日本の女性研究者

情報学

研究者リスト >> 光武 亜代理
 

光武 亜代理

 
アバター
研究者氏名光武 亜代理
 
ミツタケ アヨリ
eメールayorimail.rk.phys.keio.ac.jp
所属明治大学
部署理工学部
学位博士(理学)(総合研究大学院大学)
科研費研究者番号00338253

研究キーワード

 
ダイナミクス , 分子シミュレーション , 生体高分子 , 統計物理学 , 拡張アンサンブル法 , 緩和モード解析

研究分野

 
  • 生物科学 / 生物物理学 / 
  • 物理学 / 生物物理・化学物理・ソフトマターの物理 / 
  • 情報学 / 生命・健康・医療情報学 / 

経歴

 
 
   
 
慶應義塾大学 理工学部物理学科 専任講師
 
1997年4月
 - 
1997年9月
豊田工業大学 非常勤講師
 
1998年4月
 - 
1999年9月
日本学術振興会 特別研究員(DC2)
 
1999年10月
 - 
2000年3月
日本学術振興会 特別研究員(PD: DC2の残期間)
 
2000年4月
 - 
2001年3月
日本学術振興会未来開拓学術研究推進事業 ,リサーチアソシエイト
 

委員歴

 
2015年
 - 
2017年
日本生物物理学会  理事(庶務)
 
2013年4月
 - 
2014年3月
日本物理学会  領域運営委員
 
2010年1月
 - 
2011年12月
日本生物物理学会  編集委員
 
2009年4月
 - 
2012年3月
蛋白質科学会  理事
 
2005年4月
 - 
2007年3月
蛋白質科学会  理事
 

受賞

 
2013年11月
分子シミュレーション研究会 学術賞 多次元焼き戻し法の開発及び緩和モード解析とWHAM法の一般化による構造解析法の開発
 
2013年3月
日本物理学会 物理学会若手奨励賞(領域12) 生体分子系で有効な拡張アンサンブル法及び構造解析法の開発
 

論文

 
Tomonari Sumi, Yutaka Maruyama, Ayori Mitsutake, and Kenichiro Koga
Journal of Chemical Physics   144 224104   2016年6月   [査読有り]
<U>光武 亜代理</U>
Journal of Chemical Physics   143 124111   2015年9月   [査読有り]
Y. MARUYAMA, A. MITSUTAKE and T. SUMI
Journal of Computational Chemistry   36 1359-1369   2015年6月   [査読有り]
Toshihiro Kaneko, Jaeil Bai, Kenji Yasuoka, Ayori Mitsutake, and Xiao Cheng Zeng
The Journal of Chemical Physics   140 184507   2014年5月   [査読有り]
<U>光武 亜代理</U>
JOURNAL OF CHEMICAL THEORY AND COMPUTATION   9(8) 3299-3310   2013年8月

Misc

 
生体系のシミュレーションのサンプリング手法及び解析方法の開発
<U>光武 亜代理</U>
日本物理学会学会誌   70(3)    2015年3月   [査読有り][依頼有り]
<U>光武 亜代理</U>
分子シミュレーション研究会会誌"アンサンブル"   16(1) 1   2014年2月   [査読有り][依頼有り]

書籍等出版物

 
Biomolecular Simulations: Methods and Protocols
A. Mitsutake, Y. Mori, and Y. Okamoto (担当:共著)
2012年   

講演・口頭発表等

 
分子動力学法を用いたタンパク質の緩和モード解析II
唐澤直之、光武亜代理、高野宏
日本物理学会2017年年次大会   2017年3月19日   日本物理学会
生体分子の分子シミュレーションから反応座標をどう抜き出すか?
藤崎弘士、末谷大道、光武亜代理
日本物理学会2017年年次大会   2017年3月19日   日本物理学会
緩和モード解析による200残基程度の蛋白質のマイクロ秒程度の分子シミュレーションの動的解析
光武亜代理、竹内恒、高野宏
日本物理学会2017年年次大会   2017年3月19日   日本物理学会
リングポリマーブラシの静的・動的特性
川島聡、高野宏、光武 亜代理
日本物理学会2017年年次大会   2017年3月19日   日本物理学会
Improved Relaxation Mode Analysis of a Hen Egg-white Lysozyme Protein
KARASAWA NAOYUKI, MITSUTAKE AYORI, TAKANO HIROSHI
Biophysical Society 61st Annual Meeting   2017年2月14日   

所属学協会

 
分子シミュレーション研究会 , 蛋白質科学会 , 日本生物物理学会 , 日本物理学会 , 日本物理学会 , 日本生物物理学会 , 蛋白質科学会 , 蛋白質科学会

競争的資金等の研究課題

 
緩和モード解析によるタンパク質構造ダイナミクスの解明
戦略的創造研究推進事業さきがけプログラム
研究期間: 2013年10月 - 2017年3月    代表者: 光武亜代理
緩和モード解析による蛋白質の構造揺らぎの動的特徴
慶應義塾大学: 学事振興資金(個人研究 特B)
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月    代表者: 光武亜代理
物理化学的手法を用いた免疫系のペプチドの分子認識に対するシステムの構築
KLL指定研究プロジェクト
研究期間: 2010年 - 2011年
多自由度・大規模系における反応と構造空間探索
新学術領域研究(研究領域提案型)「コンピュティクスによる物質デザイン:複合相関と非平衡ダイナミクス」: 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2010年9月 - 2014年3月
多自由度・大規模系における反応と構造空間探索
新学術領域研究(研究領域提案型)「コンピュティクスによる物質デザイン:複合相関と非平衡ダイナミクス」: 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2010年9月 - 2014年3月

その他

 
2014年11月
Organizing Committe (Vice Chair) of International Symposium on Extended Molecular Dynamics and Enhanced Sampling: Nosé Dynamics 30 Years (NOSE30)