日本の女性研究者

人文学

研究者リスト >> 黒岩 幸子
 

黒岩 幸子

 
アバター
研究者氏名黒岩 幸子
 
クロイワ ユキコ
eメールkuroiwaiwate-pu.ac.jp
URLhttps://nrid.nii.ac.jp/ja/nrid/1000080305317/
所属岩手県立大学
部署高等教育推進センター
職名教授
学位文学修士(早稲田大学)
科研費研究者番号80305317

研究分野

 
  • 政治学 / 政治学 / 
  • 哲学 / 思想史 / 
  • 言語学 / 外国語教育 / 

経歴

 
1983年9月
 - 
1986年5月
日本航空モスクワ支店 未記入
 
1986年6月
 - 
1998年3月
ロシア語通訳・翻訳 翻訳業
 
1996年4月
 - 
2000年3月
札幌大学外国語学部 非常勤講師
 
1998年4月
 - 
2000年3月
岩手県立大学 総合政策学部 助手
 
2000年4月
 - 
2004年3月
岩手県立大学 総合政策学部 講師
 

学歴

 
 
 - 
1982年3月
早稲田大学 文学研究科 ロシア文学専攻
 

委員歴

 
2007年10月
 - 
2009年9月
日本ロシア文学会  学会賞選考委員
 
2008年1月
 - 
2015年1月
ロシア語通訳協会  副会長
 
2009年11月
 - 
現在
日本ロシア文学会  倫理委員会委員
 
2009年11月
 - 
2013年11月
日本ロシア文学会  東北支部長
 
2009年11月
 - 
現在
日本ロシア文学会  理事
 

受賞

 
2011年6月
ブックインとっとり 地方出版文化功労賞「ブックインとっとり2010」
 

論文

 
ドブロリューボフ研究
黒岩幸子
   1982年3月   [査読有り]
ジュガーノフ・ロシア共産党党首の世界観-現代ロシアの反欧米思想に関する一考察-
黒岩幸子
言語と文化   (1) 55-70   1998年
根室に見る地方領土問題-冷戦後のパラダイム転換を生きる街-(上)
黒岩幸子
総合政策   1(1) 53-66   1998年
根室に見る地方領土問題-冷戦後のパラダイム転換を生きる街-(下)
黒岩幸子
総合政策   1(2)    1999年
ピョートル・サヴィツキーの思想と今日的意義-現代ロシアのユーラシア主義復権-
黒岩幸子
総合政策   2(2) 183-198   2000年11月

Misc

 
「ステップと定住」におけるサヴィツキーのユーラシア主義
黒岩 幸子
『言語と文化』第2号   (第2) 5-5   2000年3月
日ロ「二元外交」論の幻:「対四島人道援助とは何だったか」
黒岩 幸子
岩波書店『世界』1月号   (1月) 3-3   2005年1月
ピョートル・サヴィツキー「ユーラシア主義」解説
黒岩 幸子
『総合政策』      2007年3月
処女地開墾か犀の河原か
黒岩幸子
ロシア語通訳協会会報   (54) 13-13   2009年10月
著書紹介 『ロシア語文法便覧』宇多文雄
黒岩幸子
ロシア語通訳協会会報   (54)    2009年10月

書籍等出版物

 
憂国
A.レベジ (担当:共訳)
徳間書店   1997年9月   ISBN:419860715x
Russia A New Cold War?  
Michel Koriman, John Laughland (Editors) (担当:分担執筆, 範囲:Russo-Japanese Relations, Stressed by Territorial Despute)
Vallentine Mitchell Academic   2008年1月   ISBN:9780853038054
言葉を育てる 米原万里対談集
米原万里ほか (担当:分担執筆, 範囲:素顔の万里さん ― 解説にかえて)
筑摩書房   2008年9月   ISBN:978-4-480-42470-9
授業づくりハンドブック
ロシア語教育研究会編著 (担当:共著, 範囲:本書の構想と使い方、序章コミュニカティヴ・アプローチを超えて)
大阪大学出版会   2008年12月   ISBN:9784872592658
米原万里、そしてロシア
井上ひさし他 (担当:分担執筆, 範囲:回想の米原万里 「聴かせる作家を偲んで」)
かまくら春秋社   2009年4月   ISBN:9784774004341

講演・口頭発表等

 
北方領土の記号化および神話形成プロセスについて
黒岩 幸子
日本ロシア文学会東北支部研究発表会   2004年6月   
海から見る北方領土問題
黒岩 幸子
キエフ地球環境フォーラム   2006年4月1日   
第二外国語としてのロシア語授業におけるコミュニカティヴ・アプローチの実践について
黒岩 幸子
ロシア語教育研究会   2006年5月   
コミュニカテヴ・メソッドによるロシア語授業の実践
黒岩 幸子
日本ロシア文学会東北支部   2006年7月   
現代の視座から再検討されるソビエト時代の女性問題
黒岩 幸子
東北ジェンダー研究会   2006年12月   

担当経験のある科目

 
  • 歴史学の世界 (岩手県立大学)
  • ロシア語I (岩手県立大学)
  • ロシア語II (岩手県立大学)
  • 異文化交流論 (岩手県立大学)
  • ロシア事情 (岩手県立大学)

所属学協会

 
ロシア語通訳協会 , 日本ロシア文学会 , 日本スラブ東欧学会 , ロシア・東欧学会 , ロシア史研究会

競争的資金等の研究課題

 
北方領土問題
(選択しない)
研究期間: 1998年1月 - 現在
現代ロシアのユーラシア主義
(選択しない)
研究期間: 1998年1月 - 現在
岩手県の国際交流:姉妹都市交流の現状と展望
共同研究
研究期間: 1998年4月 - 2004年3月
岩手県の国際交流
岩手県学術研究振興財団
研究期間: 1998年4月 - 2004年3月
ロシア語教育法
その他の研究制度
研究期間: 1998年4月 - 現在

その他

 
2000年3月
ピョートル・サヴィツキー「ステップと定住」
単著
『言語と文化』第2号
露語
13頁
2000年6月
ロシア大統領選挙後の日露関係を考える
単著
『21世紀の日ロ関係を展望して』
2000年8月
ジョレス・メドヴェージェフ「スターリンの原爆プロジェクト」(上・下)
単著
岩波書店『世界』
露語
9+11頁
2002年10月
アレクサンドル・ドゥーギン『地政学の基礎』
『総合政策』第4巻第1号
9頁
2003年4月
ロシア連邦・ノボシビルスクを訪ねて
共著
Milk Science Vol.52