日本の女性研究者

生物学

研究者リスト >> 松本 緑
 

松本 緑

 
アバター
研究者氏名松本 緑
 
マツモト ミドリ
eメールmmatsumobio.keio.ac.jp
所属慶應義塾大学
部署理工学部生命情報学科
職名准教授
学位医学 (大阪大学)
科研費研究者番号00211574

研究キーワード

 
プラナリア 生殖戦略

研究分野

 
  • 生物科学 / 発生生物学 / 
  • 基礎生物学 / 動物生理・行動 / 
  • 基礎生物学 / 生物多様性・分類 / 

経歴

 
1987年4月
 - 
1988年10月
三菱化成生命科学研究所
 
1988年11月
 - 
2000年3月
東京工業大学生命理工学部生命理学科, 助手
 
2000年4月
 - 
2002年3月
慶應義塾大学理工学部化学科, 専任講師
 
2002年4月
   
 
慶應義塾大学理工学部生命情報学科, 教室幹事
 
2002年4月
   
 
慶應義塾大学理工学部生命情報学科, 助教授
 

委員歴

 
2017年
   
 
公益財団法人日本科学協会  商議員
 
2016年
 - 
2020年
科学技術・学術政策研究所  第3期NISTEP定点調査対象候補者
 
2016年12月
 - 
2017年11月
独立行政法人日本学術振興会  科学研究費委員会専門委員
 
2015年4月
 - 
2016年6月
公益社団法人日本動物学会  関東支部 支部委員
 
2014年8月
 - 
2015年7月
独立行政法人日本学術振興会  特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査員
 

論文

 
<U>松本 緑</U>
Mechanisms of Development   132 69-78   2014年   [査読有り]
<U>松本 緑</U>
Molecular Reproduction & Development   81(5) 409-421   2014年   [査読有り]
プラナリアの減数分裂におけるRad51の役割を示した。
<U>松本 緑</U>
Chromoeoma   123(3) 265-272   2014年   [査読有り]
3倍体のプラナリアが有性生殖を行っていることを証明し、雌雄の生殖細胞で減数分裂のシステムが異なることを示した。
Identification of a cytochrome b5-fusion desaturase responsible for the synthesis of triunsaturated sphingolipid long chain bases in the marine diatom Thalassiosira pseudonana
LOUISE V.MICHAELSON, JONATHAN E.MARKHAM, SIMONE ZAEUNER, MIDORI MATSUMOTO, MING CHEN, EDGAR B.CAHOON and JHONATHAN A.NAPIER
Phytochemistry   90 50-55   2013年
海洋性の珪藻から、不飽和型スフィンゴ脂質の産生を担う酵素を同定し、新規なcytochrome b5 fusion不飽和酵素として位置づけた。

Misc

 
愛と分子 2. 性の誕生 そのスィッチを追い求めて(下)
野殿英恵、松本緑
現代化学   528(3) 36-39   2015年3月
愛と分子 2. 性の誕生 そのスィッチを追い求めて(上)
野殿英恵、松本緑
現代化学   528(2) 35-37   2015年2月

書籍等出版物

 
性を操る生殖戦略 プラナリアの生殖様式転換機構
<U>松本 緑</U>
慶應義塾出版会   2015年9月   ISBN:978-4-7664-2264-1
棘皮動物の受精
<U>松本 緑</U> (担当:監修)
化学同人   2014年   
Echinoderms in a Changing World
MASAHIRO NARUSE, HIROSHI SAKAYA, MOTONORI HOSHI and MIDORI MATSUMOTO (担当:共著, 範囲:297)
2013年   
棘皮動物における先体反応誘起物質の保存性について論じた。
Echinoderms in a Changing World
MIDORI MATSUMOTO, OSAMU KAWASE, SADIQUL M.ISLAM, MASAHIRO NARUSE and MOTONORI HOSHI (担当:共著, 範囲:263)
2013年   
ヒトデ先体反応の細胞内cGMP,cAMP,Ca2+についての先体反応誘起分子群による協調的な調節機構について紹介した。
Sperm Cell Research in the 21st Century: Historical Discoveries to New Horizons
MIDORI MATSUMOTO, MASAHIRO NARUSE, KEISUKE NIIKURA and MOTONORI HOSHI (担当:共著, 範囲:174-178)
2013年   
ヒトデ先体反応誘起分子群の協調的な作用について紹介した。

講演・口頭発表等

 
Seasonal switching of planarian reproductive modes in the field [招待有り]
</U>Hanae Nodono</U>, </U>Midori Matsumoto</U>
Reproductive Strategy -Asexual vs. Sexual- 22nd International Conference of Zoology.   2016年11月14日   
Sexual Reproduction and Meiosis in the Triploid Planarian Dugesia ryukyuensis [招待有り]
<U>松本 緑</U><U>茅根文子</U>
Oocyte Maturation and Fertilization Meeting IV   2015年6月16日   
生殖戦略(仮題) [招待有り]
<U>松本 緑</U>
東京大学理学部特別講義   2014年10月8日   
性の有無を決めるものは何か? [招待有り]
<U>松本 緑</U>
2013年度慶應義塾大学教養研究センター極東証券寄付講座「生命の教養学」「性」   2014年4月25日   
受精と免疫からみた自己非自己認識 [招待有り]
<U>松本 緑</U>
広島大学理学部生物科学特別講義   2014年1月6日   
自己と非自己の認識について無脊椎動物を通して受精と免疫の両側面から紹介する。

所属学協会

 
社団法人日本動物学会関東支部会準備委員会 , 社団法人日本動物学会関東支部公開講演会運営委員会 , 社団法人日本動物学会関東支部 , Trends in Glycoscience and Glycotechnology (TIGG) , International Society of Invertebrate Reproduction and Development , 日本糖質学会 , Trends in Glycoscience and Glycotechnology (TIGG) , Forum: Carbohydrates Coming of Age (FCCA)

Works

 
ハムスターの体温を遠隔測定.....小型テレメトリ装置の制作
松本 緑   芸術活動   1983年
小動物体温測定装置の製作(設計)