日本の女性研究者

工学

研究者リスト >> 松尾 亜紀子
 

松尾 亜紀子

 
アバター
研究者氏名松尾 亜紀子
 
マツオ アキコ
eメールmatsuomech.keio.ac.jp
URLhttp://www.matsuo.mech.keio.ac.jp
所属慶應義塾大学
部署理工学部機械工学科
職名教授
学位工学(名古屋大学)
科研費研究者番号70276418

研究分野

 
  • 機械工学 / 流体工学 / 
  • 総合工学 / 航空宇宙工学 / 

経歴

 
1989年4月
 - 
1993年3月
(株)リクルート スーパーコンピュータ研究所勤務
 
1991年4月
 - 
1993年3月
(株)リクルート 休職
 
1992年1月
 - 
1994年3月
日本学術振興会(DC1)(名古屋大学) ,特別研究員
 
1994年4月
 - 
1995年3月
日本学術振興会(PD)(文部省宇宙科学研究所) ,特別研究員
 
1995年4月
 - 
1997年3月
慶應義塾大学理工学部 ,助手
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
2018年3月
日本学術振興会 学術システム研究センター  研究員
 
2016年12月
 - 
2017年12月
経済産業省 産業構造審議会航空機宇宙産業小委員会  臨時委員
 
2016年10月
 - 
2018年9月
消費者庁 消費者安全調査委員会事故調査部会  臨時委員
 
2016年9月
 - 
2017年10月
東京消防庁 観覧場等における裸火を用いた演出に係る防火安全対策検討部会  部会員
 
2016年9月
 - 
2018年8月
経済産業省 日本工業標準調査会  臨時委員
 

受賞

 
2016年6月
弾道学研究会 平成27年度弾道学研究会奨励賞 直径5㎜の飛翔体加速装置に対する砲内弾道シミュレーション
 
2012年12月
日本燃焼学会 平成24年度日本燃焼学会論文賞
 
2011年11月
弾道学研究会 第19回弾道学研究会奨励賞 砲内・過渡弾道解析における燃焼流体シミュレーションとその数値解析モデルの研究
 
2006年11月
日本女性航空協会 第十回「空を愛する女性たちを励ます賞」
 
2002年12月
日本燃焼学会 平成14年度日本燃焼学会奨励賞
 

論文

 
Nakagami, S., Matsuoka, K., Kasahara, J., Kumazawa, Y., Fujii, J., Matsuo, A., and Funaki, I.
Journal of Propulsion and Power, Special Section on Pressure Gain Combustion   33(1) 80-88   2017年1月   [査読有り]
Matsuoka, K., Muto, K., Kasahara, J., Watanabe, H., Matsuo, A., and Endo, T.
Journal of Propulsion and Power, Special Section on Pressure Gain Combustion   33(1) 43-50   2017年1月   [査読有り]
Supersonic Combustion Using Multiple Stinger-shaped Injectors
Kouchi, T., Tomioka, S., Hirano, K., Matsuo, A., and Masuya, G.
Transactions of JSASS   60(1) 56-59   2017年1月   [査読有り]
Matsuoka, K., Muto, K., Kasahara, J., Watanabe, H., Matsuo, A. and Endo, T.
Proceedings of the Combustion Institute (online)      2016年   [査読有り]
Flight Validation of a Rotary-Valved Four-Cylinder Pulse Detonation Rocket
Matsuoka, K., Morozumi, T., Takagi, S., Kasahara,J., Matsuo, A., and Funaki, I
Journal of Propulsion and Power   32(2) 383-391   2016年   [査読有り]

Misc

 
デトネーションのパワーで空を飛ぶことへの挑戦
松尾亜紀子
學士會会報 908号   (第908) 87-91   2014年9月

書籍等出版物

 
機械工学便覧 基礎編 α5 熱 工 学
松尾亜紀子 他62名 (担当:共著, 範囲:44-48)
2006年12月   
数値流体力学ハンドブック
松尾亜紀子 他79名 (担当:共著, 範囲:300-303)
丸善   2003年3月   

講演・口頭発表等

 
Experimental Visualization Study of the Disk-Shaped Rotating Detonation Combustors
Higashi, J., Nakagami, S., Matsuoka, K., Kasahara, J., Matsuo, A., and Funaki, I.
AIAA Science and Technology Forum and Exposition(AIAA SciTech Forum 2017)   2017年1月11日   
Study on a Long-time Operation Towards Rotating Detonation Rocket Engine Flight Demonstration
Ishihara, K., Nishimura, J., Goto, K., Matsuoka, K., Kasahara, J., Matsuo, A., and Funaki, I.
AIAA Science and Technology Forum and Exposition(AIAA SciTech Forum 2017)   2017年1月11日   
Numerical Investigation on Burned Gas Backflow in Liquid Fuel Purge Method
Watanabe, H., Matsuo, A., Matsuoka, K., and Kasaha, J.
AIAA Science and Technology Forum and Exposition(AIAA SciTech Forum 2017)   2017年1月11日   
Numerical Investigation of the Effects of Non-Premixed Injection on Rotating Detnation Propagation
Kumazawa, Y., Fujii, J., Matsuo, A., Nakagami, S., Matsuoka, K., and Kasahara, J.
36th International Symposium on Combustion   2016年8月4日   
One-Dimensional Investigation of Purging Process in Liquid Fuel Purge Method
Watanabe, H., Matsuo, A., Muto, K., Matsuoka, K., Kasahara, J., and Endo, T.
36th International Symposium on Combustion   2016年8月4日   

所属学協会

 
International Association for Hydrogen Safety , 日本計算工学会 , 日本火災学会 , 日本原子力学会 , 火薬学会 , 日本ガスタービン , 日本流体力学会 , アメリカ物理学会 , 日本燃焼学会 , 日本機械学会 , アメリカ航空宇宙学会 , 日本航空宇宙学会

Works

 
可能性を信じること
松尾 亜紀子   その他   2016年4月
圧縮性流体のコンピュータシミュレーション
松尾 亜紀子   その他   2015年11月
リケジョ~女性エンジニアの懸け橋としてLAJ ができること
松尾亜紀子 他6名   その他   2014年9月
LAJ:活動の場を探して
松尾 亜紀子   その他   2014年9月
「目指せ!工学女子2014」 エネルギー問題を工学で考える
松尾亜紀子   その他   2014年7月

特許

 
2002-39012 : パルスデトネーションエンジン用多孔微細管燃料酸化剤供給プレート
笠原次郎・新井隆景・永田晴紀・松尾亜紀子