日本の女性研究者

神経科学

研究者リスト >> 友田 明美
 

友田 明美

 
アバター
研究者氏名友田 明美
 
トモダ アケミ
URLhttp://tomoda.me/
所属福井大学
部署発達支援研究部門
職名教授
学位医学博士(熊本大学)

研究キーワード

 
小児発達学 , 小児精神神経学 , 高次脳画像解析

研究分野

 
  • 神経科学 / 神経科学一般 / 
  • 内科系臨床医学 / 小児科学 / 

経歴

 
1992年
 - 
2006年
 国立大学法人熊本大学, 助教
 
2003年
 - 
2005年
 米ハ-バ-ド大学, 客員助教授
 
2006年
 - 
2011年
 国立大学法人熊本大学, 准教授
 
2011年
   
 
- 国立大学法人福井大学, 教授
 
2012年
   
 
- 自然科学研究機構生理学研究所, 客員教授
 

学歴

 
 
 - 
1987年
熊本大学  
 

委員歴

 
2015年
 - 
現在
理事 
 
2015年
 - 
現在
理事 
 
2012年
 - 
現在
一般会員 
 
2008年
 - 
現在
評議員 
 
2012年
   
 
理事 
 

受賞

 
2009年
国立大学法人熊本大学・研究活動表彰
 
2009年
日本小児救急医学会・研究活動表彰
 
2009年
自然科学研究機構・日米科学技術協力事業「脳研究」分野グループ共同研究・日本側代表者
 
2005年
自然科学研究機構・日米科学技術協力事業「脳研究」分野共同研究者
 
2003年
小児医学研究振興財団・フェローシップアワード
 

論文

 
Arai S, Okamoto Y, Fujioka T, Inohara K, Ishitobi M, Matsumura Y, Jung M, Kawamura K, Takiguchi S, Tomoda A, Wada Y, Hiratani M, Matsuura N, Kosaka H
Brain & development      2015年12月   [査読有り]
Shimada K, Fujisawa TX, Takiguchi S, Naruse H, Kosaka H, Okazawa H, Tomoda A
The world journal of biological psychiatry : the official journal of the World Federation of Societies of Biological Psychiatry   1-7   2015年11月   [査読有り]
Mizuno K, Takiguchi S, Yamazaki M, Asano M, Kato S, Kuriyama K, Watanabe Y, Sadato N, Tomoda A
Asian journal of psychiatry   17 89-93   2015年10月   [査読有り]
Tomoda A, Takiguchi S, Fujisawa TX, Yatsuga C, Kumazaki H, Fujioka T, Suzuki H, Matsuzaki H, Kosaka H, Tanaka S
Psychiatry and clinical neurosciences   69(10) 658-659   2015年10月   [査読有り]
Fujisawa TX, Yatsuga C, Mabe H, Yamada E, Masuda M, Tomoda A
PloS one   10(6) e0128548   2015年   [査読有り]

Misc

 
福井Age2企画~福井県永平寺町小規模集団での発達コホート研究~
友田 明美, 藤澤 隆史, 八ツ賀 千穂, 安田 久美, 田仲 志保, 熊崎 博一, 山﨑 未花, 日下 幸則, 佐藤 真
日本社会精神医学会雑誌   23(4) 379-386   2014年
Hirokazu Kumazaki, Koichiro Watanabe, Yasushi Imasaka, Kazuhiko Iwata, Akemi Tomoda, Masaru Mimura
Journal of Clinical Psychopharmacology   36(5) 151-156   2014年
AD/HDと物質関連障害
熊﨑 博一, 友田 明美
臨床精神薬理   17(9) 1273-1278   2014年
M.Jung, H.Kosaka, D.N.Saito, Ishitobi Makoto, T.Morita, K.Inohara, M.Asano, S.Arai, T.Munesue, Tomoda  A., Y.Wada, N.Sadato, H.Okazawa, T.Iidaka
Mol Autism   5 35   2014年

書籍等出版物

 
講座 子ども虐待への新たなケア(分担執筆:脳科学と子ども虐待 ―脳画像から見えるもの)
学研教育出版   2013年   
今日の治療と看護(分担執筆:言語障害)
南江堂   2013年   
小児科学レクチャー『子どもの発達と心の問題Q&A ―健診から思春期までの評価と指導の実際―』(分担執筆:親子関係に問題がある家庭への対応)
総合医学社   2012年   
発達障害白書 2013年版(分担執筆:子どものPTSDは脳にどのような変化をもたらすか?)
明石書店   2012年   
Sleep Disorders: Causes, Diagnosis and Treatment(分担執筆:Adolescents with sleep disturbance)
Nova Science Publishers   2012年   

講演・口頭発表等

 
愛着障害に対するオキシトシン点鼻継続投与〜症例報告〜
第55回日本児童青年精神医学会   2014年   
ADHD児とASD児における感覚の比較
第55回日本児童青年精神医学会   2014年   
自閉症児における社会的情報に対する視線注視パターンと唾液中オキシトシン濃度
第55回日本児童青年精神医学会   2014年   
Resting-state functional connectivity MRI (rs-fcMRI)を用いた自閉症スペクトラム障害(ASD)とDefault-mode network (DMN)の関連性について:rs-fcMRIによるASDバイオマーカーの検討
第55回日本児童青年精神医学会   2014年   
低年齢層のADHD児におけるOROS-MPH治療効果の検討:CANTABを用いた実行機能評価
第55回日本児童青年精神医学会   2014年   

所属学協会

 
日本子ども虐待医学会 , 日本神経科学学会 , International Brain Mapping & Intraoperative Surgical- Planning Society , 日本子ども虐待医学研究会 , Asian & Oceanian Child Neurology Association (AOCNA) , 日本発達神経科学会 , 日本小児神経学会 , 日本ADHD学会 , 日本子ども虐待防止学会 , 日本時間生物学会 , 米国児童青年精神医学会 , 日本睡眠学会 , 北米神経科学会 , 日本小児精神神経学会 , 日本小児科学会

Works

 
顔刺激fMRIによる愛着障害へのオキシトシン治療効果判定システム開発, 挑戦的萌芽研究
2014年
深刻な被虐待経験を有する非行少年の神経学的リカバリーメカニズムの解明, 基盤研究(C)(一般)
2014年
脳画像解析と遺伝子多型解析の融合による注意欠陥多動性障害(ADHD)の病態解明, 基盤研究(B)(一般)
2014年
金沢大学子どものこころサミットシンポジウム
芸術活動   2012年
fMRIを用いた愛着障害の神経基盤の評価システム, 挑戦的萌芽研究
2012年

競争的資金等の研究課題

 
若者を対象としたメンタルヘルスに関する調査
研究期間: 2012年   
MEGによる脳内報酬系の評価に関する研究
永平寺町で出生した子どもの発達に関する追跡調査(前向きコホート研究)
研究期間: 2012年   
脳画像解析と遺伝子多型解析の融合による注意欠陥多動性障害(ADHD)の病態解明
研究期間: 2012年   
fMRIを用いた愛着形成の神経基盤の評価システムに関する研究
研究期間: 2011年