日本の女性研究者

人文学

研究者リスト >> 佐藤 勢紀子
 

佐藤 勢紀子

 
アバター
研究者氏名佐藤 勢紀子
 
サトウ セキコ
URLhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/4bb95d46da790c3d9fa435ea65b70040.html
所属東北大学
部署高度教養教育・学生支援機構 教育内容開発部門 言語・文化教育開発室
職名教授
学位文学修士(東北大学), 博士(文学)(東北大学)

研究キーワード

 
源氏物語 , 仏教思想 , アカデミック・ジャパニーズ , 日本語文語文教育

研究分野

 
  • 哲学 / 思想史 / 日本思想史
  • 文学 / 日本文学 / 
  • 言語学 / 日本語教育 / 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
東北大学高度教養教育・学生支援機構 教授
 
2006年4月
 - 
2014年3月
東北大学高等教育開発推進センター 教授
 
2005年4月
 - 
2006年3月
東北大学国際交流センター 教授
 
2002年4月
 - 
現在
東北大学大学院国際文化研究科 教授
 
2002年4月
 - 
2005年3月
東北大学留学生センター 教授
 

学歴

 
 
 - 
1985年3月
東北大学 文学研究科 国文学国語学日本思想史学専攻
 
 
 - 
1977年3月
東北大学 文学部 (史学科)日本思想史学(専攻)
 

委員歴

 
2011年6月
 - 
現在
日本語教育学会  理事
 
2010年4月
 - 
現在
東北多文化アカデミー  理事
 
2016年7月
 - 
現在
日本文芸研究会  代表委員
 
2015年3月
 - 
現在
専門日本語教育学会・編集委員会  編集幹事
 
2013年7月
 - 
2016年7月
日本文芸研究会・編集委員会  委員
 

論文

 
『源氏物語』における宿世と女性―「宿世」の用例を中心に―
佐藤勢紀子
東アジアの文学・言語・文化と女性(武蔵野書院)   69-98   2014年5月   [招待有り]
紫式部の別れの日―家集冒頭二首に詠まれた年時―
佐藤勢紀子
日本文学   62(9) 15-24   2013年9月   [査読有り]
学術論文の構造型とその分布―人文科学・社会科学・工学270 論文を対象に―
佐藤勢紀子,大島弥生,二通信子,山本富美子,因京子,山路奈保子
日本語教育   (154) 85-99   2013年4月   [査読有り]
不軽行はなぜ行われたかー宇治十帖に見る在家菩薩の思想ー
佐藤 勢紀子
日本文学   57(5) 64-73   2008年5月   [査読有り]
桐壺巻の構成と聖徳太子伝−「光君」命名記事をめぐって−
佐藤勢紀子
源氏物語の始発−桐壺巻論集−(竹林舎)   219-238   2006年11月   [招待有り]

Misc

 
文語文を学ぶ日本語学習者が困難を感じる点―非漢字系日本学研究者に聞く―
佐藤勢紀子
東北大学高度教養教育・学生支援機構紀要   (1) 163-172   2015年3月
源氏物語
佐藤勢紀子
岩波講座 日本の思想 第2巻 場と器   274-284   2013年5月
大学教員の異文化理解促進を目的とするセミナーの開講―PDプログラムの一環として―
佐藤勢紀子
東北大学高等教育開発推進センター紀要   (8) 175-186   2013年3月
共通教育課程における「国際共修ゼミ」の開設―留学生クラスとの合同による多文化理解教育の試み―
佐藤勢紀子,末松和子,桐原健真,曽根原理,上原聡,福島悦子,虫明美喜,押谷祐子
東北大学高等教育開発推進センター紀要   (6)    2011年3月
サンプル論文で学ぶ論文作成の技法ー「研究のための日本語スキル」授業報告ー
佐藤勢紀子
アカデミック・ジャパニーズ・ジャーナル   (1) 37-47   2009年6月

