日本の女性研究者

人文学

研究者リスト >> ウェルズ 恵子
 

ウェルズ 恵子

 
アバター
研究者氏名ウェルズ 恵子
 
ウェルズ ケイコ
URLhttp://www.ritsumei.ac.jp/acd/cg/lt/cp/kokusai/index.html
所属立命館大学
部署文学部コミュニケーション学域
職名教授
学位学術博士, 修士(文学)
その他の所属立命館大学, 立命館大学, 立命館大学

研究キーワード

 
アメリカ黒人文化、アメリカ文学文化、黒人霊歌、ブルーズ、フォークソング、おとぎ話、民間宗教歌の国際比較、オーラルカルチャー論、歌詞研究、ヴァナキュラー文学

研究分野

 
  • 文学 / 英米・英語圏文学 / 
  • 文学 / 文学一般 / 
  • 文化人類学 / 文化人類学・民俗学 / 

経歴

 
1987年10月
 - 
1992年3月
愛媛大学教養部 専任講師
 
1992年4月
 - 
2003年3月
立命館大学文学部 助教授
 
2003年4月
   
 
立命館大学文学部 教授
 

学歴

 
 
   
 
神戸大学大学院 文化学研究科 文化構造
 
 
   
 
津田塾大学大学院 文学研究科 英文学科
 
 
   
 
津田塾大学 学芸学部 英米文学
 

委員歴

 
2003年
   
 
ニューヨーク私立大学  City University of New York Research Awards 審査委員
 
2005年4月
 - 
2007年3月
財団法人アメリカ研究振興会  出版助成図書選定委員
 
2008年
   
 
All Utah Japanese Speech Contest  審査委員
 
2015年1月
 - 
2015年2月
コロラド大学出版|ユタ州立大学出版  図書審査委員
 
2015年1月
 - 
2017年12月
アメリカ研究百科事典(オンライン英語版)  編集委員
 

受賞

 
2011年11月
日本比較生活文化学会 第一回日本比較生活文化学会賞・亀井俊介賞
 
2000年9月
日米教育委員会(フルブライト・ジャパン) フルブライト研究員プログラム
 

論文

 
Variations and Interpretations of the Japanese Religious Folk Ballad, Sansho-Dayu, or "Princess Anju and Prince Zushio" (3): Re-Creation in Modern Fiction, Film, and Children’s Literature
keiko WELLS
Journal of Ethnography and Folklore   1(2) 44-67   2018年10月
Variations and Interpretations of the Japanese Religious Folk Ballad, Sansho-Dayu, or "Princess Anju and Prince Zushio" (2): The Theatrical Tradition in Ningyo-Joruri (Puppet Plays) and Kabuki (Classical Dance-and-Music-Drama)
Keiko Wells
Journal of Ethnography and Folklore, New Series   2017(1-2) 102-118   2017年10月
ヴァナキュラー文化としての「赤ずきん」:少女と暴力の物語
ウェルズ恵子
立命館言語文化研究   28(1) 101-114   2016年9月
アメリカ奴隷制時代の歌を研究すること:黒人歌の創造性を見きめるために
ウェルズ恵子
黒人研究   (85) 35-44   2016年3月
Variations and Interpretations of the Japanese Religious Folk Ballad, Sansho-Dayu, or “Princess Anjyu and Prince Zushio” (1): The Narrative Tradition Kept by Visually Impaired Minstrels
Keiko Wells
Journal of Ethnography and Folklore   New Series(1-2) 5-27   2015年9月

Misc

 
(Book Review) Japanese Singers of Tales: Ten Centuries of Performed Narrative by Tokita
Keiko WELLS
Folk Music Journal   11(1) 82-84   2015年11月
「アメリカは歌う、陽気に、力強くーー近代化の渦の中で」
ウェルズ恵子
『Vintage Clothing: 古着屋さん』   (1037) 16-33   2014年9月

