日本の女性研究者

科学教育・教育工学

Researcher List >> SAITA Izumi
 

SAITA Izumi

 
Avatar
NameSAITA Izumi
URLhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/f10f870524cf281ea7810dae838fe8e2.html
AffiliationTohoku University
SectionGraduate School of Arts and Letters Linguistic Studies Applied Japanese Linguistics Applied Japanese Linguistics
Job titleProfessor

Research Interests

 
Japanese language teaching , Learning material development , Teacher education , CALL

Research Areas

 
  • Science education/Educational technology / Science education / Japanese Language Education

Committee Memberships

 
Jun 2005
 - 
May 2011
The Society for Teaching Japanese  Executive Director
 
Apr 2006
 - 
Mar 2010
Japanese Language Education Methods  President
 
Aug 2006
 - 
Today
Academy of Japan  連携会員
 
Jul 2017
 - 
Today
小出記念日本語教育研究会  理事
 
Aug 2000
 - 
Jul 2003
Council for Improvement of Education through Computers  理事
 

Published Papers

 
How to be a Better Participant in Japanese Casual Conversations
Saita Izumi
Japanese Language Education Methods   23(2) 54-55   Mar 2017
日本語教育実習と実習生の授業時の意識―日本人学生と留学生を比較して―
才田いずみ
PAC分析研究・実践集Ⅰ(ナカニシヤ出版)   53-69   Nov 2008   [Refereed][Invited]
実習生の授業イメージと教師役割観
才田いずみ
大学における日本語教育の構築と展開:大坪一夫教授古稀記念論文集(ひつじ書房)   199-219   Feb 2007   [Invited]
Instructions for Listening and Speaking Japanese
SAITA Izumi
瀝々社・縫部義憲(編著)多文化共生時代の日本語教育-日本語の効果的な教え方・学び方   111-126   Nov 2002   [Invited]
The Japanese language teacher-trainees' attitudes on the lessons: Comparison with that of a professional teacher
SAITA Izumi
日本語教育論集   (19) 1-15   Mar 2003
寄稿

Misc

 
In Memory of Professor Otsubo Kazuo
才田 いずみ
Jpurnal of Japanese Language Teaching   (141) 1-2   Apr 2009

Books etc

 
大学における日本語教育の構築と展開:大坪一夫教授古稀記念論文集
藤原雅憲・西村よしみ・堀恵子・内山潤・才田いずみ (Part:Joint Editor)
ひつじ書房   Feb 2007   
Case Study on Japanaese Language Teaching
岡崎敏雄・川口義一・才田いずみ・畠弘巳 (Part:Joint Editor)
おうふう   Dec 1992   
Intermediate Japanese I
川瀬生郎,伊藤芳照,小出慶一,才田いずみ (Part:Joint Work)
凡人社   Jul 1990   
A Guidebook for The Teaching of Japanese as an Inter-cultural understanding
SAITA Izumi, et al. (Part:Joint Work)
1994   

Conference Activities & Talks

 
学習環境と日本文化:日本語学習リソース再考
日露ワークショップ 日本文化を教える:ロシアと日本の日本語教育の現場から   25 Sep 2013   
Reconsidering communication materials in an advanced information society
CLS 10th Anniversary Symposium   1 Dec 2011   
パネル「実践研究を考える」
日本語教育学会実践研究フォーラム   30 Jul 2011   
日本語教育におけるICTの活用
2010 PC Conference,CIEC研究大会   8 Aug 2010   
日本語教育におけるコンピュータ利用の教材開発とその動向
「日本語教育と教材」国際シンポジウム   21 Nov 2009   

Association Memberships

 
The Society for Teaching Japanese as a Foreign Language , Japanese Language Education Methods , Council for Improvement of Education through Computers , EUROCALL , The Japanese Studies Association of Australia , Teachers of English to Speakers of Other Languages, INC. , Japan Society for Educational Technology , The Association of Teachers of Japanese

Research Grants & Projects

 
Distance Learning System for Japanese Language with Diverse Media Application
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2004 - Mar 2006
A research on the web-based Japanese language learning
Cooperative Research
Project Year: Apr 2002 - Mar 2004

Others

 
Oct 2005   言語研究者・言語教育者養成プログラム
平成17年度採択の「魅力ある大学院教育」イニシアティブ「言語研究者・言語教育者養成プログラム」は,大学院教育に課せられている2種類の国際的なニーズ(大学院に学ぶ留学生からのニーズと,修了生を受入れる高等教育機関等に対する社会からのニーズ)を踏まえ,国際的に活躍できる,高い専門性と豊かな経験を備え持つ,汎用性の高い言語研究者・言語教育者を養成することを目的とするものである。
平成17~18年度の実質17ヶ月間に,言語学・日本語学・日本語教育学の3分野を横断しての教育や研究指導に加えて,国内外から研究者や専門家等を招聘し,以下の①~⑨の活動を展開した。①国際シンポジウム(3回)開催,②特別講演会(2回)と特別講義(3回),③他大学の院生を招聘しての研究会,他大学でのゼミ発表などの「他流試合」,④海外日本語教育インターンシップ(参加学生延30名,派遣先8カ国),⑤日本語教育国内外実地調査,⑥言語研究国内外実地調査,⑦大学院生の研究活動全般に対する支援,⑧ポスドク研究員と院生による共同研究(日本語教員のキャリア形成に関する研究),⑨活動報告会の実施(計13回,延57名が報告・発表)。
 今後,さらに強化していくべき課題として,「研究」と「教育実践」との融合促進,ネットワークの持続的発展,個々の活動の持続的発展,大学院生によるアウトプットの増強の4点が挙げられるが,上記の取組みは,「研究」と「教育実践」のそれぞれについて,かなりの成果をあげることができ,大学院教育の実質化に寄与するところ大であった。なお,本プログラムは,文部科学省による事後評価においても「目的は十分に達成された」という最も高い評価を得ている。
Jun 1994   マルチメディア教材の研究開発
動画やマルチメディアを効果的に利用した日本語学習教材のあり方について,NHKエデュケーショナル,日本IBMと共同研究を行った。研究の成果として,日本語学習用CD-ROM教材(才田いずみ 監修(1995) Japanese: Daily Conversation for Beginners. NHK Educational Multimedia Series.)を開発した。動画だけでなく映像を利用した日本語学習用教材としては世界初のもの。