書籍等出版物

 
宿世の思想--源氏物語の女性たち--
佐藤勢紀子
ぺりかん社   1995年2月   
大学・大学院留学生の日本語4 論文作成編
佐藤勢紀子, 他 (担当:共編者)
アルク   2002年3月   
アカデミック・ジャパニーズ研究会著
佐藤が執筆を担当
概説日本思想史
佐藤弘夫, 八重樫直比古, 佐藤勢紀子, 高橋美由紀, 田尻祐一郎, 前田勉,高橋章則, 渡辺和靖, 平山洋, 他 (担当:共編者, 範囲:第5章(漢文の思想・和文の思想), コラム4, コラム5    57頁〜68頁)
ミネルヴァ書房   2005年4月   ISBN:4-623-04303-7
漢字系学習者のための漢字から学ぶ語彙1 日常生活編
佐藤保子,三島敦子,虫明美喜,佐藤勢紀子 (担当:共著)
アルク   2008年3月   ISBN:978-4-7574-1366-5
留学生と日本人学生のためのレポート・論文表現ハンドブック
二通信子, 大島弥生, 佐藤勢紀子, 因京子, 山本富美子 (担当:共著, 範囲:Ⅱの本論ⅱ,Ⅲ,コラム2, コラム5, コラム8, コラム15)
東京大学出版会   2009年12月   ISBN:978-4-13-082016-5

講演・口頭発表等

 
古典を通じた中日言語・文化交流
国際シンポジウム「言語・文化の交流と発展」   2015年9月11日   
光源氏のモデル―桐壺巻は何に拠って書かれたか―
講演会(南開大学外国語学院日語学科)   2014年9月23日   
論文の構造
ワークショップ「日本語による学術的文章作成及び指導法」   2013年9月23日   
『源氏物語』における宿世と女性
国際シンポジウム「東アジアの文学・言語・文化と女性」   2013年9月14日   
特設ワークショップ「異文化交流による学びの実現―「国際共修ゼミ」の可能性―
佐藤勢紀子,曽根原理,押谷祐子,虫明美喜,副島健作,末松和子,上原聡
大学教育学会   2013年6月1日   

所属学協会

 
日本思想史学会 , 日本文学協会 , 日本語教育学会 , 日本文芸研究会 , 専門日本語教育学会

競争的資金等の研究課題

 
平安文学における仏教思想
その他の研究制度
研究期間: 1977年4月 - 現在
日本語学習者のための文語文読解教材の開発
補助金
研究期間: 2013年4月 - 現在
アカデミック・ジャパニーズの教材開発
その他の研究制度
研究期間: 1997年4月 - 現在
外国語としての日本語の教授法
その他の研究制度
研究期間: 1985年10月 - 現在
国際共修授業のシラバス開発
共同研究
研究期間: 2009年4月 - 現在

社会貢献活動

 
冬季短期日本語・日本文化研修プログラム(KEYAKI)
【その他】  2016年1月24日 - 2016年2月6日
(一財)東北多文化アカデミー理事として、東北大学文学研究科、国際文化研究科、高度教養教育・学生支援機構と連携し、海外学生を対象とする2週間の日本語・日本文化研修プログラムを企画・実施した。
吉林大学日本学教員研修プログラム
【その他】  2016年1月17日 - 2016年2月6日
(一財)東北多文化アカデミー理事として、文学研究科・国際文化研究科と連携し、吉林大学の教員を対象とする約3週間の日本学研修プログラムを企画・実施した。
2015年度 ユネスコカレッジ講座
【その他】  2015年10月21日
仙台ユネスコ協会主催の「ユネスコカレッジ講座」において、「塩竈に憧れた平安人―光源氏のモデル源融をめぐって―」という演題で講演を行なった。
第48回宮城県宮城第一高等学校同窓会石巻支部総会における講演
【その他】  2014年8月23日
石巻市にて開催された宮城県宮城第一高等学校同窓会石巻支部総会において、「光源氏のモデル」というタイトルで講演を行った。
教育関係共同利用拠点提供プログラム「ライティング支援者を育成する」
【その他】  2013年3月12日
講演「分野横断的なアカデミック・ライティング指導―留学生の日本語クラスでの実践から―」
ワークショップ「論文の展開パターンを見出し、使ってみよう」

その他

 
2004年5月
アルクネットアカデミー日本語コース(コンテンツ作成)
2015年7月
留学生と日本人学生が共に学ぶ国際共修:教員実践事例集
2013年4月   日本語学習者のための文語文読解教材の開発
文語文(古典)教育を実施している教育機関や授業担当者が有する知見を集積し、同時に学習者のニーズを明らかにすることによって、体系的で効果的な文語文読解教育のシラバス、教授法、そしてそれらを反映した教材を開発し、e-learning 教材として広く利用に供する。
2013年1月
看護精神あふれる論文執筆指南の書
2012年7月
東北大学ASISTe-learning教材「まさむね」(コンテンツ作成)