書籍等出版物

 
ヴァナキュラー文化と現代社会
ウェルズ恵子(編著)、サイモン・ブロナー、ジャック・サンティーノ、荒このみ 他
思文閣出版   2018年3月   ISBN:978-4-7842-1933-9
亀井俊介オーラル・ヒストリー:戦後日本における一文学研究者の軌跡
亀井俊介
研究社   2017年4月   ISBN:978-4-327-48165-0
多文化理解のためのアメリカ文化入門
ウェルズ恵子・リサ・ギャバート
丸善出版   2017年4月   ISBN:9784621301524
アメリカを歌で知る
ウェルズ恵子
祥伝社新書   2016年3月   ISBN:9784396114596
魂をゆさぶる歌に出会う:アメリカ黒人文化のルーツへ
ウェルズ恵子
岩波書店   2014年2月   ISBN:978-4-00-500766-0

講演・口頭発表等

 
ヴァナキュラー文学の研究:定義・課題・提言
東大研セミナー「ヴァナキュラー文化研究の輪郭線—野生の文化を考える、野生の学問を考える—(科研「パブリック・ヒストリー構築のための歴史実践に関する基礎的研究」(研究代表者:菅豊)第8回研究会)」   2018年9月16日   
日本の子守唄の展開:発生から大衆文化への展開まで/Sad and Bitter Lullabies of Japan: Creation and Recreation of Child Nursemaids from Labor to Popular Culture
Department of Language, Philosophy and Communication Studies, Utah State University   2018年4月18日   
Voice(s) and Gender in a Japanese Religious Ballad Cycle, Sanshō Dayū (Sanshō the Bailiff)/ 日本民間宗教物語歌(説経節)の展開:「声」とジェンダーにかんする観察
Department of English, Utah State University   2018年4月16日   
「山椒大夫」の広がりと変遷:声、舞台、文学、映像
日本バラッド協会第10回大会   2018年3月24日   
アメリカの歌ーー源流を探る
京都市市民講座「虹の探求/多用の表現を探る」   2018年2月10日   

担当経験のある科目

 
  • 英語圏地域・文化研究Ⅱ (立命館大学)
  • 基礎講読Ⅰ (立命館大学)
  • 後期課程 特別研究Ⅰ (立命館大学)
  • 後期課程 特別研究Ⅱ (立命館大学)
  • 専門演習Ⅰ (立命館大学)

所属学協会

 
International Ballad Conference , 日本アメリカ文学会 , アメリカ学会 , 黒人研究学会 , 日本マーク・トウェイン協会 , 日本バラッド協会 , 日本比較生活文化学会

Works

 
「ヴァナキュラー文化と現代社会」アメリカは歌う:働く人々と歌のいのち
その他   2018年5月
公開講演会主催・司会、解説、通訳「トーマス・マケイン:生きている伝統―トラベラーズのスコティッシュ・バラッド(物語歌)」
その他   2015年3月 - 2015年3月
公開リーディング/講演会主催「クリストス・チョルカス『スラップ』:オーストラリア、多文化社会のゆくえ」
その他   2015年1月 - 2015年1月
連続講演会「流体としてのことば、文化,地域」 企画・主催(文学研究科英語圏文化専修 2014年度設立記念)
その他   2014年9月 - 2015年3月
岐阜女子大学デジタルアーカイブ企画「亀井俊介先生パーソナル学問史 オーラルヒストリーの記録・『有島武郎』」でインタビューアーをつとめた。
その他   2014年3月 - 2014年3月

競争的資金等の研究課題

 
狼女物語
国際言語文化研究所出版助成
研究期間: 2010年 - 2010年
ヴァナキュラー文化研究
立命館大学国際言語文化研究所提案萌芽的プロジェクト研究
研究期間: 2010年 - 2010年
語りえない人々の語りに関する超域的研究
サントリー文化財団研究助成金
研究期間: 2009年 - 2010年
ヴァナキュラー文化のフロンティア:英語ネットワーク世界と日本
国際言語文化研究所提案萌芽的プロジェクト研究
研究期間: 2009年 - 2009年
新歴史批評の理論と応用に関する研究
立命館大学学内提案公募型研究推進プログラム・基盤研究
研究期間: 2006年 - 2007年