成費補助事業「女性研究者研究活動支援事業」   2013年12月   
国連世界食料安全保障委員会報告「食料安全保障のための小規模農業への投資」 [招待有り]
関根 佳恵
PRIME主催研究会   2013年11月   
長野県栄村における震災復興事業と農業―契約農業から農産加工へ―
関根佳恵
日本農業市場学会2013年度大会   2013年6月29日   The Agricultural Marketing Society of Japan
The Contradictions of Neoliberalism in Agri-Food: Corporations, Resistance and Natural Disasters in Japan
関根佳恵 アレッサンドロ・ボナンノ
サムヒューストン大学人文社会科学部定例研究報告会議   2013年2月15日   SHSU College of Humanities and Social Sciences
“Reverse Land Reform” ?: From Small Family Farmers to Big Businesses
関根佳恵
The 13th World Congress of Rural Sociology   2012年7月29日   International Rural Sociology Association
Collective Action and Social Construction of the Markets for Geographical Indication Products: Insights from Kobe Beef and Limousin Beef
ルイ・オギュスタン・ジャン、関根佳恵、ジャン・ピエール・ブトネ
The 17th World Congress of International Sociological Association   2010年7月   
Is Transnational Corporations' Contribution to the Sustainable Development of Local Agro-food Systems possible? A Case Study of Dole Food Company in Japan and France
関根佳恵、久野秀二、ジャン・ピエール・ブトネ
The 17th World Congress of International Sociological Association   2010年7月   
Can Transnational Agribusiness Innovate the Agro-food Systems towards the Sustainable Development of Local Agro-food System? A Case Study of Dole Food Company in Japan and France
関根佳恵、久野秀二、ジャン・ピエール・ブトネ
International Symposium ' Innovation and Sustainable Development of Agriculture and Food   2010年6月   
Collective Action and Social Construction of the Markets for Geographical Indication Products: Insights from Kobe Beef and Limousin Beef
ルイ・オギュスタン・ジャン、関根佳恵、ジャン・ピエール・ブトネ
International Symposium ' Innovation and Sustainable Development of Agriculture and Food'   2010年6月   
フランスにおける青果物市場のグローバル化と地域の対応―ドール・フランスの果実取引を事例として―
関根 佳恵
日本農業市場学会大会   2009年7月   

担当経験のある科目

 
  • Human Security B (Graduate School of Agricultural Science of Tohoku University, Sendai, Japan)
  • Land Use and Natural Resource Management in Rural Area (VetAgro Sup, Clermont-Ferrand, France)
  • 経済学特講Ⅱ (愛知学院大学)
  • 専門演習 (愛知学院大学)
  • 農業経済学 (愛知学院大学)

所属学協会

 
日本協同組合学会 , 国際社会学会 , 国際農村社会学会 , アジア農村社会学会 , 日本農業経済学会 , 日本村落社会学会 , 日本農業市場学会 , 農業問題研究学会 , 地域農林経済学会 , 政治経済学・経済史学会

競争的資金等の研究課題

 
アジアにおける地域農業振興の道具としてのGIの潜在力:日本とカンボジアの比較から
公益財団法人ロッテ財団: 奨励研究助成
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: フォイヤー・ハート
フィリピンにおけるバナナ生産及び流通の課題
オルター・トレード・ジャパン: 企業からの委託研究
研究期間: 2014年1月 - 2015年6月    代表者: 関根 佳恵
日本市場向け無農薬バナナの生産構造と価格形成に関する実証的研究―フィリピン産バナナを事例として―
愛知学院大学産業研究所: 個人研究プロジェクト
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 関根 佳恵
食品安全のためのリスクコミュニケーションモデルの開発とプロフェッションの要件
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 新山陽子
食品リスク認知とリスクコミュニケーション、食農倫理とプロフェッションの確立
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2011年4月 - 2015年3月    代表者: 新山陽子

その他

 
2017年3月   日本農業経済学会2016年度大会(於千葉大学) 個別報告 座長
2016年8月   The Chair of RC40 Session: The New Frontier of Resistance in Global Agri-Food Organized by Alessandro Bonanno and Steven A. Wolf in Toronto, CA